Hatena::ブログ(Diary)

夢見屋本舗

2014-12-16

【カオス】

| 22:20

モンスター(17枚)
カオス・ソルジャー −開闢の使者−
混沌帝龍 −終焉の使者−
霊滅術師 カイクウ
魔導戦士 ブレイカー
キラー・トマト×3枚
首領(ドン)・ザルーグ
魂を削る死霊×2枚
魔鏡導士リフレクト・バウンダー
異次元の女戦士×3枚
シャインエンジェル×2枚
キラー・スネーク

魔法(13枚)
ブラック・ホール
ハーピィの羽根帚
サイクロン×3枚
増援
死者蘇生
強制転移×2枚
抹殺の使徒
スケープ・ゴート×2枚
光の護封剣

罠(10枚)
死のデッキ破壊ウイルス
破壊輪
聖なるバリア −ミラーフォース−×2枚
激流葬×3枚
リビングデッドの呼び声
神の宣告

エクストラデッキ
青眼の究極竜

サイドデッキ
人造人間−サイコ・ショッカー
ダーク・ヒーロー ゾンバイア
霊滅術師 カイクウ
ブレイドナイト
お注射天使リリー
地砕き
月の書
強制脱出装置×2枚
奈落の落とし穴×2枚
つり天井
和睦の使者
砂塵の大竜巻×2枚

マインドクラッシュ!!!!!!

2014-12-13

【ギャラクシー】

| 04:48

モンスター(15枚)
銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)×2枚
銀河騎士(ギャラクシー・ナイト)
銀河戦士(ギャラクシー・ソルジャー)×3枚
銀河の魔導師(ギャラクシー・ウィザード)×3枚
ライオウ
アーティファクト−ベガルタ×2枚
アーティファクト−モラルタ
アーティファクト−デスサイズ
アーティファクト−カドケウス

魔法(17枚)
銀河遠征(ギャラクシー・エクスペディション)×3枚
アクセル・ライト×3枚
アーティファクト・ムーブメント×3枚
大嵐
ダブル・サイクロン
銀河零式(ギャラクシー・ゼロ)
死者蘇生
ソウル・チャージ
簡易融合(インスタントフュージョン)×3枚

罠(9枚)
アーティファクトの神智×3枚
聖なるバリア −ミラーフォース−×3枚
リビングデッドの呼び声×3枚

エクストラデッキ
No.62 銀河眼の光子竜皇
ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン
神竜騎士フェルグラント
迅雷の騎士ガイアドラグーン
セイクリッド・トレミスM7
セイクリッド・プレアデス×2枚
No.61 ヴォルカザウルス
始祖の守護者ティラス
シャーク・フォートレス
鳥銃士カステル
励輝士 ヴェルズビュート
旧神ノーデン
重装機甲 パンツァードラゴン

サイドデッキ
ライオウ×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
増殖するG×2枚
ブラック・ホール
サイクロン×3枚
マインドクラッシュ×3枚
デモンズ・チェーン×2枚

愛しのギャラクシー!
プライム一発で決めるのが、ミーネ生け贄死デッキに筆頭する、最高の気持ち良さ。。
バランスが良く構築できて気に入っているのですが、影霊衣を相手にする環境なら、メインから追加のライオウやマイクラ入れて、もっと寄せないと厳しい感じでした。

抜:《アクセル・ライト》3 《銀河遠征》2
入:《ライオウ》2 《ブラック・ホール》 《マインドクラッシュ》2

マイクラ入ってきそうな場合は、罠を先に伏せてからサーチする意識が必要そう。

2014-11-30

【宝玉獣】

| 13:16

モンスター(20枚)
宝玉獣 サファイア・ペガサス×3枚
宝玉獣 トパーズ・タイガー×3枚
宝玉獣 ルビー・カーバンクル×3枚
宝玉の守護者
宝玉の先導者×3枚
召喚僧サモンプリースト
H・C 強襲のハルベルト×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(11枚)
宝玉の導き×3枚
強欲で謙虚な壺×2枚
ブラック・ホール
サイクロン
死者蘇生
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
増援

罠(9枚)
宝玉の集結×3枚
激流葬×3枚
強制脱出装置×3枚

エクストラデッキ
電光千鳥
鳥銃士カステル
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン
No.101 S・H・Ark Knight
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
ダイガスタ・エメラル
深淵に潜む者
ガガガガンマン
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
セイクリッド・トレミスM7
セイクリッド・ヒアデス
虚空海竜リヴァイエール
旧神ノーデン×2枚
氷結界の龍 トリシューラ


・《宝玉の守護者》
手札・フィールドから墓地に送ることで宝玉獣モンスターのステータスを倍化します。
宝玉獣モンスターを破壊から守るペンデュラム効果も優秀で、《激流葬》や《奈落の落とし穴》、《サイクロン》を気にせずに展開できます。

・《宝玉の先導者》
リリースすることで宝玉カードをサーチします。基本的には初動として《宝玉獣 サファイア・ペガサス》を持ってきます。
宝玉獣モンスターを対象に取らせなくするペンデュラム効果も優秀で、《エフェクト・ヴェーラー》や《サイクロン》を気にせずに展開できます。

・《宝玉の集結》
フィールド上の宝玉獣モンスターが破壊されたとき、宝玉獣モンスターをデッキからリクルートします。
除去効果もあり、相手のカードをバウンスして場を空けつつ、《宝玉獣 サファイア・ペガサス》などを再利用できます。
展開とワンキル補助を兼ね備えたパワーカードです。

・《宝玉獣 サファイア・ペガサス》
召喚・反転召喚・特殊召喚したときにデッキからモンスターを宝玉化します。
その後、このモンスターが破壊されれば、宝玉化した宝玉獣が2枚になり《宝玉の導き》の発動条件を満たすことができます。
基本的には《宝玉獣 サファイア・ペガサス》を宝玉化し、《宝玉の導き》→《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》からの更なる宝玉化を狙います。
風属性なので《電光千鳥》をエクシーズ召喚できます。

・《宝玉獣 トパーズ・タイガー》
攻撃時の打点が2000になります。

・《宝玉獣 アンバー・マンモス》
返しに弱い《宝玉獣 トパーズ・タイガー》を守ることができます。
(打点が落ちますが、この枠を《宝玉獣 コバルト・イーグル》にすれば《電光千鳥》へ繋ぎやすくなります。)

・《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》
特殊召喚時に宝玉化したモンスターを可能な限り特殊召喚できます。
かなり性能の高い展開効果であり、この効果を活用してアドバンテージを稼ぎ、勝ちを目指します。

・《宝玉の導き》
モンスター展開のキーカードです。
宝玉化した宝玉獣2枚以上でデッキから《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を呼び出すことができ、そこからモンスターを大量展開できます。
使用制限がないので、連打できるのも強み。

・《召喚僧サモンプリースト》
ランク4エクシーズへの補助、また、初動として《宝玉獣 サファイア・ペガサス》を呼び出します。

・《強欲で謙虚な壺》
コンボパーツが多いこと、できるだけ《宝玉獣 サファイア・ペガサス》を初動にしたいことから採用しました。

・《簡易融合》
《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》→ランク4エクシーズから消費した素材を釣り上げてワンキルを補助します。
宝玉獣モンスターは墓地に送られにくいですし、釣り上げたモンスターの効果は無効化されてしまいますが、上記の役割は重要です。

・《激流葬》《ブラック・ホール》
相手フィールドを空にしてワンキルの準備をしつつ、《宝玉の集結》の発動条件のトリガーになります。

・《強制脱出装置》
ハンドモンスターで壊滅しないように、またワンキルの補助や《宝玉獣 サファイア・ペガサス》の再利用として採用しました。

(その他)
・《サイクロン》
《宝玉の守護者》と《宝玉の先導者》で耐性を持たせることができるので控えめです。
《虚無空間》1枚で詰むのでサイドデッキには必須です。

・《宝玉の解放》
下級ビートが基本になる宝玉獣デッキの打点の補助です。
デッキからの宝玉化効果も併せ持っており、《宝玉の導き》のサポートにもなります。

・《宝玉の契約》
宝玉化したモンスター1体を特殊召喚します。
《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》の展開に《激流葬》を合わされても、これ一枚でリカバリーできます。

・《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》
《宝玉の守護者》および《宝玉の先導者》をサーチできますが、遅さが気になりました。

・《レア・ヴァリュー》
2ドローが強そうに見えますが、発動条件から《宝玉の導き》に加えて採用すると事故りやすかったです。

2014-11-16

【ジェムナイト】

| 23:40

モンスター(23枚)
ジェムナイト・ガネット×3枚
ジェムナイト・ルマリン×3枚
ジェムナイト・オブシディア×3枚
ジェムナイト・ラズリー×3枚
ジェムレシス×3枚
レスキューラビット×3枚
ファイヤー・ハンド×3枚
アイス・ハンド×2枚

魔法(16枚)
ジェムナイト・フュージョン×3枚
吸光融合×3枚
ブラック・ホール
大嵐
サイクロン×3枚
死者蘇生
簡易融合(インスタントフュージョン)×3枚
ソウル・チャージ

罠(2枚)
強制脱出装置×2枚

エクストラデッキ
ジェムナイト・ジルコニア×3枚
ジェムナイト・プリズムオーラ
ジェムナイト・アメジス
ジェムナイト・マディラ
ジェムナイト・パーズ
ラヴァルバル・チェイン
ダイガスタ・エメラル
鳥銃士カステル
励輝士 ヴェルズビュート
深淵に潜む者
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
ガガガザムライ

いい感じにまとまりました。
ヴァルキュルスの影霊衣が、にくい。

2014-11-04

【青眼魔導】

| 23:06

モンスター(10枚)
青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)
霊滅術師 カイクウ×3枚
魔導書士 バテル×3枚
青き眼の乙女×3枚

魔法(20枚)
グリモの魔導書×3枚
セフェルの魔導書×2枚
ヒュグロの魔導書×3枚
アルマの魔導書×2枚
ゲーテの魔導書×3枚
トーラの魔導書×2枚
ネクロの魔導書
大嵐
相乗り×3枚

罠(12枚)
黒魔族復活の棺×3枚
聖なるバリア −ミラーフォース−×3枚
次元幽閉×2枚
デモンズ・チェーン×3枚
神の宣告

《黒魔族復活の棺》が若干注目されているという噂を小耳に挟みました。
これは8月に書いたコラム「可能性を《黒魔族復活の棺》に眠らせるな!」が陽の目を見るかもしれないと思いまして、あのコラムではかなりカジュアルな構築だった【青眼魔導】を、急ごしらえですが、現環境に合わせて構築し直しました。
《黒魔族復活の棺》を使うなら《青き眼の乙女》を採用した構築が本当に良いです。
加えて、棺からの呼び出し先として《霊滅術師 カイクウ》が強い環境となれば、かなり構築が固まってデッキらしくなりました。
カイクウにヒュグロセフェルをかませれば、ディサイシブをケアしてユニコールを叩けるのがアツい(思い切ってセフェル3もあり?)。

ただし、手札・フィールド・墓地のリソースすべてに神経質にならなくてはならない魔導にとって、シンクロ体の頃から決められたら終わりと言っても過言ではない《トリシューラの影霊衣》効果は最大の脅威であり、何がなんでも防がなければなりません。
対策がカイクウだけでは甘すぎるのでデモチェを採用しましたが、それでもまだ不安が残ります。
個人的に、魔導にヴェーラーを入れるのがかなり嫌なんですが(効果を止めてもバテルが戦闘破壊されてしまい、おいしくない)、ブルーアイズが出た後であれば強く使えるカードなので1枚は入れてもいいかもしれないです。

また、《相乗り》のメイン採用がかなり増えているのは厄介極まりないです。
グリモへのチェーンであれば、とりあえずバテル持ってきてセットしてお茶を濁せそうですが、バテルに対しては痛く、特に初動に対してであればゲーテを構えられないので、罠をちょっと多めに採用するなどの構築での対応が必要になりそう。
相乗りがある限り、魔導への強謙の採用はかなり苦しそうです。ジュノン採用しない構築だけに、ここが一番の弊害です。

なお、今回はラメイソンの採用は見送りました。
先打ちでしか仕事ができない《黒魔族復活の棺》と《相乗り》をがっつり採用している以上、劣勢で使えないカードをこれ以上積み込むのはリスクを伴う感じがして、それよりも《次元幽閉》などのしっかりとフィールドのモンスターカードを除去できるカードを採用して押され負けないようにしたかったからです。
ただし、サイクの重要度がやや落ちているので、ちょっと迷いどころ。1枚入れようかなあ。

魔導と相性の良い《強制脱出装置》が影霊衣に対して弱めなのが切ない。