中山幸雄デジタルノート

中山幸雄デジタルノート



2017-04-06

こうの史代『この世界の片隅に』(全3巻、2008-09)




ブームが一段落したのを見計らって手にしてみた。

どこにでもありそうな普通の暮らしに

戦争がどんな影を落とすか、しみじみ伝わってきた。

こうの史代この世界の片隅に』(全3巻、2008-09)を読む。


この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)


広島から呉に嫁入りしたすずさんの

少し天然ボケが入ったキャラクターにホッと息をつく。

そのすずさんも義姉の娘と歩いているとき

米軍機に襲われ、女の子は死に、自分も右手を失う。


時の権力者がどんな理屈で、どんな美辞麗句を並べて始めても

戦争の現実はこうなんだ、と分かる気がした。

戦争を回避する努力に、

自分のできることで与することは、いまも大切だと思った。



地味だけれど大切な作品を掲載した

漫画アクション」他編集者の慧眼に深く感謝する。

DVDになったら映画も観ようと思う。