ココロのつぶやき このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-07 2017年〜 このエントリーを含むブックマーク

かなり放置していたこのblogですが、来年〜

もう1度再開しようと思っています。


意外にここで書いていた映画評を参考に

映画見てる、という方がいまして、

映画評をメインに復活することにしました。

よろしくお願いします。

2012-08-14 「トータル・リコール」 ★★★

[] トータル・リコール  トータル・リコールを含むブックマーク




『。』



※画像は映画「トータル・リコール」

のものです。

表題の★は、私の中の評価です。

★★★★★が満点です。

<★の基準>

★:時間と金返せ!

★★:レンタルDVD(ビデオ)で十分です。

★★★:まぁまぁ〜。映画館でどうしても見るほどではないかも。

★★★★:お金はらってみる価値アリ。劇場で見てください。

★★★★★:超〜最高!オススメ!!もう1回スクリーンで見たい!


==編集中==

2012-07-17 いわさきちひろ 27歳の旅立ち ★★★★

yuko20602012-07-17

[] いわさきちひろ 27歳の旅立ち   いわさきちひろ 27歳の旅立ち を含むブックマーク






『ちひろさんの優しい絵の裏に、あれだけの苦労が

あったのかと思うと、彼女の強さを感じます。』




※画像は映画「いわさきちひろ 27歳の旅立ち」

のものです。

表題の★は、私の中の評価です。

★★★★★が満点です。

<★の基準>

★:時間と金返せ!

★★:レンタルDVD(ビデオ)で十分です。

★★★:まぁまぁ〜。映画館でどうしても見るほどではないかも。

★★★★:お金はらってみる価値アリ。劇場で見てください。

★★★★★:超〜最高!オススメ!!もう1回スクリーンで見たい!





没後38年が過ぎたいまも多くの日本人に親しまれている絵本作家、

いわさきちひろ(1918〜74)の知られざる人生に迫ったドキュメンタリー。

夢をあきらめて親が望む結婚をしたちひろだったが、不幸なかたちで夫と

死別し、戦争で家も失ってしまう。その時27歳だったちひろは、絵で

生きていく決意を固め、単身上京。家出同然の再出発から、

運命の人・松本善明との出会いや再婚、失業中の夫を支えた日々や仕事

での孤立、病気との戦いなど、その波乱の人生をたどっていく。



有楽町・ヒューマントラストシネマで見てきました。

この作品は公開する前から「見る」と決めていた作品なので、

かなり楽しみにしていたのですが、ちひろさんが亡くなったのが1974年

なので、どれだけ映像が残っているのだろう??と思ったらやはり

映像はほとんどなくて、写真や絵、そして彼女を知る知人、家族の

語りで彼女の人生が語られていきます。

時代が時代だったため、親のススメで好きではない人と結婚し、

その人が、心を開かないちひろさんのこと思い悩んで自殺してしまったり、

母親のススメで満州に労働に行ったり、今度は戦争が終われば

作風が「甘い」と言われ、苦悩したり・・・本当にたくさんの苦労を

してきた人だったんですね。

彼女が絵本画家として認められるのも30代終わりころからで、

原画の著作権を主張して、出版社に敬遠されたり、とにかくたくさん

苦労したうえで自分らしさ、そして「子供の絵を描きたい」と

自分らしさを見つけていくという人生を見させてもらいました。



私は彼女の絵が本当に大好きで、多分、好きな画家は誰?と

聞かれたら、彼女と葉祥明さんを挙げるかな。

彼女の子供の絵には「純粋・無垢」「誰が見てもカワイイ」

「優しい気持ちになれる」という特徴がありますよね。

でも、そこにたどり着くまでにたくさんの苦労をして、たくさんの作品を

残してきたのだな、ということが分かる映画でした。

55歳で亡くなったのが早過ぎ・・・。

もっと沢山絵を描いて欲しかったですね。

映画を見て、また「いわさきちひろ美術館」にゆっくり足を運んで

みたくなりました。






----------------------------------------------

<<お知らせ>>

人気Blogランキングに登録してみました。

よかったら、ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

2012-07-16 アメイジング・スパイダーマン ★★★

yuko20602012-07-16

[] アメイジング・スパイダーマン   アメイジング・スパイダーマン を含むブックマーク

英題:The Amazing Spider-Man





『あえて新しい映画にしなくても良かったような??』




※画像は映画「アメイジング・スパイダーマン」のものです。

表題の★は、私の中の評価です。

★★★★★が満点です。

<★の基準>

★:時間と金返せ!

★★:レンタルDVD(ビデオ)で十分です。

★★★:まぁまぁ〜。映画館でどうしても見るほどではないかも。

★★★★:お金はらってみる価値アリ。劇場で見てください。

★★★★★:超〜最高!オススメ!!もう1回スクリーンで見たい!







両親が幼いときに謎の失踪をとげ、 以来、ベンとメイの伯父夫婦に育てられて

きた高校生ピーター・パーカー。

孤児である負い目にも拘わらず、育ててくれた伯父伯母に感謝し、内気なりに

熱い正義感を秘め、同じ高校に通うグウェンに秘かに思いを寄せる、そんな

普通のティーン・エージャーだ。

ただ、ひとつ、自分を捨てて行った父リチャードのおぼろげな面影が彼の心に

しこりを残していた。

科学者だった父に似て、高校でめきめきと科学的才能を発揮し始めた最近は特に、

自分の中の父の存在と、現実の父の不在との葛藤に悩んでいた。

だからこそ、父が置いて行ったブリーフケースの中のノートをきっかけに、

かつての父の研究パートナーだったコナーズ博士を訪ね、父とコナーズ博士が

果たせなかった研究成果を出すのは、ピーターにとっては父への愛情と憧れの

表われでもあったのだ。

それが、ピーターに、スパイダーマンとして生きる運命を強いるとはまったく

予想だにせず。

だが、ピーターは、過酷なその運命を受け入れ、その道を選び進んでいくことで、

ひとりの男としての成長をみていくことになる。










今、映画の傾向として「人気作品をちょっとアレンジしてリメイクして作る」

なんだそうです。

この映画もまさにその1つで、以前人気だった作品なので確実に集客できるし、

リアルタイムで知らない若い世代を取り込める、という傾向なんだそうです。

この映画がその第一弾というのか・・・らしく、どのくらい変わったのかな

と思って見に行きました。

うぅ〜ん・・・個人的には3Dになったのは娯楽映画としておもしろかったけど

元々の作品の方がストーリーは面白かったかも、なんて思いました。

個人的には、スパイダーマンが本当に本人の手とか足から蜘蛛の糸を出すのではなく、

現代らしく手元のマシーンから糸を出したりするところが何となく

「えぇ!!」って感じだったし、敵対する相手も「ええ??」って感じだし

前の作品を越えているって感じはしなかったです。

まぁ、アメコミムービーなので、あくまでも「娯楽」映画として見れば

よいのですが、前のシリーズを知っている人は「完全な別物」として見た方が

楽しめるかも。







----------------------------------------------

<<お知らせ>>

人気Blogランキングに登録してみました。

よかったら、ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

2012-07-15 ラム・ダイアリー ★★★

yuko20602012-07-15

[] ラム・ダイアリー  ラム・ダイアリーを含むブックマーク

英題:The Rum Diary




『「お酒飲んでばっかり・・・」と言う印象で、実在の

ポール・ケンプ氏のジャーナリストとしての戦いの部分の

印象が薄いのが残念でした。』




※画像は映画「ラム・ダイアリー」のものです。

表題の★は、私の中の評価です。

★★★★★が満点です。

<★の基準>

★:時間と金返せ!

★★:レンタルDVD(ビデオ)で十分です。

★★★:まぁまぁ〜。映画館でどうしても見るほどではないかも。

★★★★:お金はらってみる価値アリ。劇場で見てください。

★★★★★:超〜最高!オススメ!!もう1回スクリーンで見たい!




1960年、プエルトリコのサンフアンに、ジャーナリストのポール・ケンプが降りたった。

ニューヨークの喧騒に疲れ果てたケンプは、神経過敏気味の編集長ロッターマンが

運営する地元新聞「サンフアン・スター」紙に記事を書くため、自然がそのまま残る島

プエルトリコへとやってきたのだ。

個性豊かなジャーナリスト仲間に囲まれながら、ラム酒を浴びるように飲むという島の

生活にすぐに馴染んだケンプは、ある日アメリカ人企業家のひとりであるサンダーソン

と出会う。

そして、彼の婚約者である、シュノーとの偶然の出会いから、彼女の類まれなる魅力に

夢中になる。

落ちてはいけない恋に戸惑いながら、サンダーソンの策略に巻き込まれ始めるケンプ。

個性豊かなジャーナリスト仲間に翻弄され、様々なアクシデントに巻き込まれていく

ケンプが下す恋と仕事との決断とは・・・。











==編集中==









----------------------------------------------

<<お知らせ>>

人気Blogランキングに登録してみました。

よかったら、ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ