Hatena::ブログ(Diary)

スローライフ旅日記

2016-05-25

ライターズネットワーク大賞授賞式&トークショー

03:09

私たちライターを始めカメラマン、イラストレーター、編集者など、

クリエイターの集まりライターズネットワークでは、毎年、交流と

活動報告を兼ねた集いをしています。どなたでも参加できます。

ぜひお出かけください。

◆第21回ライターズネットワーク大賞授賞式&トークショー◆

「書く人、描く人、撮る人、編む人、大結集!」

http://www.writers-net.com/item/197

主催:ライターズネットワークhttp://www.writers-net.com/

(1993年発足のマスコミで活動するクリエータの親睦会です)

日時:2016年6月18日(土)13時開場 ※中途入場・退出可

会場:書泉グランデ神保町7階

https://www.shosen.co.jp/grande/

入場料:1000円(会員は無料)

当日現地受付。事前申し込みは必要ありません。

●「記念トーク」

<1>映画「うりずんの雨」プロデューサー前澤哲爾さん

   ×食環境ジャーナリスト金丸弘 美さん(13時30分ぐらいから)

<2>母乳育児を応援するモーハウス代表 光畑由佳

   ×東京23区研究所 上席研究員小口 達也さん(14時30分ぐらいから)

<3>空鉄写真家吉永陽一さん

   ×ダイヤモンド・ビッグ社社長藤岡比左志さん(15時30分ぐらいから)

●「第21回ライターズネットワーク大賞授賞式」16時30分ぐらいから

毎年、優れた活動をした会員を表彰しています。

・プロデュース賞 前澤哲爾さん

沖縄長編ドキュメンタリー映画「うりずんの雨」 (ジャン・ユンカーマン監督 2015年)の制作に対して。

・コーディネート賞 高野雅裕さん

「自分史マガジンーTheStory」の制作に対して

http://www.writers-net.com/item/198

●総会

17時00分から17時30分(予定)

会員対象

●懇親会

18時00分から20時00分

於:居酒屋なごみ 参加費:3500円/人

2016-05-18

金丸知弘イタリア学校給食レポート

04:06

学校給食関係者の間で読まれている『学校の食事』(学校食事研究会)の

Facebook(https://www.facebook.com/syokuji/)で、長男・金丸知弘

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/profile/index.php?&id=2

の特集記事が紹介されました。編集部よりご連絡いただきました。

特集タイトルは、「プロが教える世界の料理」

URL http://www.gakkounosyokuji.com/(学校食事研究会)

長男・知弘はプロ向けのイタリア料理学校ピエモンテ州ICEFに

留学していました。そのときのことをベースに書かれたものです。

http://www.icif-japan.com/

そのあと、「東京ステーションホテル」で働き、今年の3月、和歌山県田辺市に移住しました。県と市が進めている若者移住の政策に共感。農産物加工のプランを提出したところ採用されて、龍神村のアーティストの村で起業しました。

「農耕と園芸」(誠文堂新光社)2016年2月号で

イタリア現地体験レポート「外国人向け料理専門学校 ICIFとは」として彼の書いた特集が組まれています。

http://www.seibundo-shinkosha.net/products/list.php?category_id=10

学校はEUの支援のもと1000年前のお城がリノベーションされて作られ、食文化と観光を連携させて、教育とセットで、イタリアの食を広めるというもの。

三國清三シェフと行ったことがあり、そのコンセプトと実践に仰天したものです。

知弘の書いたICIFのレポートをベースに以下でも紹介しています。

里山産業論 「食の戦略」が六次産業を超える』(角川新書

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?&no=199&a=1

ぜひ読んでいただければ幸いです。

2016-05-11

日本人が意外と知らないイタリア食文化

04:49

「学校の食事」(学校給食研究会)6月号が我が家に届きました。

http://www.gakkounosyokuji.com/%E6%9C%88%E5%88%8A-%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B/

特集は「プロが教える世界の料理」

このなかで「日本人が意外と知らないイタリア食文化」を

長男・金丸知弘が執筆しました。

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/profile/index.php?&id=2

6ページにわたり、通った料理学校のこと、地域で異なる食文化

イタリアで小麦アレルギー対応からフォーや豆腐が販売されていること。

給食はクーポン制。低所得の家庭は無料。基本的に郷土料理で、有機農産物も積極的に使われている。などなど、興味深いエピソード

満載です。

親しみやすく、現場を知っているからこそ書ける内容になっていました。

ぜひ読んでいただけると幸いです。

内閣府人材派遣事業「地域活性化伝道師」

14:17

内閣府地方創生推進事務局」より、人材派遣事業「地域活性化伝道師」の

2016年事業内容がホームページに公開されました。

金丸弘美は内閣府の「地域活性化伝道師」に登録されています。

地方自治体が私を指名すれば「外部専門家」として現地に赴き

アドバイスを行うという制度です。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/ouentai.html

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/28dendoushi.html

今後ともよろしくお願い致します。

2016-05-09

「美味しい田舎のつくりかた」(学芸出版)好評!

07:34

各地の食のブランド事業と地域づくり、女性の活躍をご紹介させていただいた

「美味しい田舎のつくりかた:地域の味が人をつなぎ、小さな経済を耕す」(学芸出版)が、

話題となっています。(上野千鶴子氏、安倍昭恵氏推薦)

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?&no=196&a=1

●国が「まち・ひと・しごと創生法」を制定し、各自治体に「地方総合戦略」の策定をうながし、大きな予算をつけたことから「地方創生」が活発に動き始めました。

そのこともあり、本で紹介した事例が大きな注目をあびることとなりました。

●現時点で、「毎日新聞」「日本農業新聞」「月刊ガバナンス」「サンデー毎日」「ソトコト」など30媒体のメディアで取り上げられました。

大学の講義をはじめ、各地の「地域づくり」の講演会でも紹介をしており好評です。

大学生の反応がよく「地方のイメージが変わった」「自分たちにもやれることがあると元気をもらった」「地域の連携と知恵が地域の活性をもたらすとことがわかった」「自分でも地域で試みたい」「女性の活躍が目立つ。女性の視点の重要性がわかり、女性としてやれることがたくさんある。実現したい」と前向きなレポートをたくさんもらい、手ごたえを感じています。

これも取材にご協力いただいた多くの方たちのおかげです。

心より感謝もうしあげます。

●「フードボイス」インタビュー(ユーチューブ)で配信中。 

https://www.youtube.com/watch?v=WKbkLLt4ZpQ&feature=youtu.be 

●掲載媒体【書籍紹介記事】一覧 

・ブックガイド−【農業と経済】「昭和堂」 (2015-03-01)

・企業セミナー 基調講演・松嶋匡史【小田原箱根商工会議所(2015-2-27)

・県産品 販路拡大を【福井新聞】「福井新聞社 (2015-01-27)

・book guide【いい旅いい仲間】「富士国際旅行社」 (2015-01-01)

・本の紹介【中小企業家しんぶん】「中同協」 (2014-12-15)

・BOOK【栄養と料理】「女子栄養大学出版部」(2014-12-01)

・書籍紹介【月刊地域づくり】「一般財団法人地域活性化センター」(2014-12-01)

・読者のページ【パンと菓子の専門誌B&C】「パンニュース社」 (2014-11-15)

・読みたい本【旅の手帖】「交通新聞社」 (2014-11-10)

・BOOK【ソトコト】「木楽舎」 (2014-11-01)

・食を生かした地域経済佐賀新聞】「佐賀新聞社」(2014-10-26)

・農と食のコラム【Agrio】「時事通信社」(2014-10-21)

・地域の味伝える物語が鍵−【日本農業新聞】(2014-10-19)

・トークショーゲスト松嶋匡史さん【学芸出版】(2014-10-18)

・BOOK【学校給食】「全国学校給食協会」 (2014-10-15)

・「四国新聞社」10月15日配信−【四国新聞】(2014-10-15)

・「 サードプレイス」【ジャヤパンFMネットワーク】全国30局ネット (2014-10-08)

読書日記毎日新聞】「毎日新聞社 (2014-10-07)

・SUNDAY LIBRARY−【サンデー毎日】「毎日新聞社」(2014-10-05)

・「 サードプレイス」【ジャヤパンFMネットワーク】全国30局ネット (2014-10-01)

・自著自薦【月刊NOSAI】「全国農業共済協会」 (2014-10-01)

・田舎力 地域力創造【月刊社会民主】「社民党」 (2014-10-01)

・新刊案内【水産界】「大日本水産会」 (2014-10-01)

・Reader's Library【月刊ガバナンス】「ぎょうせい」 (2014-10-01)

・今月の本棚【産業新潮】「産業新潮社」(2014-10-01)

・地食がおもしろい【味の味】「アイディア」(2014-10-01)

・本棚【全国農業新聞】「全国農業会議所」 (2014-09-26)

・トークショーゲスト松嶋匡史さん【八重洲ブックセンター】 (2014-9-24)

・山口義行の中小企業家新聞【BS11】(2014-9-24)http://www.bs11.jp/news/1821/

・「食環境ジャーナリスト金丸弘美氏に聞く」【フードボイス動画ニュース】(2014-9-23)

・郷土の本−西日本新聞】「西日本新聞社」 (2014-09-21)

・新刊紹介【会議所ニュース】「日本商工会議所」 (2014-09-11)

2016-05-05

データで読み解く東京23区の素顔 トークショー

08:55

23区格差」 (中公新書ラクレ 542) 新書が、話題になっています。

都内の書店で平積みになっているところがたくさん。早くも9刷り!

東京と地方の格差は、たくさん本がでていますが、東京23区内で、これだけ格差があったのか、と知らされた書籍。著者の池田利道さんをお招きして、23区の事情をお聞きします。企画は、池田さんと同じ研究メンバーの小口達也さん、書泉グランデ中央公論新社の共同で生まれました。ぜひお出かけください。

■講演 データで読み解く東京23区の素顔

 講師:池田利道さん

 特別ゲスト:金丸弘美

 司会:水崎真智子

 コーディネーター:小口達也

日時:5月16日(月)18時30分〜20時30分(開場:18時15分)

会場:書泉グランデ 7階 イベントスペース

 東京都千代田区神田神保町1-3-2

 都営三田線都営新宿線半蔵門線 神保町駅 徒歩1分

  https://www.shosen.co.jp/grande/

主催:書泉グランデ 協賛:中央公論新社

  ※書泉グランデ5階にて参加券を配布しております。

  ※お電話にてご予約を承っております。

  【お問合せ】書泉グランデ5階 03-3295-0011

2020年、東京オリンピックが再びやって来ます。やはり、何と言っても東京は力強い。都心に人が還ってきた。人が増え、情報が増え、仕事が増える。その東京、中心はやはり、特別区部(23区)。しかし、注目の的だけに、23区には“誤解”が多い。“常識のウソ”がたくさんある。ビジネスパーソンも、生活者も、学生も、この東京23区を味方にし、自分にとっての最高の居場所とするため、23区の真の姿を23区の専門家が教えます。

■講師・ゲストのプロフィール

池田利道(いけだ・としみち)◆一般社団法人東京23区研究所 所長

1952年生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業、東京大学大学院都市工学科修士課程修了後、(財)東京都政調査会研究員を経て、(財)東京都市科学振興会事務局長・主任研究員。89年より(株)マイカル総合研究所主席研究員、94年に(株)リダンプランニング、2011年に東京23区研究所を設立。

現在、まちづくりホームプランナー事業協同組合専務理事やUR都市機構まちづくり支援専門家などを務めながら、東京23区を中心とするマーケットデータの収集・加工・分析を手がける。


金丸弘美(かなまる・ひろみ)◆食総合プロデューサー

1952年、佐賀県唐津市生まれ。地域に根付いた食文化を再発見し、全国の地域活動のコーディネート、アドバイスなどを行ない、実践の場から発信。総務省地域力創造アドバイザーや内閣官房地域活性化応援隊地域活性化伝道師を務めるほか、様々な自治体のアドバイザーとして、また各行政機関と連携した食からの地域づくり、特産品のプロモーションなどを行なう。

著書に、『里山産業論―「食の戦略」が六次産業を超える』(2015年、角川新書)、『田舎力―ヒト・夢・カネが集まる5つの法則(新装版)』(2014年、NHK新書)

など多数。