Hatena::ブログ(Diary)

村上ユカ・公式ブログ「ユカフェ」

2013-12-08-Sunday

[][]鳥と魚メモ・まとめその3

【鳥と魚メモ23】「呼吸世界」これは先に初音ミクバージョンが公開されています。本当はこのアレンジそのままでやる予定だったのですが、データが壊れて開かない。これも運命かと新しくアレンジし直しました。唯一間奏のSH101のソロのフレーズはそのままです。#鳥と魚


【鳥と魚メモ24】イントロの所はiPhoneのアプリを使ったり、マイクに息を吹きかけたりしてコミカルな音作りをしています。あと、後半に出てくるピアノは「はなうたち」収録の「待ちぼうけ」のピアノのフレーズをエディットして使ってます。#鳥と魚


【鳥と魚メモ25】あの星の名は。これはアカリの段階からずっと候補にあがっていましたが、やっと収録する事ができました。気に入っているのになかなか入れられなかったので、初音ミクバージョンまで作ってしまったりして。http://www.youtube.com/watch?v=9fnVUopdjAY #鳥と魚


【鳥と魚メモ26】コーラスはもともと入っていなかったのですが、ミクバージョンを作るときに考えました。人間では不可能な部分が出て来ちゃったので、一部変えてあります。アレンジはギターとか琴とか普段あまり使わない音を使ってますね。#鳥と魚


【鳥と魚メモ27】サビの長さは元々半分だったのですが、スノーモービルズの折原君が伸ばしたら?というアドバイスに沿ってみました。そう、この曲自体かなりスノモーに影響を受けてます。#鳥と魚


【鳥と魚メモ28】三つの窓。これもやっと入れられましたね。今回は新曲もあるけど、古い曲も結構多いです。新居昭乃さんが居た頃のマーシュマロウのライブを見て、感動して作った曲です。今聴くとあんまりマーシュマロウっぽくないですが、歌詞とドラムの雰囲気とかは近いかも。 #鳥と魚


【鳥と魚メモ29】元々ほぼ生楽器でのアレンジでしたが、このアルバムになじむように多少ピコピコ音をプラスしております。やっぱりテンションあがった!コーラスも大幅に考え直したり。再構築が楽しかったです。#鳥と魚


【鳥と魚メモ30】夜の向こう。 ピアノはMIDIのディレイを使っているので、ちょっと面白い効果が出ていますね。間奏の部分は前にやった「サンゲツ」のカーテンのCMのフレーズを持ってきたりしてます。#鳥と魚


【鳥と魚メモ31】歌詞を書くとき、きれいな言葉より、テクニカルな事より、嘘の無い言葉で書く事を心がけてます。信じて憂いて歩いて行け、は自分そのままですね。#鳥と魚


【鳥と魚メモ32】かなえて。これはぎりぎりまでいれるか悩みました。録音の方法が他の曲とは違うので、浮いてしまうのではと。でも、この曲を作った震災直後の空気っていうのは、今では再現できないものだから、やっぱりアルバムの中に残しておくべきだと思い、収録する事にしました。#鳥と魚


【鳥と魚メモ33】震災に限らず、人間の力ではどうにもならない事が襲って来た時、自分は無力だなと思うけど、それでも誰かを思う事が未来を照らす光になるのではと思いました。あの当時ほんとに歌える状態では無かったけれど、残しておいて良かったです。#鳥と魚


【鳥と魚メモ34】折角なのでジャケットの事を。好きな絵の系統を調べて行くうちに、カミーユ・フラマリオンという人を発見。彼のような絵を描きたいと悶々と一ヶ月位制作に入るまでかかってしまいました。描きはじめたら早かったんですが。結局できたものは村上ユカテイストでしたねー。#鳥と魚


【鳥と魚メモ35】これで全曲紹介は終わりです。書き始めるときりがないし、どこまでなにを書いていいのやらと思いつつ書いてみましたが、いかがだったでしょうか。質問なども答えられる範囲でお答えしますので、思いついたらお気軽にどうぞお寄せ下さいね。お読み頂きありがとうございましたー。#鳥と魚

2013-11-22-Friday

[][]鳥と魚メモ・まとめその2(11〜22)


【鳥と魚メモ11】「さかなになって」これはタイトルチューンと言っていいかも。アレンジのカンを思い出したので、DS-10というニンテンドーDSの音楽ソフトを使って遊んでみたり。色んなエフェクティブな音も飛んでますね。この辺はE-MUのMorpheusのはず。#鳥と魚


【鳥と魚メモ12】サビ前の「はねーて」の所のコーラス、メインにつられて音程外したらこうなりました。音楽の魔法にやられた瞬間。かっこいいでしょ・笑 Bメロがラジオボイスになってるのはエンジニア氏のナイスアイディアです。やりたかったのはこれだ!と思いました。にやにや。#鳥と魚



【鳥と魚メモ13】「butterfly effect」これはずいぶん昔から暖めていた曲。ずっとポップス形式にしようと試みていたのですが、ふと、一つのメロディで押し通してもいいのでは?という事に気がついて作ったらあっという間に解決しちゃいました。#鳥と魚


【鳥と魚メモ14】deepforestをよく聴いていた頃に作ったので、そんな雰囲気もありますね。この曲は歌詞がないので、インストの曲のかわりという事で、今回はフルアルバムではじめてインストの曲はなしにしてみました。#鳥と魚



【鳥と魚メモ15】自分の力は小さいけれど、歌う事で何か世の中にプラスの影響を起こせるかもしれないと。それで、須藤元気さんの本で知ったバタフライ効果という言葉を使いました。foresterian danceの続編的な感じのコンセプトもあります。#鳥と魚


【鳥と魚メモ16】「花がさいた」。この歌詞は子どもの頃読んだ絵本「花咲き山」が元になっています。本では自分が誰かの為に我慢した時に流した涙が花を咲かせるという事になっていますけど。相手に優しくすることは自分にやさしくすることなんだよって事で、この歌詞に変えてあります。#鳥と魚


【鳥と魚メモ17】ポップな曲調ですが、間奏の所はなんとなーくsteve richを意識したり、後奏もどんどん転調していくとか、マイケルジャクソンのjamぽいベースのフレーズが入ってたり、アレンジではかなり遊んでいます。#鳥と魚


【鳥と魚メモ18】「冬の一日」これは何度もアルバムの収録曲の候補に上がりながら入らなかった曲。アレンジは全く新しく作り替えましたが、サンプラーを使って作ったコーラスはそのまま再現してみました。歩き出す、とか白い花、の部分ですね。#鳥と魚

【鳥と魚メモ19】歌詞は札幌に住んでいたときに書いたので冬国の風景が描かれています。ナナカマドとかもそうですね。小説のあの人、は宮沢賢治とか、稲垣足穂あたりかな。#鳥と魚




【鳥と魚メモ20】「ラムネ坂」この曲が一番新しい曲。アルバム制作がうまく行かず、外間隆史さんに色々相談に乗って頂いていた時期があるのですが、今の気持ちで新しい曲を作ってはどうかというアドバイスを頂いて、めちゃめちゃ本気出して作りました。一ヶ月ぐらい毎日唸ってました(笑)#鳥と魚


【鳥と魚メモ21】それで、曲が出来たときにどうしても井波陽子さんのピアノしか聴こえなくて。結局弾いて頂く事ができました。お願いのメールをしたら偶然ライブで大阪から東京へ来る途中で、忙しいスケジュールを縫って弾いてくださったのでした。運命を感じた瞬間でした。#鳥と魚


【鳥と魚メモ22】そして、井波さんときたら、コーラスはいつも一緒に活動しているコトリ木でしょう〜と思い、お願いしました。こちらはfacetimeを使ってやりとりしながらレコーディングしました。イメージ以上に良いものができてきて最高でしたね。#鳥と魚

2013-11-12-Tuesday

[][]「鳥と魚メモ」#1〜10

ツイッターで時々つぶやいている「鳥と魚メモ」ブログでもまとめてのせますね。

【鳥と魚メモ・その1】昨日めでたくリリースされました、村上ユカニューアルバム鳥と魚。みなさんお聴き頂けましたでしょうか。ライナーノーツがわりに制作にまつわる事を140文字以内でポツポツつぶやいてみようかと思います。どうぞよろしく。 #鳥と魚


【鳥と魚メモ・その2】で、このヘンな(笑)タイトル。とりとさかな、と読みます。私は鳥や魚のモチーフのデザインが好きで、そういった好きなものを今回は集めるぞーって気持ちをこめてこのタイトルをつけました。お陰でジャケットでは思う存分鳥と魚の絵が描けてしあわせでした(笑)。 #鳥と魚


【鳥と魚メモ・その3】 このアルバムの制作期間は約3年。作らなきゃという気持ちはあれど踏み切れず。そのきっかけとなったのが@dedemouse の初ワンマンライブ。素晴らしいライブから心から感動しつつ帰り、シャワーを浴びようとした瞬間、一曲目のメロディが降ってきました。 #鳥と魚


【鳥と魚メモ・その4】 慌ててiPhoneで録音してできたのが「るりかあいかそらのいろか」。ちなみに歌詞はずいぶんあとにつきますが、タイトルは決まってました。そこだけ歌詞が浮かんだのがそのままです。なので、このアルバムの制作開始日は2010年の5月28日になります。 #鳥と魚


【鳥と魚メモ・その5】「冬の一日」ラストの部分の解説。iPhoneアプリを使いモールス信号でFuyunoichinichiと入ってます。分かった人凄いなー。おじいちゃんが戦争で通信兵でモールス信号やってたんですよね。奇しくもこのアレンジを思いついたのは終戦記念日だった。 #鳥と魚


【鳥と魚メモ・その6】そういう小技系で言うと、、これ、気がついた人いるかな?「るりかあいかそらのいろ」のこれまたラストは、「散歩前」収録「banana moon」のラストと同じフレーズです。3拍子を4拍子に変えちゃってます。思いついた時、自分でも感動した! #鳥と魚


【鳥と魚メモ・その7】このアルバムの制作上の特徴といえば、完全おうちレコーディングです。井波さんのピアノもうち、信希ちゃんのコーラスは信希ちゃんち。家でこんなことができる時代がいつの間にかやってきていました。 #鳥と魚


【鳥と魚メモ・その8】そしてこのアルバム、ちょっと変わっているのが一曲目から順に制作。なので先ほどのまとめを見ると大体どの曲の事か分かります。一曲ボツにしたのと、ラムネ坂がインサートされてるので、7呼吸世界、8あの星、9三つの窓、10夜の向こう、という事になります。#鳥と魚


【鳥と魚メモ・その9】作曲、作詞の時期はバラバラですが。10年くらい眠らせていた曲もあるし、るりかあいか、花が咲いた、魚になって、ラムネ坂、はこのアルバムのためにかいた新曲です。かなえて、もアルバム収録の予定はなかったのですが、比較的新しい曲です。#鳥と魚


【鳥と魚メモ・その10】そんな感じで このまとめを読むとちょっと面白いかもですー。

http://togetter.com/li/583317