Hatena::ブログ(Diary)

yuri_donovicの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2018-02-20

北陸先端科学技術大学院大学では2017年10月から入構45分前から全面禁煙。

| 11:36 | 北陸先端科学技術大学院大学では2017年10月から入構45分前から全面禁煙。を含むブックマーク 北陸先端科学技術大学院大学では2017年10月から入構45分前から全面禁煙。のブックマークコメント

全面的な流れになってほしい。断固支持。しかし推進派はよく頑張った。組織内で禁煙を進めるのはものすごく大変なので、関係者の地道な努力が長年続けられたのではないかと推察する次第。喫煙者喫煙者に同情的な人たちの納得を取り付けるのがものすごくしんどいんだよね……。嫌煙家ですら、人脈やコネで構内喫煙を擁護したりするしね……。

もちろん45分という数字を監視することはできないし、実質的な懲罰は困難だろうけど、この種の取り組みとして理念法を掲げるのは大事なことだし妥当なことでもある。

「喫煙後45分間」も大学構内に立入禁止 北陸先端大が全面禁煙に踏み切った理由 - エキサイトニュース2017年11月2日 12時20分)

北陸先端科学技術大学院大学JAIST)が、10月1日より構内全面禁煙を実施した。全面禁煙に踏み切ったことに加えて「喫煙後45分間」の構内立ち入りも禁止。先進的な受動喫煙防止の取り組みにネットでは驚きの声が上がっている。どのような経緯があったのか、JAISTに話を聞いた。

話し合いを重ね、“構内全面禁煙”へ

JAISTの担当者によると、「これまで何度か大学のなかで受動喫煙防止の取り組みを考える話し合いがあった。従来の健康増進法受動喫煙防止の規定はあったが、さらに2015年6月に改正された労働安全衛生法でも、職場の受動喫煙防止が努力義務として加わったことで、本格的に取り組むことになった」とのこと。また、東京オリンピックに向けた受動喫煙防止の動きもあり、改めて大学内で話し合いが行われ、全面禁煙に至ったという。

喫煙後45分間は立ち入り禁止

今回の全面禁煙により、構内に10数ヵ所あった喫煙所はすべて閉鎖。さらに構外で喫煙した場合でも45分間は立ち入りを禁止している。

「今年の3月に専門家を呼んで講演会をした際に、『喫煙後、45分間は肺から有害物質を吐出している』との説明があった。そのため、受動喫煙防止措置として、喫煙後45分間は本学の敷地内及びJAIST Shuttle(シャトルバス)車内への立ち入りを禁止している」と担当者。実際に、IQOS(アイコス)などの有害性物質が減っているとされる加熱式たばこも規制の対象としている。

JAISTだけでなく、東京オリンピックに向けて喫煙に対する規制が強化される流れは今後ますます大きくなりそうだ。

(日野綾)

これは本当に仕方ないと思うんだけど、喫煙者って、煙草の臭いや煙には鈍感だし抵抗がないから、自分が「臭っている」ことや、部屋がたばこ臭いことに気づかなかったり違和感がなかったりする。だから、周囲の人がニコニコしながら黙って我慢していることにも気づかない。ご本人は、真面目に気を遣って、外で吸ってくるわけなんだけど、業務の合間に急いで吸って、急いで戻ってきたその足で打ち合わせに入ってこられたりすると、煙と悪臭がものすごいんだよね。特に、その人がしゃべったりすると、ゴジラ放射能を吐いているシーンを思い出すぐらい。だから、喫煙後45分間は入構禁止という規制が求められるのは、本当にしみじみとよく分かる。どう考えても受動喫煙しているからなあ。

2018-02-18

OneNote PCで作ったノートをスマートフォンで開く

| 19:44 | OneNote PCで作ったノートをスマートフォンで開くを含むブックマーク OneNote PCで作ったノートをスマートフォンで開くのブックマークコメント

ファイルの共有を行うと読めるようになるみたい。

ノートは、OneDriveかSharePointの上に作成しなければならないみたい。

OneNoteのバージョンは2013。

PCのOneDriveにノートのファイルを保存する→ネット上のOneDriveに自動保存される。

ネット上のOneDriveにあるファイルをスマートフォンから参照して開こうとする→「このセクションを開けませんでした」というメッセージが出る。

困った……。

とりあえず有効だった方法→「OneNote Mobile for Android でディフォルト以外のノートブックと同期できない - マイクロソフト コミュニティ

手順

PCのOneNoteで、

1.「ファイル」(→「情報」→「Webまたはネットワーク上で共有」)→「共有」→OneDrive上で、適当な名前を付ける→「ノートブックの移動」をクリック

2.「移動」が成功すると、「ノートブックは新しい場所と同期されるようになりました。」というダイアログが出る。OKすると、「ユーザーを招待」という画面になる。

3.「共有相手」に自分が出ていたら、たぶん、同期できる。

たぶん、基本的に、ノートブックをOneDrive上に作るのがいいんだろうと思います。OneDriveのフォルダにOneNote専用のフォルダを作って、そこに保存するようにした方が分かりやすいかな。

2018-02-15

乗用車への依存が「地方」を疲弊させているという藤井聡氏の意見

| 19:32 | 乗用車への依存が「地方」を疲弊させているという藤井聡氏の意見を含むブックマーク 乗用車への依存が「地方」を疲弊させているという藤井聡氏の意見のブックマークコメント

「クルマ、地方疲弊の重大原因の一つ」藤井聡・京大教授:朝日新聞デジタル

2018年2月15日02時14分

京都大学教授 藤井聡さん

 クルマは日本の地方を疲弊させている重大な原因の一つです。地方ではクルマがなければ何もできない。それが常識になっていますが、クルマへの過度の依存を止めなければ、地方創生はありえないでしょう。

 全国の地方都市が悩んでいるのが中心市街地の空洞化です。かつては規制されていた大型ショッピングセンター(SC)が郊外につくられ、人々はクルマで出かけていく。中心部は衰退してシャッター商店街と化し、鉄道やバスなどの公共交通機関に大きな打撃を与えました。クルマは、ある水準まで拡大すると他の交通手段を駆逐し、多様性を失わせる傾向があります。

ログイン前の続き 都市は駅や港、城などの点を中心として、施設や人が集積する効果で競争力を保っています。中心にはにぎわいがあり、人々が交流する公共空間がある。それは人間が人間であるために、必ず求められるものです。しかし、郊外はべたっと広がる面ですから、中心にはなりえない。地方都市の郊外化は競争力を失わせ、東京など大都市への人口移動を促します。

 また、私の研究室の調査によれば、全国チェーンの大型SCで生鮮食料品を買うと、出費の8〜9割が地域の外へ流れていきます。日本中、世界中から商品を集めているからです。一方、地元商店街はその地域から仕入れ比率が高く、5〜6割は地域に還元される。言い換えれば、全国チェーンの大型SCはお金を吸い上げ、地方経済を疲弊させていくシステムです。

 郊外化に対抗して、中心市街地には駐車場が整備されました。しかし、私の調査では、人々が商店街でクルマとすれ違うと楽しい気分が損なわれてしまう。むしろクルマを締め出すことで人は戻ってきます。歩行者天国のにぎわいを思い出してください。京都市では3年前、中心部の四条通りの車線を減らし、歩道を広げて歩きやすくしたら歩行者数が1〜2割増えました。

 富山市では中心部の道路をイベント広場に変え、路面電車一種であるLRTを整備して真ん前に駅をつくりました。北陸新幹線の開業もあり、年間約35万人が新たにLRTを使って中心部などを訪れたと推計されています。沿線の地価も上がりました。

 言うまでもなく、クルマ産業は日本経済にとって最後の頼みの綱です。また、高速道路はトラック輸送のために必要です。ただ、それは物流を支えるものであり、「人流」までクルマが担うべきとは限りません。クルマの利用をかしこく制御する「交通まちづくり」こそが、地方をよみがえらせることができると考えています。(聞き手 編集委員・村山正司)

     ◇

 1968年生まれ。都市社会工学専攻。内閣官房参与防災・減災ニューディール担当)。著書に「クルマを捨ててこそ地方は甦(よみがえ)る」「列島強靱(きょうじん)化論」など。

都心部から車を排除しようという発想は以前からあり、実例もある。交通論は勉強すべき領域だと思っているんだけど……。地域の選別という懸念、効果・成否の条件、車締め出しを実現するプロセスのあたりに興味がある。人口希薄地に望ましい交通体系との違いとかも。

京都市中心部のような人口稠密かつ観光客増加中の地区と、人口減少と郊外化が長期にわたり進行している薩摩川内市の中心商店街のような地区とでは、効果がかなり異なるのではという気もする。

次は気になる点。

「全国チェーンの大型SCで生鮮食料品を買うと、出費の8〜9割が地域の外へ流れていきます。日本中、世界中から商品を集めているからです。一方、地元商店街はその地域から仕入れ比率が高く、5〜6割は地域に還元される。」

どうやって調査したのかな。どこかに論文出てないかな……。

ところで、例えば大型小売店を日本から全て消したとして、商店街の地元調達率は不変だろうか。グローバル調達の機能をまかなう中間流通が発達しそうな気もする。あと、商店街でも食料品販売はスーパーが入っていることが多いと思うが、そのスーパーの調達も差があるんだろうか。

個人商店の調達力が低いのを前提とすれば、確かに地産地消の傾向は強まるだろうが、それは調達費用が高くなる(非効率化する)ことでもあるから、生鮮食品の小売価格は上昇し、消費者余剰は減少するだろう。それは地域間分業の利益を失うことでも強化される。また、商品選択の多様性の利益も減少するだろう。他方、地域ごとの食の多様性(郷土色)は強まり、地域の食料品関連産業の比率が高まり、域内消費に伴う経済循環は深まるので、そちらの波及効果は高まるだろう。ただし、北海道九州など食料移出地域は多少打撃を被るかもしれない。

2018-01-31

コピペ論文・レポートを戒める研究倫理講習用の教材として

| 23:56 | コピペ論文・レポートを戒める研究倫理講習用の教材としてを含むブックマーク コピペ論文・レポートを戒める研究倫理講習用の教材としてのブックマークコメント

岡山県議:海外視察報告書使い回し 同じ変換ミスもコピペ - 毎日新聞

2018年1月31日 06時30分(最終更新 1月31日 10時52分)

 岡山県議13人が昨年度に公費で実施した海外視察で、ほとんどの報告書に同じ文章が使われていることが毎日新聞取材で分かった。共通部分には、インターネット百科事典などと同一の記述があったほか、大半の議員が同じ変換ミスをしているケースも見られた。ネットからのコピー・アンド・ペースト(コピペ)や議員間で使い回しをしていた可能性がある。

 岡山県議会の定数は55で、この海外視察には▽自民11人▽民主・県民1人▽無所属1人が参加。2016年11月、米国のワシントンDCやニューヨーク市、ボストン市などを10日間の日程で訪問し、視察報告書をそれぞれ県議会事務局に提出した。視察には公費が充てられ、計約1446万円が支出された。

 報告書は公開されておらず、毎日新聞情報公開請求で全約1600ページを入手した。内容は▽州や市の概要▽観光施設の紹介▽大使館公使らの講義メモ▽議員の感想−−などだった。

 13人のうち11人は「感想」以外の半分以上が同じ文章で、全体的に独自の表現を用いていたのは1人だけだった。また、10人は「コレクション」とすべきところを「これ区書」と記し、11人は「作られたもので」とすべきところを「作られ珠緒ので」と書くなど、同じミスをしていた。

 さらに、州や市の概要、観光施設の紹介についてはネット百科事典ウィキペディア」や旅行代理店のサイトなどと同一の表現が複数見られた。

 例えば、9人はボストン市に関する約800文字の説明が全く同じで、ウィキペディアにもほぼ同じ文章が載っていた。この9人の報告書には「アメリカ最初の地下鉄網]などが生まれた」と文中に不要な記号があるが、ウィキペディアの該当部分を確認すると、「地下鉄網[12]」と注釈が付いていた。サイトからコピペした際、注釈を消し忘れた可能性がある。一方、いずれの報告書にも引用元を示す記載はなかった。

 毎日新聞取材に対し、複数の議員が他の議員からもらった原稿を報告書に使ったり、ネットの文章を参考にしたりしたことを認めた。理由について「時間の節約になる」と答えた議員もいた。

 また、13人は取材への回答として連名の文書を出し、「報告書をまとめる際は、公表された事実を織り交ぜて作成するのが通例で、引用は許される。報告書作成について明文的ルールはなく、ルール違反の問題が生ずることはない」との見解を示した。【竹田迅岐】

「丸写し」各地で問題に

 議員の視察報告書を巡っては、インターネットからの丸写しなどが各地で問題となっており、報告書の修正や謝罪に追い込まれるケースが相次いでいる。

 福岡市議会では2012年、英国スペインを視察した4議員が、書籍やネットから文章を写して報告書を作成。発覚後、議員らは出典元に謝罪するとともに、出典を記した修正版の報告書を再提出した。北海道議会でも09年、韓国視察をした6議員が報告書の大半をネット上や資料からの書き写しで済ませ、問題化した。

 海外視察が観光目的だったとして、費用に充てられた政務調査費(現政務活動費)の返還を命じる判決も出ている。東京高裁は17年4月、山梨県議11人が13年にフランスを訪問した際の視察報告書について「具体性に乏しく、視察の必要性や合理性は認められない」と判断。視察に充てられた政調費のうち約550万円を県議に返還させるよう県に命じた。

観光旅行化の表れ

 新海聡・全国市民オンブズマン連絡会議事務局長の話 議員視察は、調査の必要性があるからこそ行くものだ。報告書の内容の多くがインターネットの文章とほぼ同じなのであれば、視察が観光旅行化していることの表れで、視察に行く必要はなかったのではないか。また、ネットに出ている文章が「公表された事実」だとして、著作権がないということはあり得ない。引用元を記さなければ、原則著作権法違反になり、刑事罰損害賠償の対象になる可能性もある。

掲載図1:「「コレクション」と書くべきところを「これ区書」と同じ誤記をしている複数の議員の視察報告書=岡山市北区で2018年1月18日(該当箇所を強調しています)」(魚拓

掲載図2:「同じ場所に「地下鉄網]」と不自然な記号が記された複数の議員の視察報告書=岡山市北区で2018年1月18日午前11時2分、竹田迅岐撮影」(魚拓

掲載図3:「ボストン市の概要を説明する視察報告書。その内容は、ウィキペディアの記述にそっくりだ=岡山市北区で2018年1月29日午後8時9分、竹田迅岐撮影」(魚拓

掲載図4:「「作られたもので」と書くべきところを、「作られ珠緒ので」と同じ誤字を記している複数の視察報告書のコピー=岡山市北区柳町1で2018年1月30日午後6時21分、竹田迅岐撮影」(魚拓

2018-01-25

教務関係は油断大敵という話。

| 10:44 | 教務関係は油断大敵という話。を含むブックマーク 教務関係は油断大敵という話。のブックマークコメント

他人事じゃない……。

立命館大の卒業生3人、大学のミスで教員免許取り消しに:朝日新聞デジタル2018年1月24日21時49分)

 立命館大は24日、産業社会学部の教職課程の履修科目編成で大学側のミスがあり、卒業生3人の高校教員免許地理歴史)が取り消されたと発表した。うち2人は現職教諭だが、中学校で教えているため授業に影響はないという。

 大学は2012年度に科目「戦争の歴史と現在」を教職課程から外したが、学生に配った履修要項を修正していなかった。そのため学生21人がこの科目を教職課程の科目として履修して卒業し、教員免許を取得した。

 17年12月に学内の免許状判定システムを点検した際、ミスが判明。計算し直したところ、履修して免許を取得した21人のうち3人が単位不足となり、教員免許が取り消された。

 立命館大は3人に謝罪。今年度中にそれぞれの居住地の近くで特別に講義をして単位を授与し、免許の再取得を目指すという。

「戦争の歴史と現在」が教職課程から外れたのは安西育郎氏がいなくなったのと関係があるのかな、と思ったけど、氏の退職は2006年3月のことだったらしいから、ちょっと違うようだ。