ココロのつぶやき このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-02-16 ナルニア国物語〜第1章 ライオンと魔女〜 ★★★★★

yuko20602006-02-16

[] 「ナルニア国物語〜第1章 ライオンと魔女〜」  「ナルニア国物語〜第1章 ライオンと魔女〜」を含むブックマーク

原題:The Lion, the Witch and the Wardrobe



『続編が早く見たい!!』



※画像は映画「ナルニア国物語」のものです。

表題の★は、私の中の評価です。

★★★★★が満点です。

<★の基準>

★:時間と金返せ!

★★:レンタルDVD(ビデオ)で十分です。

★★★:まぁまぁ〜。映画館でどうしても見るほどではないかも。

★★★★:お金はらってみる価値アリ。劇場で見てください。

★★★★★:超〜最高!オススメ!!もう1回スクリーンで見たい!

という基準で評価してます。



第二次世界大戦下のイギリス。

この物語の主人公のペベンシー家の4人の兄妹─ピーター、

スーザン、エドマンド、ルーシーは、戦火を逃れ、田舎の屋敷へと

疎開する。

疎開したのは、教授の家。

厳しいお手伝いさんに、遊びたい子供達は「おとなしくしていなさい」

と、押さえ込まれてしまう。

雨の日、あまりにつまらないので4人でかくれんぼを始めるが、

末っ子のルーシーは、広大な屋敷の中で空き部屋に迷い込んだ。

そこには重厚な“衣装だんす”が布に覆われて於かれている。

ルーシーは好奇心で布をめくりたんすの中に入ろうとする。

その扉を開けると・・・そこは雪に覆われた森の中だった。。。


 そこは、ナルニア─不思議な生きものたちが暮らす神秘の王国。

偉大なる王アスランが作ったこの国は、美しく冷酷な“白い魔女”によって、

今や永遠に春の来ない冬の世界に閉ざされていた。

“白い魔女”への恐怖と心まで凍てつく冬世界で、ナルニアの住人たちは

ひたすらに待ち望んでいた。

偉大なる王アスランの帰還と、予言にある“ケア・パラベルの城の

4つの王座の主が現れる時”をただ待ち望んでひたすら耐えていたのだが・・。



一足先に、武道館で行われたプレミア試写会に行ってきました。

ちょっと甘めに★5つつけちゃいました。

でも、おもしろかった!

この映画の宣伝を1年近く前から見ていて、本当に楽しみにしていたのですが、

その期待を裏切らない作品でした。

ハリー・ポッターシリーズとはまた違う、ファンタジーでとにかく

おもしろい!!

まだ、このシリーズの本を読んでいないけど、本を読まなくても

十分に楽しめる作品に仕上がっていました。

これは、ヒットするのではないかしら??

とにかく続編が早く見たいし、本を読みたくなりました。

「ハードカバーだから・・」なんて言っていられません(笑)

早速1冊ずつ本を買って読もうかという気になっています。


子役は、この映画のためにオーディションをしたそうです。

末っ子のルーシー役の女の子がすごーーくかわいかった。

彼女が結構しっかりもので物語りでも大きな役割を

果たしているので彼女に注目です。


いろんな動物が映画の中に出てくるんですが「え!CGなの?」と

思えるほど、かなりリアルですごかったです。

本の世界を再現している雄大な自然もすばらしかった。

子供から大人までしっかり楽しめる作品になってます。

大人は童心に戻れるし、子供は夢が膨らむのでは?

ぜひ映画館のスクリーンで楽しんでくださいね。

おもしろかった!!

もう1回見たいなぁ〜。

やっさんやっさん 2006/02/23 20:58 おお〜、高評価。
見たい!

yuko2060yuko2060 2006/02/26 16:19 >やっさん 見て!ファンタジー好きな人にはかなりオススメ。