世界の旅の記録 RSSフィード Twitter

2013-04-12

インドのトイレの話。海外一人旅における究極の必需品はこれだ!

f:id:yukutaku:20130412103459j:image
(これがインドの公衆トイレ。入口の人にチップを渡す仕組み)

インドやアジアの途上国を旅していると自分の価値観の選択を迫られる。
大きな選択をしなければならないことにブチ当たる。
その大きなひとつがトイレである。


日本人の感覚からすると考えられない程、汚いトイレで用を足さなければならない。
用を足せれば良い方でトイレ自体が少ない。
用を足したら足したで紙があるかどうか。
あればあったでお尻はふけるけど流せない。
流すと便器に紙が詰まるのだ。

だから、便器の横のゴミ箱に捨てることになる。
これが本当に苦痛である。
自分のあれがついたトイレットペーパーがそのままのかたちで存在する。
純日本人の自分には本当につらい。

それに比べると水洗い系はかなりマシ。
水鉄砲タイプなんかはウォシュレットのようだ。
体をひねって自分のお尻に向かって水を噴射する。

桶タイプはなかなか微妙。
桶に水を汲んでおしりに振りかけながら自分の手でお尻を洗う。
トイレから出て30分ぐらいは自分の手が信用できなくなる。

しかし、やはり一番イヤなのはアレ付きペーパーのゴミ箱捨てである。

さて、本題に入る。

一人旅の最中、おなかが痛くなる。
水に当たるなんてインドあたりでは日常茶飯事である。
そんなときの為に紙は存分に用意している。
きっと、誰もがそうだろう。

でも、トイレってなかなか無い。
日本と違ってコンビニもないし、あってもトイレは貸してくれない。
なんとか我慢して公共施設に駆け込むぐらいだろう。
必死の形相でその公共施設のトイレに駆け込むが、そこで大きなひとつの問題にぶち当たることになる。

トイレの床がハンパ無く汚いのだ。
「これじゃ、便器といっしょじゃないか…」とひとりつぶやく。
これは本当の話だ。
便器の中は、事が終わると水を流したりしてきれいになるが、便器の周りはそれはもうとても大変なことになっているのだ!!
世の中にはコントロールが悪い人がいっぱいいるのだ。
私もその一人なのだが…

で、大抵ひとり旅の場合、荷物を見てくれる人などいない。
荷物を宿に置いているのでなければ、常に持ち歩いている。
この大きなバックパックをこの床に置くかどうかは、これからの旅を左右しかねない大きな問題となって立ちはだかるのだ!!
(これは本当に一人旅をしている人にしかわからない切実な問題なのである)

そこで登場するのがこれ、S字フックである。
荷物の大きさに応じたサイズを持ち歩けばドアにひっかけて安心して用を足すことが出来るスグレモノ!




日本なら数百円で売っているが、他の国に行くとこんなもの取り扱っていない。
というか、S字フックがある国はトイレもしっかりしている。
この二つには恐るべき相関関係が隠されているのである。
ガイドブックに出ているモノなどは金さえ出せば何とかなる物が多い。
しかし、S字フックはそうそう取り扱っていない。
実は、この品物がある国は先進国なのだ!あー、驚いた!!

ということで、皆さんが一人旅に出ることがあればぜひ持っていくことを強く進める。
こんな便利なモノは無い。
そんな一品でした!!


インド旅行編

インドの治安。バンガロール駅でインドを一人旅する日本の女の子に出会ったときの話。
インドの恐怖。史上最悪の暴走オートリクシャー運転手のジジイにバスターミナルまで送ってもらったときの話。
インドの物価。結局のところ、インドの物価はどれくらいなのか?いろいろな物で比較検討してみた。
インドの重要移動手段・オートリクシャ−の乗り方と料金交渉
インド・長距離バスについての話

スクムビットスクムビット 2013/04/13 22:03 初めて拝見しましたが、

イヤーわかるわかる!
いつもどうしようか悩んでました。
こういう時にs字フックが役に立つわけですね。
あまりにも感心したので。

yukutakuyukutaku 2013/08/02 10:02 スクムビット様

わかってくれる方がいてうれしいです!!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証