Hatena::ブログ(Diary)

ユルス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-09-06

[]2015年政治的意思を表明するということ

大阪都構想選挙の時、「おじちゃんおばちゃんまで『あなたはどっち派だ』ってなった」って話を聞いて、怖いと思っちゃったんですよね。具体的には、できれば職場政治的話題を持ち込みたくないと思った。「おまえどっちなんだよ」って言われたくない。「どっちでもいいですよ」「わかんないです、考えたことないです」とか阿呆な答えの方がよっぽど楽で賢いじゃないか、と思ってしまうぐらいに。

安保法案の話、ニュースで見ているとなんだか不安だ。でも俺自身、賛成反対どっちと言えるほどの確信がありません。強制採決はダメだ、議論が足りない状態で進めてはならないとだけは思うけど、もしかしたら本当は急がねばならない理由があるのかもしれない。今更自衛隊解体すべきと主張するのは無茶だと思うし、集団的自衛権行使を容認することで即戦争だと大騒ぎする人は極端だと思うけれども、戦争放棄って言い切ってる憲法を持つ国・日本を誇らしいと思う気持ちもある。政府がどんな法律を押し通そうと、いつの日か憲法改正されようと、日本人昭和時代のような戦争に参加しないだろう、少なくとも俺は参加しない、という気持ち(自信)はあるけれども、だからといって今の安保法案イエスともノーとも言えねぇなぁ俺の場合は、君はどうだ? というのが今の俺の状態です。

ただ、なんとなく、デモに参加して国会のまわりを取り巻いて、「何万人でした」っていう結果の一部として参加することが、今の俺のやるべきことだとはちっとも思えない。参加してる人たちの気持ちもわかる気がするけど、参加した途端に、別で参加しているちっとも同意できないタイプの人たちと同じ扱いになっちゃう気がして、同じように考えている人ですってレッテル貼られちゃうのってつまらないことだと思わないかい、って思ってしまって、総じて「デモは違うなー」というのが俺の意見です。中途半端なハンストなんてもってのほか

デモ以外になんかやるべきこと、ないのかな、と。こんなブログインターネットの端っこに戯れ言書く以外に何かやることないんですかね。

政治家っていうのは選挙でとっかえられるわけだし、所詮は党意に縛られる存在なわけで、国民意思を反映させやすいと思うんですよ。それに比べて官僚経団連は、なかなかその強大な力に待ったをかけられない。例えば原発再稼働は、経団連圧力が強いなんて噂聞くじゃないですか。

不買運動やって、経団連に参加してる企業製品は一切買わないってことを、みんなでやりだしたら日本を変えること、できますかね? 日本の景気が悪くなるほど不買運動するってこたないけど、1割ぐらい売上減らして、代わりに経団連に加入してない企業商品を買うって運動をしたら、結構強めのお灸になるんじゃないかな、って。

実際には経団連の参加企業って無茶苦茶多いから、これらの商品買えないなんて絶対無理だしそんなの不毛なことって思うけど、それだけ強大な枠組みであることの証明なんですよね。

例えば、AmazonみたいなECサイトを作って、そこでは経団連に属していない企業商品しか買えないようにするっての、どうですかね。今の日本のやり方に気に入らないって思ったら、そのサイトで日々の消耗品を買うんですよ。どっか、物流会社を巻き込んだら、できなくもないような気がしませんか。そんなこと考えたら、どっかのベンチャー企業が、経団連に一度入ってすぐ抜けた、なんて話も思い出しました。

三十年前の俺達は、テレビ新聞雑誌だけが「噂話じゃない情報」の全てだったじゃないですか。だけどインターネットの登場で「多くの人が口々に言う噂話の方が正しいんじゃないか」っていう判断基準が増えた。噂話が定量化できるようになってきたのかもしれません。でも「じゃあ行動を起こそう」って思っても、実際にはやっぱり三十年前と同じことしかできないんだな、っていう無力感はありますね。

だって、職場のメンツに、政治の話とかしたくないんですよ。自分に強い意見があったとしても、周囲を巻き込む為に熱弁をふるって、そんで仕事がしづらくなるのがいやなんです。自分の意見を、自分に都合よく表明する方法はないかな、なんて考えたのでした。

2015-05-28

[]テレビ番組雑誌テレビ番組表がいらなくなった時代テレビ番組雑誌を創るなら

月刊テレビ誌「B.L.T.(ビー・エル・ティー)」がリニューアル! “番組表のない新型テレビ誌 ”が誕生

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000006568.html

このニュース見出しを読んで「えっ」と驚き、すぐさま「おお、そうか」と思い、その後「そりゃそうか」と思いました。そういわれると俺も、人生で最も買ってるテレビ番組雑誌B.L.T.だけど、番組表は全然見てなかったなぁ、テレビ番組を軸にした記事を読んでるだけだったなぁ、って思い直して。

番組表なんてなくても、最低でも一週間分はテレビレコーダーも表示してくれますしね。新聞を広げてその紙面の広さという一覧性には価値があるかもしれないけど、雑誌のサイズだったら別に、って感じかもしれない。しかも、そもそも1か月先のテレビ番組のことを書かれても……って気持ちもあるし、そもそも1か月先の番組表、未定ばっかりで変更の可能性も高いしね。読んでもあまり意味がない気がするし、間違った情報が載ってたとしても目くじら立てる気にならない。この、「間違ってても目くじら立てる気にならない」って感覚は大きいような気がする。

そうなった時に、自分が何か広告を出稿するとして、その時の意識も少し違ってきたなぁ、と思い当る。写真いっぱいの特集記事だったら雑誌にって思うかもしれないけど、普通の紹介だったらネットに出稿した方が瞬間的な口コミが望める。しかも、雑誌入稿タイミングじゃ、まだ決まってない情報が多過ぎるんだよね。確実に言えることが日程と場所ぐらいしかなかったりして、じゃあ詳しくはネットでいいや、なんてことにもなっちゃう。……ちょっとテレビ番組表から話が離れちゃったけど。

だとしたらさ、今、必要とされてるテレビ番組雑誌って、1か月前の番組表を載せてる雑誌なんじゃないの? どんな番組でしたよ、誰かに伝えたくなるライフハック情報はこれでしたよ、視聴率はこんな感じで理由は多分コレですよ、この番組出演者のこんな言動が話題になりましたね、だからこの一週間後のこの番組にこんな影響がありましたね……みたいな確認作業を集約させる雑誌毎日毎日ネット上でダダ漏れして消えていくテレビ番組に対する反応を、編集長編集者意思をもって編集して記録する雑誌。1か月前の事実を後追いするだけじゃなく、それが結果的にこんな着地になったんです、って答えとして見せてくれる雑誌

以上、そんなんあったら面白そうだけど、俺は雑誌編集とかまったく縁遠い世界人間なのでテキトー書いちゃいました。本職の皆さんすみません。

2014-12-06

[]選挙なんか行かない、って公言してる人へ贈る言葉

自分選挙なんて行ったって意味ない。だから行かない」って人、けっこういるよね。俺の想像する範囲ではぜんぜん意味なくないよ、と思うのでそれを言っておきたい。

選挙に行かないって言ってる理由もいろいろあると思うけどさ。

(1)だって自分投票したって何も変わらないから

そもそも自分ひとりの行動で、世界が変わることなんてない。あなたが一人で変えられる世界存在しない。影響もない。選挙にいって1票入れても世界は変わらない。断言できる。でも……よく考えたらそんなもの、どこにもないよね? 世界に影響を与えるようなこと、もともとできないよね、俺ら。だから「自分の影響させられる範囲が小さいから、モチベーションが上がらない」ってのは、今更言うまでもなくみんなに平等じゃん?(一票の格差問題を除く)。今更そこに文句を言っても仕方がないんだよ。別の方法提案できないでしょ? むしろ選挙有効な国ってことを喜んだ方がいい。

ここで「一人が変わればみんなも変わる!」みたいな夢のある言葉を書いてもいいんだけど、あなたそういうのに感動して「なるほど、俺も変わろう!」とか言うタイプじゃないじゃない? でも「そもそもがそういうものじゃない」って言われたら、「ま、そうだけどね」ってわかってくれるかな、と思って。

(2)自分の限られたリソース選挙なんかに割きたくない

これは(1)に近い理由かもしれない。「そんなことより、目の前の○○について本気になりたい」という気持ちはわかる。誰にでも優先順位はあるから、他人がどうこう言えるものじゃない。でも、優先順位を下げてもいいけど、無にする(投票しない)ことはないと思うんだよね。期日前投票を含めてタイミングを作る方法もあるしさ。そんなに手間じゃないんだよ、この後に書くけど。

(3)入れたい候補者がいない

それは俺自身もまさに今、直面している問題ではある。実際のところ、情報を受ければ受けるほど、あっちもダメ、こっちもダメという気持ちになってくる。だからさ、俺に関して言えば、その候補者がどんなこと言ってるか、どんな人か、信頼できそうか、って考えるのやめました。時間の無駄だもん。政党だけで評価することにしてします。だって、その人がどんなに素晴らしい言動をしていても、現状の政治だと、党議党略の多数決でしか進まないんだろうな、と思って。だから「まあ現状の日本で悪くない」と思ってる人は与党投票すればいいし、「変わって欲しい」と思ってる人は野党に入れる、それでいいと思うんだよね。そもそもそんな単純じゃないものに対して単純な方法でしか参加できないんだから。

あと「どうせ入れるなら死に票に入れたくない」みたいなことを言う人もいるけど、まあ、「勝ち馬投票してやっぱり勝った」ってところに盛り上がりたいなら、それは競馬とか競輪とかでやったらどうかなって思うんだよね……。その場で見返りもあるし。「どうせなら勝ち馬に」っていうのは、選挙の考え方とちょっとあわない気がしてます。

(4)選挙の仕組み自体に疑問がある

「だから行かない」ってのも論理の飛躍があると思うけどね。選挙って、どこに投票するか、投票したか、だけに価値があるわけじゃないってことは知って欲しいんだよね。どこに入れるか決める。自分投票を決めた理由自分で確認する。選挙の結果を知る。その選挙で決まった内閣が何をやるのか追っていく。自分が一度選挙に参加すると、その前後に繋がっていくんだよね。で、不謹慎かもしれないけど(いや、はっきり不謹慎だけど)、政治ニュースって面白いんだよ。もちろん俺なんかが知ったり判断したりできる範囲は物凄く限られてるけど、テレビニュースで聞きかじった情報を、面白がって語ろうとしたら、ほかの分野と比較しても全然面白いと思うんだよね。選挙に行くと、その面白味が増すんです。……ま、実際には職場の仲間に語ったりはしないんだけど。

(5)日本がどうなろうとしったこっちゃない

選挙の話になった途端「どうせ何やってもダメでしょこんな国」みたいなこと言い出すタイプね。でも選挙話題の時以外は、あーでもないこーでもないって文句言ってみたり、やっぱり○○は素晴らしいってほめてみたり、この国への愛情と執着たっぷりの発言してたりするんだよね。ま、俺もそういう発言してるタイミングで「ほら、この国好きなんじゃん、なんで選挙行かないの!?」と詰め寄ったりはしないんだけどね。「どうなろうとしったこっちゃない」は嘘だと思うんだよ。自分は良くても、国が間違った方向に行って、親や子供恋人が酷い目に会うのはイヤなんでしょ? 自分の両手が届く範囲でしか、俺らは自分の好きな人を守れないわけで。誰かに頼らざるを得ないわけだからさ。俺ら、ずっとこの国に住んでくんだし。

 

結局、「選挙に行かない」って公言してる人ってさ、ほかにもそういう人がたくさんいるからそれを笠に着てそう言ってるだけで、実際には「よくわかんないんだもん」なだけなんだと思うのね。少なくとも、自分からニュース報道バラエティにチャンネルあわせたり新聞読んだりして、「この国が今どんなふうに動いているのか」ってことに意識的になってる人の中に、「選挙に行かない」って公言してる人はいないんだよ。総理大臣がびっくりするようなことをやってたら、「ああ次の選挙では別の党に入れよう」と思うわけで。「よくわかんないんだもん」って言うのがイヤで、馬鹿にされるのがイヤで、突っ込まれるより先に大きめの声で「選挙なんて行かない!」って言ってるだけ、って気がしちゃうんだよね。

いや、別にそれならそれでもいいんだけどさ。「この人、頭がよくて好きなのに、なんでこんなこと言うんだろ」ってつい、思っちゃってさ。余計なお世話だけどさ。

今度の選挙、だまされたと思って行ってみてくれないかな。どこに投票してもいいけど、「今の日本、最高!」って思えてないなら、今の与党と、前回の与党以外の党に投票してほしい。あるいは、例えば争点を原発に絞って、このポリタスってサイト記事http://politas.jp/articles/218を読んで、原子力発電に関する考え方で自分に一番近い党に入れるんでもいい。とにかく投票に行ってほしいんだ。

なんでかっていうと……こんなブログ読んでるあなたは、たぶん30代〜40代だと思うんだけどもね。年寄り以外が選挙に行くだけでがらっと結果が変わるって言われてるんだよね。俺さ、ぶっちゃけ次の選挙って、若い人がこぞってでかけて与党以外に投票したら、自民党とわけのわからない政党との連立政権になるようなことがあると思うんだよね。今と全然違う状況になる。そうなったらしめたもんなんだよ。いろんなことの議論が深まって、数人の年寄り密室でどんどん決めちゃってたようなことが、いろいろ説明を要求されるようになってくるんだよ。それっていいことだよね?

「次回の選挙は争点がないから自民党大勝で決定」ってよく聞く話なんだけど、俺はひっくり返るチャンスもあると思うんだよ。これを読んでるあなたは絶対バカじゃない。バカはこんな長文読めないからね。バカじゃないなら、選挙に行こうよ。そんでその前後を見守ろうよ。「俺関係ねーし」とか言って済まされる年齢でもないしさ。子供真正面から選挙に行かないのか尋ねられた時に、そわそわすんのもイヤじゃない?

2014-09-15

[]スマホの連絡先 写真コンプリートゲーム

スマホブラウザゲームイラストが描かれたレアカード画像を集めるよりも、ずっと面白い遊びを見つけたので情報共有します。

スマホの連絡先 写真コンプリートゲーム」です。

androidスマホの場合、端末の電話帳は「連絡先」みたいなプリインアプリ管理されてますよね。そのひとつひとつの連絡先すべてに、写真を設定していくという遊びです。

いつもやりとりしている友人の連絡先にサクサク写真指定していくのはまあ簡単です。つい15年前、我々はレンズ付きフィルム写真を「たまーに」撮るのが普通だったのに、携帯電話カメラがついてから、一気に友人の写真が増えました。つるんでる友人、職場の仲間の写真は簡単に埋まります。

仲間ってほどでもないけど同じ会社の人、あるいは取引先の人。自分スマホ写真は保存されていないものの、なんやかんやで、パソコンの中には入ってたりします。androidスマホの「連絡先」はGmailの「連絡先」と簡単にリアルタイム同期させることができ、それが最も便利に使う方法です。パソコンの中の写真ドラッグアンドドロップするだけで簡単に指定できます。

いつもいつも会ってるわけじゃないけど心は通じてる友人、あるいは親戚。会社パソコンには写真はありませんが、自宅のパソコンハードディスクをひっくり返せば1枚ぐらいは出てくるものです。

それでも出てこなければfacebookです。自分が「友だち」申請してない相手でも、カバー写真の1枚ぐらいはすぐ見つかります。飲み会写真を気安くアップロードする「友だち」がいれば、いとも簡単に芋づる式に見つかります。

ネットで出会った友人はGoogle検索して拾ってきたりします。あるいは更新頻度がゼロに近くなったmixiログインして、「あん時のmixi日記にいい写真があっただろ……」なんて記憶を頼りに過去ログを掘ったりします。

この人の顔写真を手に入れるにはどうすればいいのか。気付けばものすごい集中力でその方法を模索しています。気分は完全にデジタルストーカー! GREEモバゲーゲームガチャ課金するよりぜんぜん楽しい画像集めです。

画像を集めたらアルバムのよう見返して楽しみたいですよね。俺が知っている、最も画像を楽しめる電話アプリが「連絡先/電話帳+(Contacts Plus)」です。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.contapps.android&hl=ja

アドレス帳スマホアプリは他にもいろいろあるんですが、俺の知ってる限り、個人の写真を最も大きく表示してくれるのがこのアプリです。一覧の時もグリッドビューの写真サイズをBig指定することで、1行に二人ずつ写真が並ぶので、ずらっと並んだ写真の中から「誰の写真をまだ持ってないか」を確認していくことができます。

「連絡先/電話帳+(Contacts Plus)」のいいところは、スマホ内でさらに写真指定できることです。Gmailの連絡先の個人写真って、画像サイズがたったの96×96pixelで、せっかくスマホに大きく表示されてもジャギジャギになっちゃうんです。パソコンGmail連絡先に大きな画像を放り込んでもダメ。ここが改善されたらもっともっと楽しいと思うんですが……。っていうかこの点がPicasaの顔認証と連動して、簡単に何枚でも写真指定できたらいいんですが……。「連絡先/電話帳+(Contacts Plus)」は画質の良い写真スマホ上で指定できるので便利です。特に女性を中心に画質のいい写真をあてていきます(オッサンの写真はどうでもいい)。

飲み会とかで誰かの話が出て、誰だっけだとかどんな奴だっけとかなった時にも効力を発します。「連絡先/電話帳+(Contacts Plus)」で検索してさっと見せてやれば話が早い。その写真が選りすぐったちょっと面白い写真だったらなおのことです。

そう、写真選びも楽しいんですよ……。格好良く撮れてるのはこちらの写真なんだけど、この写真の方が絶対面白いって写真、あるんですよね。証明写真みたいな正面向きの写真じゃなくて、その人本人のエピソードが浮かんでくるような写真。やっぱりそういう写真を選びたい。

そうやってコンプリートに近づけていって、一覧の画面でずらっと並んだ写真を見て満足する、という単純な(そして根暗な)遊びです。あなたもヒマをこじらせているなら試してみませんか? 以上おしまい。

 

……でね、ついでの話ですけどね。以下蛇足ですけれどもね。

連絡先は持ってるけど、どうにもうにも写真が見つからない相手ってのは居るわけですよ。

どうしようかな、どうやったら写真手に入るかな……と考えてみて、どう考えても無理だな、と気づいたりするじゃないですか。そういう相手の連絡先は……削除しちゃってだいたいOKって気づきました! 今更こいつの写真が手に入ることもない。そんな希薄な関係の相手を、スマホの中に残しておく必要ありません。

俺、もともとは「万が一、こいつから突然連絡があった時にわからないのはイヤだから」という理由で、疎遠な相手の連絡先も消さずに残しておいたタイプなんです。今までは。でも、連絡先一覧でずらっと写真が並んでて「ほぼコンプリートだ〜」とか悦に入ってる時に写真がない連絡先があって、それが二度と会うこともないような相手だった場合、素直な気持ちで「消しちゃお。突然かかってきたら『……どなたですか?』から始めりゃいいんだ」って気になれるんです。これ、過去との決別が苦手な俺みたいな人間にとってすごくナイスな出来事でした。

さらに、全員の写真指定していく為に自分パソコン写真フォルダを見返してるとね、あぁこの写真いいな、使おう……と思ったら俺、連絡先知らなかった! って相手、思いのほかたくさんいるんですね。LINEしか知らなかったり、twitterしか知らなかったり、何にも知らなかったり。「せっかくだし、次あった時に連絡先聞いてみよう」と思えるきっかけになったりします。

さらに言えば、電話番号もメールアドレスも空欄で、新規の連絡先カードを作っちゃうって手もあります。URL入力欄はあるわけですから、twitterだのfacebookだのを登録して、その上で写真が登録されてればそれだけで楽しくなります。

SNSURLだけわかれば十分連絡先である、と決めた途端にまた一気に楽しくなります。自分の好きなアイドル有名人の連絡先カードスマホに収めることができるからです。「連絡先/電話帳+(Contacts Plus)」の場合、その人の誕生日になると教えてくれるので、365日ふわふわ楽しい気分が味わえます。バースデーメッセージなんて誰にも送らなくったっていいんです、自分がふわふわ楽しければ。

さらに言えば、ネット越しに俺について否定的ツイートをした人がいたら、そのツイートURLを連絡先カードに登録しておくとたいへん便利です。いつかその人とチョクで対面することになったら、すぐさまそのツイートを呼び出して、場合によっちゃWebarchiveから呼び出して、その人に見せながら「あなた当時こんなこと言ってますけどこれってどういう意味ですか? 私がなぜあなたに見下され、馬鹿にされなければならないのかを今一度説明してもらえませんか?」と詰め寄ることができる。だいたい「直接会うこともないだろう」って高を括ってるからこそ吠えてくる人、多いですからね。直接会った時に「この発言だけどさ」って見せてやって、おんなじこと言えるのかを確認する。むしろ俺なんて、その日だけを楽しみにして生きてるようなもんです。生きる活力とでも言いましょうか。普段はよぼよぼの俺ですが、その瞬間のことを想像するだけで、腹の底から湧き上がるような命の力を感じることができます。相手と並んでがっしり肩を組んで、飲もうぜって引き寄せていく瞬間を思うと楽しみでしょうがないですね。

ああ、指先冷たくなるくらいに楽しみだな〜。ということで「スマホの連絡先 写真コンプリートゲーム」、オススメです。

2014-08-25

[]あなたの街のインド料理屋さんの特徴を言い当てます

あなたが活動しているのが青山とか代官山とかみたいな超のつくオシャレな街だったら当てはまらないかも。あなたがフツーの街に住んでいたり、フツーの街の職場で働いているなら、月に1〜2回ランチで利用するインド料理屋さん、こんな感じのお店なんじゃないかしら。

  • ランチセットはA〜D等の3、4段階あって、あなたは750円〜850円のセットを頼んでいます。
  • 同じセットの中でも選択の幅が広くて、あなたは「サグカレーのBセット、辛さは中辛、ナンで、飲み物はラッシー」とか注文しています。
  • ナンはおかわりし放題。テーブルに届くナンはまさに焼きたてで、あなたは手でちぎる際に「熱い! 熱い!」と笑っています。
  • テーブルには透明ビニールクロスがかかっていて、その下にメニューが挟まってたりします。
  • 店頭には黒板またはホワイトボードがあって、日本語で日替わりメニューが書かれていますが、一部のひらがながカタカナになってたりします。
  • インド出身と思わしき厨房の人が、午前中に最寄り駅のそばでチラシを配っていたりします。
  • で、その方は実はインド人でなくネパール人だったりします。

どうですか? そんな感じのインド料理屋さん、ありませんか?

想像ですけど、たぶん助け合い組合みたいなものがあると思うんですよ。インドまたはその隣国の方々の。彼らが日本で働きやすい飲食店を各地に作れるように支援しているんじゃないかと。インド料理屋を運営する際の必勝パターンを教えてくれる。

このパターンのインド料理屋さん、どこもチラシのパターンが似た感じでね。各お店用にデザインしてるのが、その組合の中のデザイナーさんなんじゃないかな、と。1〜2文字だけ日本語誤植があったりしてね。

チラシとかホワイトボード日本語間違いは、むしろわざとやってるんじゃないかとか邪推してます。「こうやってちょっと日本語間違ってた方が、twitter投稿されたりして話題が提供しやすいんだ」的なことを狙って。日本人そういうの好きですからね。

以上、共通点の多いインド料理屋をたまたまいくつか知ってたので、想像で書いてみました。ありませんか? こんな感じのお店。あなたの街にも。

結構いいですよね? 俺、好きナンです。

QLOOKアクセス解析