Hatena::ブログ(Diary)

スローライフ旅日記

2018-10-05

「地域の食をブランドにする! 食のテキストを作ろう」

10:01

各地で行ってきた活動が本になりました。 

「地域の食をブランドにする! 食のテキストを作ろう」

岩波ブックレット岩波書店)10月6日発売

 金丸弘美著 本体620円(税込み670円)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4002709884/kanamaru2007-22/ref=nosim/

・食のブランディングと食育にはテキストをつくる

 農産物を売り出したい、ブランドにしたい、食育をすすめたい、

などの要望があったときに勧めているのが食のテキスト化です。

これまで大分県竹田市サフラン」「カボス」、秋田県能代市「ねぎ」

岐阜県高山市「宿儺かぼちゃ」、兵庫県豊岡市コウノトリ育む米」

高知県中土佐町「大野見エコロジーファーマーズ(米)」

茨城県常陸太田市常陸秋そば」、山口県長門市長門ゆずきち」ほか

各地で取り組んでいただきました。

テキストとは、農産物、海産物などの履歴を作ることです。

環境、品種、歴史、文化、栽培法、栽培の履歴、量、栄養価、出荷法、

食べ方まで調べ特徴を明確にするもの。具体的に相手に伝えられます。

 テキストを作成をした後は、参加型のワークショップを開催します。

 地域にある果実、畜産物、野菜などを組み合わせ、地域の人が参加し、

料理家を中心に20、30品目を作り、関係者で試食をし味も理解

したうえでレシピ化。テキストを組み合わせプロモーションをします。

地域の人がノウハウを連携すれば、四季折々にさまざまな食を提供でき

ひいては観光にもつながります。

ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

総務省地域力創造アドバイザー・内閣官房地域活性化伝道師

金丸弘美(食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー

ホームページhttp://www.banraisya.co.jp/kanamaru/home/index.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■2018年9月25日発売

「食にまつわる55の不都合な真実 」(ディスカヴァー携書)

金丸弘美著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン出版)定価:1,080円

http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?no=208&a=1


地方創生」を支援する「地方創生カレッジ」が配信中!

「地域資源を生かす幸せな田舎の作り方〜小さな経済の地域力・田舎力〜」

https://chihousousei-college.jp/e-learning/basic/industrialization/127.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yurachi/20181005/1538701280