Hatena::ブログ(Diary)

Creative-S→DiarY RSSフィード

2002 | 10 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 09 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2013 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 05 | 07 | 08 |
2015 | 11 |
2016 | 05 | 09 |
2017 | 01 | 12 |
2018 | 02 |

2008-02-17

[]へっぽこーずリプレイ読了

なるほど…確かに王道。納得。

それにしても10巻は長いなあ…NEXTのときも読むの大変だったけれども。

リプレイは意外と読むのにスピードが出せないのです。短い文中に情報が多くて…

2008-02-16

恐怖

財布がすっからかんになっていたので、駅前のコンビニにたまたま入ってる、MY銀行ATMからお金をおろそうと思ったのですよ。

千円札もちょっと欲しかったので、一計を案じて、「49000円」と入力したのですよ。



じじじじじじじ…がこんがこんがこん…

がこんがこん…



ずいぶん長いこと待たされ、取り出し口シャッターが開くと、そこには。



49枚の千円札が!!!



あまりのことに動転した私は、そのまま財布に入れようとしたけど、無理。

これはもう「札束」です。49万円じゃなくて49千円だけど(笑)

しかたがないので泣く泣くその場で40枚を預け入れ直しましたとさ…。

naisyosannaisyosan 2008/02/19 01:33 うーむ……万円カセットが空だったのかな(汗)
「49千円」という入力なら、49枚出ることが多いですけど、「4万9千円」と入力してこうなったのなら、おそらく千円しかなかったんじゃないかと……。
ただ、お札の出し方をどう実装するかはソフト屋さんの領域で、お客様の意向もあると思いますので、わからんです……。

yumenoyumeno 2008/02/19 17:10 プロの意見ありがとです。
銀行そのものに設置されてるATMじゃなくて、(銘柄は某有名銀行のものだが)コンビニ仕様ATMなので微妙に機能が落ちてる気はするのですが、銀行設置のでは49000円入力してもこんな経験はないですね。
とはいえ、49千円と解釈されてしまうならしまうでかまわないですし、10000円札が尽きてるなら尽きてるでかまわないんですが、そういった仕様とか10000円札切れとかの情報がユーザーに分かるようになるといいなあ、と思った今日この頃。

2008-02-11

[]「ハイかイエスでお答えく…」「断る」

新SWリプレイ、へっぽこーず買ってきました。うう…全10巻って、長いょ!!!重い…

とりあえず1巻読み開始。



あと、「なんでS○Eばっかり…」という怨嗟の声を聞いたわけではないんですがどこかで血涙流されてる方がいるような気がしたので、これを買ってきました!!(タイトルはこれの帯から)

ごめんなさい、これが初購入F.E.A.R.製品です…しかも動機がミーハーとくらあ…(苦笑)

とはいえリプレイが長めそうなのでよかった。これでリプレイがちょっとしか載ってなかったら、どんなシステムなのか雰囲気を見たいという真面目な動機も、そもそも買うに至ったミーハーな動機も満足できなかった…

これも読み開始。じっくり読みますー。

馬鹿な!ドカ買いしすぎだ!」

脳内で「おいしんば」の名台詞がリフレイン

いろいろ散財しすぎた…orz

街に出る時は、引き出す現金の量をセーブしないとよろしくないですね…

[]フライミートゥーザムーン読了

付属ドラマCDは未聴ですが。

なるほど…これがいま流行の最先端のシステムかー!(お

R&Rでもときどきこういうタイプシステムリプレイはあったのですが、何しろ紙面が限られるので詳しくわからなかったんでげすよ。

以下、「最近流行システム」な部分への感想ー。

  • キャラ背景設定ハンドアウトの用意とそれに沿う形でのキャラメイク
  • 複数の「シーン」を渡る形でプレイを進める
    • シナリオメイク時にそれぞれのシーンごとにシーンプレイヤーを明確に1名設定する。「物理的にあまり話に加われなくて、自分のキャラ物語展開に十分干渉できない」という事態が回避できる
    • ハンドアウトのおかげで各PCそれぞれにスポットをあてたシーンを作りやすい
    • もちろんプレイ時には多人数でそれぞれのシーンプレイ可能、そのためにシーンプレイヤー以外がシーンに登場するための「登場判定」がある。(登場が難しいとGMが判断するような状況だと判定値を難しーくできるようになってるのかな?)
    • 逆に言うと、GMはハンドアウトとシーンはちゃんと作っておけってことだな…設計ゼロダイブすると酷いことになりそう。
  • いろいろ、「演出」として無判定で進めることができるようなルールサポートがある
    • 敵が追跡不能で逃走できたり…
  • ここぞというとき用のリソースがある
    • 使うと判定にボーナスが入ったりするアレ。

細部についてはこんなとこですかね…

全体としては、「アレやコレみたいなお話の≪主人公たち≫になりたい!」を実現するためのシステムですね…。

主人公であれば当然、スゴイ過去や重い使命、びっくりするようなコネ(「コネクション」って書くより「コネ」って書いたほうが分かりやすいのは何故だ…)があったりするわけで…そういう背景のデザインが容易なうえ「キャラメイクにハンドアウトを使う」「シーンとシーン間リンク連続で進める」のおかげで、その背景をプレイ時にしっかり受け止められるわけですね。

主人公なら当然ザコは瞬殺だろうし、仲間のピンチに絶妙のタイミングで颯爽と駆けつけたりするだろうし、そんな主人公の仇敵であれば当然神出鬼没だし簡単にやられたりしないし。

SWとかが「主人公未満の何か」をプレイするのに対して「主人公プレイするには」どうしたらいいか、主人公ならではのカックイイところと主人公ならではの葛藤とを体感して楽しむにはどうしたらいいか、と作られている気がします。だから簡単に「世界を救う」ゲームが遊べるわけだ。

SWとかが「主人公未満の何か」をプレイするために「異世界シミュレータ」となっているのに対して、このシステムは「異世界シミュレータ」ではないように感じた。だからシミュレータだと勘違いして見てしまうと、おおざっぱに見えたり自由度がないように見えたりするけど、これは「(小説漫画アニメ映画etc風)物語ジェネレータ」なんだと思う。どんな物語を生成しやすいかが、タイトルによって違う、と。

それぞれ目的が違うから明確にシステムが違う、わけですね。

主人公未満の何か」をプレイするためのシステムで「主人公」として遊ぼうとすれば、何をしてもうまくいかずイライラするか、無理なパワープレイに走って周りともめるかどっちかなわけだし、逆にひょっとして「主人公」をプレイするためのシステムで「主人公未満の何か」的な楽しみを見出そうとしても、自由度が低くなってしまったかのように錯覚してしまうかも(どんな「主人公」を演じるかの部分に自由度たっぷり割り振られているため)。

これはこれでとても面白そうなのですが、GM負担大きそうですねー(え

#なんか普段ろくに準備してない私がきっといけないんですねー??

でも「こんなお話やりたいー!」っていう具体的なストーリーラインが沸いてしまったような場合は向いてそうです。

そういうときは本能の赴くままにハンドアウトとして渡すキャラ背景設定もシーンも十分書きなぐれるでしょうし。

#ほんとはメカエスとかこういうシステムでやったら、火力のバランス問題とかで悩まないで済んで良かったんじゃないかなあー>ごく少数知人向け発言

最後にー。内容についてー。

うーん、突拍子もないことを言ってくる人って、とても愛らしいですよね!(お

とても楽しうございました。買ってよかったー。ルルブより先にファンブックを買っちゃう人間がいることをちゃんと想定した作りになっていて、とてもありがたかったです。十分楽しめた…

しっかし噂によるとプレイ時間時間らしい…たっぷり長いお話ではありましたが。

かつて、学生時代は1プレイ時間とか平気でやってたわけだけど…今はきついなあ。

こういうシーン制だと途中で切りあげたりするのも楽なのかなあ。

2008-02-04

[]Walts読了

ソードワールドリプレイのWaltsシリーズ読了です。



なんというか、あれだ。「魔剣伝説シリーズを思い出してしまった。

終盤、照れを見せずにあんなロールプレイするのはホントすげーなぁ、と思う。いや実際は照れてるのかもしれないけど。本気で恋というかなんというか…をロールプレイするってぇのは、真似できないなぁ。

すごいものを見せてもらった。

合間合間にある印象的なPC同士のやり取りするシーン、普通プレイしてる中でロールしてるんだと思うんだけど、上手に編集されてるから、実際のプレイ中にどんなふうに挿しこんでやってるのかわからないのよね。どんな風にああいう、シーンに突入して、本筋に戻ってきてるんだろうかなあ。



そういえば、お話世界なイロコイをこそロールプレイ上で楽しむというのは、それはそれはいろいろと商業リプレイ上では見かけるのだけれど。

冷静に考えてみると、身の回りではとんとお目にかかりませんな。なんかあったっけ>知人ALL。



ハッ…こんなこと、つい1年弱前に「M*意中の女性に告白する」を目的としたセッションマスタリングした人間が言ったらあかんかったね!

けろっと忘れてたよ!

…いずれにしても自分がプレイヤーする時にはなかなか縁遠い話ってこと。*1



イロコイはともかくとして。

Waltsの面々のように本っ気で真摯にキャラ立ち位置シンクロしてロールプレイするのって、そんなに回数なかった気がする。もう10年弱前のことですかの…

でもあのシンクロした瞬間、ほんとにキャラと悩みとか悲しみとか共有してしまう、あの、エアポケットに落ちたような、それでいてちょっとゾクゾクした時間は、どれだけ時がたっても忘れられないなぁ。

たまにしかマスターできないけども、初めての人にちょっとでもその感覚を味わってもらえたらいいなあと思いつつ…それは険しい道なのかも知らねど。

*1:え?今、縁遠くないって?そりゃあんたAマホの追加事件表のせいで…

Cain+AliceCain+Alice 2008/02/06 17:48 色恋をカタカナ表記で見るとネイティブアメリカンを思い出してしまう…のはさておき、プレイヤーでは実は狙ったりするのですがシナリオがそこまで進行しなかったり…

>>[RSS] [アンテナ]
>>Creative-S->IndeX