Hatena::ブログ(Diary)

ばんぴーじゃんぴー

2013-03-03

第8回キツネの社mf 使用構築

f:id:yuminn10:20130223062914p:imagef:id:yuminn10:20120820194125p:imagef:id:yuminn10:20120820180244p:image
f:id:yuminn10:20120821114508p:imagef:id:yuminn10:20120820181405p:imagef:id:yuminn10:20121224063920p:image


ポケモン持ち物技1技2技3技4特性
エルフーン光の粘土草結びアンコール光の壁追い風いたずら心
ローブシン黒帯ドレインパンチマッハパンチ冷凍パンチビルドアップ鉄の拳
ガブリアス拘り鉢巻き逆鱗地震ダブルチョップ寝言鮫肌
ウルガモス炎のジュエルオーバーヒート虫のさざめきめざめるパワー地面蝶の舞炎の体
ゴチルゼル拘りスカーフサイコキネシス10万ボルトめざめるパワートリック影ふみ
パルシェン命の珠氷柱張りロックブラスト氷の礫殻を破るスキルリンク

http://d.hatena.ne.jp/patchmari08/20130302/1362199706

エルフガブ、エルフローブ構築

このPTの完コピではありますが一応個別の感想程度。

※3/7 さすがに適当すぎたので少し個別を更新しました。


f:id:yuminn10:20130223062914p:image
エルフーン
155-×-106-102-107-180
ローブシンorパルシェン、追い風ガブリアスorウルガモスの展開を軸とする技構成。相手の起点をアンコールで封じながら自ら起点を作れるポケモン。拘って倒した際のゴチルゼルのケアにも優秀であり、自らスイクンカバルドンと打ち合える草結びを採用。挑発を採用することで、ボルトロスカバルドンに対して強くしてもよかったが、エルフーンがいるのに積んでくるような人もいるようなので、相手の考えに依存しないようにしっかりアンコールを採用。ゴチルゼルウルガモスが初手のカバルドンに強い構成になっているので、挑発を切ることで障害になるポケモンボルトロスと対面のキノガッサぐらいでした。

f:id:yuminn10:20120820194125p:image
ローブシン
207-188-132-×-92-69
エルフーンの壁下からビルドを積んでくポケモン。光の壁しかないということもあり、Bメインに振りミラーに負けないように余った分にSを確保。被弾回数を極力減らしたいためすぐ殴れる鉄の拳+黒帯となっています。ラス1の枠はしっぺ返し等のゴーストで止まりにくくする技でもいいのですが、カイリューに対して殴れる冷凍パンチが一番汎用性が高そう。

f:id:yuminn10:20120820180244p:image
ガブリアス
183-182-116-×-105-169
鉢巻きガブリアスを受けるというのがそもそも間違いだと気付くべき。意地ならば乱数が変わったりするが、陽気ドリュウズと同速になったりと、非追い風下において回しにくさが増してしまうので陽気で採用しています。珠ハッサムに対して地震+相手の珠ダメ+鮫肌で確定で落とせるので、珠ハッサムにもダメージさえ受けていなければ後出しが可能。しかし、鋼ジュエルハッサムというものもいるらしいので、ガブリアス一枚でハッサムが見れる気になってしまうのも少々危険。

f:id:yuminn10:20120821114508p:image
ウルガモス
161-×-86-186-125-167
クレセリア+ヒードランシャンデラ+ナットレイのような形に対してローブシンウルガモスの2枚を縛られてしまい選出の幅が狭まってしまうため、めざめるパワー地面を採用。ミラーやメタモンコピー、カバルドンに対してのダメージなにより負担がかけやすいため炎のジュエルを採用しています。型を虫ジュエルにしたり、別のポケモンにしたりと、このパーティを変えるならここだと思います。

f:id:yuminn10:20121224063920p:image
ゴチルゼル
151-×-115-147-130-123
不要な読みなどせずに起点を作れ、殴り合いにも強く受けループを崩すポケモン。攻撃を打ってしまえば舞の起点になってしまうことがよくあるがそれをエルフーンでカバーをすることも可能。ローブシンの苦手とするヤドランガブリアスの苦手とするエアームド後出しから狩れるのも見所である。受けループを見るならそもそもこいつでなくてもいいかもしれないが影踏みという特性の強さ、選出時の型の判別などを考えるとゴチルゼルは外しにくい。

f:id:yuminn10:20120820181405p:image
パルシェン
147-161-200-×-65-101
カイリュー枠+光の壁と相性のいいポケモンパルシェンというポケモンを使うのが苦手でしたが、このPTに入ったパルシェンはすごく使いやすかった。物理竜を見るために鋼を採用してもいいのかもしれないが、鋼タイプにエルフーンと相性のいいポケモンハッサム以外考え付かず、珠ハッサムを採用するなら個人的にステルスロック要因がほしいため、鋼タイプの採用をやめました。


個人的にはラティハッサムの並びに対して少し先発が弱くなりがちなのが気になりました。ラティオスに対してはエルフーンが起点が作りやすいのですが、エルフーンハッサムに対して強くなく、ハッサムに強いであろう、ガブリアスウルガモスラティオスに強くないので、そこが少し問題点だったのかもしれません。ハッサムに対してもエルフーンは一回仕事をすることが可能ですが、最低でも2回は仕事したいポケモンだと思っているのでそこも人によっては考え方の違いがあるのかもしれない。


成績は3-5と負け越し
オフで初めての負け越しであり、パーティ自体の仕上がりもよかったので悔しかったです。
欲張ったような立ち回りの負けからの連敗を止めれず、自分の弱さが身に染みました。

エルフーン入りはまだ考えたいと思っています。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証