Hatena::ブログ(Diary)

分析化学のおすすめ本(刊行年順) このページをアンテナに追加 RSSフィード

化学分析の実務にたずさわる方のための入門書を集めました。「図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み 第2版」(2016年5月刊)でおすすめした書籍には のタグを付けています。書籍の情報は比較的早く古くなってしまうため、参考情報リンク集 も作成しています。

2002-03-25

[]はかってなんぼ―学校編 はかってなんぼ―学校編を含むブックマーク はかってなんぼ―学校編のブックマークコメント

はかってなんぼ 学校編

はかってなんぼ 学校編

1,785円

丸善の書籍紹介ページ

http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/4621049968.html

【目次】

第1章 みる・はかる・かんがえる

 読みと意味/“みる”と読む漢字/五感でみるという体験/百聞は一見に如かず/知りたいことを見つけよう/かんがえる/無知の知、かんがえる自由/知ることを愛する“哲学”の方法/自然を知るということ/哲学から科学へ/“はかってなんぼ”=“科学の方法”

第2章 小・中・高の教科書にみられる“はかりかた”

 分けるための五感/小学校・中学校の理科における五感/電気について/五感を数量化するには/小学校・中学校・高等学校の理科の学習目標/新学習指導要領と“イオン”/物理量と単位量/国際基本単位と力の単位について/エネルギーの単位について

第3章 “はかりかた”の科学

 もえる/えれきてる/とける/ばける/そだてる/ひかる

第4章 “はかりかた”の実際

 酸素と二酸化炭素/窒素/CODとBOD/硬度/pH測定と電導度測定/リン/簡易キット関係のホームページ

第5章 安全に正しくはかるために

 はじめに/はかり始める前に/正しくはかるための実験操作/試薬の取り扱い/安全にはかるために