Hatena::ブログ(Diary)

トラ×虎 | Triumph Motorcycles TIGER 800XC BLOG

2015-03-15

「ツラーテック ユニバーサルアダプターベースプレート&ホルダー」インプレ

こんにちは、雪風です。
年明けから通っていた大型免許の教習もようやく終わり少し肩の荷が下りました(まあ、免許センター行くのにまた仕事休まないといけませんが…)。


さて、先月ツラーテックに行った際に購入したツラーテック製の「ユニバーサルアダプターベースプレート」を装着しましたのでそれのご紹介をしたいと思います。


f:id:yukikaze1984:20150315091023j:image


この商品は同社製の「ZEGA-RPOアルミパニア」に様々なオプション(キャニスターやボトル等)を外付けする為に必要なパーツになります。


f:id:yukikaze1984:20150315091024j:image

・こちらが「ユニバーサルアダプターベースプレート」になります。「ZEGA-Pro」と「ZEGA-Mundo」共通です(ちなみに「ZEGA-PRO2」はこのベース代わりになる部品が予め付いているので必要無いみたいです)。私は左右に装着したかったので同じ物を2個購入しました。





f:id:yukikaze1984:20150315091025j:image

・開封。ベースプレートとM4x8ボルト4本とM5x6ボルト1本にワッシャーとナイロンナットが入ってました。


f:id:yukikaze1984:20150315091026j:image

・取説です。「ベースプレートの位置はパニアの下端から47mmの位置にして4mmの穴を空けてね」との事です。


f:id:yukikaze1984:20150315091027j:image

・ボルトの取り付けについて。シリコングリスの指定がありますが防水の為ですね。


f:id:yukikaze1984:20150315091028j:image

・こちらは上記のベースプレートに取り付ける「ホルダー」になります。固定する物によって色々と種類があるのですが私は「2Lキャニスター用」と「シングルボトル用」の2個を購入しました。








f:id:yukikaze1984:20150315091029j:image

・まずは2Lキャニスター用を開封。3L用とは形状が違うので注意。


f:id:yukikaze1984:20150315091030j:image

・この謎の樹脂パーツは何でしょね?


f:id:yukikaze1984:20150315091031j:image

・取説を見ると説明がありました。


f:id:yukikaze1984:20150315091032j:image

・ホルダーの四隅に嵌めて…。


f:id:yukikaze1984:20150315091033j:image

・押し込んで完成。ベルトが食い込んで切れない様にする為のカバーだったんですね。


f:id:yukikaze1984:20150315091034j:image

・ベルトは80cm位あるので長さは十分、というかちょっと長いです。


f:id:yukikaze1984:20150315091037j:image

・こちらが同社製の「2Lキャニスター」です。樹脂製で軽量ですが強度はかなり高そうです(でないと困りますが…)。


f:id:yukikaze1984:20150315091038j:image

・フタを開けたところ。圧抜き弁は無いので取り扱いには注意した方がいいですね。


f:id:yukikaze1984:20150315091039j:image

・ナルゲンの1Lボトルと比較。


f:id:yukikaze1984:20150315091040j:image

・横から。


f:id:yukikaze1984:20150315091041j:image

・本体には「UN規格」という国際規格のマークが付いてます。この表示のある樹脂製容器はガソリン携行缶として使用する事が出来ますが、給油の際はガソリンスタンドの従業員にやってもらわないと違法になります。また、セルフスタンドの場合はお上の通達次第で従業員でもダメになっている事もあるので要確認です。


f:id:yukikaze1984:20150315091042j:image

・パニアに取り付ける前にホルダーに固定して具合を確かめてみる事にしました。ベルトはバックル部分に「歯」が付いているので緩み辛くなっています。


f:id:yukikaze1984:20150315091043j:image

・やっぱりベルトがちょっと長いですね。切ってもいいのですが、とりあえず隅っこにまとめておきました。


f:id:yukikaze1984:20150315091046j:image

・ホルダー底面には底部サポートがあるので下に脱落はしません。


f:id:yukikaze1984:20150315091044j:image

・ホルダー上面にもサポートがあります。ベルトでガッチリ固定しても多少、上下には動いてしますのですが、これがあれば余程の事がない限りキャニスターが何処かにすっ飛んでいく事は無いと思います。


f:id:yukikaze1984:20150315091035j:image

・お次はシングルボトル用のホルダーです。ベルトを通すループが増えていますが内容物は代わりませんね。黒い樹脂パーツも同じ様に取り付けます。


f:id:yukikaze1984:20150315091036j:image

・固定する物が違うのでベルトの長さも違うのかと思いましたが、並べてみると全く同一でした。


f:id:yukikaze1984:20150315091047j:image

・試しに500mlのドリンクボトルを固定してみましたがベルトを目一杯キツくしてもすっ飛んでしまいそうです(汗)。ホルダーはアルミ製なのでボトルの形に合わせて曲げたり、余ったベルトをボトルのネック部分に縛ったりすればもう少し何とかなりそうですが…。


f:id:yukikaze1984:20150315091048j:image

・今度はナルゲンの1Lボトルを固定してみました。ボトル自体が太いので500mlのボトルよりはホールド感は数段上がりました。画像は余ったベルトをボトルのフタの留め具に縛ってみたところです。


f:id:yukikaze1984:20150315091050j:image

・このホルダーも底部サポートがあるので脱落こそしませんが…。


f:id:yukikaze1984:20150315091049j:image

・上部にはサポートが存在しません。ナルゲンの1Lボトルでも車体がちょっと跳ねたりすると上にすっ飛んでしまう恐れがあります(なので上記の画像の様に余ったベルトを留め具に縛って上方向に動かない様にしてみたのですが…)。この辺りは固定方法を色々と考慮する必要があります。


f:id:yukikaze1984:20150315091051j:image

・それではいよいよパニアへの取り付けに入ります。まずはベースプレートをパニアに合わせて4箇所の穴の位置をマーキングします。取説に「パニアの下端から47mm」との指定があったのですがあくまで参考値なので自由で構いません。ただし、あまり下に付けすぎるとパニアを地面に置いた際に底部サポートがパニアより先に地面に接触してしまいます。実際に固定するキャニスター等の位置も考慮してマーキングしましょう。


f:id:yukikaze1984:20150315091052j:image

・マーキングしたら4mmの穴を4箇所空けます。最初は小さい穴を空けて取り付けるボルトが通るかどうか確認しながら穴を広げていくと良いです。ZEGA-PROは頑丈なアルミ製ですが穴は電動ドリルで簡単に空けられます。


f:id:yukikaze1984:20150315091054j:image

・穴を空け終えたら四隅をボルトで固定します。取説にも書いてありましたが防水の為にネジ山シリコングリスを塗布しておきましょう。


f:id:yukikaze1984:20150315091053j:image

・パニアの裏側から。付属のワッシャーとシリコンナットで留めます。


f:id:yukikaze1984:20150315091055j:image

・ベースプレートの取り付けが出来ました。同じ様にもう一つも逆のパニアに取り付けました。


f:id:yukikaze1984:20150315091056j:image

・ベースプレートにホルダーを取り付けてみます。画像の様にホルダーをベースプレートのボス(突起)に引っ掛けてから矢印方向にグイッと捻ります(アルミ製なのであまり力を入れ過ぎると曲がるので注意)。


f:id:yukikaze1984:20150315091057j:image

・ガチャっと固定されました。この状態からはまず外れません。


f:id:yukikaze1984:20150315091059j:image

・逆にホルダーを取り外す際はベースプレートに付いているボタンの様な部分(画像の◯部分)を押しながらホルダーを矢印方向に捻ると取り外す事が出来ます。動きが渋かったのですが何度か脱着を繰り返すとスムーズにいく様になりました。


f:id:yukikaze1984:20150315091100j:image

・もう片方のベースプレートにはドリンクボトル用のホルダーを取り付けたのですが、こちらは取り付けの段階で悪戦苦闘する羽目になりました。どうもベースプレートのボスの取り付けに問題があった様で(つまり初期不良)ホルダーの穴がどうしても噛み合わない状態でした。仕方が無いのでホルダーの穴部分をヤスリで少し削ったりペンチで曲げたりしながら、最終的にはホルダーの頑丈そうな部分にポンチを当ててハンマーで叩き込むという荒技に出てところ何とか取り付け出来ました。そんなノリで取り付けたので一度外すと戻すのもまた面倒な事に…。


f:id:yukikaze1984:20150315091058j:image

・…という事があったのもありますが、ホルダーを頻繁に外す理由も元から無かったので付属のM5ボルトをホルダーの上からベースプレートに留めます。これでワンタッチでホルダーを外せなくなりますが、その分ホルダーの固定がより確実になります。


f:id:yukikaze1984:20150315091104j:image

・車体に取り付けてみました。素敵な雰囲気になりましたね。


f:id:yukikaze1984:20150315091101j:image

・ここからはちょっとしたオマケ。3Lのキャニスターには給油用のノズルが付いているのですが2Lのそれには付いていません。ちょっと給油し辛いかもと思ったのでシリコン製の漏斗を購入してました。





f:id:yukikaze1984:20150315091102j:image

・この漏斗の面白ポイントは使わない時は畳んでコンパクトに出来るという点です。アウトドア用品にも畳めるコップがあった気がしますがアイディア商品ですね。


f:id:yukikaze1984:20150315091103j:image

・給油イメージ。ちょっとは便利そうかな?


インプレは以上となります。

ベースプレートの不具合に関してはツラーテックの大野さんから「そういった商品もあるのでダメだったら言って下さい」と言われてましたが、別に使えないわけでは無いのでこのままで良しとしました(ナビマウントの時も同じ様な事がありましたしね…w)。

今回はセオリー通りパニアの後方に付けましたが、パニアの前方にもスペースがあるのでそこに別の荷物を固定するのも有りだと思います(タンデム時に邪魔になるかもしれませんが)。


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

2015-01-14

「ツラーテック インテグラルロック&キャリングハンドル」インプレ

こんばんは、雪風です。
実戦経験は無いです(意味深)。


先日のキャンプで早くも活躍してくれた「ZEGA-PROアルミパニア」ですが、そのままではただの箱と言っても過言では無いほど何も付いておりません。
そんな作りですからメーカーからは実に様々なオプションが発売されているのですが、そんな中でも「これは真っ先に付けるべきだろう!」って事でパニア注文時に同時にお願いしていたのが「インテグラルロック」と「キャリングハンドル」でございます。


f:id:yukikaze1984:20150110234935j:image

・まずは「インテグラルロック4個セット」です。文字通りパニアにロック機構を付加する為のパーツです。パッケージによると「ZEGA-PRO2」とも共用の様ですね。


f:id:yukikaze1984:20150110234938j:image

・開封してみました。4個セットなのでシリンダー4個にキーが8個も付いてきます。


f:id:yukikaze1984:20150110234934j:image

・この画像は同社製の「ZUMO660 V2.0ホルダー」のものですが、画像に写っているキーは今回購入したキーと同じ物が使えます(他にもオイルフィラーキャップ等があります)。インテグラルロックを注文する際に手持ちのキーに打刻されている番号を伝えれば対応したキーとシリンダーが手に入ります。これでいくつもキーを携帯する必要が無くなります。


f:id:yukikaze1984:20150110234936j:image

・取説。パッと見で簡単そうなのが分かります。


f:id:yukikaze1984:20150110234937j:image

・取説に「Loctite」の表記があったので工具箱から緩み止めを持ってきました。


f:id:yukikaze1984:20150110234939j:image

・取り付けに掛かります。まずはパニアのフタの留め具に付いている黒いゴムをマイナスドライバー等でこじって外します。ちなみに今回はロックを4個とも取り付けましたが、そんなに付けないなら2個だけにして少しだけ費用を節約出来ます。


f:id:yukikaze1984:20150110234940j:image

・ゴムを外した場所にシリンダーを差し込みます。


f:id:yukikaze1984:20150110234941j:image

・裏側から見るとこうなっています。ネジ山に緩み止めを塗布してから金色のナットを締め込みます(工具が入れられないので手で頑張って回しました)。


f:id:yukikaze1984:20150110234942j:image

・取り付け完了です。


f:id:yukikaze1984:20150110234947j:image

・シリンダーが施錠されると画像中央のギミックが作動しなくなるのでフタが開かなくなります。


f:id:yukikaze1984:20150110234943j:image

・開錠状態。


f:id:yukikaze1984:20150110234946j:image

・留め具の一部ががシリンダーの穴に干渉するのでキーは抜いてから操作する必要があります。


f:id:yukikaze1984:20150110234944j:image

・施錠状態。


f:id:yukikaze1984:20150110234945j:image

・ガッチリと施錠されているので余程の力を加えない限りは破損しないと思います。


f:id:yukikaze1984:20150110234948j:image

・お次は「ストラップ付きキャリングハンドル」です。これが無いとパニアの持ち運びが非常に面倒な事になります。この商品は「1本」での販売の為、両方のパニアに取り付けるには2個購入する必要があります。


f:id:yukikaze1984:20150110234949j:image

・パニアにキャリングハンドルを取り付けてみます。取説は無いのですが簡単です。パニアのフタの四隅にあるループ(?)にストラップを通します。


f:id:yukikaze1984:20150110234950j:image

・で、完成。早い!(迫真)。


f:id:yukikaze1984:20150110234951j:image

・取っ手を掴んでパニアを持ち上げられます(当たり前ですがw)。


f:id:yukikaze1984:20150110234952j:image

・ふと「どこまでの荷重に耐えられるのかな?」という疑問が湧いてきたのでパニアに2Lのお茶のペットボトルを8本突っ込んで再び持ち上げてみました。とりあえず耐えましたが長時間は色んな意味で危険なので止めましょう。


f:id:yukikaze1984:20150110234933j:image

・カタログにこんな画像がありました。どうやらストラップを緩めてハンドルとパニアの間に荷物を入れられる様だ…。


f:id:yukikaze1984:20150110234953j:image

・ストラップを緩めてコールマンのアビアーX1を突っ込んでみました。ビッタリですね。


f:id:yukikaze1984:20150110234954j:image

・余り大きな物は入れられませんが、パニアの上のスペースを有効利用出来るのは良いですね。


f:id:yukikaze1984:20150110234955j:image

・キャリングハンドルは勿論そのまま使えます。素晴らしい。


f:id:yukikaze1984:20150110234956j:image


以上、インテグラルとキャリングハンドルのインプレでした。

共に良い出来だとは思いますが、それと同時に最初から付いていてもいい装備だとも思いました(ZEGA-PRO2には簡易的なキャリングハンドルだけ付いてますが)。

とは言え、これを皮切りにパニアにどんどんオプションが付いていってしまいそうな予感がひしひしとしますです…。








にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

2015-01-10

「ツラーテック ZEGA-PROアルミニウムパニアシステム」インプレ

こんばんは、雪風です。
今頃になってから海外ドラマの「CSI:マイアミ」を見始めたんですがとても面白いですね。
私も主役のホレイショみたいにカッコイイおじさんになりたいなあと思ったのですが、とても無理そうなので仕事中にホレイショっぽくサングラスを掛ける程度に留めています。


f:id:yukikaze1984:20150110103442j:image


さてさて、今回は先日ようやくタイガーに取り付ける事が出来たツラーテック製の「ZEGA-PROアルミニウムパニアシステム」のご紹介をしたいと思いますです。


ツラーテックが販売している「ZEGA-PRO(ゼガ-プロ)」と名の付くパニアは、ごく一部の例外を除いて共通のパニアと車種専用のステーによってシステムが構成されていて、そのパニアとステーがセットになって「パニアシステム」として販売されています(セットになる事によってバラで買うより若干お安くなっているというメリットがあります)。

そのセットもステーやパニアの色、サイズが違ったりで色々組み合わせがあるのですが、今回私が購入した組み合わせは「31+38L(ブラックフレーム)」のセットになります。

「ブラックフレーム」は車体のフレーム色に合わせてですが、「31+38L」という容量はあまり幅広になるのを避ける為に一番小さい組み合わせにしました。
また、パニア本体の色は無塗装のアルミ無地にしたのですが、これは「一番安い」(ZEGAのパニアは無地<銀<黒の順に価格が高くなります)という理由と共に、アルマイト処理をしていない方が万一破損した時に補修しやすいかなと思い選択しました。


f:id:yukikaze1984:20150107213051j:image

・ここからはステーについてですが、取り付けはトライアンフ宇都宮にタイガーを修理に出した際に既に終わっているので固定箇所の確認だけになってしまいます。とは言ってもボルトで数カ所固定するだけなので作業は簡単に終わると思われます。画像はタンデムステップステーの固定箇所でサポート的な位置ですかね。


f:id:yukikaze1984:20150107213052j:image

・メインはシートフレーム部分で固定します。これは純正パニアステーと同じ場所ですね。


f:id:yukikaze1984:20150107213053j:image

・ステーは左右で分割されていますがこれを1本のバーで接続して補強します。純正パニアはこの部分が左右にスライドしましたがZEGAは完全に固定されて動かなくなっています。


f:id:yukikaze1984:20150107213054j:image

・車体左側から。


f:id:yukikaze1984:20150107213055j:image

・車体右側から。マフラーはオフセットして回避するのでは無く、完全に外側に回避する形になっています。これによってパニアの横への張り出しは大きくなりますが、四角い形のパニアが装着出来る様になります。


f:id:yukikaze1984:20150107213056j:image

・お次はパニア本体です。アルミ製の頑丈な造りで腰を下ろして椅子にする事も出来ますが、天板が凹む可能性があるので踏み台代りにするのは止めた方がいいと思います。


f:id:yukikaze1984:20150107213057j:image

・パニアの裏側(車体側)です。ステーに取り付ける為のパーツが付いてますがこれは後々ご説明します。


f:id:yukikaze1984:20150107213058j:image

・パニアの下部にはボルトで固定された樹脂製のガードが装着されています。破損した場合は交換する事が出来ます(現時点で黒、白、オレンジの3種類がオプションで用意されています)。


f:id:yukikaze1984:20150107213549j:image

・パニア上部にも同じく交換可能なガードが装着されています(こちらも現時点で3種類のカラーがあります)。


f:id:yukikaze1984:20150107213550j:image

・パニアのサイズ比較。画像左の右側用(マフラー側)が31L、画像右の左側用が38Lになります。


f:id:yukikaze1984:20150107213551j:image

・7Lの差は結構実寸にも影響してきますね。


f:id:yukikaze1984:20150107213552j:image

・ではパニアを開閉してみましょう。まずはフタの留め具(前後にありますがこの場合は前方)を下から押します(画像の赤丸の裏側に突起があります)。


f:id:yukikaze1984:20150107213553j:image

・すると留め具がフリーになります。


f:id:yukikaze1984:20150107213554j:image

・後はフタを固定しているフックを手で外せばフタを開ける事が出来ます。閉じる場合は逆にフックを掛けて留め具をバチンと戻せばOKです。


f:id:yukikaze1984:20150107213555j:image

・ガバッと開きました。ワイヤーでパニア本体とフタは固定されているのでこれ以上は開かないのですが赤丸の部分を見ると…。


f:id:yukikaze1984:20150107213556j:image

・フタ側のワイヤーは白い樹脂製のパーツで固定されています。これは手で回して取り外し出来ます。


f:id:yukikaze1984:20150107213557j:image

・フタ側のワイヤーを外せばフタが180度近くまで開く事が出来ました。


f:id:yukikaze1984:20150107213558j:image

・もう一方のフタの留め具を外せばフタごと取り外す事が出来ます。これはあんまり使い道無いかな?


f:id:yukikaze1984:20150107213600j:image

・ここからはパニアのステーへの取り付けについて。まずはパニア裏側下部にある黒色の突起をステーに引っ掛けます(正確にはちょっと下に押し込む感じ)。


f:id:yukikaze1984:20150107213601j:image

・引っ掛けました。


f:id:yukikaze1984:20150107213602j:image

・ここからがちょっと特殊。パニア内側にある円板状のパーツを反時計回りに回して緩めます。一緒に付いている白い樹脂製のパーツは緩み止めになります。


f:id:yukikaze1984:20150107213603j:image

・二箇所とも緩めます。


f:id:yukikaze1984:20150107213604j:image

・緩めたら画像の様に白い樹脂製パーツに軽く「掌底を打ち込む」ノリでドンと押します。取説には「PUSH」なんて可愛い表現で描いてありましたが指ではちょっとキツイです。


f:id:yukikaze1984:20150107213605j:image

・これでパニアとステーを固定するパーツがフリー状態になります。


f:id:yukikaze1984:20150107213606j:image

・もちろん両方やります。


f:id:yukikaze1984:20150107213608j:image

・フリーになったパーツを動かして画像の様にステーを挟み込む様にし、この状態で先ほど緩めた円板状のパーツを時計回りに回して固定します。


f:id:yukikaze1984:20150107213607j:image

・これを両方やって固定完了。ガッチリ固定されているのでパニアがブレる事も無いです。ちなみにパニアを取り外す際はこれと全く逆の手順で行います。


f:id:yukikaze1984:20150107213609j:image


f:id:yukikaze1984:20150107213610j:image


f:id:yukikaze1984:20150107213612j:image

・パニアの取り付けが出来たので装着状態を確認。まずは前方からですがそこまで横への張り出しは大きく無い様に見える…?


f:id:yukikaze1984:20150107213611j:image

・と思ったけど後方からだと凄い幅になるのが分かりますね。全幅99cmにもなるので仕方が無いですが。


f:id:yukikaze1984:20150107213613j:image

・左側から。赤黒の車体に銀色のパニアは映えると個人的に思います。


f:id:yukikaze1984:20150107213614j:image

・右側から。こう見ると純正のパニアより高い位置にマウントされているのが分かります。このスタイルの方がシャープな印象で好みです。


f:id:yukikaze1984:20150107213615j:image

・装着してから気付いたのですが、左側のグラブバーとパニアのクリアランスが狭い為、グラブバーを掴んで車体を押し引きするのがちょっとだけやり辛くなりました。


f:id:yukikaze1984:20150107213559j:image

・最後はパニアの収容能力について。まずはヘルメットですが38Lでも無理でした(画像だとインターフォンが引っ掛かっている様に見えますが帽体も)。Mサイズのヘルメットでこれなのでどうしてもメットインするなら45Lにするしかないかも…?(要確認ですが)。


f:id:yukikaze1984:20150107213618j:image

キャンプに使う食器やらが入った入れ物が余裕で縦に重ねて入りました。


f:id:yukikaze1984:20150107213617j:image

・以前から使用しているコールマンのアビアーX1も何とか収まりました。


f:id:yukikaze1984:20150107213616j:image

先日購入したモンベルの冬用シュラフも収納袋に入れずに直にパニアに突っ込めば何とか収まりました。凄い絵面ですがw


f:id:yukikaze1984:20150107213619j:image

・昔、出先でクラッチワイヤーが切れた経験からタイガーでも予備のクラッチワイヤーを携行しております。パニアの底にお守りとして入れておきましょう(ちなみに前のバイクもたまたま予備を携行していて助かりました)。


f:id:yukikaze1984:20150110234807j:image

・最後に。上の方の画像でもチラっと写っていましたが、買った時からパニアに入っていた謎の黒い物体の正体は…?


f:id:yukikaze1984:20150110234808j:image

・これはパニアの樹脂製ガードの角に貼り付けるクッション的な物でした。裏面に両面テープが付いていて貼るだけです。小さいので無いよりマシ程度でしょうか。


ZEGA-PROのご紹介は以上となります。

純正パニアに比べると脱着に結構な手間が掛かる様になってしまいましたが、それ程頻繁に脱着を繰り返していたわけでも無いのでここはそんなに問題無いかなとも思っています。

純正パニアの容量36+26Lに対して38+31Lと僅かに減少しているのですが、パニア自体が箱型になった事とフタを開けて上方から荷物を突っ込める様になったので実際の容量というか使い勝手は遥かに向上しているのが分かります。


脱着をどうしてもワンタッチで素早く済ませたいという方は取り付け方法が大幅に変更された「ZEGA-PRO2」を選択するのも良いと思います。
こちらも以前実物を触ってみましたが、素早くガッチリと固定が出来る上にキャリングハンドルとオプションを取り付ける為のアダプターが初めから付いていてお得です(と言っても販売価格は少し上ですが)。

何でそっちにしなかったのかっていうのには理由がありまして、私が購入手続きをした段階ではタイガー用のPRO2システムが無かった=バラで買う必要があるので更に値段が高くなってしまうという事と、ツラーテックの大野さんからPROの方の固定システムの信頼性についてご教授頂いた点がありました。


結構な出費となりましたがこの新しいパニアで更に快適な旅が出来そうです!(∩´∀`)∩


(追記)タイガー800用の「ZEGA-PRO」ステーに「ZEGA-PRO2」のパニアは一部が干渉して取り付けられないそうです。ご注意下さい。





にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

2014-12-28

ようやく新しいパニアが付けられました…。

こんばんは、雪風です。
宝くじが当たったら「SLS AMG ブラックシリーズ」を買おうと思います(まあ、宝くじ買ってないんですけどね…)。


さて、3週間ほど前に入院したタイガーですが、本日無事に退院出来る事となりましたのでトライアンフ宇都宮に朝から引き取りに行ってまいりました。


f:id:yukikaze1984:20150107213051j:image

前回の修理で修正しきれていなかった左タンデムステップのステーは殆ど元通りの位置まで曲げ直す事が出来ました。これによりZEGAのパニアのステーも問題無くタイガーに装着する事が出来たわけでございます(パニアを付けないにしてもちょっと車体の外側に突き出し過ぎでしたけどね…)。


f:id:yukikaze1984:20141228202606j:image

・修理が完了したタイガーと一緒に、これまた右腕の骨折の手術を終えたメカニックの樫宿さんを撮らせて頂きました。既に作業が出来る位まで腕を動かせる様でしたのでその辺をポーズでアピールしてもらいましたw


f:id:yukikaze1984:20141228202607j:image

・根元の固定部分が砕けてしまっていたグラブバーも新品に交換しました。お値段は驚きの「29,160円」なり。桁が一つ多いってばよ…。(´・ω・`)


f:id:yukikaze1984:20141228202608j:image

・ついでに注文しておいたこちらのネジっぽい何か。これは何かと言うと…。


f:id:yukikaze1984:20141228202609j:image

・シートレール下側のねじ穴(純正パニアステー用)を埋める為のネジでした。新車状態では装着済みのネジなんですが、私は納車時から純正パニアを付けていたのでこれは無くなっていました。ちなみにお一つ140円で6個必要なので840円でした。まあ、グラブバーに比べればまだマシか。


タイガーを回収した後は副社長さんと会う約束があったので、急いで高速で自宅に戻ってZEGAのパニアがちゃんと装着出来るかを確認。
問題無く装着出来たので再び高速で宇都宮方面に向かい、副社長さんと合流した後は一緒にお昼を食べに行きました。


f:id:yukikaze1984:20141228202610j:image

・で、お昼を食べに行ったのはこちらの「ラーメン角次(かくじ)」。副社長さんにご紹介して頂いたお店になります。


f:id:yukikaze1984:20141228202611j:image

・お昼をちょいと過ぎていましたがお客さんは結構来てました。初めて来てトッピングは分からんちんなので副社長さんご指定の「ニンニク」になりました。


f:id:yukikaze1984:20141228202612j:image

・こちらが私の注文した「豚入りラーメン300g」です。私はよく分かりませんが所謂「G系」ってジャンルだそうです。画像では分かりませんが大量のもやしの下にチャーシューが隠れています。


f:id:yukikaze1984:20141228202613j:image

・ご覧の様にうどんみたいな太さの麺が最大の特徴ではないでしょうか。200g、300g、400gとサイズがありますが普通は200gで十分だと思います。300g食べきった時に「400gはちょっとキツイかな」と感じました。スープは結構しょっぱいですがクセになる感じ。でもやっぱりしょっぱい。良くも悪くも毎日食べたら確実に寿命が縮まると思います。


f:id:yukikaze1984:20141228202614j:image

・ラーメン(?)を平らげた後は副社長さんと共にすぐそばの石井スポーツへ。ここではミズノのブレスサーモインナー上下を購入しました。厚手で計12,000円なり。冬の間に活躍してもらわねば…。


f:id:yukikaze1984:20141228202615j:image

・更にその後はインターパークにあるバイクセブンに行ってまいりました。パニアが復活したのをいい事にオイルやら何やら色々と買ってしまいましたw


買い物後はちょっとお話をしてたんですが、いつの間にやらお外が真っ暗になっていたので給油後に解散し、私は上三川ICから北関東道に乗ってそのまま帰宅しました。


とりあえずはタイガーのタンデムステップのステー修正が年内の内に終わって良かったです。
肝心のZEGAのパニアについてはまた後日、記事にしてご紹介しようと思いますです。


明後日まで仕事の予定なので何か色々と時間足りてませんけどね…。'`,、('∀`) '`,、





にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

2014-11-16

遂にパニアが来ました!

こんにちは、雪風です。


f:id:yukikaze1984:20141116155342j:image


先日注文したツラーテックの「ZEGA PROアルミニウムパニアシステム」が遂に届きました。
ツラーテックの大野さんから「バックオーダーなのでかなり時間が掛かってしまうかも」と言われていたのですが、思いの外早く届いたので良かったです。

ひん曲がってから一度修正したものの、まだ角度が足りない左タンデムステップステーを再調整しないとパニアのステーが取り付け出来ないのでタイガーへの装着はまだ先になってしまいますが、年明け早々に行う予定の冬キャンプには間に合わせたいと思っております。


ツラーテックの大野さん、この度はありがとうございました!


D


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村