yunioshiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

はてなRSSに追加

2007-04-12 追悼 成毛滋 このエントリーを含むブックマーク

ドクター・シーゲルのフライド・エッグ・マシーン


成毛滋が亡くなった。

3月29日。享年60。

朝日新聞に小さく載っていた。

成毛滋は僕の世代にとっては竹田和夫や森園勝敏、井上堯之とともに憧れのギタリストだった。

今考えると彼らよりずっと技術もエモーションもあり、かっこよいリフ、トリッキーなフレーズもあって、あの時代ではダントツのテクニシャンだった気がする。

でも彼らより遥かに一般での知名度は低かった。


僕は、あの有名なグレコ(国産ギターメーカー)の教則カセットを友達から借りてダビングして

(違法ですね。すみません)繰り返し聞いて練習したものです。

僕らの世代のギタリストは、エレキギターといえばほとんどがグレコかフェルナンデス

グレコの方が少し安くて一般的だったので、

かなりの多くの人がこのカセットを持って影響を受けているはずだ。

でも、なぜか成毛滋のレコードを持っている人は少なかった。


彼こそ10年早く日本に生まれてきた人だったのだろう。

(確かいいとこのお坊ちゃんで慶応ボーイだったと思う。

奥さんはどこか政財界の大物の娘だと聞いたことがある)

60年代当時、世界でもトップクラスのテクニシャンだったと思う。

何せ彼が所属した代表的なフライドエッグというバンドは

成毛滋がギターで、ドラムがつのだ・ひろで、ベースが高中正義だった。

このバンドはツェッペリンやクリーム、ジミヘン風の曲をすでに演奏していた。

まだ他の日本のバンドがグループサウンズから抜け出せていない時代である。

(後に、高中がギターヒーローとして知られるようになるのは実に皮肉)


世に言うヒットに恵まれなかったし、世界的にも無名だが、

ミュージシャンが皆尊敬するミュージシャンだったと思う。(ロイ・ブキャナンみたい)

近年はDr.シーゲルの名で後進の指導にあたっていた。(だいぶ風貌が…)

彼の弟子で世界に雄飛する人物が出ることを切に祈ります。そしてご冥福も。


成毛滋知らない人はこちらでご確認ください。


D


D

中島幸雄中島幸雄 2007/04/24 07:23 私は毎日新聞で彼も死を知りました。現在私は52歳。学生の頃の音楽雑誌ぼ裏表紙はグレコのCMで,長髪の彼の姿でした。70年初頭は日本のロックはあまり評価されていませんでしたが,最近CDで当時の彼らの曲を聴くと,すごいに一言につきます。日本人の器用さ、学習能力の高さが感じられます。鈴木ヒロミツ氏も亡くなり,当時夢中で彼らを追っていた自分には悲しい日が続きます。

yunioshiyunioshi 2007/04/25 22:23 そーいえば鈴木ヒロミツさんは僕の兄の同級生(東京の中高一貫の男子校)でした。アイ高野さんも亡くなったし寂しいですね。

MosukeMosuke 2007/04/25 23:42 成毛さんのフィンガース時代を知っている一人。自分もリードギターでベンチャーズの耳コピーで育ち、成毛さんには早弾きとかのテクを教わったりした。勝ち抜きエレキ合戦で彼に負けたのはいい想い出になっている。日本の音楽シーンには早すぎた感性の持ち主ゆえ人気とは遠かったが尊敬の念を抱きつつ冥福を祈る次第である。

MosukeMosuke 2007/04/25 23:42 成毛さんのフィンガース時代を知っている一人。自分もリードギターでベンチャーズの耳コピーで育ち、成毛さんには早弾きとかのテクを教わったりした。勝ち抜きエレキ合戦で彼に負けたのはいい想い出になっている。日本の音楽シーンには早すぎた感性の持ち主ゆえ人気とは遠かったが尊敬の念を抱きつつ冥福を祈る次第である。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yunioshi/20070412