yukino77の昇竜日記〜萌えとか野球とか競馬とかいろいろ〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-04-20 組閣に移籍、支店も色々と…

[][] 「紫式部の欲望」(はてな年間100冊読書クラブ 19/100)

紫式部の欲望

紫式部の欲望

日本古典文学を代表する作品である源氏物語」、

その「源氏物語」について、「物語を書きながら、

作者・紫式部には、こんな欲望を

抱いていたのではないか?」と想定して

書き進めている内容ですね。

なるほど、「女性作者ならではの視点かな」、

という感じがしますね(笑)

男性作者にとっては、このような女性の心理は、

まこと想像しづらい面がありますから‥(^^;)

現代まで通用する文学作品を書いた紫式部

女性に生まれたことを父に惜しまれた」

才女であったことは、よく知られています。

その一方で、才女という点で

同じ時代のライバル的存在であった清少納言

こっぴどく批判しているところなど、

そのプライドの高さや粘着性を、

うかがわせるところもあります。

そんな紫式部にとって、「思うままにならず、

欲求不満を抱えながらの宮仕え」、

源氏物語」を書くことによって

宮仕えのストレス解消に繋がっていたのではないか、

と著者は推測していますね‥(笑)

  • 欲望を物語内で実現するのなら、筆もはかどったことかな‥と(笑)

田舎者近江の君)やブス(末摘花)、

ボケばあさん(源尚侍)を笑う」という内容は、

宮中で沢山の女性女房など)と接する

教養を身につけた紫式部の、残酷な欲望でもある。

また、物語上では、彼女たちを登場させることによって、

近江の君に対する玉蔓といった、

正統派ヒロイン達の輝きがより一層増す」というところは、

頭の良い紫式部なら、意図していた可能性はありそうですね。

その他、「素敵な男性に連れ去られたい」

といった欲望を抱いていたのではないか?

物語内で、紫の上や夕顔、浮舟などが連れ去られていますね。

もっと彼女達は、源氏浮気癖に常に心を悩ませた(笑)

紫の上を含め、物語内では不幸な末路をたどっていますが‥)

なるほど、「自分の欲望を物語上で実現させた」、

という実利面もあるのなら、執筆を進める紫式部も、

きっとはかどったことと思います‥(^^;)

2013-04-17 SKE48も、組閣を実施

[][] 「阪神女房」(はてな年間100冊読書クラブ 18/100)

阪神の女房

阪神の女房

  • 「ずば抜けた存在」では無かったため、謙虚に野球に取り組んで

少し前まで、阪神タイガースの正捕手として活躍していた、

矢野燿大さんの自伝本ですね。入団時は

ドラフト1位指名」といった派手さは無かった

(=ずば抜けた才能は無かった)矢野さんが、

阪神タイガースの名捕手として上り詰めた

その過程が描かれています。

矢野さんは、いわゆる「スーパースター」ではなかったため、

比較的謙虚に実直に取り組む様子が描かれています。

阪神ファンだけではなく、その他のチームのファンや

野球に関心の無い方でも、興味深く読むことが

出来るのではないでしょうか。

矢野さんは、兄の影響で野球をはじめ、

才能と練習によって頭角を現したものの、

学生時代は「ずば抜けた存在」となるまでには至らなかったそうです。

高校進学時には、スポーツ推薦ではなく一般受験

滑り止めと予定していた高校に落ち

(これをばねにして猛勉強し、本命桜宮高校合格

大学進学時には、東洋大学のセレクションに落ちたりしていますね。

「挫折を経て、心が強くなった」と回想しています。

まぁ、「高校受験失敗」も、滑り止めですから、

本命の高校に受かってしまえば、尾は引かないと思うのですが、

矢野さんに与えた影響は大きかったそうですね。

東洋大学に落ちて、東北福祉大学に進学することになります。

その東北福祉大では、高校時代の恩師が監督を務めていて、

東洋大学受験前に、矢野さんは恩師の誘いを

一度断ってしまっていますね。気まずさもありながらの

入学となった訳ですが、恩師の下で更に実力をUPさせて、

ドラフト会議で指名されるまでに至ったわけですから、

結果的には東洋大学に落ちてむしろ良かった、

という感じですね。非常に珍しいケースですが、

同じ恩師との「二度の出会い」が、

矢野さんの運命を大きく変えた、という感じですね。

恩師も、高校の監督退任時に矢野さんにユニホームを渡すなど、

矢野さんの実力を見抜いていたようですから。

  • そして、投手の良さをを引き出す「名捕手」に

最初に入団した中日ドラゴンズでは、

実力・意識とも、正捕手中村武志さんを

超えることが出来ず、伸び悩んでいました。

しかし、阪神トレードされてからは、

ライバル捕手の加齢による衰え、といった状況も有利であり

捕手の座をつかむことに成功しましたね。

そして、捕手の大先輩でもある野村克也監督

薫陶も受けて、名捕手として、花開くことになります。

矢野さんが、「ずば抜けた存在」ではなく、

地道に実力をつけてきたという過程が

女房役」として、投手の良いところを引き出すところに

大きく寄与したのかな、と思います。

まさに「阪神女房」ですね。

2013-04-14 やっぱ「癒し系」のほうが良いなぁ…(笑)

[][] 「ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件」(はてな年間100冊読書クラブ 17/100)

  • つまり、「売り手側が製品の魅力を確信出来る」ことかな、と。

2011年に話題を集めた、ビジネス本の一冊ですね。

図書館で予約して、借りられるまでに

非常に長い時間がかかりました‥(^^;)

そんな「心待ちにした本」、確かに内容は読み易かったのですが、

特に目新しい内容も、無かったかなという感じです。

少々期待ハズレの心持ちさえ、抱いてしまいました‥

タイトル通り、成功する戦略は、「誰もが面白いと思える、

ストーリーとして、組み立てられている」というのが、

本書の要旨、というところでしょうか。

まぁ、その内容はもっともなところでは有りますね。

「売上・利益確保の至上命令を達成するために、

つじつまあわせのために無理矢理作り上げた」ような

当の社員でさえ「絶対無理」と思っているような

戦略が成功するはずは無いですね。

「思わず人に話したくなるストーリー(=戦略)」というのは、

対象の戦略・製品に、それだけ魅力があると

売り手側が確信している、ということになります。

その製品の魅力が買い手側に伝わって、

結果的に製品が売れる、という段階に行き着くと思いますから。

  • 初心者向けかも、中級者以降には物足りない内容かな‥と

経営戦略」について、初心者の方にとっては

非常に取っ付き易い、解りやすい本かと思います。

ただ、その手の本を何冊も読んで

学習を深めてきた中級者以降になると、

例えば、本書に「ストーリーとしての競争戦略」が

成功した事例として取り上げられている

パソコンの「デル」や「サウスウエスト航空」の戦略については、

どこかで触れたことがあるのではないでしょうか。

目新しさは感じられないかと思います。

まぁ、日本企業の例として、ガリバーマブチモーター

取り上げられていて、これらの企業については

戦略論関係の本では、事例として

あまり見かけはしなかったかな、とも思いましたけど。

本書では、「優れた戦略の条件」として、

ストーリーを成していること」はもちろんのこと、

「成功図を描いて、コンセプトとして落とし込む」

キラーパスを組み込む」といった内容の説明がありますね。

つまり、「優れた発案、アイディア」だけではダメであり、

それをきっちりとした「ストーリー」(=一本の線)として

構築していくことが重要、ということでしょうか。

まぁ、考えてみれば当たり前のことではありますけど。

ストーリー」とは、「枠組み」という感じかな、と理解しました。

また、「一般的・普遍的な経営戦略論」として仕上がっているため、

ストーリー」の大元となる、「「優れたアイディア・コンセプト」は、

どうやって生み出すべきか」」という内容については、

触れられてはいないですね‥。

あくまでも、「既に存在するアイディアを、成功路線に乗せる」ための、

シナリオストーリー)の組み立て方の解説、という感じです。

2013-04-11 狩野アナバージョンの「モヤさま」はどうなる?

[][] 「コンサルティングとは何か」(はてな年間100冊読書クラブ 16/100)

コンサルティングとは何か (PHPビジネス新書)

コンサルティングとは何か (PHPビジネス新書)

元・ボストンコンサルティング代表として著名な著者による、

コンサルタント」の歴史、及びその業務などについて語った本ですね。

仕事上でコンサルタントに何か業務を依頼すると、

高いコンサルタントフィーを要求されて、

コンサルタント、ボロ儲けだな」

と実感された人も多いかと思います(笑)

コンサルタントの「知っていること」に対してお金を払うのではなく、

コンサルタントに「考えてもらうこと」に対してお金を払う、

という著者の説明は、なるほど一理あるな、という感じですね。

コンサルタントの意義が、理解できたかなと思います。

「考えてもらう」ため、コンサルタントには、

少し前に流行った「地頭の良さ」が求められるそうです。

また、問題を解決するためには、理想と現実

「ズレ」をみつけて検証すること、

と解いているところも、なるほど一理あるなと思いました。

高給で就職人気も高いコンサルタントですが、

その分競争も厳しく、自らの限界を悟って

途中で辞めていくコンサルタントも多いそうですね。

高給とはいえ、楽ではないな、という感じですね。

  • 自慢傲慢が過ぎるような、記述もありますね‥

本書は、上記のように「コンサルタント」について

理解が深まる箇所も多いのですが、

著者の尊大な態度が、鼻につく記述もまた多いですね。

まぁ、「朝まで生テレビ」などの著者の態度を見ていれば、

態度がでかい人だな、ということは容易に想像出来ますけど‥(笑)

「自分の意見を聞き入れた企業ホンダやユニチャーム)は

見事に成功したが、聞かなかった企業ダイエー)は没落した」

といった内容など、自慢傲慢が過ぎる、という感じもしますね。

また、現職(ドリームインキュベーター)の宣伝のような

記述が見られるのも、私利私欲に走っているという感じで

いかがなものかと思います。

頭の良い方だな、という事は実感出来るのですが、

「お付き合いはしたくない、コンサルタントして

頼みたくは無いなぁ‥」と思ってしまいますね(苦笑)

2013-04-06 ナタデココ=ココナッツミルク+ナタ菌

[][] 「マンゴスチンの恋人」(はてな年間100冊読書クラブ 15/100)

マンゴスチンの恋人

マンゴスチンの恋人

高校生が主人公の、4編のラブストーリーですね。

もっとも、4編とも普通のラブストーリーとは違って(笑)

レズビアンなど、「セクシャルマイノリティの恋愛」が

主テーマに置かれていますね。また、4編は、

「ある編の主人公が、別の編では脇役になる」

といった感じで、登場人物は、各編によって

主従は入れ替わるものの、基本的に同じです。

そして、「最初の編での謎が、次編以降のストーリーで判別する」

など、推理小説的な「謎解きというか、伏線の設定と回収」が

全編に渡って織り込まれているところも、

なかなか面白い構成だと思いました。

主テーマの「セクシャルマイノリティ」に

抵抗が無ければ、面白く読める小説かと思います。

「小学館文庫小説賞」受賞も、なるほど納得という感じですね。

  • 娘を持った親御さんが読むと、共学よりも女子高派になるかも(笑)

共学の高校が舞台のためか、

男女とも盛りがついている時期だからか(笑)

登場人物は(基本的に)全員、

性に関しては開けっぴろげですね(笑)

私も共学の高校出身でしたけど、こんな雰囲気

全くといって良いほど無かったですね(笑)

もっとも、無かったのは「私と私の周りだけ」

に限られていたのかもしれませんが‥(^^;)

モテる男子にとっては楽園でしょうけど(笑)

共学の高校が、本書に登場するような雰囲気を持つようならば、

娘を持つ親御さんにとっては、通わせるのが怖くなりますね‥(^^;)

「ヤリチン」なんて言葉が、平気で飛び交っていますから(笑)

「やっぱ女子高のほうが‥」という感じになりそうです。

  • テーマの割には、共感して読むことが出来ました

登場人物としては、「男を寄せ付けない雰囲気のある生徒&先生」、

「学校一の美少女」、「美少女の友人」などが登場しますね。

過去のトラウマを抱えていたり、女癖の悪い恋人に悩んだり、

友達と自分を比べてコンプレックスを抱えたりしている

彼女たちの恋愛模様が、描かれていますね。

4編のうちでは、「恋人の女癖に悩む美少女が

冴えない男子との恋愛に落ちる」ストーリー

良かったと思いましたけど、男性読者ならではの感想、

というところでしょうか‥(^^;)

「この美少女の友人」が主人公になる別の編では、

「友人」の、援交などその行動には

少し引いてしまうところがあるのですが、

「美少女の友人を羨ましく思うも嫉妬して、

ブランド物などを買うために、援交に走る」

という動機には、悲しくもあり、

また共感できる感じも、してしまいましたね‥

美人&イケメンに生まれなかった一人として(笑)

そんな感じで、「セクシャルマイノリティ」が

主テーマの小説でしたけど、意外に共感を持って

読むことが出来たという感じですね。

2013-04-01 さよなら、大江アナ

[][] 「「新型うつ」な人々」(はてな年間100冊読書クラブ 14/100)

「新型うつ」な人々 (日経プレミアシリーズ)

「新型うつ」な人々 (日経プレミアシリーズ)

  • 「新型うつ」を、実際の事例を元に解説

最近会社で蔓延している、「新型うつ」について、

産業カウンセラーとして実際に患者とのカウンセリングに

あたっている著者が、実例を元に解説している本ですね。

事例は会社員としてのものが全てなので、

会社員(平社員、上司含む)や人事部員向けの内容、

という感じでしょうか。「新型うつ」とは言えども、

いわゆる「最近の若者」だけに発生するものではなく、

四十代や五十代でも発症しているケースなどが

本書では報告されていますね。

上司や人事部員にとっては「新型うつへの対処方法」として、

一般社員にとっては、「新型うつにならないための予防」として、

役立つ内容に、仕上がっているのではないかと思います。

  • 治療法は、薬ではなく、「患者に適したカウンセリング」で

また、実際にあまたの患者と関わった経験から、

「新型うつ」について、なりやすい傾向などの

分析もありますね。「自己愛が強い」、「適応障害」

「他者否定傾向が強い」など‥まぁ自分も、

見事にこの傾向に当てはまっているため(苦笑)、

「新型うつ」になりやすいタイプなのかな、

とも思ってしまったりもします‥

(事実、なりかけたりもしていますけど‥(^^;)

こうして実例を見ていると、「新型うつ」への対処は、

一般のうつ病の治療とは違い、薬ではなく、

「患者さんのパーソナリティや心の持ち方を理解して、

適したカウンセリングに努めること」

が最大のポイントなのかな、という感じがしました。

「組織への適応と、パーソナリティの問題」、

これを解決することが出来れば、

患者さんは自力で回復に向かうようですね。

そのようなところが、「病気ではあるような、

病気ではないような」心の問題の

センシティブなところなのかな、とも思います。

2013-03-29 肉を切る作業は、テクニックが必要

[][] 「サービスはホテルに学べ」(はてな年間100冊読書クラブ 13/100)

サービスはホテルに学べ (光文社新書)

サービスはホテルに学べ (光文社新書)

  • ホテル側とお客様側で作り上げていく「究極のサービス」

「ホテルの、(極上の)サービス」について、解説した本ですね。

私は、旅行は好きでよく出掛けますが、

泊まるのはどうしても、ビジネスホテルが中心になります。

本書に出てくるような高級ホテルには、

まず泊まった経験がありません(笑)

本書に登場するサービスの事例では、

ホテルのスタッフの「おもてなし」の心を中心とした努力も

もちろんですが、サービスを受ける側のお客さんの反応も、

「究極のサービス」の進化に、

大きく貢献していることが理解出来ましたね。

お客さんの笑顔や感動が、ホテルのスタッフにとって、

何よりの報酬になるのだな、と実感しました。

  • 「おもてなしの心」が、代々受け継がれて150年

本書では、「日光金谷ホテル」や「パークハイアット東京」など、

様々な高級ホテルが登場しますね。

私が旅行の計画を立案する時には、宿泊料金が高過ぎて、

ハナから対象外になるのですが(笑)

熟練の料理人さん・職人さんの技、

スタッフによる、お客様の心を虜にする極上のサービス、

なるほど、宿泊料金も高くなる訳ですね‥(^^;)

「極上のサービスにお金を払う」価値を見出すお客が、

こういったホテルのターゲット顧客なのだな、と実感しました。

私のような、モノとして残るものにしか

価値を見出せないような層は、

そもそもターゲット対象外なのだな、と‥(笑)

また、先代のスタッフから、「おもてなしの心」が

代々受け継がれることによってサービスのレベルを高め、

「150年に渡る、日本のホテルサービス」が

成り立っているのだな、と改めて実感しました。

目標管理に追われ、日本の職場では消えつつある

OJTがまさに実践されている職場、という感じですね。