yukino77の昇竜日記〜萌えとか野球とか競馬とかいろいろ〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-04-06 ナタデココ=ココナッツミルク+ナタ菌

[][] 「マンゴスチン恋人」(はてな年間100冊読書クラブ 15/100)

マンゴスチンの恋人

マンゴスチンの恋人

高校生主人公の、4編のラブストーリーですね。

もっとも、4編とも普通ラブストーリーとは違って(笑)

レズビアンなど、「セクシャルマイノリティ恋愛」が

テーマに置かれていますね。また、4編は、

「ある編の主人公が、別の編では脇役になる」

といった感じで、登場人物は、各編によって

主従は入れ替わるものの、基本的に同じです。

そして、「最初の編での謎が、次編以降のストーリーで判別する」

など、推理小説的な「謎解きというか、伏線の設定と回収」が

全編に渡って織り込まれているところも、

なかなか面白い構成だと思いました。

テーマの「セクシャルマイノリティ」に

抵抗が無ければ、面白く読める小説かと思います。

小学館文庫小説賞」受賞も、なるほど納得という感じですね。

  • 娘を持った親御さんが読むと、共学よりも女子高派になるかも(笑)

共学の高校が舞台のためか、

男女とも盛りがついている時期だから(笑)

登場人物は(基本的に)全員、

性に関しては開けっぴろげですね(笑)

私も共学の高校出身でしたけど、こんな雰囲気

全くといって良いほど無かったですね(笑)

もっとも、無かったのは「私と私の周りだけ」

に限られていたのかもしれませんが‥(^^;)

モテる男子にとっては楽園でしょうけど(笑)

共学の高校が、本書に登場するような雰囲気を持つようならば、

娘を持つ親御さんにとっては、通わせるのが怖くなりますね‥(^^;)

ヤリチン」なんて言葉が、平気で飛び交っていますから(笑)

「やっぱ女子高のほうが‥」という感じになりそうです。

登場人物としては、「男を寄せ付けない雰囲気のある生徒&先生」、

学校一の美少女」、「美少女の友人」などが登場しますね。

過去トラウマを抱えていたり、女癖の悪い恋人に悩んだり、

友達自分を比べてコンプレックスを抱えたりしている

彼女たちの恋愛模様が、描かれていますね。

4編のうちでは、「恋人の女癖に悩む美少女

冴えない男子との恋愛に落ちる」ストーリー

良かったと思いましたけど、男性読者ならではの感想

というところでしょうか‥(^^;)

「この美少女の友人」が主人公になる別の編では、

「友人」の、援交などその行動には

少し引いてしまうところがあるのですが、

美少女の友人を羨ましく思うも嫉妬して、

ブランド物などを買うために、援交に走る」

という動機には、悲しくもあり、

また共感できる感じも、してしまいましたね‥

美人イケメンに生まれなかった一人として(笑)

そんな感じで、「セクシャルマイノリティ」が

テーマ小説でしたけど、意外に共感を持って

読むことが出来たという感じですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yukino77/20130406/p2
Connection: close