Hatena::ブログ(Diary)

Tweet Log このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

@yuatetsu

2012年03月28日

Tokyo SkyWalker [ インタラ×マーケ新聞 ]




<title>Tokyo SkyWalker</title>

Tokyo SkyWalker [ インタラ×マーケ新聞 ]



LINEのユーザー数が全世界で2500万、国内で1000万を達成 定期便のようになってきたがLINEが全世界で2500万の登録者...

Posted: 27 Mar 2012 05:07 AM PDT



LINEのユーザー数が全世界で2500万、国内で1000万を達成

定期便のようになってきたがLINEが全世界で2500万の登録者数を達成したという。今日の発表によれば、また、国内ユーザーもiPhoneAndroid、フィーチャーフォンのユーザーを合わせて登録数が1000万を超えたという。

2000万ユーザーは3月5日に達成しているので、おおよそ22日でさらに500万のユーザーを獲得したことになる。このスピードは時間を追うごとに早くなっている。すでにPC版やMac版のようなデスクトップ版もリリースしていて、そのプラットフォームが広がっているが、Windows Phone対応、BlackBerry対応、そしてドイツ語、トルコ語ベトナム語などの言語へも対応していくのだそうだ。なにせ、目標は年内には1億ユーザーを獲得することだというから、今以上のスピードでユーザーを拡大させる必要がある。もちろん、これには膨大なプロモーション費用もかけているのだろうけど、どういう秘策でさらにユーザーを伸ばすのか知りたいところだね。

あとは、どうやってこのコミュニケーションツールを収益化していくのにもそろそろ興味が湧くころだ。

ローリング・ストーンズのマーク使った酒をシリーズ化 サントリー、まずハイボールなど6月発売 (1/2ページ) -...

Posted: 27 Mar 2012 05:05 AM PDT



ローリング・ストーンズのマーク使った酒をシリーズ化 サントリー、まずハイボールなど6月発売 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

 サントリー酒類は27日、ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」のマークをデザインした酒類の商品群「ストーンズバー」シリーズを6月19日に販売開始すると発表した。第1弾として、これまでにない味の第3のビール、カクテル、ハイボールを投入する。

 さまざまな酒類を横断的に「ストーンズバー」という名称で販売することで、20−30代の若者を中心に需要を開拓する。

 「リップス&タン」というマークはTシャツのデザインなどに使われており、ストーンズを知らない若い世代でも知名度が高い。同社は「誰もが知っていて、インパクトがある」(和田龍夫宣伝部長)として、このマークを使った商品群の発売方針を決め、5年程度をかけてストーンズのボーカリスト、ミック・ジャガーら関係者から使用許可を得たという。契約した期間や金額は非公表。

 商品は、「ローリングホップ」は爽快感ある強めの炭酸で柑橘系の香りがする第3のビール。350ミリリットル缶で実勢価格は140円前後。カクテル(ローリングゴールド)はジンを隠し味にしたエナジーテイストの商品で、275ミリリットル瓶で販売。ハイボール「シトラスハイボール」は強めの炭酸でレモンとライムの味と香りをきかせた。

料金は第3のビールは350ミリミリリットル缶で実勢価格140円を見込んでいる。またカクテルは275ミリリットル瓶で希望小売価格230円、ハイボールの350ミリミリリットル缶は同160円。第3のビールとハイボールは、瓶入りの飲食店限定版も販売する。

宇宙に飛び出したAngry Birds...

Posted: 26 Mar 2012 09:57 PM PDT



宇宙に飛び出したAngry Birds Space、3日で1000万ダウンロードを記録

Rovioが先週後半にリリースしたAngry Birdsの最新版がたった3日で1000万回のダウンロードを記録したという。

ツイートでの発表だったため、プラットフォーム別、地域別などの詳細は分からない。また有料版に0.99ドル払ったユーザーの数(私は払ったが)も不明だ。しかし3日で1000万ダウンロードとはすごい!

Rovioはオリジナル版の発売のときとは違って、Angry Birds Spaceのローンチ後も手を緩めず、今年中にさらに4本のAngry Birdsシリーズをリリースする計画だという。詳細は不明だが、怒った鳥たちが緑色の豚めがけて飛んでいくという基本コンセプトは変わらないものと思われる。

Twitter、小規模企業向けのセルフサービス広告機能を提供へ - CNET Japan

Posted: 26 Mar 2012 09:54 PM PDT

Twitter、小規模企業向けのセルフサービス広告機能を提供へ - CNET Japan:

 Twitterはついに、控えめなセルフサービス広告プログラムによって小規模企業から広告収益を得るための計画を、ゆっくりと実行に移し始めた。

 最初は、少数の企業のみを対象にこの新しい広告機会が提供される予定である。Twitterはその企業数を明らかにしなかったが、同社の広報担当者は、同プログラムを利用する小規模企業の数を数週間のうちに「徐々に増加」させる予定であると述べた。想定どおりの成果が得られれば、Twitterにとって、膨大な数の新しい潜在広告主を取り込むことのできる、非常に大きな収益源となる可能性がある。

 Twitterは、この新しいプログラムによって同社の事業に、Googleにとっての「AdWords」と同様の効果がもたらされる可能性を期待している。

 それはかなり高い目標かもしれない。しかし、少なくともTwitterは、ついにその一歩を踏み出した。Twitterは2012年2月、小規模企業が独自に広告アカウントを設定できるようにする計画を発表した。これによって企業は、自社の顧客らのTwitterタイムラインなどにおいて、プロモーションやメッセージを強調することができるようになる。

 同プログラムを利用する広告主には、次の2つのオプションが提供される。

Promoted Account:Twitterは、小規模企業の現在のフォロワーを分析し、似たような関心を持つ他のTwitterユーザーを検索する。そして、同サイト上の「Who to Follow」ボックスによって、これらのユーザーに対してこの企業を宣伝する。
Promoted Tweet:Twitterは、小規模企業のツイートを常にモニタリングし、それらのうちの「最良のもの」(おそらくは最もスティッキネスの高いもの)を自動的に同サイト全体に宣伝する。Twitterは、これらが「従来型の広告とは異なる」とプロモーション動画の中で述べている。その理由は、企業から既に発信済みのツイートの到達範囲を拡大しているだけで、誰も広告コピーを作成しないことにある。
 Twitterは、ユーザーがその企業のアカウントをフォローした場合、またはPromoted Tweetに反応した場合のみ、企業に課金する。同社の広報担当者は、金銭的な仕組みについて詳細を明らかにすることを避けた。同社は動画の中で、次のように述べている。

 1日あたりの支出金額と、新しいフォロワーまたはエンゲージメントあたりの支出金額の上限は、自分で設定するため、後から驚かされることは決してない。コンテンツのプロモーション対象地域も定めることができる。

KDDIのアプリ取り放題「auスマートパス」が好調 (1/2ページ) -...

Posted: 26 Mar 2012 09:53 PM PDT



KDDIのアプリ取り放題「auスマートパス」が好調 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

 KDDI(au)が今月1日に提供を始めたスマートフォン(高機能携帯電話)向けアプリ(ソフト)の新サービスが好調だ。月額390円で500以上のアプリが取り放題になることが人気を呼び、加入者が急増中だ。「料金が高くダウンロードしなかった」とアプリに抵抗を持つスマホ利用者の取り込みに成功しており、収益拡大につなげたい考えだ。

 このサービスは「auスマートパス」で、ゲームや辞書など総額5万円以上のアプリが好きなだけダウンロードできる。10ギガバイトの大容量の写真や動画をインターネット上で保管できるサービスや、セキュリティーサービスもあり、5日には加入者が10万人を超えた。

 民間調査会社のトレンド総研(東京都渋谷区)が2月、20〜39歳の500人に実施した調査によると、71%が「興味のある有料アプリについて、料金を理由にダウンロードをしなかった経験がある」と答えた。

 また「有料アプリの提供の仕方で望ましいもの」について、42%が「定額でダウンロードし放題」と回答。そのうち52%が月500円までの定額なら利用したい、とした。

 KDDI新規ビジネス推進本部の繁田光平課長は、「いろいろなアプリがダウンロードできる利便性を体感してほしい」と話す。スマートパスでアプリの敷居を下げて利用を促し、通信料収入の拡大や契約者増につなげる考えだ。

 KDDIは運用開始から1年から1年半後に400万人の加入を目指す。収入はアプリ提供元と分け合うが、提供元の開発意欲を高めるため、運用開始の当初から400万人の加入を想定、アプリ提供側の収入が想定額を下回ってもKDDIが埋め合わせる。KDDIはあらかじめ埋め合わせや販売促進費として年間70億円を見込んでおり、高橋誠専務は「(当面は)赤字覚悟」と気合十分だ。

 NTTドコモやソフトバンクモバイルは様子見の構えで、アプリ取り放題戦略に先手を打ったKDDIが、戦略をどう収益拡大に結びつけるかが業界の最大の関心事に浮上している。

Tweet Log for 2012/03/27

  • 23:14  恵比寿で降りて中目黒まで歩いて帰ろうプロジェクト、なんと奇跡の二日目。こりゃめっちゃ痩せてまうな〜
  • 15:25  うま〜い( ´ ▽ ` )ノ http://t.co/FOGVvHXa
  • 09:06  yuatetsu TIMES 紙が更新されました! http://t.co/2kgdbkq8 ? 本日トップニュースを提供してくれたみなさん: @kurosuma

Powered by twtr2src