Hatena::ブログ(Diary)

ノリツブシ*ニッキ このページをアンテナに追加

2017-12-06 春の三連休、広島乗りつぶし3日目(3)

五日市駅へ戻り、広島方面のホームへ行くとちょうど7両という長編成の気動車が高速で通過していった。前面サボは普通となっていたが、車内は誰もおらず時刻表を見ても該当する列車は無いため回送列車か。しかしあんな長い編成の気動車特急以外では初めて見た。

“”

帰りの新幹線まで、あと3時間ほどあるので広島駅へ戻った後は、まだ一度も乗ったことのない芸備線を少し乗車してみようか。白市ゆきの4両の115系の普通に乗りこむ。

“”

沿線にはカメラを構えた人が多く、本日まで運行の臨時快速115系シティライナー目当てだろうかと思いながら広島駅に到着。広島駅へ着くと別のホームから多くのカメラを持った人がぞろぞろと歩いている。駅員は大型の看板を持っていてそれを見るとカープトレインの出発式を行っていたようで、ちょうど今撤収しているところだった。沿線にいたカメラマンはそれが目当てか。

“”

芸備線ホームは、新幹線側の8・9番線ですでに2両編成の気動車が停車中だった。「狩留家」行きとなんとも読みにくい駅までの区間運行の列車のようで土地勘が無いとどこまで行くのかわからない。

“”

この列車に乗り、途中の玖村駅まで。地図を見るとその駅から太田川の対岸を通っている可部線梅林駅へは歩いてゆけそう。短距離ながら未乗路線の乗車と再び訪れたかった可部線へ行けるため、二つの目的がかなえられそう。

2両編成後部の車両へ乗り込むとボックスシートの窓側が空いていた。広島駅を出た列車は少しだけ山陽本線と並走した後、広島貨物ターミナル手前で左へ別れる。

次の矢賀駅までは複線のようになっていて、そのもう一方の線路には架線が張ってあるが、これはこの付近にあるJR貨物車両基地のまでつながる線路のようだ。この先には新幹線車両基地もありこの辺りへの通勤路線となっているようだ。

この辺りも周囲は、住宅街が続いてるが元は山地だったのか少し長めのトンネルを抜けた先は切り通しとなっていて、やはりこの山あいにも住宅が続いている。

各駅に停るたびに降車が続き、戸板駅は無人駅ワンマン運転のため前のドアから降車。安芸矢口駅で交換を行い、交換相手もキハ47形2両編成。JR西日本ローカル線の主力気動車キハ120形はこの芸備前広島付近ではあまり使われていないようだ。(輸送力の問題か)

ほぼ同時に発車する。左手には太田川が近づいてくるが、高い土手が続くため川面を見ることは出来ないまま次の玖村駅に到着しここで降車。ここも無人駅のため前のドアから私を含めた数人が降車する。

“”

  • 後部の車両はキハ47 1101 2016.3.21 玖村

列車を見送っていたら、いつの間にかホームには私一人だけとなっていた。閑散とした駅前から太田川の土手の上の道路へ行く。ホームからは目の前にあるのだが、そこへ行くにはだいぶ遠回りとなる。

“”

“”

土手の上はクルマの交通量の多く、対岸へ向かうには、そこから堰の上にある橋まで歩いてゆかなければならない。

“”

対岸の山の中腹には、青いビニールシートがかかり、そこでは重機がいる。一昨日可部線の車窓からみた景色と同じもので、大きな災害となった集中豪雨の土砂崩れの現場はまだ復旧中のようだ。

“”

堰の上の橋を渡った先に可部線の踏切があり、ちょうど踏切が鳴り出した。とっさだったこともあって撮影は出来ず。このままクルマの通りの多い道を歩いて、この付近にある梅林駅へ向かう。その途中上下1本ずつの列車が通過してゆく。上り列車は撮れなかったが、下りは線路のすぐそばへ寄り撮影。

“”

梅林駅へは、玖村駅からだいたい30分ほどで到着した。この付近の山の方が先ほど川向から見た土砂崩れの現場となる。その時は可部線も運休していたようだが、すっかり痕跡はなくなっているように見える。ただ線路のバラストは白く新しいようだ。

“”

無人駅のため駅舎からの構内踏切を渡り島式ホームへ。時刻表を見ると広島ゆきは約15分ほど待つようだ。ここは交換が行える駅ということで、まず可部ゆきの列車が到着。一昨日、可部線で見かけることが無かった新型の227系だ。この車両が数週間後はこの路線の主力になる。

“”

乗車する広島ゆきはその直後にやって来たが、こちらは105系で良かった。

“”

広島駅に着いたが、まだ乗車する新幹線まで45分ほどあったので、ただ待つだけなのも、もったいないので駅前へ行き少しだけ広電を撮影する。

“”

“”

“”

“”

続行で広島駅へ到着する各系統の連接車や単行電車を撮った後、ようやく新幹線ホームへ。

ホーム行くと久々に500系新幹線を見かける。もうこだま号限定運用となってしまったが、また再び乗ってみたい。

“”

“”

その後、やってきたのぞみに乗りこれで3日間の広島滞在は終了。これで、だいたい広島付近の乗りつぶしが完了。4年前の四国高松、2年前の初の九州も良かったが、今回の広島訪問も来て良かった。春の三連休は、だいたい天気のいいことが多いので、毎年遠出をしたくなってしまう。(ただ、今年2017年は家庭事情で行けなかったが・・・)

今更ながら昨年春の広島訪問の様子は今回で終了。まだまだ今年訪れた未乗路線の乗りつぶしの記録がだいぶたまっているのだが。


乗りもの乗りつぶし該当区間
五日市JR西日本 山陽本線 普通(350M)広島 
広島JR西日本 芸備線 普通(3840D)玖村広島玖村
梅林普通(766M)JR西日本 可部線横川 
横川普通(766M)JR西日本 山陽本線広島 
広島のぞみ176号(6176A)(JR西日本 山陽新幹線新大阪 
新大阪のぞみ176号(6176A)(JR東海 東海道新幹線新横浜 
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yutaao/20171206