yunioshiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

はてなRSSに追加

2014-08-31

男気のあるサバイバル女優?土屋アンナ

11:58 | 男気のあるサバイバル女優?土屋アンナを含むブックマーク

8月の23、24日と2夜に渡ってテレビ朝日系で放送された『よゐこ無人島0円生活』、皆さんご覧になりましたか?芸人よゐこLilico土屋アンナという2大ハーフ?が無人島でサバイバル生活対決!というこの企画、どこまで本当なのか疑問ですが、結構マジで危険なことをやっていました。

http://www.tv-asahi.co.jp/mujintou

Lilico土屋アンナは実生活でも親友だそうで、大分前になりますが『ウチくる!?』という番組でもこのふたりの仲良しぶりは紹介されていました。それにしてもこの超強力キャラの二人なら人類が滅亡しても生き残りそうな感じですなあ。二人ともかなりハードな人生を送っているので。

Lilicoポジティブ女王LiLIcoの巻 - yunioshiの日記

というわけで今回は土屋アンナです。

花木マロン作↓

f:id:yunioshi:20140831110940p:image


デキ婚元旦那が心不全で急死!波乱万丈シンガー&アクトレス

土屋アンナ(つちや・あんな 1984年3月11日 〜)

父はポーランドアイルランドの血を引くアメリカ人。

母・土屋眞弓はアンナも所属するモデルエージェンシーの代表を務める。姉アンジェリカがいる。アンナが小学校3年生の時、両親が離婚。父は家を出て行った。父のことが好きで好きでしょうがなかったのでショックだったと自著でアンナは述べている。小学生時代は友達に父がいないことを隠し、父の自慢話ばかりしていたという。ハーフということでイジメにあい、友達から「パシリ」をやらされたが、その頃はイジメとは思わず単にやさしさでやっていた。フィギュアスケートバレーボールバスケハンドボールなどスポーツが得意な活発な女の子だった。

14 歳の時、モデルをしていた姉の影響でモデルを始め、雑誌『Seventeen』でデビュー。すぐに専属モデルとしてカリスマ的な人気を呼び、トップモデルとして活躍した。

2004年、『茶の味』で映画デビュー。同年には『下妻物語』で深田恭子とのダブル主演に抜擢され、田舎のヤンキー娘白百合イチゴを熱演。高い評価を得てその年の映画賞新人賞を総ナメにした。この映画で一気に知名度を上げたアンナは女優として開花、数々の映画に出演。2005年には『バッシュメント』、2007年の『さくらん』でも主演。『さくらん』では何と江戸時代花魁を演じている。

2005年からはロックシンガーとしても活躍。

生活ではモデル仲間のジョシュア(日本人とブラジル人のハーフ)と「デキ婚」をし、愛息澄海(スカイ)も生まれるがわずか2年で離婚。その後ジョシュアは2008年に心不全で亡くなるという不幸もあった。

すでに再婚し二人目の子がいるアンナは、結婚や子育てに対してまっすぐでしっかりとした信念を持っていて、何冊かの自伝やフォトエッセイなどでその考えを述べている。アメリカCNN の『Talkasia』のインタビューには「ハーフに生まれたことをいいことだと思う。日本の文化アメリカの文化を両方持ってることは他の人にはできない経験だから」などと語るアンナ。ストレートで、ピュア。ナチュラルな生き方・考え方は多くの女性ファンの心を掴んでいるようだ。

以上『ハーフマニア―日本の有名人の混血をカリカチュアで大紹介!』より。



一番の参考書土屋アンナ本人の著

↑この本は2005年暮に出版されたもので、息子スカイが生まれたばかり、最初の夫故ジョシュアとも仲の良い時代に書かれたもの。夫や愛息との写真も盛り沢山なので、その後の展開を考えるとちょっと痛ましい気もする。ただ、アンナ本人の生い立ちや家族のことを赤裸々に寄せていて僕のようなおっさんでも非常に共感が持てる一冊でした。



モデル・女優というと女神のようにひたすらきれいで「生活感」のようなものがあまり感じられない人が多いような気がしますが、まったくそんな風でなく、彼女の他の著作を読むと、子育て本や料理本みたいなものから人生訓まであって、人情味にあふれ、とても真っ直ぐ・男気?のある人のようです。それが若い女性に人気のある証しですね。

2013年にアンナは舞台『誓い〜奇跡のシンガー』で主演を務める予定だったが稽古に参加せず、舞台中止になるという事態に陥った。脚本演出を巡って原作者と主催者・演出家とアンナ側の主張は皆マチマチだったためアンナが納得できず降りたとのことだが、訴訟になり今だ解決に至っていないようだ。まあ、あのアンナのことだから心配はいらんでしょう。


女優としては2004年に出演したこの2本。

↓こちらは主演ではないが強烈な印象を残した。

茶の味 グッドテイスト・エディション [DVD]

浅野忠信2014-03-23 - yunioshiの日記)が主役



↓何と言ってもこちらのアンナは他の女優が考えられないほどハマリ役。

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

まだ観ていない人はぜひ!イチゴの頭突き最高っす!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yunioshi/20140831