Hatena::ブログ(Diary)

分析化学のおすすめ本(刊行年順) このページをアンテナに追加 RSSフィード

化学分析の実務にたずさわる方のための入門書を集めました。「図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み 第2版」(2016年5月刊)でおすすめした書籍には のタグを付けています。書籍の情報は比較的早く古くなってしまうため、参考情報リンク集 も作成しています。

2016-07-10

[]ビーカーくんとそのなかまたち: この形にはワケがある! ゆかいな実験器具図鑑 ビーカーくんとそのなかまたち: この形にはワケがある! ゆかいな実験器具図鑑を含むブックマーク ビーカーくんとそのなかまたち: この形にはワケがある! ゆかいな実験器具図鑑のブックマークコメント

本体価格 1,500 円

楽しくスイスイ読めるのに豆知識が色々盛り込まれています。

白衣は普通白いものですが、手術用には緑色の白衣が使われています。

血液をずっと見ていると目にその色が焼きついて白っぽいものを見たときに赤の反対色の緑の残像が見えるのが煩わしいため、緑なのだそうです。

各実験器具のキャラクターはちょっと無理に作ってる感もありますが、これだけの数に個性を持たせるためにはこうなるかもしれません。

ドラフト・電流計・電圧計・顕微鏡などまで入っています。

一方でロータリーエバポレータと各種防護具(手袋や防護眼鏡)が無いのは寂しい気もします。