世界の旅の記録 RSSフィード Twitter

2014-12-03

【三浦半島旅行】みさきまぐろきっぷを買って三崎のまぐろを食べに行こう!

f:id:yukutaku:20141203162426j:image
(三崎観光と三崎のまぐろをいっぺんに味わえるよ)

さて先日、三浦半島に行きました。
その時の記録です。

京急が出している「みさきまぐろきっぷ」。
京急の電車&バス乗車券、選べるまぐろ食事券、そして、選べるレジャー施設利用券が付いてなんと3060円なり。
本当ならば総額4000円から5000円になるはずなので結構お得。
なかなかいい感じ。

f:id:yukutaku:20141203162427j:image
(三枚綴りの「みさきまぐろきっぷ」おすすめ!)

9時代の横浜駅出発の快速に乗って10時前に三崎口に到着。
そこから先は京急のバスを使って行きたい施設、もしくは食べたいまぐろ料理店舗へゴー。
自分はどうやって選べばいいかわからなかったので、何も考えずに一番高い施設「京急油壺マリンパーク」に行く事に。
京急油壺マリンパークってどんなとこかというと「サメや工イが悠々と泳ぐ視界360度の水槽「ドーナツの海」やペンギン島など、楽しい見どころが満載。芸達者なイルカやアシカのショーも人気が高い。」てな感じの水族館。

とりあえず、京急三崎口駅前からバスで油壺マリンパークへ。
バス停からは歩いてすぐ。
購入時に手に入れた3枚綴りのうち施設利用券で中に入る。

f:id:yukutaku:20141203162415j:image

この施設の売りは水族館。
この相模湾の水中生物の多様性は、生物学者であった天皇陛下が採集していた事でも有名だ。
その他にも、ペンギンやイルカなどと触れ合う事が出来る海の博物館的な公園だ。

f:id:yukutaku:20141203162419j:image

f:id:yukutaku:20141203162423j:image

なお、みさきまぐろきっぷでは、他にもいろんな施設を選ぶ事が出来る。
ちなみにこちらの8つから選択する事が可能。

・海の見える海洋泉 油壺の湯
京急油壺マリンパーク
・三浦マホロバ温泉
城ヶ島京急ホテル 城ヶ島 雲母の湯
・水中観光船 にじいろさかな号
・三崎フィッシャーナ・ウォーフ「うらり」産直センター
・レンタサイクル
・ガラス工芸館 Kirari

金額的にも京急油壺マリンパークはお得。
他の施設はお金を出して入ってもいいんじゃないかな。
温泉に入るのもおすすめです!

次はまぐろ食事店。
自分が行ったのはおそらく一番人気、まぐろ漬卜ロ天丼が有名、くろば亭本店。
f:id:yukutaku:20141203162421j:image
13時00分ぐらいにお店に着いたのだが、店の前は大行列。
店の前の名簿に名前を書いたが前に30組ぐらいいて愕然とした。
どうしようか迷ったけどせっかく来たから待つことに。

しょうがないので歩いて港にある三崎フィッシャーナ・ウォーフ「うらり」産直センターに行って、いろいろ時間をつぶした。

f:id:yukutaku:20141203162422j:image

ここでは三崎の海産物をお土産として購入できる。

f:id:yukutaku:20141203162439j:image

現地で食べることができるものもある。
肉の代わりにマグロを使った「まぐろまん」なんかが有名だ。
目の前からは水中観光船 にじいろさかな号も出ている。

f:id:yukutaku:20141203162438j:image

そして、待つ事2時間。
さすがにそろそろいいだろうと思ってお店に戻る。
店の前は随分人が減っている。
名簿を見ると一度名前を呼ばれた形跡がある。
お店の人に戻ってきた事を伝えると中に入れてくれた。

もちろん、頼むのは一番有名な漬けトロ天丼。
ちなみに、みさきまぐろきっぷで頼める料理は他にまぐろカルビ定食、舟盛り定食のふたつ。
食べてみての感想ですが、みさきまぐろきっぷで入ったので値段はまあアリ。
でも、2時間待つほどでもないなって感じでした。

f:id:yukutaku:20141203162425j:image

定価だと結構するのでコストパフォーマンスはあまりないかもしれません。
天ぷらはおいしかったけど、漬けトロは微妙にフニャフニャで「うーん」という感じ。
でもまあ、みさきまぐろきっぷで行く分には満足でした。
皆さんはぜひ、他のお店を試してください。

最後に海に行きました。
夕陽がきれいです。
そして、リアス式海岸の地形も見事でした。

f:id:yukutaku:20141203162424j:image

11月なので日が暮れるのが早く、5時台のバスに乗って帰路につきました。
みんな考える事は一緒なのか、バスは激混みでした。
みなさんも行く際はその辺の事も考えて早めに帰るなどの対策をとっておいた方がいいかもしれません。

でも、東京から片道2時間弱のショートトリップ。
値段も3000円で食事代込みは、間違いなくお得!!
おすすめの関東近郊週末旅行でした。


本当に役に立つ海外旅行グッズ第4位


国内旅行記

新潟旅行記1。佐渡汽船と佐渡島観光。
福岡・博多へ行った。その1。街の様子、物価、ホテルなど。
佐賀一日旅行。唐津城に行った。
京都・嵐山花灯路に行った!