Hatena::ブログ(Diary)

スローライフ旅日記

2017-03-19

上野千鶴子さんの新刊 『時局発言 読書の現場からこの一冊で見えてくる』(WAVE出版)

03:23

上野千鶴子さんの新刊で私の本を取り上げていただきました。

『時局発言 読書の現場からこの一冊で見えてくる』(WAVE出版

http://www.wave-publishers.co.jp/np/isbn/9784866210445/

138ページに2冊の本が登場しています。

『田舎力〜ヒト・夢・カネが集まる5つの法則』(NHK出版生活人新書

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?&no=158&a=1

『美味しい田舎のつくり方:地域の味が、人をつなぎ、小さな経済を耕す』(学芸出版)

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?&no=196&a=1

2017-03-18

高知県「大野見エコロジー米」を連載で紹介です!

11:15

WANサイト新連載「金丸弘美のニッポンはおいしい!その2」. 

「300mの山間地に多くの学生たちがやってくる」

https://wan.or.jp/article/show/7128

高知県中土佐町で米とどぶろくを作る清水千佳さんと仲間

「大野見エコロジー米」の高知県立大学との素敵な取組を紹介。

WANとは社会学者・上野千鶴子先生が理事長をされている

ウィメンズアクションネットワーク WAN(Women's Action Network)

https://wan.or.jp/ueno

地方で活躍をする女性を毎回紹介をしていきます。

第一回は、愛媛県今治市の直売所「さいさいきて屋」

で店長を勤める菅真紀さんです。

農家と連携し、完熟の果実を使ったタルトを創っています。

https://wan.or.jp/article/show/7065

2017-02-26

上野千鶴子先生が和歌山県田辺市に移住した長男・知弘のお店wo紹介

22:13

上野千鶴子先生が、和歌山県田辺市に移住した長男・知弘のお店の紹介を

してくださいました。とても嬉しいです。

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

conserva和歌山もアップしましたよ。(上野千鶴子

https://wan.or.jp/article/show/7089

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アップされたサイトはWAN。社会学者・上野千鶴子先生が理事長をされている

ウィメンズアクションネットワーク WAN(Women's Action Network)

https://wan.or.jp/ueno

上野千鶴子:東京大学名誉教授、文学博士)

2017-02-20

「農泊」を推進するための交付金

16:50

農林水産省では平成29年度予算で「農泊」を推進するための交付金が新たに創設

されました。

http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/170203.html

●農村観光、つまりグリーンツーリズムの推進です。

モデルとしてはイタリアのアグリツーリズモに近いでしょう。

農山漁村振興交付金の公募が始まりましたのでお知らせします。

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/170217_1.html 

●農村での宿泊、滞在、景観郷土料理、体験などを連携をして、観光事業とし

て、農村に長期滞在を迎え入れるものです。

フランスイギリスドイツイタリアなどでは、主流となっています。

今後の展開が楽しみです。

●「農林水産省 農村振興局 農村政策部 都市農村交流課」が担当となっています。

公開での、現地研修会も実施されます。

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/yotei/yoteidetail.php?&no=735&a=1 )

総務省地域力創造アドバイザー・内閣官房地域活性化伝道師

金丸弘美(食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー

ホームページhttp://www.banraisya.co.jp/kanamaru/home/index.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017-02-17

平成28年度 地産地消コーディネーター育成研修会が開催

14:23

平成28年度 地産地消コーディネーター育成研修会が開催されます。

コーディネーターを担当させていただきます。

〜地場産活用を広げる、地産地消コーディネーターの役割〜

http://www.kouryu.or.jp/events_seminar/chisan_ikusei2016_tokyo.html

開催日時:

 平成29年3月13日(月)10:30〜16:30

開催場所:

 エッサム神田ホール1号館 5階「イベントホール2」

プログラム(予定・敬称略)

10:00 受 付・開 場

10:30 開 会・挨 拶

10:40 情報提供 「施設給食における地場産食材活用について」

      ・蠢躪腑奸璽疋機璽咼后代表取締役  長 嶋 信 司

      活動紹介 「彦根市立病院における地場産食材活用の進め方」

      ・彦根市立病院 栄養科(滋賀県)     

12:00 昼食・休憩  ※各自で昼食

13:00 話題提供「地場産活用を広げる、地産地消コーディネーター」

      ・まちむら交流きこう 地域活性化チーム

      活動紹介

      ・JA東京むさし小平支店(東京都

       「東京で市内産30%学校給食実現に向けたJAの役割」

      ・香南市地産地消推進協議会(高知県

       「生産者・直販所等の連携で進める地産地消の食材供給」

      ・塩尻市農業公社長野県

       「学校給食から量販店まで。地場産物の流通拡大をコーディネート」

15:20 全体意見交換

      「給食現場での地場産活用を広げる方策について」

      〜地産地消コーディネーターの役割と今後の向けた課題〜

      ・コーディネーター  食ジャーナリスト 金丸弘美

16:30 終了

17:00〜18:30 情報交換会(立食形式による情報交換会 会費2千円)

お問い合わせ先

(一財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)

地域活性化チームhttp://www.kouryu.or.jp/

〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5階

TEL03-4335-1984 FAX03-5256-5211