Hatena::ブログ(Diary)

TOADSTOOL

2009-01-11 moving ”BLOG” house

http://yutancoboi.blogspot.com/

ブログなんとなくお引っ越し。

卒制、もうすぐ終わる。

がんばる。


だから、なんか新しくしたくなりました。

終わってからやればいいんだけどさ。

今やりたかったのさ。

今度のは、コメントつけれます。笑

ふんわり毎日更新予定。

よろしくおねがいします。

2009-01-08 fight

今日は学校で作画。

出来の良い後輩と、友達に手伝ってもらいました。

ありがたい…


眠い…

でもあとちょっと、、、

眠い…

でもでもあとちょっとなんだ。

がんばろー


明日は雪降るのかな。

積もってても積もってなくとも

学校行って編集だ〜

2009-01-06 trauma

f:id:yucchitamala618:20090106115726j:image

小学校時代のトラウマ

給食の時間。

体が小さくて胃も小さかった私は

みんなに平等に配られる給食が、

多すぎて多すぎて、全部食べられませんでした。

先生によっては残せたけど、残させてくれない先生もいました。

泣きながら「もう食べられないので残してもいいですか?」って

先生に言いにいくと

「ゆきさんは給食が嫌いなんだって〜」ってみんなに向かって言われて、

クラスのみんなが「え〜」って言って。。

もうダメだ…これ以上書けねぇぜ。目から汁が…


世の中には、やりたくてもできないことがたくさんあって、

働きたくても働けない人がいて、

夢を叶えたくても叶えられない人がいて、

やりたいことが見つからない人がいて、

好きになっても両思いになれない人がいて、

太りたくなくても太ってしまう人がいて、

生きたくても生きられない人がいて、

給食が全部食べられない小学生もいるんです。

そういう人を全部理解していたらきりがないんだけど、

否定はしないでほしいです。

もしそれが、努力でどうにでもなることなら、

精一杯努力すれば良いと思うし。

でも、努力しても限界はあって、本当にどうにもならないことがあるんです。

(特に、病気とかね)

私も否定的なときがありましたが。

(今思うと)中3のときのあることがきっかけになって、

そういう考えはやめました。

そして、同時に自分の感情の怒り(みたいなもの)を封印しました。


今年のお正月に実家に帰らなかったのは、

親戚に

「ゆきちゃんは変わってるから」って言われるのが、もう面倒になったからです。

高校生までは、個性的な私かっこいいと思ってたけど、

もうそういうわけにはいかなくなり、

社会に出遅れることになった私は、

何を言っても言い訳に聞こえるような気がして、

もともと自分のことを話すのが得意じゃないので

田舎の親戚たちに留学とか就職しないことを理解させる労力を

使うのが嫌だったってのがあります。

でも2日に帰って、家族には理解してもらえて良かったです。

私の家族はみんな考え方がバラバラだけど、仲良しなので、楽しいです。

2009-01-01 hej 2009

明けまして。

人生初の家族以外と過ごす、お正月。

何かしらの理由で実家に帰らない橋本民3名。

たのしいなぁ、

いろんな「初◯◯」をすでに忘れました。

昨日は、一応作画セットを持っていきましたが、

結局(もちろん)何もしておりませぬ。笑

年越しの瞬間は、おそばを食べながら

ガキの使いを観て大笑いして、

12時をまわった瞬間に、金のエビスビールで乾杯しました。

明日の夜実家に帰ります。

2008-12-31 Farvel 2008

2008年は、一番成長した年になりました。

大学が4年間あって、よかった。

人と本当に親しくなるには、丸2年はかかりますね。

人生で、一番たくさんのことを考えた。

良い年でした。

新しい友達がたくさんできたわけではないけど、

親しい友達の、新しい面をたくさん知ったというか。

そのほうが、人生にとっては重要なことと思います。

世の中にはいろんな人がいて、

同じ考えとか、性格の人なんてひとりもいないんだな。

な〜〜んて言っちゃえるのは、まだまだこれから。かな。

良いお年を。

2008-12-29 POWER OF TEN

D

これです!!

(最後笑っちゃうけど…w)

私が中学生の頃からとても怖かったもの。

去年までお世話になっていた研究室の助手さんのブログで発見したので、

紹介させてしていただきました。

自分の存在と、宇宙の果てしなさを考えると、

とってもとっても怖くなるのです。

中学生のとき、これをうまく説明できなくて、

そんなに仲良かったわけじゃない同じ班の女の子に、

掃除の時間何となく話したら、

わかる!!!と、そのときだけとてつもなく共感されたことを覚えてます。

彼女は進学校に進学しましたが、

大学受験に失敗してアメリカに留学しているらしい…

なんだか、なんだか。

そのほかには鏡を見つめながら

「この人誰だろう」と自問自答すると恐ろしくなります。

本当に怖くなるので、気をつけて。

昨日久しぶりに高校の友達と会いまして。

代官山の展示を観にきてくれました。

そのあとお茶して、いろいろと話したら、

お互いに成長していて、高校時代のバカさ加減がとても懐かしくなりました。

懐かしい友達の今を知り、

私って恵まれてるんだなぁと感慨に耽る。

そのあと搬出。

いろんなことがあったけど、

無事最後の展示も終わりそうです。

2008-12-27 KNEIPP

病み上がりですので一日中家で卒制(ひたすらフォトショ)をして、

行動的には、座っていただけなのに、

夜の7時半にゆらりと寝たら、

寒くて起きた。

なんと朝の8時でした。

12時間以上も寝ていた!

とてつもなく寒かったので、

朝風呂に。

この前友達が勧めてくれたドイツのクナイプのバスソルト

f:id:yucchitamala618:20081227153326p:image

良い香り。朝から癒されました。

氷みたいな手足がジンジンしました。

中学生の時、寒い冬の朝、

登校して朝読書の時間、

体が内側から熱くなってきて手がジンジンして

本が持てなくなるくらいしびれたりして。

その感覚が好きだったことを思い出しました。

ついでにいろいろ思い出しました。

私は、寒いときに寒いことをしたくなる。

受験前、朝まで勉強をして、

明け方家族に何も告げずにふらりと散歩をしてみたり。

今考えたら危ないけど、無事だったので暴露してみる。

大雨の夜に、川の側で傘をさしてしゃがんでみたり。

台風の日に海岸へ行ってビニール傘壊されてみたり。

家族に内緒で一人でこんなことしてる

危ない行動派の過去のわたしでした。

良い子はマネしないように。

2008-12-26 Bless you!

もう、なんなんでしょう。

また熱が出ました。

ちょっとからだが楽になったので、

日記書いてます。

ほんとは今日高校の友達と代官山の展示を観に行こうって約束してたのに。

パーです。久しぶりだったのに。

いっぱい話したいことあったのに。

ちょっと前まで元気が取り柄だったのに〜

高校皆勤賞なのに〜

いいいいい

今回の熱と、前回の気管支炎。

原因は同じような気もします。

今までどんだけ頭使ってなかったんだ、って話です。

そうです、知恵熱だと思うんです。

2008-12-24 Christmas Eve

卒制とか、絵本とか、

制作ばかりしていて、大好きなアニメーションを観ることを忘れていました。

考えてアウトプットするばかりで、インプットすることを忘れていた。

さっき、YouTubeでジョルジュ・シュヴィツゲベルを観たら

なにふさぎ込んでるんだ、わたし。

と、我に返りました。

昨日はレセプションパーティーだったんですが、

そりゃもう、その前に色々ありまして、

また考え込んで、

シャンパンとビールともつ鍋に助けてもらいました。

でも、酔うと調子に乗る癖直さないと。

うぐぐ。しかし。なんだかやっと、お酒の楽しさがわかってきた気もします。

クリスマスイヴくらい、笑って過ごしましょう。

2008-12-22 What is the matter?

f:id:yucchitamala618:20081222013405j:image

今日は作画合宿。

生きるとか死ぬってなんなんだろ。

夕飯のあと、そんな話をしました。

下の姉と私が生まれるあいだに、母は実は妊娠していたと聞いたことがありまして。

そのときの命は残念ながら生まれることはなかったようなのですが、

もしそのときその命が順調に育って私の前に3人目の子どもが生まれていたら、

きっと私は今、この世にいないってことなんだな。

と、不思議に思います。

私の家族はみんな健康で、22歳の今まで、

身内のお葬式に出たことはありません。

身近な人が死んでしまったら、

どうやって立ち直ればいいのか、想像もつきません。

12月も末なのに、春が早く来すぎたような生温い夜が、

変な気持ちにさせるのかね。

風強でぐんぐん動く白い雲の隙間から、

冬の星座がはっきり見えるのに、なんでこんなにあったかいのかしら。

洗濯大好きの私は、さっそく真夜中から洗濯ものを干しました。

そしてあるできごとが、

4年前に病気で亡くなった同級生のお通夜を鮮明に思い出させて、

涙が止まらなくなりました。

明日、目が線になっていても、どうかお気になさらずに。