Hatena::ブログ(Diary)

分析化学のおすすめ本(刊行年順) このページをアンテナに追加 RSSフィード

化学分析の実務にたずさわる方のための入門書を集めました。「図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み 第2版」(2016年5月刊)でおすすめした書籍には のタグを付けています。書籍の情報は比較的早く古くなってしまうため、参考情報リンク集 も作成しています。

2000-02-25

[]はかってなんぼ―分析化学入門 はかってなんぼ―分析化学入門を含むブックマーク はかってなんぼ―分析化学入門のブックマークコメント

はかってなんぼ―分析化学入門

はかってなんぼ―分析化学入門

1,785円

丸善の書籍紹介

http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/4621047078.html

【目次】

第1章 知ることとはかること

第2章 ダイオキシンをどうはかる

第3章 無酸素な世界を探る

第4章 環境中でのフミン物質(腐植物質)の働きを探る

第5章 海水中の微量元素をはかる

第6章 電気と分析〜10円玉の分析から"地球の気候変動"の解明まで〜

第7章 イオンセンサー〜錬金術から科学技術へ〜

第8章 膜をはかる〜人工膜から生体膜まで〜

第9章 光から音が生まれる〜光音響分析の原理と応用〜

第10章 光電子を使って表面をはかる

第11章 X線分析〜新しい分析法はいかにして開発されるか〜

第12章 混ざることと混ざらないことの間にあるものはなに?〜液-液界面の分光法〜

第13章 マイクロ化がひらく新しい分析化学

第14章 生薬,天然物成分の分離分析

第15章 分析結果と誤差につて〜酸性雨のpH測定の場合〜

付録1 量の単位と濃度の単位について

付録2 検出限界と定量限界について