memologue RSSフィード

書いている人

日記というよりは備忘録、ソフトウェア技術者の不定期メモ。あるいはバッドノウハウ集。プライベートで調査した細々した諸々のスナップショット。嘘が散りばめられています。ISO/IEC 14882(C++)とPOSIX, GCC, glibc, ELFの話ばかりで、WindowsやMacの話はありません。特に記載がなければLinux/x86とILP32が前提です。時間の経過と共に古い記事は埋もれてしまいます。検索エンジンから飛んできた場合は、ページ内検索をご利用いただくかgoogleキャッシュを閲覧してみてください。技術的な記事を書きためる場所として使っています。言及してもらえると喜びます。主要な記事の一覧を書いておきます:

にんきコンテンツ: [GCC] mainを一度も呼ばないばかりか蹂躙する / Binary2.0 Conference 2006 発表資料 / C++ で SICP / ついカッとなって実行バイナリにパッチ / hogetrace - 関数コールトレーサ

昔のPOSIX関係の記事: シグナルの送受に依存しない設計にしよう / シグナルハンドラで行ってよい処理を知ろう / マルチスレッドのプログラムでのforkはやめよう / スレッドの「非同期キャンセル」を行わない設計にしよう / スレッドの「遅延キャンセル」も出来る限り避けて通ろう / マルチスレッドプログラミングの「常識」を守ろう / C++でsynchronized methodを書くのは難しい / シグナルハンドラからのforkするのは安全か? / g++ の -fthreadsafe-statics ってオプション知ってます? / 非同期シグナルとanti-pattern / localtimeやstrtokは本当にスレッドセーフにできないのか / UNIXの規格について / マルチスレッドと共有変数 - volatile?なにそれ。 / type punning と strict aliasing / アセンブラで遊ぶ時に便利なgdb設定 / 最近の記事は一覧から

2004-05-30 entry point

書いている人: SATO Yusuke (http://binary.nahi.to/)

2004.05.30 日記を書いてみることにしました。Linuxをいじるソフトウェアエンジニア*1の不定期メモ・モノローグ。プライベートで調査した細々した諸々のスナップショット。

方針

シゴトとは関係しない趣味の範疇、おもにC++/GCC/glibc/ELF関係でむやみに下へ下へとフォーカスした、深追い系の話題ばかりを書き散らしてみる予定です。自分が使うかどうかは別として、LinuxカーネルやGCC/glibcのセキュリティ強化機能を追うのが結構好きなのでそのへんもちょこちょこと。Google先生が日本語の情報がないと仰るものを中心に書きます。なんかシゴトが組み込み機器のセキュリティ品質検査とかだったりするんですがソフトウェアエンジニアに無事復帰、幸か不幸か業務時間中にGCCナドを深追いすることはありえないので問題ないでしょう。Software Engineering, Project Management関連の話題は、勤務先のイロが出る可能性が高いので書かないことにしてます。


日経BP社、技術評論社、IDG Japanの雑誌・ムックに時折寄稿しています。現在のところ、雑誌類に書いているのは本業に関係する記事のほうが多いですが、POSIXやGCC、ELF関係でも書いてみたいと思っているので、ネタがあればお声掛けください。連絡先は e-mail <ads01002 _at_ nifty.com> または twitter の yusk_ あたりで。

(2006/11/11追記) オライリー・ジャパンのBinary Hacksという書籍の執筆に参加しました。


趣味は犬ころがし、および酒。ベルギービールか芋焼酎があれば生きていけます。

*1:東京在住、家電屋、CISSP