Hatena::ブログ(Diary)

ねことうの一日一膳

2017-04-17

トビモノ、ミズモノ

造幣局サクラを愛でつつ、鳥さんを探していたのですが、

f:id:yujiro-1:20170417053942j:image:w640

残念ながら、鳥さんは見つからず、その代わり、上空にはこんなんが、

f:id:yujiro-1:20170417054131j:image:w640

と云うわけで、サクラを愛でつつ、ヒコーキを撮ることに。
ちなみに、これはエンブラエルの170、ブラジルの製造会社です。

f:id:yujiro-1:20170417054432j:image:w640

これは、サーブの340、サーブスウェーデンのメーカーですが、つい最近まで
車も作っていました。サーブは、スウェーデン空軍に、戦闘機を納入しています。

f:id:yujiro-1:20170417054715j:image:w640

プロペラ機が続きます。ボンバルディアのDHC8Q400です。

f:id:yujiro-1:20170417054859j:image:w640

これも、ボンバルディアのCRJ700、

f:id:yujiro-1:20170417055104j:image:w640

最後の大トリは、ご存知、ボーイングの777です。とりあえず、この5機種が、
飛んではりました。しばらくヒコーキに乗っていないので、乗りたくなります。

そんな中、造幣局の前を流れている、大川の中にはこんなんが、

f:id:yujiro-1:20170417060301j:image:w640

波間に、チャプチャプ泳いではります。カモメやと思うのですが、頭が黒いので
カワアイサかとも思って、ウエブで調べると、

f:id:yujiro-1:20170417060538j:image:w640

ユリカモメの、夏アタマ、と云うか夏羽だそうです。初めて見ました。

f:id:yujiro-1:20170417062006j:image:w640

近くには、生え変わる途中のブチのユリカモメも。

f:id:yujiro-1:20170417061116j:image:w640

そろそろ、北に飛んで行ってしまうので、その前に遭遇出来てラッキーでした。

2015-10-08

沖縄の夜明け2

高槻なう。昨夜、9時半、無事に帰って来ました、やれやれ。
3日ぶりに、ニャンコの顔を見て、ホッとしました(^o^)

それはさておき、一昨日、辺野古団結小屋を訪れた後、嘉手納に向かいました。

f:id:yujiro-1:20151008055716j:image:w640

嘉手納と云えば、極東最大規模の米軍航空基地の所在地として、知られています。
ベトナム戦争時には、ここから、連日、b-52空爆に出撃していました。

f:id:yujiro-1:20151008055949j:image:w640

基地の真向かいに、4階建ての道の駅があって、屋上展望デッキからは、
滑走路が一望でき、絶好の撮影ポイントです。

f:id:yujiro-1:20151008060429j:image:w640

と云うわけで、私もカメラを向けてみました。

fー15のようです。

f:id:yujiro-1:20151008060915j:image:w640

航空自衛隊の主力戦闘機でもあるのですが、

f:id:yujiro-1:20151008061039j:image:w640

日本の航空自衛隊には、いささかオーバースペックのような気が。

f:id:yujiro-1:20151008061206j:image:w640

日本には、より安価なfー16で十分やろ、と思うのですが。

f:id:yujiro-1:20151008061332j:image:w640

飛んでいるところも、撮ってみました。イマイチですが(^_^;)

嘉手納を後に、普天間に向かいます。
普天間と云えば、世界で最も危険な航空基地と云うわけで、

f:id:yujiro-1:20151008061732j:image:w640

この嘉数公園の展望台から、普天間基地が遠望できます。

f:id:yujiro-1:20151008062507j:image:w640

正面に、何やら妖しい機体が。

f:id:yujiro-1:20151008062652j:image:w640

オスプレイです。

f:id:yujiro-1:20151008062812j:image:w640

こんな町のど真ん中に、このような基地が存在しています。

f:id:yujiro-1:20151008063125j:image:w640

ここにいた、僅かな時間にも、ヒコーキが、離着陸を繰り返しています。

f:id:yujiro-1:20151008063449j:image:w640

早急な、立ち退きが必要ですが、かと言って、辺野古代替基地を建設するのは、
筋が違います。

f:id:yujiro-1:20151008063603j:image:w640

単なる航空基地の返還だけなら、とっくに実現していたのでしょうが、
真意は、普天間基地の返還を口実に、総予算、5000億円以上とも云われる
巨大な基地を、日本側の負担で、辺野古の海に建設させることにあります。

このような暴挙を、実現させてはならないと思います。

2014-04-13

JR東西線に乗って2

当日、上空には、こんなんも

f:id:yujiro-1:20140413055222j:image:w640

ANAのB737ですが、エンジンカウルに何故か、イルカのイラストが。

こんなんもいました。

f:id:yujiro-1:20140413055442j:image:w640

ANAのDHC−8ーQ400も。更に、

f:id:yujiro-1:20140413055640j:image:w640

JALのB767です。

が、私は桜を撮りに来たわけで^_^;

f:id:yujiro-1:20140413055843j:image:w640

気持ちを切り替えて、

f:id:yujiro-1:20140413055933j:image:w640

こんなんや、

f:id:yujiro-1:20140413060020j:image:w640

あんなんや、

f:id:yujiro-1:20140413060121j:image:w640

初めて見るような、珍しい桜を見ることが出来ました(^O^)

2014-02-26

新快速に乗って2

昨日の大阪市内、春がすみと、例のPM2.5の影響か、
大変なことになっていましたが、一昨日は晴天に恵まれ、
写真撮るには、最高の状況でしたが、残念ながら、肝心のメジロに逢えず、
代わりに、こんなんを撮ってみました。

f:id:yujiro-1:20140226054854j:image:w640

何故か、梅の木にキジバトが。少し離れた木陰にはこんなんが。

f:id:yujiro-1:20140226055033j:image:w640

カワラヒワがいました(^O^)

f:id:yujiro-1:20140226055128j:image:w640

f:id:yujiro-1:20140226055231j:image:w640

あれよあれよと云う間に、一族が集結しています。


さて、空を見上げると、こんなんが。

f:id:yujiro-1:20140226055419j:image:w640

鳥は鳥でも、メタルバード、ヒコーキですけど(^_^;)
JALのB767のようです。ツルのマークが良く似合います。
JALはやっぱり、こうでなくては(^O^)

f:id:yujiro-1:20140226055626j:image:w640

こちらは、ANAのB767です。

f:id:yujiro-1:20140226055821j:image:w640

これは、JALのSTOL機、エンブラエル170のようです。

いやー、大阪城の上空を、こんなに、低い高度で、ヒコーキが飛んでいるとは。

f:id:yujiro-1:20140226060124j:image:w640

梅の花、そっちのけで、撮りまくってしまいました(^O^)

2013-05-29

君はバラより・・・・・

昨日、小雨の中、バスツァーに行ってきました。
どのカメラを持っていこうか、少し悩んで、取敢えず傘をさしても片手で撮れる、
コンパクト・カメラと、多分使わないと思うけど、鳥撮り用の高倍率ズーム機を持っていきました。

ところが、最初の目的地、荒巻のバラ園に到着してみると、雨はすっかり上がって、
雨に濡れたバラがいい感じで咲き誇っていました。

で、気分よくバラを撮影していたら、上空をヒコーキが、また撮りやすい高さで離着陸を。
この日は風向きの関係で、荒巻のバラ園あたりが最終アプローチにかかったようです。

f:id:yujiro-1:20130528093205j:image:w640

おかげで、バラの撮影はそっちのけで、ヒコーキばかり撮ってしまいました(^o^)

f:id:yujiro-1:20130528094958j:image:w640

一応、バラの写真も撮りましたので貼っておきます。

f:id:yujiro-1:20130528094401j:image:w640

いやー、鳥撮り用のカメラを持って行って良かったヽ(^。^)ノ
すっかり気を良くして、これから美山のかやぶきの里へ向かいます。