yukino77の昇竜日記〜萌えとか野球とか競馬とかいろいろ〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-10-14 「適材適所」、合わないと芽も出ない…

[] 山中伸弥教授に、ノーベル医学生理学

今週の明るい話題として、標題の

山中教授ノーベル賞受賞のニュースがありましたね。

理系分野には全く疎い私でさえも、

山中教授が開発した、iPS細胞人工多能性幹細胞)は

再生医療切り札として、期待されている」

程度の知識はあった位ですからある意味

受賞して当然とも言えるような成果だった、という感じでしょうか。

一昨年・2010年ノーベル化学賞の受賞者、

鈴木章氏・根岸英一氏の研究成果「クロスカップリング」などは、

当時新聞記事を読んでも、素人にはさっぱり解らないような

研究内容でしたからね…(笑)その山中教授ですが、

研修医時代には手術が下手で時間を要してしまい、

「ジャマナカ」と呼ばれていた、

といったエピソード報道されていましたね。

まさに人材適材適所というか、

臨床医から研究者」へのかじ切りが、

山中教授人生ターニングポイントであった、

という感じですね。自分に合った分野なら

とことん突き進んで遂にはノーベル賞受賞という成果を達成、

一方で、合わない分野を進んでしまうと

落ちこぼれ研修医からヤブ医者へ…という感じでしょうか。

ノーベル賞といえば、文学賞受賞の最有力候補と言われていた

村上春樹さんは、残念ながら受賞を逃してしまいましたね。

その村上春樹さんの著作、最近の「1Q84」あたりは、

文学性も高いと言われていますが、

私が最初に読んだのは「ノルウェイの森」でした。

その「ノルウェイの森」を読んだ時には、

「読みごたえはあり、面白い」とは思ったものの、

文学作品というよりは大衆小説という感じで、

ノーベル文学賞候補にあがるとは、

全く思っていなかったのですけどね…(笑)

2012-02-11 いつのまにか「武道」が必修化…

[] 中学校で「武道」必修化

最近まで全く知らなかったのですが、

来年から中学校の体育で、

武道ダンス」が必修化されるそうですね。

種目は武道場合、「剣道」・「柔道」・「相撲」の3種目だそうです。

そのうち、相撲採用するのはごく少数に留まり、

剣道7割・柔道3割くらいの割合になっているそうです。

このうち柔道は、練習の際に頭を打ち大怪我をする危険性がある、

ということで、必修直前のこの時期になって、

改めて問題視されているそうですね。

また、体育教師の中にも武道経験者が多数存在するため、

必修開始に向け、付け焼き刃状態で習得を図っているそうです。

しかし、個人的な経験からすると、

正直なところ「武道」を学んだところで、

「肉体的・精神的に何かが変わる」という印象は無いですね(笑)

武道には「礼に始まり礼に終わる精神があると言います。

しかし、子供の頃に学んでいた限りでは、

そのような実感は、ほとんど無かったです。

剣道は、夏の暑い時期には蒸れて臭って大変」

という嫌な思い出しかありませんね‥(笑)

もし、「武道必修化」が、「礼に始まり〜」の精神を学ばせることを

狙いにしているのであれば、

茶道を必修にするほうが、よほど有意義かなと思います。

誰がいつの間に、このような愚策と断言出来る

武道必修化」の導入を決めたのでしょうか。

体育で武道を必修化するくらいなら、

個人的には「護身術」でも学ばせたほうが、

社会に出てからも有効な、より実践的なスキルになるかと思います。

特に女子中学生高校生にとっては、

今の時代護身術」は、残念ながら

習得しておいたほうが良いスキルになりつつありますからね‥

また、「日本の伝統を学ぶ」ことが

武道必修化に盛り込まれているのであれば、

現在、高校で「世界史を必修にして日本史を必修から外している」

ことと矛盾しますよね。中学と高校の違いはありますけど、

武道を必修化するくらいなら、日本史を必修化したほうが

より祖国日本への理解を深めることに、繋がると思いますけど。

2011-11-11 オリンパスの「飛ばし」

[] オリンパス「飛ばし」問題

  • 監視&管理がますます強まり、窮屈になりそうです‥

外国人社長の解任から発覚した、

オリンパスの「飛ばし」騒動ですが、

今後の仕事への影響を考えると、憂鬱になりますな。

業務面では、内部統制などの管理・監視的な視点が

これを機会にますます強まり、さらに窮屈になりそうです。

ただでさえ低いといわれている

日本人ホワイトカラーの生産性が、

この事件によって、ますます低下しそうですね‥(^^;)

また、この事件により日本企業全体への信用が失われ、

それに付随すると思われる株式市場の低迷もまた、

資産運用面における、環境の悪化につながってしまいますね‥

超低金利が続く現在、今後ともカネ余りが続きそうですね。

  • 監査法人は、買収価格の異常さに気づいたようですが‥

そのオリンパスですが、上場企業です。

会計監査の対象であり、また社外取締役がいながら、

この「飛ばし」が見抜けなかったとは、

なんとも情けないような気がしてしまいますね。

体制だけ整備していても、それが機能しなければ

正直どうしようもない気がします。

まぁ、最新の報道によると、会計監査で監査法人

買収価格の異常さに気がついたものの、

真相まではたどり着けなかったようですね‥

(バレそうになったため、危機感を覚えた経営陣により

翌年度から監査法人は交替になったそうですが‥)

  • 脛に傷持つ身でありながら、なぜ外国人社長を登用?

また、「飛ばし」の負の遺産を抱えていながら、

「外国人を社長に起用しようとした」判断も

個人的には疑問視ですね。

過去や周りの人間関係にしがらみのない外国人を

社長に起用すれば、今回のケースのように、

過去の過ちが暴かれてしまうことも、当然想定されます。

から闇に葬り去るつもりであれば、

「飛ばし」の案件を存知している「一蓮托生」の役員を

代々社長に起用して、「負の遺産の処理」を

こっそりと引き継いでいくべき、

だったのかと思うのですが‥(笑)

2010-05-26 迷走続く、サッカー日本代表と鳩山内閣

[] 普天間基地移設問題、混迷の上に元通りでは…

  • 米軍基地は、沖縄に置くしかないですね…

岡田監督と並んで、ダメダメなのは(笑)鳩山由紀夫首相ですね。

普天間基地の移設問題、あれだけ大山鳴動して、

結果が「自民党時代の原案通り、辺野古への移設」では、

何も進展が無く時間だけを空費した上に、

各地で反発を呼んだだけとなり、全くどうしようもないですな。

韓国に魚雷攻撃を仕掛けるなど、北朝鮮が暴発しかねない状況では、

韓国以上に北朝鮮にとって「仮想敵国」である日本は、

残念ながら「北に対する抑止力」は、欠かせないのが現状です。

そして、現行憲法上では、自衛隊が防衛に徹することしか出来ません。

抑止力として、現在日本には、米軍は必要ですね。

そして、現状日本国内で米軍基地を

受け入れたいと思う自治体は無いこと、

そして、「仮想敵国」の北朝鮮や中国に近いという地政学上の面からも、

「沖縄県民には申し訳ないが、引き続き米軍基地は沖縄に置く」

と思ってはいました。

  • 進展がなく「元通り」では…杜撰そのものですね…

まぁ、直接の政権担当政党ではない、社民党や国民新党は

「沖縄以外、国内か海外に移設」と

好き勝手なことを主張出来るでしょうけど(笑)

政権担当政党の、それもトップの内閣総理大臣が

抑止力面の事情を読めずに、「県外移設に努力」してはいけませんね。

鳩山首相の見通しが、甘すぎましたね。

「県外移設に努力」したことにより、

沖縄県民の期待を煽ってしまい(煽られたからこそ、

一転の失望は大きかったと思います…)

「移設先」にあげられた徳之島の反発を招き、

更にはアメリカ側の不信感も、招いてしまいました。

「結局元通り」では、アメリカも沖縄も、

「一体なんだったんだ」という感じですよね…

まぁここは、現在ホットな北朝鮮の問題を前面に出して、

「抑止力の面で、米軍は日本国内に必要」

と説明するしかないですな。沖縄はともかく、

他の日本国民は、納得するのではないでしょうか。

まぁ、ここまでごたごたとこじれてしまった、

その過程は、稚拙そのものではありますが…

2010-05-11 今回は「精神的な支柱」が必要と判断…?

[] 夏の参議院議員選挙に向け、各党が有名人候補を擁立へ

  • 支持率の低迷に悩む政党と、第二の人生を模索するスポーツ選手との、利害が一致?

先日、民主党が夏の参議院議員選挙に

柔道の谷亮子選手を擁立することを、発表しましたね。

このほか、自民党は元プロ野球選手の堀内恒夫さん、

新党「たちあがれ日本」が、同じく元プロ野球選手の

中畑清さんを擁立することを決めています。

各党とも、国民の期待に応えきれておらず、支持率が伸び悩む中で、

「困ったときの有名人頼み」は、与野党とも変わらないようですね。

しかし、堀内さんは、前巨人監督ですけど、

在任時代は目立った成績も残せておらず、

巨人ファンにとっては、既に黒歴史的な存在って感があります(笑)

そんな堀内氏の擁立は、むしろマイナス方向に

働きかねないのではないでしょうか…?(笑)

谷亮子選手も、「政治家でもロンドンでも金」と公言していますが、

結婚・出産もあったりして、ここ最近は試合から遠ざかっていますね。

谷選手が休養している間に、他の選手の台等もあり、

ロンドン五輪代表の座も、まだ確実ではありません。

皆さん、「安定した収入&第二の人生」を

政治の場に求めているような、そんな感じがしてしまいます…

2010-04-23 民主も自民も、頼りにならないなぁ‥

[] 舛添要一氏、「新党改革」を立ち上げ

  • 双方の利害が一致した「新党」の立ち上げ

舛添要一氏が、自民党を離党して、新党を立ち上げましたね。

立ち上げたとはいえ、現存の政党「改革クラブ」に合流して

党名を「新党改革」に変更するとのことです。

舛添さんは、改革クラブに合流すれば、

政党助成金と、仲間の国会議員(=政党要件)が入手出来ますね(笑)

一方の改革クラブ側は、このままの特徴の無い小政党状態では

(「改革クラブ」は、民主党からの離党者と元自民党議員で

結党されています。政党助成金を受け取らんがための、

まさに「理念無き野合世帯」でしたね。)、

「座して死を待つ」だけでしたが、

今度は舛添さんという「人気者」を担ぐ事が出来ます。

双方にメリットがありますが、これは「たちあがれ日本」以上に

「私利私欲の結党」という感が、否めないですな。

そのためなのか、「たちあがれ」時と同様、

舛添さんに追随して自民党を離党する議員は、少数に留まっていますね。

  • 自民党も、舛添さんを失うのはマイナスですね…

一方の自民党は、今回もまた離党者が

少数に留まったことでひと安堵、といったところでしょうけど、

首相に期待する人」アンケートで上位に来ている、

舛添さんを欠く事になるのは、痛手でしょうね。

鳩山政権が、普天間基地問題や高速道路問題で

相変わらず迷走し続ける中で、

野党・自民党は相手のミスに付け込んで、

党勢を回復する絶好の機会の筈なのですが…

谷垣禎一総裁の追及は、迫力に欠ける感が否めないですし…

(谷垣さん、穏やかそうな顔からも、

きっと「いい人」なんでしょうね(笑)

大島理森幹事長が強面なだけに(笑)

余計にその差が目立ってしまうという感じです…(^^;))

ただ、昨年の総選挙で大量に落選者を出した自民党に、

もう人材も、あまり残っていないですよね…(笑)

生き残ったのは、安倍晋三・福田康夫・麻生太郎の元首相など、

自民党凋落の「戦犯」とも言える人達ばかりだったりして…(笑)

2010-04-09 「たちあがれ日本」、立ち上がることが出来る?(笑)

[] 「たちあがれ日本」、お年寄りばかりで立ち上がれず‥?(笑)

谷垣禎一総裁の、党の運営方針に反発して

自民党を離党した与謝野馨さんが、

郵政民営化以降無所属を通してきた平沼赳夫さん達と

立ち上げる党の名称が「たちあがれ日本」となりましたね。

ただ、与謝野さんも平沼さんも既に70歳以上、

加えて党名案を出すなど、

この党を支持する立場を鮮明に表明している

石原慎太郎・東京都知事も、70歳以上ですからね。

石原知事は、都知事就任からしばらくは

都民の支持を集めていましたけど、

築地市場の移転問題や東京五輪の招致失敗など、

ここ最近では、「失政」が目立っていますね。

そんな、あまりに「終わった」感のある

年寄り連中ばかり揃いすぎて(笑)

残念ながら、支持は拡大しないでしょうな。

また、与謝野さんは「財政再建、消費税上げ派」ですから

与謝野さんの意向が反映されたマニフェストは、

一般有権者には、すんなりと受け入れ難いものに

なるものと思われますね。

支持が拡大しない例としては、

平沼さんとずっと行動を共にしていた、

郵政民営化反対以降、自民党に復党せず

無所属の立場を貫き続けている、城内実衆議院議員は

この新党に参加しないようですね。

平沼さんの同士と言える人すら、参加しないようでは、

これ以上の拡大は、見込めないでしょうな‥

  • 自民党年寄り議員の「姥捨て山」として捨て石になる?

また、与謝野さんの「離党するけど、

離党元の自民党とは共闘して、民主党政権の打倒を目指す」

というスタンスも、少々理解不能、という感じですね。

現在の党の政策に不満があるから

離党するのが普通のだと思います。

「離党元の党と共闘する」、それなら、

「なぜ離党するのか?」という感じですね。

昨年の選挙で、小泉チルドレンなどの若手議員が相次いで落選し、

「自民党に残ったのは、老害を撒き散らす年配議員ばかり」

という声がありました。「この新党「たちあがれ日本」が、

自民党年寄り議員の受け皿&捨て石の党となり(笑)

その結果、年寄り議員の抜けた自民党が

若手中心の党として再生して、自民党政権の復活を目指す」

という深謀遠慮が、新党結成の裏にあったとしたら、

それは凄いですけどね‥(笑)

事実、70歳定年の規程で、次回選挙では

自民党の公認から漏れた議員が、

この新党に参加を表明しているようです‥(笑)