yukihiko yoshida’s dance writing:tokyo dance diary

2017-04-26 谷桃子バレエ団特別公演

Twitterより短評】

谷桃子バレエ団特別公演は3回忌に行われた。谷・振の「ロマンティック組曲」は佐藤麻利香・斉藤拓等&「パ・ド・カトル」(日原永美子版)では佐々木和葉達が古典、「B-MOTION」(岩上純振)は今井智也・馳麻弥を軸に歌劇と師の横顔を描く。YAS-KAZ「狩月記」は大駱駝艦調の実験作だ。

(洗足学園・前田ホール)

https://twitter.com/DanceCriticJP

2017-04-23 まるタブ21

Twitterより短評】

柴田奈々子は今注目のダンサーの一人だ。バスタブNY「Bon Bon」(振:ハイジ)では鮮やかな感覚とワイルドな動きが融合。クラブな空気も伴う喜劇である。熊谷崇のまることまるお「Show Time」「La la la random」は江上真子も活躍のポップなコンテ作品だ@「まるタブ21」

(六行会ホール)

https://twitter.com/DanceCriticJP

2017-04-22 舞踊批評家協会賞

千代田放送会館・ラウンジでは舞踊批評家協会賞の贈呈式が行われました。

関係者が集い2016年度の舞踊界を語り合いました。

関連記事:

http://www.chacott-jp.com/magazine/news/other-news/482016.html

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/news/detail/26_010257.html

2017-04-17 橘バレヱ学校・アーキタンツ

Twitterより短評】

橘バレヱ学校の学校公演では卒業生の見澤奏海がフレッシュな演技を米倉大陽披露子どもバレエ名作集は見応えがある。濱田雄冴らゲスト男性陣が好調。予定上2部まで観た。ジュリアナ東京跡地に建つアーキタンツへ。青木尚哉の構成された良作と黒田育世の反時代的な旧作の抜粋たちを観る。

(4月15日文京シビックホール、アーキタンツ)

https://twitter.com/DanceCriticJP

2017-04-16 欅坂46 佐藤詩織 『Ballet』

この世界で活躍をする才能も少なくないですが、コンテンポラリーダンスの深見章代はこの作品を振付けています。

D