Hatena::ブログ(Diary)

めんたいビール

curious yuison

10-04-01-Thu

追記

さっそく新しいブログを開設しました。http://blogs.yahoo.co.jp/cesoir19

このブログはどうするか考え中です。たまには私自身も古巣を覗きたくなると思うので消しはしないと思いますが。

今後の更新は新しい方でするので、よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気づけば半年以上放置していたこのブログ・・。 

ソウ7は3Dで公開するとか聞いたけど、もう大興奮してさっそくブログ更新しなくちゃ!という気も起きず・・。まぁ絶対劇場に観に行きますけどね。

独り言とか観た映画とかもtwitterの方に書いちゃってるし、このブログどうしようかなぁ。

最近映画を字幕で観る時に面白かったセリフをメモりながら観ることが多くなったんだけど、それを書いていこうかなぁ。120文字じゃ書ききれないしね。

それとも気分一新して、ブログの引っ越しでもしようかしら。

09-09-20-Sun

[]日本公式サイト

 できてたんですね。まだコンテンツはなく、モーションポスターのみ。

あ〜もうあと2ヶ月とかで公開なのに、調べる気がしないわ〜・・過去の記事みると、ソウ2とか3の時すっごいインタビュー訳しまくってたなぁ。何かソウ7が出来るとか出来ないとかいう噂を聞いて、「もう本気でいい加減にしてほしい」とまず思った私(笑)。ま、どうせ観に行くだろうけどね!!

09-09-10-Thu

[]その6

2日目。本日はユニバーサルスタジオへ!

ダウンタウンディズニーから出ているLYNXというバスに乗って行きます。早朝、まずはホテルのフロントでタクシーを呼んでもらい、ダウンタウンディズニーへ。まだ外は少し暗い。

f:id:yuison:20090218053308j:image

これ、LEGOでできたドラゴン。画像だとよく分からないかもしれないけど、かなりでかい。本気で怖い・・・。ダウンタウンディズニーは人がほとんどいなくて、なんか工事?みたいなのもしてた。工事用の大きい車も行き交ってました。セグウェイに乗ったお兄さんが颯爽とやってきて、「メンテナンス中で危ないから気をつけてね!」と行って去って行った。

あらかじめネットでLYNXバス停を調べておいたから、そこまで歩いていく。路線も調べておいたやつに乗って、いくつか乗り換える。一応バスの運転手に「ユニバーサルに行きたいんだけど・・・」と聞いてみると、「このバスじゃないよ、まぁでもいいや、乗って!教えたげるから」と言われる。乗るバス乗るバスの運転手に「ユニバーサルに行きたいんだけど、乗り換えなきゃいけないバス停になったら教えて」と言う。そんなこんなで無事開園前にユニバーサルに到着。

その7へ続く。読んでる人いるか分からないけど、いたら焦らしまくってごめんなさい。

[]LB

再結成したLimp Bizkit、新譜作りに励んでいるようで。フレッドもウェスもtwitter頻繁にスタジオでの写真とかを更新してるし、順調っぽい。(フレッドは結婚したばかりの奥さんのことばっかり書いてるけど笑)嬉しいなあ。バンドもファンも「今度こそ」と思っているのでは。ウェスはインタビューで「2度目の『3度目のチャンス』」って言ってたし。楽しみ〜

09-09-02-Wed

[]

f:id:yuison:20090813005358j:image

先月30日に千秋楽を迎えたRENTブロードウェーツアー。私も公演期間中に2回(うち一回はアダム・パスカルのアフタートークあり)観にいきました。実はRENTを観るのは今回が初めてでした。RENTにはまるきっかけとなったのが映画版。人生に対する考え方が変わったと言っても過言ではないです。DVDも買って、サントラも買いました。いつかNYで本物を見よう!と心に決めていたのですが・・NYブロードウェーでの公演は終了。「RENTを終わらせないでー!」という署名にも参加したりしました。

そんな事情あって、映画版にも出ていた、そしてオリジナルキャストであるアダム・パスカルとアンソニー・ラップがRENTのツアーで日本に来るということで、もちろんチケットをとりました。一回目はU列、二回目はI列。U列は遠そうだな〜と思ってオペラグラスを持っていったんですが、休憩後にそれはハンカチに変わりました笑。まず、タイトルにもなっているRENTという一番最初に皆で歌う曲で、圧倒されました。ものすごいエネルギー!映画版で聞いていたアダム・パスカルの声は、初めて聞いた時は正直あんまり好きじゃなかったんです。「昔っぽい声」というか。ですが、今回生で彼の声を聞いて、その表現力の豊かさに感動しました。涙声も、力強い声も。とにかく圧倒されっぱなし。遠い席だったから細かい表情までは分からなかったけど、歌による表現で十分伝わってきました。

アンソニー・ラップは、変な言い方ですが「めっちゃマークっぽい!」と終始思いました。細かい仕草が、きちんと計算しつくされた上でなされているというか。「マーク」を完璧にものにしている感じ。ラ・ヴィ・ボエムの変な動きも観れたし、「ラ・ヴィ〜〜〜〜〜〜〜ボ〜エーム」って伸ばすところも生で聞けて大感動でした。

RENTといえばこれ、という曲Seasons of Loveは、第二幕の最初に歌われました。一幕終わった後の休憩に涙をふいて二幕に臨んだのに、もうしょっぱな号泣です。この曲のソロパートを歌ってらっしゃるグウェンさんもオリジナルキャストだったそうですが、(実は公演後に知りました汗)声がすごかった!!Measure your life in love〜という最後の伸びる所で、その歌声に圧倒されて、「うっ」って苦しくなって涙が溢れました。体験したことの無い嗚咽でした。歌の力ってすごいなぁ。

書きたいこといーっぱいあるんですが、きりがなくなりそうなのでこの辺で。

今回のカンパニーの皆さん、日本に来てくれてありがとう。そして、ありがとう、ジョナサン・ラーソン!

人生で最初で最後のRENTにならないことを切に願っています。

09-08-20-Thu

[]new poster

 新しいポスターが見れます。この手袋は、どういう意味なんでしょうねぇ〜

09-08-19-Wed

[]Summer Sonic '09

インターンシップ、今日はお休みの日。ずっとパンプスで立ち仕事なので足が死んでます。

お盆まで東京に遊びに行って、友達の家を泊まり歩いたりしてました。サマソニ行ったり、Limp Bizkitの単独ライブ行ったり、RENTブロードウェイツアー観にいったり。お腹いっぱいの日々でした。夜はずーっと友達と死ぬほどはしゃぎまくって、連日睡眠不足。それまでのレポート課題の疲れとかも重なっていたはずなんだけど、東京ライフは楽しすぎて、その興奮状態で気力が体力をカバーしていた感じ。案の定、家に帰ったら熱が出ました。新型インフルだったらどうしようと思ったけど、ただの疲れだったようです。

それでは、サマソニ09レポを。(3日目のみ参戦)

  • 見たやつ

Five Finger Death Punch、The Temper Trap、Solange、Grizzly Bear、N.A.S.A、The Vaselines、Kid Sister、Rhymester、Sonic Youth、Limp Bizkit、Beyonce

今年はリンプ目当てで。前回みたいに、何時に移動して、これ見て、戻って・・・ってゆうのが無かったので、ゆっくりできてそれはそれでかなり満足。開場少し前に到着。リストバンド交換後、オフィグッズの列に並ぶも、やっぱ買わなくていーやってなってメッセに戻る。しかし今年のTシャツとかグッズはかわいいのか多かったですね〜。どれも欲しくなっちゃう。 

その辺で写真など撮り、開場の列に並び、入場。まだ時間あるしーってことでとりあえずビール。うま〜い。友達がお昼頃からのThe Vaselinesのサイン会に出たいというので、それまで暇〜。メッセ内のブースやサマソニミュージアムを見たり、ビーチステージに行って海と空のきれいさに少し感動したり。

緊張しまくりそわそわ状態の友達をサイン会へ送り出し、私は一人で何しよう〜。Five Finger Death Punch、The Temper Trap、Solangeを見る。Five Finger〜は、ボーカルの人いかつい顔で歌ったりしてたけど、絶対良い人だろな〜とプライベートの姿を想像しつつ見る。The Temper Trapはすごく良かった!後ろの方の客もかなり見入ってた気がする。Solangeはゆったりダンス系。

サイン会後放心お腹いっぱい状態の友達と合流し、Grizzly Bearを見る。友達はやたらこの音楽に恐怖を感じていたよう。じっくり聴いたら良さそうな曲だった。次に、友達がサイン会で見かけて絶対良い人たちだよってやけに気になっていたN.A.S.Aさんを。(ずっとさん付けで呼んだ笑)名前から想像できるように宇宙人の着ぐるみとか出てきてステージで踊ったりして、楽しかった!

その後、友達が大好きなThe Vaselinesを見る。ゆったり系だよ〜って友達に言われてたので油断してたら、押しに押されて図らずも前の方に。一度も聴いたことなかったけど、結構良かった!

「泣いちゃった〜」と感激する友達と、Kid Sisterを見に行くが、つまんなくて移動し、Rhymesterを。すごーく楽しかった!何も考えずにのれるからいい。あと、MCがかなり面白かった。

Rhymesterはアンコールでまた出てきたみたいだけど、Sonic Youthをちら見しにソニックステージへ。有名だけど、一度も聴いたことないんだよなぁ〜ちゃんと予習してから行けばよかった。

2曲くら見て、Limp Bizkitの場所取りのためマウンテンステージへ。ずずーっと前の方へ。リンプのライブで前方なんて死んでしまいそうだけど、足が勝手に進んでしまうんだからしょうがない。ちなみにウェス側です。ウェスの最近のメイク見て、抱腹絶倒オバQメイクしてるのがあって、もしそれだったら間近で見て爆笑したいと思って(失礼)。心臓バクバクでメンバー登場を待つ。登場すると、押しが強すぎて全くステージが見えない!しかしちらっと見えたウェス、し、白い!!!これはオバQメイクでは?!!と心を躍らせましたが、口のまわりは真っ黒で、残念ながらオバQではありませんでした。でもかなりかっこいいや、ウェスは。いやしかしこのライブ、最初の方激しかったわ〜。顔潰れましたからね笑。

実はリンプのライブはこれが初めてでした。中学の時散々聴きまくったのを、今さらになって生で聴けるなんて、それはそれは感慨深いものがありました。ヤンキースの赤キャップ買ったりしたもんな〜。美術の時間にフレッドの絵描いたりしたもんな〜。DCの靴買ったもんな〜。班ノートにウェスの七変化の切り抜き貼って、びっくりされたもんな〜。 ほんと、懐かしい。(4枚目のアルバムのシングル聴いて、リンプからは離れた気がします。)

気づいたら2列目まで行ってました。「ウェース!」「ウェスアイラビュー!」という男性陣からの声に耐えかねて、「WHAT?!!」って言ってたウェスが印象的。完全無視するかと思ったら喋った!みたいな。

いや〜楽しいライブでした!最高!Livin' It Upが良かった!Rollin'は何人が頭の上を通って行ったことか!Break Stuffはもっとテンポあげてほしかったな。

もみくちゃにされた後、離れた友達と合流し、急いでBeyonceへ。マリンステージ、遠い〜。1曲半くらい見れましたかね。Say My Nameの途中で入って行ってアリーナの後ろで見ました。デスチャ時代の曲もやってるんだね!嬉しい!!遠くからみるビヨンセは小さかったけど、すごい迫力!すごいや。ディーバだね。

最後の花火は思いのほか大きくて鳥肌たちました。ありがとうサマソニ!!!

  • 持ち物

お金、チケット、日焼け止め、帽子、カメラ、ウェットティッシュ、2ℓペット飲料、捨ててもいいタオル2本、オペラグラス、ジップロック(財布、スイカ入れる)、ビニール袋いくつか、小さいリュック。

前回行った時に飲み物代がはんぱなくかかったので、(10本近く飲み干した)2ℓの持って行きました。がしかし、今年は日中マリンステージに行くことはなく、外を歩くことも少なかったので飲み切りませんでした。でも次回も同じように持っていくと思います。オペラグラスは、後日ミュージカルを観る予定で持って行ってあったので、サマソニにも持って行ってみました。結構見えて便利でした。

服装は、ドライ素材(ポリエステル100%)のTシャツに、同じくドライ素材の短パン。最後のリンプでしか汗かかなかったのであれですが、でも常にさらさら〜なのは良いですね。サマソニに限らず、騒ぐ系のライブの時は必ずドライ素材のTシャツ、ズボンを着るようにしています。普通のTシャツだと前の人のTシャツとすれて毛玉になるし。あとサマソニで日中マリンステージに行く場合、放水タイムがあるので、その時はなおさらドライ素材が良いですね。すぐ乾くから。

今回はいろいろメッセ内で食べようと思ったんだけど、結局丼ものとドネルサンドを友達と二人でわけて食べただけでした。楽しいと胸がいっぱいになってお腹すかなくなっちゃいますよね。

09-07-30-Thu

[]その5

旅行行ったのは2月半ばなので、もういい加減ホテル散策くらい終わらせたい笑

ホテルのフードコートやショップ覗いたあと、お隣のスポーツ館へ。

f:id:yuison:20090217204610j:image

巨大コカコーラの中身はらせん階段。

f:id:yuison:20090217204804j:image

アメフト棟。巨大!!!

f:id:yuison:20090217205546j:image

ブレブレな写真で申し訳ないですが、このミッキーがですねぇ、ものすごく怖くて・・汗 友人も私も大きいオブジェ(このミッキーは小さいけど)に異常な恐怖心を抱いていて、しかも夜で下からライトアップされてて不気味で不気味で・・。近寄れませんでしたね〜。だからズームで撮りました。(結果ブレた) あと、

f:id:yuison:20090217205846j:image

テニス棟にこんなのもあって、これはかろうじて近寄れました。私ドナルド一家好きだし。しかしこのヒューイ・デューイ・ルーイがいるコートの反対側、つまり対戦相手は私の大好きなドナルドだったわけですが、思いのほか大きくて、しかめっつらで、それが超不気味で、遠くから見ただけで寒気が・・。ましてや近寄って写真撮るなんてできませんでした滝汗。友人と走って逃げました。(今あのドナルド思い出すだけでもちょっと寒気が・・)

なんなんですかね〜この恐怖心は。「そのうち動くかもしれない」ってのから来るんでしょうか。

本当は一度も行ったことないムービー館まで行って、あの有名な巨大バズ・ウッディー像を見たかったんですが、もう足がそろそろ限界だったので部屋に戻ることに。(見たとしても走って逃げただろうし笑)

f:id:yuison:20090217215632j:image

国内線で食べたサラダのおかげでお腹は特に空いてなかったので、夕飯(というか夜食)は機内でもらったクッキーですませ、明日の支度などすませて就寝。

次はユニバーサルスタジオ編。

09-07-24-Fri

[]official site

 ここでソウ6のワンシーンが観れます。実際のシーンよりはもちろん幾分か削られてるようです。

今作のポスター、かわいいんだけど、、ポップすぎないか?怖さゼロ・・。しかし"THE GAME COMES FULL CIRCLE"なんて、よく考えますわな〜。

[]Boosh goes to USA

f:id:yuison:20090724012825j:image

先日Rich Fulcherのサイトからメールがきまして、アメリカでのライブ情報とかが載ってました。7月21日にライブ、22日にNBCの番組に、24日にはコミコン(そういや今年はSAWは出ないとかなんとか・・)、25日もコミコン、27日はテレビ番組、28日はライブ。大忙しだなぁ〜!アメリカうらやましー!!来年お盆あたりにもしかしたらニューヨーク旅行に行くかもしれないので、ブーシュもちょうどその時期に来てくれないかなぁ〜!来年はシーズン4か。そういや映画の企画ってどうなったんだろ。

09-07-20-Mon

[]その4

f:id:yuison:20090217191454j:image

「写真撮影のために止まることはできませんが、今ちょうど後ろに車いないのでゆっくり走りますね〜」とホテルゲート近くでスピードを落としてくれた旅行社の方。でもブレブレな写真に笑。

宿泊先はオールスターリゾート・ミュージック。過去のWDW旅行全てミュージック・・。でも逆にそれが懐かしい!次回来ることがあればまたミュージックがいいな。

着いてすぐ、旅行社の方の説明(ホテルキーや、追加のツアーなどについて)を聞いて、お部屋に。ブロードウェイ棟でした〜。

f:id:yuison:20090217202906j:image

他の棟と一味違って大人な雰囲気。そして電飾が赤いから目立って分かりやすい!こりゃあいいわ。

スーツケースを部屋に置いて、ホテル散策へ。「あるもの」がとっても怖い私たち2人にとって、ホテル散策はきもだめしに近い場面もありました・・

写真アップロードがまたうまくいかないので次回に続きます〜。

09-07-18-Sat

[]Monty Python

f:id:yuison:20090718022908j:image

Monty Pythonという言葉はよーく耳にしていたけど、それが一体何なのかは全然知りませんでした。大学の教授と地元の友達に薦められてMonty Python's Flying Circus「空飛ぶモンティ・パイソン」を最近第1話から観始めまして、ただいま第3シリーズ。おっもしろい!!!今から40年も前の番組なのに、ものすごく笑える。いろんな訛りのイギリス英語(Mighty Booshでだいぶ慣れたつもりだったけど・・)使うし、字幕なしで観てることもあって分からないところはいっぱいあるけど、わかるものはすごく面白い。以前、また別の友人からMonty PythonのKiller Jokeというネタが面白いということを聞いて観てみたら、すごく面白かったんだけど、続いてまた有名らしいSilly Walkというネタを観たけど何が面白いのかさっぱり分からず。でも第1話から観て、それぞれのメンバーの個性とかが分かってきた今、あらためてSilly Walkを観てみると腹筋痛めるほど笑えました。

f:id:yuison:20090718024535j:image

メンバーのJohn CleeseとEric Idleは前に映画とかで観たことある顔でした。そんで観進めていくうちに、私はGraham Chapmanの虜になってしまいました。よく説明できないけど、なんか良いんですよね〜。近所のおばさんみたいな役なんかすごく似合ってて。それでいろんなインタビューを見ていくうちに、物静かで謎めいてて、でもすごくクレイジーで面白くて、頭良くて(医者を目指してたんだとか)、パイプとお酒が手放せなくて・・などなどいろんなことが分かってきまして。う〜ん、魅力的!自伝も絶対に読んでみたい。

で、とりあえずこんな本買ってみました。

f:id:yuison:20090717112133j:image

The Pythons' Autobiography By The Pythons

つい先日届いたばかりなのでまだ少ししか読めてません。まだ最初の、メンバーそれぞれの生い立ちの部分です。パイソンズの活動のとこ読むのが楽しみです。写真もところどころ入ってました。私は読み易い、持ち運びやすいペーパーバック版を買ったんですが、ハードカバー版と写真の量とか違うのかなぁ・・よく分かりません。

テスト前にこんな本買っちゃって・・どうすんだ自分〜笑