Hatena::ブログ(Diary)

青空を探す、旅の記録。 Twitter

カケラの樹

2015/02/09 Mon

PGroonga on Travis CI

| 23:11

2015年2月13日追記: 公式な使い方が発表されました。以下の手順は用済みです。

今回はTravis CIを使うので、無理矢理ですがPGroongaを使えるようにしてみました。

最初は.travis.ymlのbefore_installでpgroongaのドキュメントにあるようにソースからのインストールをやろうとしたんですが、make必要postgresql-server-dev-9.4をaddonsに書いて入れてやろうとしても、

Disallowing packages: postgresql-server-dev-9.4

と言われてmake出来ないので、checkinstallで.debを作ってやることにしました。


Travis CIのワーカはUbuntu 12.04 LTS 64bitなので、同じ環境VMを作り、それにPostgreSQL 9.4をインストール。その上でPGroongaをソースからインストールする手順を流し、

$ sudo make install

の代わりに

$ sudo checkinstall

をやってpgroonga_0.3.0-1_amd64.debを作ります。

作ったら、それを適当場所に置き、.travis.ymlのbefore_installに

  - wget http://path/to/pgroonga_0.3.0-1_amd64.deb
  - sudo dpkg -i pgroonga_0.3.0-1_amd64.deb

記述してやります。これでPGroongaのインストールができるので、あとはbefore_scriptで

  - psql -d データベース名 --command 'CREATE EXTENSION pgroonga;' -U postgres

と書いてやれば準備完了。あとはマイグレーション定義中でusing pgroongaでcreate indexしてやれば使えるはずです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yune_kotomi/20150209/1423491104
Connection: close