Hatena::ブログ(Diary)

スローライフ旅日記

2016-12-01

ユネスコの無形文化遺産に「唐津くんち」

03:35

ユネスコ無形文化遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」全国33の祭り。

おめでとうございます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161201/k10010790831000.html

そのなかに、故郷・佐賀県唐津市の「唐津くんち」があります。

正直嬉しく思います。

唐津くんち」は、写真家・英伸三さんと5年間かけて写真集をつくり、

この本は、47メディで取り上げられて、地元の各家庭に置かれました。

「えんや―写真集・唐津くんち」写真:英伸三 文・金丸弘美(家の光協会

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?no=116

農協(JA)の出版部「家の光協会」で出版されました。

そのあと「佐賀新聞」で68回の連載をした本は、地方出版の雄

秋田県無明舎出版から本となり、全国図書館協会推薦図書となり

多くの図書館に収録されています。

「えんや!―曳山が見た唐津」金丸弘美著(無明舎)

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?no=102

山車(唐津では曳山と言います)もさることながら、各家庭で創られる

料理が素晴らしい。「ソトコト」(木楽舎)で特集を組んでもらいました。

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/data/rensai/pdf/rensai08002.pdf

これからも豊かな文化が育まれていくことを願っています。

2016-11-28

ritokei「離島経済新聞」 島にあるものが素敵でインタビュー

02:56

ritokei「離島経済新聞」

http://ritokei.com/

季刊リトケイ 2016 WINTER 19

インタビュー特集「訊く」 見開き2ページです。

「島にあるものが素敵なんだ」で、特集をくんでいただきました。

http://ritokei.com/kikanritokei/backnumber#vol.19

徳之島の暮らし、そこで行った島のツアー。

それがきっかけで、各地のさまざまなワークショップの基礎ができました。「ゆらしい島のスローライフ」(学研)の著書やBS番組も生まれました。

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?&no=1118&a=1

大きな気付きをいただいたのが徳之島です。 そのいきさつの紹介です。

取材をしてくださったのは、NPO法人離島経済新聞社、

統括編集長の鯨本(いさもと)あつこさん。(沖縄在住)

彼女と知り合ったのは、鯨本さんと、石原みどりさん共著

『くじらとくっかるの島めぐり あまみの甘み あまみの香り 奄美大島・喜界島・徳之島沖永良部島与論島黒糖焼酎をつくる 全25蔵の話』

西日本出版社刊)の出版記念トークショーがきっかけ。

http://ritokei.com/ritokeiinfo/6608

奄美大島だけの黒糖焼酎の蔵を全部訪ねて、その歴史、工程、人、

味わいまで紹介。日本初の女性による黒糖焼酎の蔵めぐりの本です。

東京荻窪の旅の専門書店で集いが行われ、そのときに、沖縄スカイプ中継で、奄美黒糖焼酎を紹介したのが、編集者の石原みどりさん。そこを通じで鯨本さんを知り、早速、沖縄に行きました。そしたら、「新聞に出ませんか」という嬉しいお話をいただきました。

彼女たちは、島に魅せられて「離島経済新聞社」といウエッブの島のサイトと新聞を発行しています。

島で子供たちと地域の魅力を新聞にするワークショップもしています。

島の暮らし、人、食、文化などを多彩に発信。とても素敵な仕事をしていました。意気投合をして、私のレギュラーのラジオ番組にも出てもらいました。

「ジャパンFMネットワーク 全国32局ネット。 http://www.jfn.jp/ 

「サードプレイス・美味しい食の物語」 

第1、2、3、4金曜日(朝5:30〜6:00)

・12月2日(金)5:30〜6:00

ゲスト NPO法人離島経済新聞社、統括編集長の鯨本(いさもと)あつこさん、

そして編集者の石原みどりさんです。

[ネット局]http://www.jfn.jp 

FM青森、FM岩手、FM秋田、FM山形、FM仙台、FM福島、FM新潟、 FM群馬、FM栃木、 K−MIX(静岡)、FM長野、FM富山、M石川、 FM福井、FM岐阜、FM三重、 FM滋賀、KISS―FM(兵庫)、FM岡山、FM山陰、広島FM、FM山口、FM香川 FM徳島、FM高知、FM佐賀、FM長崎、FM熊本、FM大分、FM宮崎、FM鹿児島、FM沖縄、など32局予定   ※東京エリアでのOAはありません。 なお、東京首都圏でも、スマートフォンで全国放送の同時間帯に32局のどこかに合せていただければ、同時間帯にリアルタイムで聴くことができます。(全国のFMが地域制限なしで聴けるアプリがあります)

⇒ 「radiko.jp」、 docomoの 「ドコデモFM」 auの「LISMO WAVE」などです。

これも島の方々のおかげと感謝しています。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

イタリア・エミリア=ロマーナ州のアグリツーリズモ

06:19

日本ペンクラブ<環境委員会研究会>に参加しています。

「持続可能な社会」というテーマで話させていただくこととなりました。

先般旅をしたイタリアエミリア=ロマーナ州のアグリツーリズモを紹介します。

アグリツーリズモとは、農家と宿泊・料理・農業体験などを複合させて、

観光と連携させた取組。イタリアは急増し2万682軒があります。

ワイン、チーズ、生ハムを始め特産品の輸出、商店街の中小企業の振興、

再生可能エネルギーも入り、若者の雇用までつなぐ仕組み。

観光集客にも大きくつながっています。

イタリアは、日本の国土の5分の4.中山間地が8割という国。

海外観光客は5073万人が訪れ、日本の2000万人の2・5倍。

・開催日:12月7日(水)18時〜20時 日本ペンクラブ3階会議室

・内 容:テーマ「持続可能な社会(ヨーロッパ編)」

・講師:金丸弘美委員(イタリア事情担当)・吉村皓一委員(ドイツ事情担当)

・場所:日本ペンクラブ 3階会議室 

103-0026 東京都中央区日本橋兜町20-3

電話03-5614-5391 FAX03-5695-7686

地下鉄日比谷線東西線茅場町駅出口から徒歩約3分

http://loco.yahoo.co.jp/place/g-xzTXYSxTCXg/map/

・参加費:500円  

・定員:40名(申し込み先着順)

・ご参加の方は(金丸同伴者)と明記の上お申込みください。

申込先:日本ペンクラブ事務局(高田迄)。

FAX03-5695-7686 /

E-mail:<mailto:secretariat01@japanpen.or.jp>

一般社団法人 日本ペンクラブ

http://www.japanpen.or.jp/

事務局 高田 幸子

103-0026 東京都中央区日本橋兜町20-3

電話03-5614-5391 FAX03-5695-7686

この日、イタリアアグリツーリズモをコーディネート・通訳くださった中央大学

法学部工藤裕子教授、カルロ・ペトリー二著「スローフードバイブル」の翻訳

で、工藤先生と親交のある中村浩子さんもお見えになる予定です。

ぜひおでかけください。

2016-11-24

イタリアの中山間地域が元気な理由

08:42

8月、イタリアエミリア=ロマーナニャ州のアグリツーリズモを中心とする町づくり、観光、農村事業、特産品プロモーションなどをつぶさに学ぶ

ワークショップに参加しました。得るものたくさん。食もワインも満喫です。

イタリアアグリツーリズモをコーディネート・通訳くださった中央大学

法学部工藤裕子教授に、ぜひイタリアのことを学びたいとセミナーを開催しました。そのレポートがまとまりましたのでアップしてお届けします。

https://note.mu/shojinhouko/n/ne9618a93e7c4

テーマ:イタリア中山間地域が元気な理由

     〜負の資源をプラスに変える逆転の発想〜

講師:工藤裕子氏(中央大学法学部教授)

日時:10月27日(水) 19時〜21時

会場:サンケイリビング新聞社東京都千代田区

この集い、定員30名に、5日間で50名申込みと大好評。

近々、大二弾を予定。また金丸のラジオレギュラー 『ジャパンFMネットワーク

「サードプレイス・美味しい食の物語』全国32局。http://www.jfn.jp/

12月にゲスト出演をお願いしています。

2016-11-15

小笠原諸島・沖縄・奄美 島特集

08:35

レギュラーのラジオ番組(FM全国32局ネット)を担当しています。

先般、自然遺産の小笠原諸島父島母島の取組を案内してもらいました。

そのあと、沖縄今帰仁村に行きました。こちらは世界文化遺産です。

そこで島の特集を4週にわたってすることとなりました。

離島経済新聞」を創っている女性メンバーと出会い、なんと、島を100か所も巡り、島々の営みや文化や、子供たちが島を知るワークショップで新聞を創るなど、素敵な活動をされていることから、ゲストにお招きしました。

聴いてくださると嬉しいです。

ジャパンFMネットワーク 全国32局ネット。 http://www.jfn.jp/ 

「サードプレイス・美味しい食の物語」にレギュラー出演中です。

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/yotei/yoteidetail.php?&no=704&a=1

第1、2、3、4金曜日(朝5:30〜6:00)

食にまつわる各地の素敵な活動を毎週取り上げています。

・11月18日(金)5:30〜6:00

小笠原諸島の素敵な新しい宿パットイン。

母島の乳房ダムの空芯菜。折田農園の無農薬のレモン栽培

・11月25日(金)5:30〜6:00

ゲスト :NPO法人離島経済新聞社、統括編集長の鯨本(いさもと)あつこさん、

そして編集者の石原みどりさんです。

離島経済新聞社。日本の島々に魅せられて島のWEBと島々の新聞を発行。

島で子供たちと地域の魅力を新聞にするワークショップも展開。

島の暮らし、人、食、文化などを多彩に発信。

・12月2日(金)5:30〜6:00

ゲスト NPO法人離島経済新聞社、統括編集長の鯨本(いさもと)あつこさん、そして編集者の石原みどりさんです。

西日本出版社刊『くじらとくっかるの島めぐり あまみの甘み あまみの香り 奄美大島・喜界島・徳之島沖永良部島与論島黒糖焼酎をつくる

 全25蔵の話』。奄美大島だけの黒糖焼酎の蔵を全部訪ねて、その歴史、工程、人、味わいまで紹介。日本初の女性による黒糖焼酎の蔵めぐり。

・12月9日(金)5:30〜6:00

「100歳まで元気な人は何を食べているか?」(三笠書房) 辨野義己著

旬の野菜をたっぷり食べて運動をしている人ほど長寿。

長命の奄美大島沖縄大東島始め食と腸内細菌の活躍が登場。

[ネット局]http://www.jfn.jp 

FM青森、FM岩手、FM秋田、FM山形、FM仙台、FM福島、FM新潟、 FM群馬、FM栃木、 K−MIX(静岡)、FM長野、FM富山、M石川、 FM福井、FM岐阜、FM三重、 FM滋賀、KISS―FM(兵庫)、FM岡山、FM山陰、広島FM、FM山口、FM香川 FM徳島、FM高知、FM佐賀、FM長崎、FM熊本、FM大分、FM宮崎、FM鹿児島、FM沖縄

など32局予定   ※東京エリアでのOAはありません。 なお、東京首都圏でも、スマートフォンで全国放送の同時間帯に32局のどこかに合せていただければ、同時間帯にリアルタイムで聴くことができます。(全国のFMが地域制限なしで聴けるアプリがあります)

⇒ 「radiko.jp」、 docomoの 「ドコデモFM」 auの「LISMO WAVE」などです。

 ※放送後にWEBで聴けるようになります。「jfn 金丸弘美」検索で聴けます。

追記:

「味の味」(アィディア)http://www.ajinoaji.com/

で、エッセイ「地食が面白い」を連載中。

2016年12月号(12月1日発売)は

小笠原で生まれる国内初のカカオ栽培

小笠原母島であった、レモンとマンゴー栽培の折田農園・折田一夫さん

の日本初のカカオを取り上げました。

2016-11-08

日本ペンクラブで講演「持続可能な社会(ヨーロッパ編)」

07:50

日本ペンクラブ<環境委員会研究会>に参加しています。

「持続可能な社会」というテーマで話させていただくこととなりました。

先般旅をしたイタリアエミリア=ロマーナ州のアグリツーリズモ、

それに前に訪ねたスローフード協会、大学、料理学校ICEFなど、

を紹介します。写真を多く撮ったので、できるだけ絵で観るものとしたい

とおもっています。ぜひおでかけください。

・開催日:12月7日(水)18時〜20時 日本ペンクラブ3階会議室

・内 容:テーマ「持続可能な社会(ヨーロッパ編)」

・講師:金丸弘美委員(イタリア事情担当)・吉村皓一委員(ドイツ事情担当)

・場所:日本ペンクラブ 3階会議室 

103-0026 東京都中央区日本橋兜町20-3

電話03-5614-5391 FAX03-5695-7686

地下鉄日比谷線東西線茅場町駅出口から徒歩約3分

http://loco.yahoo.co.jp/place/g-xzTXYSxTCXg/map/

・参加費:500円  

・定員:40名(申し込み先着順)

・ご参加の方は(金丸同伴者)と明記の上お申込みください。

申込先:日本ペンクラブ事務局(高田迄)。

FAX03-5695-7686 /

E-mail:<mailto:secretariat01@japanpen.or.jp>

一般社団法人 日本ペンクラブ

http://www.japanpen.or.jp/

事務局 〓田 幸子

103-0026 東京都中央区日本橋兜町20-3

電話03-5614-5391 FAX03-5695-7686

E-mail: <mailto:secretariat01@japanpen.or.jp>