Hatena::ブログ(Diary)

夕焼け頃の帰り道で-三次元空間-

地域別探訪作品リスト五十音順探訪作品リストエロゲギャルゲ発売日順探訪作品リストゲームメーカー別探訪作品リストエロゲギャルゲ舞台マップ
このサイトでは、研究目的のため著作物の引用を行なっています。これらの著作権は各権利者に帰属します。また私が撮影した写真を含めた全ての著作物(画像・文章)を他へ転載することを禁じます。
舞台探訪・聖地巡礼の際は、自分のことだけに集中せず周りの人のことも考えた行動をしましょう。

2013-05-12

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。×千葉モノレールお昼のお出かけフリーきっぷ 【記念切符/入場券Vol.16】

予告通り平日限定版もわざわざ平日に買いに行って来ましたよ。

ホリデーフリーの方はこちらをどうぞ。


▼切符データ▼

発売日:2013年05月07日

区間:千葉モノレール全線10時〜18時間フリー

価格:600円

有効期限:発売日当日限り(平日のみの発売

部数:10000部


f:id:yutonyan:20130512210641j:imagef:id:yutonyan:20130512210639j:image

俺の妹。お昼のお出かけフリー表裏面です。

基本的にはホリデーフリーと同じ感じです。絵はこれは公式のものでしたっけ…。

裏面はお昼のお出かけフリー仕様となっています。

お昼のお出かけフリーには特典として割引になる店舗もあるようで、その案内もあります。

近場だと千葉モノレール千葉駅の改札前のミスドで10個まで1つ110円なんてのですね。詳しくはこちら(pdf注意)


f:id:yutonyan:20130512210641j:imagef:id:yutonyan:20130512212115j:image

f:id:yutonyan:20130512212114j:imagef:id:yutonyan:20130512212111j:image

このフリーきっぷも千葉、千葉みなと、都賀、千城台の4駅で販売されています。

同じように4駅で買ってみました。と言っても特に変わってることは無いんですがね。

このフリーも改札を通しても何も変化しません。


f:id:yutonyan:20130501211712j:image

画像が使い回しですが、このお昼のお出かけフリーでも沿線マップを貰うことが出来ます。


さて、こちらは平日限定のフリーです。平日限定です。

平日に行かないと買えないというのは遠方の人にとっては一苦労です。でも絵柄はこっちの方が好きなんですよね。

平日なので窓口を眺めてても部数出てるようには思えませんでした。かなり余りそうだけど大丈夫なのでしょうか。

時間制限があるので利用する際は注意が必要ですが、6時まであれば問題無いんじゃないですかね。

どこかで夕食を食べてから帰るなんてことを考えてると時間を超えちゃうこともあるかもしれません。

平日に休めるようだったら買いに行ってみたらどうでしょうか。



さて、これだけじゃつまらないので俺の妹。ラッピングモノレールを数枚でも

f:id:yutonyan:20130512215341j:image

JR京葉線千葉みなと駅ホームから

f:id:yutonyan:20130512215340j:image

市役所前

f:id:yutonyan:20130512215339j:image

市役所前 NHKの鉄塔を隠す感じで

f:id:yutonyan:20130512215337j:image

セントラルアーチ

f:id:yutonyan:20130512215331j:image

葭川公園駅ホームから

天気が悪いとぱっとしませんな…。

2013-05-01

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。×千葉モノレールホリデーフリーきっぷ 【記念切符/入場券Vol.15】

中二病でも恋がしたい!記念乗車券を買った足で関東に行き買って来ました。

どこもGW商戦に色々乗っかってますね。


▼切符データ▼

発売日:2013年04月27日

区間:千葉モノレール全線1日フリー

価格:600円

有効期限:発売日当日限り(土日祝のみの発売)

部数:10000部


f:id:yutonyan:20130501210911j:imagef:id:yutonyan:20130501210909j:image

俺の妹。フリー表裏です。

以前紹介したサイコパス都営まるごときっぷのように上半分が絵になっています。

基本的には一般的な磁気券と変わりません。ただ、券売機で買うと券型の磁気券になるので、見ることは殆ど無いのかも。

絵も公式のもので特にひねりはありません。


このフリーきっぷは千葉、千葉みなと、都賀、千城台の4駅で発売されています。

f:id:yutonyan:20130501210911j:imagef:id:yutonyan:20130501211618j:image

f:id:yutonyan:20130501211616j:imagef:id:yutonyan:20130501211615j:image

変わるのは発行駅名のみですね。あとこれ、一度改札を通しても何も変化しません。


f:id:yutonyan:20130501211712j:image

フリーきっぷ購入者には沿線案内マップが貰えます(駅員によっては言わないと貰えない場合もあるようです)

このマップにはモノレール車内の広告で紹介された店の場所や作中に登場した場所が地図に書かれています。

意外ときちんとされていて、これを貰うだけでも価値がありそうです。


さて、俺の妹。フリーきっぷです。

この切符は「記念に買う」ではなく「使うために買う」が基本となってますね。

現地で窓口を少し眺めてましたが、このフリーを買って千葉モノレールに乗車してる人がかなりいました。

現地で使ってそのまま持って帰ることが出来るので記念にもなりますし買いやすいです。

ただ、この調子だと千葉駅だけ完売してその他の駅は残ってる、なんてことになりかねない気がしますが…。

そこら辺はどうにかしてくれるんでしょうかね。


これの他に平日限定の「俺の妹。×千葉モノお昼のお出かけフリーきっぷ」も発売されます。

これについてはまた関東に行った際に買ってこようと思ってるのでしばしお待ちを。

2013-04-30

中二病でも恋がしたい!鉄道・バス・八幡山ロープウェー限定記念乗車券 【記念切符/入場券Vol.14】

最近記事に出来てませんでしたが、久しぶりに新鮮なネタが来たので買って来ました。

相変わらずタイトルが長いです。


▼切符データ▼

発売日:2013年04月27日

区間:

 ・近江鉄道 貴生川駅→日野駅 400円

 ・八幡山ロープーウェー 山麓駅→山頂駅 400円

 ・湖国バス 日野駅→鎌掛2区 350円

価格:1150円

有効期限:発売日当日限り

部数:1000部(現地販売600、通販400)


f:id:yutonyan:20130430231652j:image

台紙は縦215mm×横80mmの縦長サイズ。

中二病タイトルロゴを真似た「記念乗車券セット」なる何のひねりもないロゴがあったりします。

どちらかと言うと「セ」より「券」を赤くした方がしっくりきたんじゃないですかねこれ。

絵は公式のものを使用。ちなみに裏面は真っ白です。


f:id:yutonyan:20130430224054j:image

六花は近江鉄道で貴生川駅→日野駅400円区間です。

サイズは57.5mm×25mmのB型硬券サイズです。

地紋は近江鉄道のもの。日付はその場でダッチングマシンで入れてくれます。

ほかはタイトルロゴと公式立ち絵、(C)表示のみの単純なもの。


f:id:yutonyan:20130430224053j:image

勇太は八幡山ロープーウェーで山麓駅→山頂駅。

この切符は係員に入鋏を入れてもらいました。実使用出来るようです。

(このことを知らずに往復券で買ってしまっていたため使用していないことになっています)

一応片道券となっていますが、係員に言えば帰りの切符としても使えるようです。

普通なら片道460円のところですが、料金合わせのためか往復割引料金の半額の400円になっています。


f:id:yutonyan:20130430224052j:image

モリサマーは湖国バス日野駅→鎌掛2区です。

もはや特に書くことはありません。


f:id:yutonyan:20130430224051j:image

裏面はシリアルナンバーと近江鉄道の乗車券のみ発行駅が貴生川駅発行となっています。


f:id:yutonyan:20130430231708j:image

切符を取った状態。透明なフィルムケースに入れるようになっています。


さて、まさかの京阪よりも先に近江鉄道が先手を打って来ましたな記念乗車券です。

限定1000部ということでレア度高いのでは?と思いきや、発売日当日はのんびりとした売れ行きだったようです。

そもそも公式サイトでの発表が発売日前日ですからね…。もうちょっと早めに告知を出せばこうはならなかったのではないかと思います。

価格は1000円を少しオーバーしてこの3枚では描きおろし絵もないですし高めかな?と思っていまいます。

そのまま取っておこうと思わず、現地で使ってしまうのが一番な感じではないでしょうか。

貴生川→日野が使いにくいので近江八幡→日野とか、あるいは全線フリー+バス往復なんかのほうが使いやすかったんじゃないでしょうかね。


さて、八幡山ロープーウェーでは中二病のラッピング、山頂の展望資料館では劇中場面展示をやっています。

f:id:yutonyan:20130430230705j:image

ロープーウェーのラッピング

f:id:yutonyan:20130430230703j:imagef:id:yutonyan:20130430230702j:image

展望資料館での展示


とまぁこんな感じで、これが全てではないのですが行く価値があるかと言われると無いなと答えてしまうレベルです。

駅からそれなりに距離があるので歩くなりバスに乗るなりしないといけないことも考えると行く人はやっぱり少ないんじゃないでしょうかね。

日牟禮八幡宮や八幡掘はいい町並みなので、乗るまでなら来てもいいレベルだと思います。

そして少し行ってみたくなったらロープーウェーに乗るのがいいかと。あ、モリサマーだけは山麓駅で見れたりします。

2013-02-03

劇場版「とある魔術の禁書目録」×劇場公開記念乗車券 【記念切符/入場券Vol.13】

昨日発売された多摩モノ切符です。現地に行って買って来ましたよー!

これは本気で買いに行きたいと思ったので、予定を組んで行って来ました。


▼切符データ▼

発売日:2013年02月02日

区間:

 ・多摩センター→400円区間

 ・立川北→400円区間

 ・降臨不動→300円区間

 ・中央大学・明星大学→200円区間

 ・立川南→100円区間

 ・立川北→100円区間

価格:1500円

有効期限:2013年05月1日

部数:???(7000部程度?)


f:id:yutonyan:20130203233932j:imagef:id:yutonyan:20130203233931j:image

あまりにも横が長すぎるので横倒しにしてみました。

詳しく見たい方は画面を回転させるか保存してから見て下さい…。

台紙です。3つ折りになっており、かなり厚めの紙を使ってあります。

サイズは広げた状態で縦155mm、横508mmです。

表紙は描きおろし絵、タイトル、多摩モノロゴです。タイトルのロゴパロは頑張ってますね。

あとは路線図、証紙シールも貼ってあります。

中面は2面を使い多摩モノ新規絵+説明、1面に切符が入れられるようになっています。


f:id:yutonyan:20130203234317j:image

切符入れ面拡大。

各キャラの説明も入っています。

切符については全て使用しました。


f:id:yutonyan:20130203234313j:imagef:id:yutonyan:20130203234314j:image

切符拡大。まずは当麻とインデックス。

サイズは5.75mm×30mmのA型硬券サイズです。A型は初めて見た気もしますね。

切符面にはタイトル、区間、有効期限、下車前途無効、日付、キャラに(C)表示もあります。

日付はダッチング風に再現されていて、印刷ですが雰囲気出てます。

地紋はPJRですね。


f:id:yutonyan:20130203234312j:imagef:id:yutonyan:20130203234311j:image

美琴とアリサ拡大。


f:id:yutonyan:20130203234316j:imagef:id:yutonyan:20130203234531j:image

黒子とアクセラレータ拡大。

アクセラレータだけ斜め線入ってるのは、無効印を裏面に押してもらったためです。


f:id:yutonyan:20130203234310j:image

裏面。券番は1383でした。

自動改札は通れないことと、発行駅が印刷されています。

発行駅は各駅印刷が異なります。


f:id:yutonyan:20130203234309j:image

切符を取るとセリフが見えるようになっています。

台紙が厚い関係でセリフについてはぶれてますがこんな感じ。


さて、多摩モノレールがついに出してくれましたの記念切符です。

1500円と少し高めの設定ではありますが、完成度は素晴らしいです。買って後悔はしない記念きっぷですね。

地紋もきちんと入ってるし、台紙もしっかりとしてるし。

今年初めて買った記念切符としては最高ですね。果たしてこれを超えるものが出てくるのか…。


発売日当日は朝6時から並んでいました。始発は動いてる時間で、既に十数人が並んでいました。

発売開始はイベント列車が到着した11時40分頃で、その頃には長蛇の列が出来ていたようです。

約6時間もの時間並び続けたのですが、記念切符はもちろん前売り券とクリスタについては12時頃に並び始めても買えたようです。

トイレは有人改札を通り構内のものを使っていいとの説明や、カイロの無料配布など駅員係員の対応も素晴らしかったです。

列整理もきちんとされていたようで、特に問題も起きずに終わったようですね。


この記念切符ですが、実使用してる方がかなり見られました。

自分が見ただけでも5人ぐらいはいたので、かなり使ってるみたいですね。

ただし、多摩モノレールには入鋏印が存在しないらしく、使用日の日付が入れられません。

有効期限は8月1日までなので使えるには使えるんですが、無人駅とかで下車する場合はどうするんでしょうね…。

無効印は駅員配置駅でなら押してもらえます。

多摩センター→400円区間:立川北

立川北→400円区間:多摩センター

高幡不動→300円区間:立川北

中央大学・明星大学→200円区間:高幡不動

立川南→100円区間:立川北

立川北→100円区間:立川南

で押してもらいました。

高幡不動→300円区間は高松・立飛までなのですが、この駅は無人駅となるため、対応出来ません。

そのため立川北で打ち切ったことにし押してもらいました。

本当なら全て違う無効印にしたいところなのですが、無理ですね…。


イベントに申し込むも落選してしまっていたわけですが、とあるモノレールは17時まで多摩センターで展示されているということで見に行ったりしました。

f:id:yutonyan:20130204001056j:image:w320f:id:yutonyan:20130204001055j:image:w320

側面のラッピングは条例に引っかかるからか真っ白というもの。ヘッドマークのみです。

そっけないですねぇ…。アニメで出てきた模様を入れるってのはダメなんでしょうかね。

f:id:yutonyan:20130204001054j:image

車内は中吊り広告が(ほぼ)全て禁書目録仕様になっています。

(ほぼ)なのは、1つだけどこぞのモノレールコラボ告知の広告が入ってるからです。

2社で記念切符とか出してくれないかなー。

f:id:yutonyan:20130204003941j:image

立川南・高幡不動では構内展示もされています。設定資料などが主ですね。


終わった後は立川北駅付近で、走行中のとあるモノレールをどうにか撮ろうと頑張ってみました。

最初に来るのが17時半、日も落ちててISO感度を上げまくるしか方法がない状態。

ノイズ乗りまくりのブレまくりのひどい写真が量産されましたが、この日の夜に帰る予定だったので仕方がないですね…。

f:id:yutonyan:20130204003344j:image

ラッピングじゃないので縮小すると何がなんだか分からないですねぇ。

f:id:yutonyan:20130204003343j:image

真下から狙うもブレて撃沈

f:id:yutonyan:20130204003342j:image

折り返しを待って立川北発車直後狙い。

f:id:yutonyan:20130204003341j:image

この時は完全に日も落ちてて暗すぎる。

まぁラッピングじゃないのでいいかな…。

2013-01-24

「青の祓魔師-劇場版-」記念乗車券 【記念切符/入場券Vol.12】

本年一発目の切符は劇場版青エク記念切符です。

おなじみ西武で発売されました。それも年末に。

仕事の都合で買いに行けない時期だったので、知り合いに頼みました。


▼切符データ▼

発売日:2012年12月28日

区間:

 ・池袋→330円区間

 ・西武新宿→360円区間

 ・所沢→170円区間

 ・国分寺→140円区間

価格:1000円

有効期限:2013年03月31日

部数:3000セット


f:id:yutonyan:20130124214237j:image

表面。この切符は四つ折りで観音折りとなっています。

シリアルナンバーはシールでした。あと左下にアニプレ販売許諾シールがあったりします。


f:id:yutonyan:20130124214236j:image

裏面。1枚絵なのですが、微妙に中心がずれてたりします。


f:id:yutonyan:20130124214235j:image

中面。イラスト14枚+切符4枚が全てくっついた状態です。


f:id:yutonyan:20130124214234j:image

切符拡大。シリアルナンバー、タイトル、区間、自動改札不可、途中下車無効、有効期間が書かれてます。

地紋がなんと「BLUE EXORCIST」になってます。青エクの英語訳ですね。

シリアルナンバーは210でした。


f:id:yutonyan:20130124214233j:imagef:id:yutonyan:20130124214232j:image

ポストカードも付いて来ました。


さて、劇場版青エク記念切符です。

やる気のない本文から分かる通り、切符として見るとかなりがっかりな記念きっぷだと思います。

受け取って見た時の感想が「ただの紙じゃん」でした。

そもそも台紙から切符が切り離されてもいませんし、切り取り線も適当です。

これって切り取らないと使えないのか…?特に何も書かれて無くよく分からない切符です。

唯一良いなと思った点はもちろん地紋ですが、それ以外は…。

そんな切符でした。


今年ももちろん記念きっぷ収集をやっていきます。

とりあえず次はとあるモノレールの記念きっぷですかね。当日に買いに行けるように既にプランを組んであります。

イベントは落ちちゃったので並ばないといけないですが…。

今年もいい切符が発売されることを願ってます。