Hatena::ブログ(Diary)

分析化学のおすすめ本(刊行年順) このページをアンテナに追加 RSSフィード

化学分析の実務にたずさわる方のための入門書を集めました。「図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み 第2版」(2016年5月刊)でおすすめした書籍には のタグを付けています。

2010-03-31

[][]安定同位体というメガネ―人と環境のつながりを診る 安定同位体というメガネ―人と環境のつながりを診るを含むブックマーク 安定同位体というメガネ―人と環境のつながりを診るのブックマークコメント

2,310 円

「はじめての一般向き入門書」と帯に書かれています。

親しみやすくわかりやすい。読み物として楽しめます。

体系的に勉強するための本というより、「安定同位体比でこんなことがわかるんだ!」と知って次への興味をかきたてられる本です。

序章 安定同位体って何?

第1章 生き物同士のつながりを診る

第2章 気候と社会の歴史を診る

第3章 地球環境のトレーサビリティー

第4章 環境診断学の誕生