Hatena::ブログ(Diary)

yuizumi’s diary

2015-04-01

Super-deep Learning (?!)

 ディープラーニング(深層学習)が大きな盛り上がりを見せる中、さらにディープな世界に足を踏み入れた研究者のグループが現れ、科学者たちの間で大きな波紋を呼んでいる。その話題の元になっているのが、ヘット・バイル博士(Het Vile)たちのグループが発表した「半機械学習(Semi-machine Learning)」と名付けられた論文である。

 バイル博士たちのアイデアはあまりにも斬新である。一人の人間にあらかじめ特殊な電極を埋め込んでおき、計算機とそれらの電極を「変換器」と呼ばれる装置を挟んで接続する。計算機が学習データを受け取ると、そのデータは変換器によって人間の脳が直接理解できる電気信号に変換され、電極を通じて伝達される。電気刺激を受けた脳は活性化し、それによって脳細胞の内外で電位が変動する。その電位変動を先とは別の電極が感知し、出力信号として変換器を通して計算機に送られる。計算機はその出力信号をもとに「モデル」を構築する。計算機内部で完全なモデルを構築するため、一度学習が終われば、人間がいなくても入力データに対する出力を得ることができる。

  (後略)

ディープラーニングよりもディープな機械学習

さすがにこれはやばいだろ…。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yuizumi/20150401/1427899213
Connection: close