ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

つつい・めでぃあ  このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-02-25

ytsutsui2008-02-25

田中聡さんをしのぶ夜1−Go To Heaven

関係者の挨拶を見る(9分間)

(ダウンロードするか、iTunes for mac/winで見てください。)

土曜日に田中さんがお亡くなりになってから48日目に彼を慕う人々が集まった。司会者を書家俵越山(元越前屋俵太)さんが務めた。彼は、「田中さんと出会ってわずか二ヶ月間で彼が亡くなった。その意味では、ここにいる人の中では最も会っている時間が短い人間」と言いながら、田中さんへの思いにかける並々ならぬ気持ちが表れていた。


実は、精華大での最終授業に俵さんがゲストで参加されるということだったのだが、その二日前に亡くなられたのだった。教務課長の熊谷さんが、このまま授業がなくなるのは残念だと思い、田中さんはおられないが、その代わりに俵さんが授業を務めてくれるように頼んだ。俵さんには、1時間だけでもいいから、と言っていたのだが、彼は3時間以上にわたって授業をされたとのこと。それだけ彼は田中さんに思い入れがあったのだろう。


この夜の最初は、田中さんにゆかりのある人の挨拶が続いた。アルファーステーション社長、伝説的な音楽プロデューサ、田中さんが非常勤講師を務めている京都精華大学と京都造形大学、高校時代の友人、黒谷のお寺住職に続き、歌手の佐野元春さんが詩の朗読をした。詩人であった田中さんにふさわしい出し物であった。

D

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

  


Connection: close