Hatena::ブログ(Diary)

青空を探す、旅の記録。 Twitter

カケラの樹
読書びより

2008/02/24 Sun

伝えたいこと、より簡単に。

| 21:17

ウチのWebアプリでは、定石として専用のはてなグループを作成してサポートサイトとしてる。トップページサイドバーに表示される、運用側からのお知らせはそのグループのダイアリで行う形。

こういう構成にしてる理由は簡単で、お知らせをポストして表示する仕組みを全て自前で実装するにはそれなりの工数がかかるので、それの削減を図るためというのが一つ。アプリケーション自体にCMSを持たせる代わりに、グループダイアリのフィードを介して両者を結合させる。するとアプリケーション側では単にフィードを受信して表示するだけで良くなる。

もう一つの理由はヘルプ等の文書を置く場所としてグループキーワードが便利だから。


ところで、このフィードを受信して表示する手法で今まで使っていたのは次のような方法。

  1. open-uriフィードオープン、RSSParserで解析
  2. DBのinfosテーブルにフィードの内容を保存
  3. before_filterで各アクションの実行前にInfoを最新数件取得、表示

これはカケラの樹月燈火採用してる方法だけど、そう複雑でもないし問題なく動く。実装の手間も少ない。

ただし、容易とは言ってもテーブルを作ったり簡易クローラを作ったりするので少し面倒ではある。同じコードを使い回しているので正味の作業量は少ないんだけど、感覚的にこの仕組みを毎回作るのがすこし億劫

そこで、読書びよりではこの部分に新しい手法を導入。次のような仕組み。

  1. キモGoogle AJAX Feed APIAPIキーをアプリケーションドメインに対して発行。
  2. application.html.erbにグループダイアリのフィードを受信し、表示するように実装
    1. AJAX Feed APIのexampleを流用すればコードを貼り付けるだけでOK

以上。これで常に(ほぼ)最新のフィード内容がクライアントサイドで画面に差し込まれるようになる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yune_kotomi/20080224/1203855439