Hatena::ブログ(Diary)

Headphone このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-02-19 Friday

[]きょう 23:10

f:id:yucca:20100219214435g:image,w70,right今日は旦那さんが、遅れてきた新年会のためまだ帰っていないので、私は家でぼおっとワインを飲んでいます。写真の。コノスロって読むのかな。チリの?今日は白にしたけど、これの、赤の、オーガニックも、ラベル自転車の絵を含めて好きなのです。

家守綺譚一人でぼおっと飲む時はいつも本を読みながらなんだけれど、今日梨木香歩の「家守綺譚」です。まだ途中までしか読んでいないけれど、これがすごく気に入りました。今のところ、学士綿貫征四郎が空き家のおもりを頼まれて、そこに住んでいろいろ管理するという内容なんだけれど、家主に庭の木々は好きにして良いと言われたから放置することにして、そしたら木々が自由に生き始めちゃって、感情を持つものまで出てきて、綿貫の日々と関わっていくという話です。サルスベリは綿貫のことが好きになって、本を読んで聞かせたら幹まで震わせて喜ぶんです。他には白木蓮が雷の子供を孕んで、出産に綿貫が立ち会うような話とか。植物と関係ない所では他には死んだ人が床の間の掛け軸の向こうから舟をこいでやってくるとか。勢い余って舟の先が掛け軸から飛び出してくるとか。夏目漱石の時代みたいな古めかしい文体で書いてあるんだけど、その不可思議な内容とあいまって、内田百間っぽくなっているような気がします。でも不気味とか泣けるとか絶望とか差別とか、そういうのではなくて、1話1話、読み終わったら必ずほんわかなってる。ええはなしやねえ、とため息をついて、ワインを一口飲むのです。

どんな植物でも適切な環境を察知して作り出してつやつや生かせる、みどりのゆびと呼ばれる庭の達人たちに憧れているんだけど、綿貫みたいに緑を自分と対等に扱って、適当に相手をしている人もまた、みどりのゆびの持ち主だなぁ。身の回りの緑に思い悩んでいる方はぜひこの本を読んでみてください。

nico225nico225 2010/02/20 10:31 5ヶ月ぶりの更新。しかも連日。嬉しいですよー。見てますよー。
しかも授乳中って!もしかして小さい生き物が増えたんでしょうか?

yuccayucca 2010/02/24 22:50 おお!ありがとう!インターネットでコミュニケーションだーうれしいなぁ。
うちにはまだ小さい生き物ふえてないのよね。地元の友達の家にはぞくぞくと現れてるみたいで、けっこうどこの誰に電話しても授乳している。