Hatena::ブログ(Diary)

夕焼け頃の帰り道で-三次元空間-

地域別探訪作品リスト五十音順探訪作品リストエロゲギャルゲ発売日順探訪作品リストゲームメーカー別探訪作品リストエロゲギャルゲ舞台マップ
このサイトでは、研究目的のため著作物の引用を行なっています。これらの著作権は各権利者に帰属します。また私が撮影した写真を含めた全ての著作物(画像・文章)を他へ転載することを禁じます。
舞台探訪・聖地巡礼の際は、自分のことだけに集中せず周りの人のことも考えた行動をしましょう。

2014-09-25

パサージュ 〜passage of life〜 モデル地【高槻市駅周辺】

発売おめでとうございます!

発売日の更新ですが、高槻市へは発売日の"前日"に行ってきました。なんというタイミング。

Free!のついでと言う位置づけなので仕方がないです。


戯画 『パサージュ!』 応援中!

(R-18)


f:id:yutonyan:20140926001322j:imagef:id:yutonyan:20140926001321j:image

駅は阪急の高槻市駅になります。名前もあるので分かりやすすぎますけどね。


f:id:yutonyan:20140926001320j:imagef:id:yutonyan:20140926001319j:image

商店街は高槻センター街。それっぽくない感じです。使い回しでしたっけ?

空撮ではこのアーケードですし、位置はここですね。


f:id:yutonyan:20140926001318j:imagef:id:yutonyan:20140926001317j:image

珈琲館タックのモデルは壹番館。センター街入ってちょっとの場所にあります。

センター街のHPを見て検討はつけてたのですが、店名の看板が無くなってました。

でもここのお店で間違いないですね。


お昼時だったのでコーヒーとホットケーキをいただいてきました。

平日だったのでおじさまおばさま方の溜まり場になってましたね。ちなみに喫煙席のみ。


とりあえず分かったのは3カット分のみです。

高槻市に千代田温泉もあるのですが、外見は違うようなので今回は行きませんでした。


ちなみにこの作品のキャラクター名は、

高槻裕也 → 高槻市

北園奈菜 → 北園町

塚原梨沙 → 塚原一丁目〜六丁目

千代田未央 → 千代田町

月見彩子 → 月見町

春日雀 → 春日町

沢良木始 → 沢良木町

天川伸一 → 天川町

奈佐原結衣 → 奈佐原一丁目〜四丁目

のように、全て高槻市内の町名から来ています。

いつもの戯画とも言うのかな?w

2014-06-02

ヨスガノソラ モデル地再訪&新規場所特定

エロゲの探訪なんて相当久しいような状態ですが、先日ヨスガノソラのモデルである足利市へ再訪してきました。

というのも、新たな場所を見つけてしまったので誰かに先を越される前に行っておこうというのがメインでして。


『ハルカナソラ』 応援中です!

(R-18) ヨスガノソラのバナーは無くなっちゃってるんですよねぇ。


写真撮り忘れたんですが、今回は足利市観光協会のレンタサイクルを使いました。

1日利用で1000円と他に比べると高いかな?と思いますが、乗れる自転車は3段変速タイプなので十分です。

正直新規の場所に行くのに段切り替えなかったどうしようかとか考えてたので助かりました。


f:id:yutonyan:20140602213845j:imagef:id:yutonyan:20140602213844j:image

f:id:yutonyan:20140602213843j:imagef:id:yutonyan:20140602213842j:image

f:id:yutonyan:20140602213841j:image

樺崎八幡宮です。前に行ったのが2010年の6月なので4年ぶりの再訪となりました。

前に行った時と変わったところはヨスガの痛絵馬が少しある程度でしょうか?この雰囲気がやっぱり好きです。


f:id:yutonyan:20140602214406j:imagef:id:yutonyan:20140602214405j:image

f:id:yutonyan:20140602214404j:imagef:id:yutonyan:20140602214403j:image

ここも変わらず明暗差が綺麗な場所です。

すぐ近くに高速道路が走ってるなんて信じられませんね。


さてここまでが今までに特定されていた場所。

そして今回特定したのがここ。

f:id:yutonyan:20140602214757j:image

f:id:yutonyan:20140602214756j:image

こんな場所見つけちゃったらテンション上がって行くしか無いですよね!

この場所は、樺崎八幡宮の前の道を道なりに北へ山越えをした佐野市の方にあります。

Googleストリートビューで見れちゃうのが決めてでした。


なんでこんな場所が見つけれたのかというと、かたひと氏が上げている画像とヒントになるツイートがあったから。

最大のヒントは”足利市ではない”でしたね。足利市ではないのなら近くの別の市を探せばいいだけなので。

一番地近くなのは北の佐野市、この辺りストリートビューもGoogleEarthも充実してて青い屋根を発見→あれここじゃん

ツイートをフォロワーさんに教えてもらってからものの10分で終わりました。


で、ここへの行き方なのですが、自分はレンタサイクルで山越えしてきました。だいたい3kmぐらいの上り坂になります。

立ち漕ぎでなんとか登れそうなだったけど押しながら上りましたがわりと辛くもなく山越え完了。

ただ200mぐらいは登ってるはずなのであまりオススメは出来ません。

もちろん自販機なんてものは全くないので水分は買い込んでおくことをオススメします。

別の方法として、ちょっと大回りですが208号線と66号線で行く方法もあります。

こっちは帰りに使いましたが、軽い山程度です(まぁ山には代わり無いしこっちも100mは登らないとですが)

山越えルートは道が細すぎるので車で行くなら大回りするほうがいいでしょう。


後ここへ行くときの注意としては、この付近にコンビニその他店類がありません(マジで)

一番近くのコンビニまで6.8kmです。こっちの方でお昼を食べようなんて無理です。

そんな場所なので色々買い込んでおいたほうがいいかも…。


そんな場所でした。絶対に見つからないって言う理由がわかった気がする。

Googleさえ無ければ特定なんて無理ですね・・・。

あと山越え中にこんな場所とか

f:id:yutonyan:20140602220508j:image

山越えをした後には下り坂があるので気持ちよかったですね。

ぐねぐね曲がりまくってるのであまりスピードは出せませんが。


この後は幸の湯で汗を流してからM3イベントに向かったのでした。


このページでは、ヨスガノソラの背景・CGを引用しています。

この作品の著作権は、copyright (C)Sphere All Rights Reserved.に帰属します。

2013-04-01

僕が天使になった理由 舞台探訪

体験版が出た時からずっと行きたかった僕天探訪、ついに行って来ました!


僕天応援バナー

(R-18) 安定の幼なじみ


今回は撮影順に。ちなみに天気は曇りで写りが…。

f:id:yutonyan:20130401205409j:imagef:id:yutonyan:20130401205408j:image

長崎電気軌道浜口町駅です。

ちなみに本当の車両は360形?みたいです。さすがに車両までは合わせれず…。

長崎電気軌道はこれでもかってぐらい車両が来るので、待ってれば1時間ぐらいで撮れるかもしれませんね。

全ては運用次第ですが…。


f:id:yutonyan:20130401205406j:imagef:id:yutonyan:20130401205405j:image

新出光 螢茶屋給油所前になります。蛍茶屋駅から少し戻る感じになりますね。

遠景は全て全く違うものを合成しているようです。この作品はそれが多めだったり。

一応歩道ですが、入ってくるトラックの邪魔になることもあるので注意を。


f:id:yutonyan:20130401205404j:imagef:id:yutonyan:20130401205403j:image

路面電車車内。多分車両は違うので参考程度に。

この写真、ひん曲がってますな。


f:id:yutonyan:20130401205402j:imagef:id:yutonyan:20130401205401j:image

中通り商店街です。あせんど・テラス前あたりです。

中通り商店街サイトには地図があるので、場所確認にどうぞ。

朝早めに行ったので、店は開いてないですが人通りは少なかったです。


f:id:yutonyan:20130401205359j:imagef:id:yutonyan:20130401205358j:image

長崎市浜町商店街です。セブンイレブン長崎万屋町店付近。

上の中通り商店街からは歩いてすぐなので、商店街を楽しみながら歩くのがいいかと。

ただ、朝行くと仕入れのトラックが止まってて時間を食わされますが…。


f:id:yutonyan:20130401212522j:imagef:id:yutonyan:20130401212521j:image

西浜町駅の北東側にある交差点。中央橋交差点でいいのかな?

ピースパーク浜町店側から撮影。交差点の割に車の流れは止まりやすいので撮影は楽ですね。


f:id:yutonyan:20130401212519j:imagef:id:yutonyan:20130401212518p:image

オランダ坂通り、ラッセル記念館の南あたりです。

学生さんが結構通ります…あと車も。邪魔にはならないように。


f:id:yutonyan:20130401212516j:imagef:id:yutonyan:20130401212515j:image

オランダ坂通りを降りきった場所。上の場所から南に歩いていけばすぐです。

何か今は工事のミキサー車が通ってるみたいで、警備員の方がいました。

完全に不審者状態だったのでさっさと撮影を済ませて後にしました…。


f:id:yutonyan:20130401212514j:imagef:id:yutonyan:20130401212513j:image

長崎電気軌道石橋駅です。

またまた背景を遠景をまるごと変えてあります。あんまり気にならないですがね。


f:id:yutonyan:20130401212511j:imagef:id:yutonyan:20130401212510j:image

グラバー園内にある旧自由亭です。現在工事中で雰囲気が結構変わっちゃってますね。

そもそも壁がありませんが…。


f:id:yutonyan:20130401215015j:imagef:id:yutonyan:20130401215014j:image

自由亭店内です。確認を取ってみたところ、撮影可でした。

と言っても他のお客さんを入れるわけにもいかないので、右半分寄りに撮影しました。

普通に喫茶店なのでそこら辺は考慮してくださいね。


f:id:yutonyan:20130401215012j:imagef:id:yutonyan:20130401215011j:image

グラバー園内の旧ウォーカー住宅です。

塀とかありませんね。こういうのが多い…。


f:id:yutonyan:20130401215010j:imagef:id:yutonyan:20130401215009j:image

長崎水辺の森公園です。

奥に見えてるのは「月の舞台」と呼ばれてるみたいです。

子供たちがたくさん遊んでました。


f:id:yutonyan:20130401215615j:imagef:id:yutonyan:20130401215614j:image

f:id:yutonyan:20130401215613j:imagef:id:yutonyan:20130401215612j:image

この2枚は出島ワーフです。人通りは多めだったり。

ピリオドでも出てきてますねここ。

f:id:yutonyan:20130401215611j:imagef:id:yutonyan:20130401215610j:image

神の島ニ丁目バス停前です。

神の島教会下行きのバスに乗って30分ほど。長崎駅から230円とかなり安いです。

20分に1本ぐらいあるので結構気軽に行けます。


f:id:yutonyan:20130401215609j:imagef:id:yutonyan:20130401215608j:image

稲佐山からの眺め。定番ですね。

行った日はガスっててあまり綺麗に見えませんでした…。少し残念。


f:id:yutonyan:20130401220309j:imagef:id:yutonyan:20130401220308j:image

稲佐山展望台です。改装後の展望台ですね。

そういえばAQUAでも出てた気がしますね…。


f:id:yutonyan:20130401220307j:image

そして夜景。前に長崎に行った時に書いたけど、夜景を見るなら日が暮れる前に登っておくのをおすすめしますね。

だんだん暗くなってくるのが楽しめますし、日が落ちてからだとロープーウェイが混むので…。

5時ぐらいに登っておいて、レストランで夕食食べて、8時ぐらいに降りるのが一番いいです。


f:id:yutonyan:20130401220306j:image

TOP絵風に。この絵見た時からずっと撮りたかったんですよね。

撮影には最低でも軽量三脚が必要です。無いとブレます。風も強いのでしっかり目のものがおすすめ。

ここは展望台と階段をつなぐ場所、柵との間から良い感じにカメラが出せて撮れます。

私はDIGI-3400を使って、風でブレないように守りながら撮影しました。


f:id:yutonyan:20130401220305j:imagef:id:yutonyan:20130401221055j:image

所変わって頭ヶ島教会です。遠いですね。行き方などは後述で。

教会などは詳しくは分かりませんが、神秘的なところですね。


f:id:yutonyan:20130401221358j:imagef:id:yutonyan:20130401221357j:image

佐世保駅です。マガスフィとかでも出てたり。

タクシー乗り場辺りから撮影しないと入らないです。


f:id:yutonyan:20130401221356j:imagef:id:yutonyan:20130401221355j:image

佐世保駅ホーム…のはずなんですが、いまいち合わないです。

なので雰囲気で。


さて、長崎・佐世保・五島列島でした。

長崎ゲーとしては一番、全国の地域ゲーとしてもTOPですね。

カット数が20枚を超えることなんてエロゲじゃそうありませんよ…。

長崎を観光がてら回れるのでおすすめです。


久しぶりの長崎でしたが、やっぱりいいですねー。気分転換がすごく進む。

歩いてるだけで心が晴れてきます。

基本的な観光地以外にも適当にふらふらと坂道歩いてみるのもまたいいですよ。

お昼はちゃんぽん食べて、夜は夜景を見に稲佐山行って…。

朝から晩までまる1日楽しめます。



後述の余談など

f:id:yutonyan:20130401215013j:image

自由亭で食べたアイスクリーム。なかなかおいしかったですね。

喫茶店ということで、何も頼まず出るのは悪いので注文しました。


f:id:yutonyan:20130401223137j:image

教会内部は神が島教会の内部みたいです。

が、調べてみると撮影禁止と書かれているサイトもあったりするので撮影は控えました。

本当の所どうなのかは分からないのですが、係員などもいなかったので聞けませんでした。


この作品を探訪するにあたっての最大の難関がやっぱり頭ヶ島教会です。

ここへの行き方を参考になればということでメモ。

朝、長崎港を出港する九州商船のジェットフォイル(長崎7:40→奈良尾9:50 5750円)で奈良尾港に到着。

そこから、ジェットフォイル乗船者が利用できる有川行きの無料バスがあります。

福江港の建物に入らず右側に歩くと乗り場があるのでそこから乗車出来ます。到着後すぐ出発するので、そのままバスに乗らないと間に合いません。

この有川行きのバスに乗車し有川港へ。有川港には何もなければ40分ほどで到着出来ます。

有川港には10時40分頃到着出来るので、そこから頭ヶ島教会行き10:50のバスに乗り継げます。

西肥バス 有川港ターミナル10:50→頭ヶ島教会11:26 640円で12時前には頭ヶ島教会に到着することができます。

このバスは教会の観光用に設定されているため、30分ほどの空き時間を持って折り返しになります。30分あれば十分撮影が出来るので、そのまま折り返しちゃいましょう。

頭ヶ島教会12:00→有川港ターミナル12:36で戻ってきたら後は自由に出来ますね。

このバス以外は3分で折り返すため撮影は厳しいです。その他の時間になる場合はタクシーで往復するしか無いですね…。

ちなみに私はこの後13:00の五島産業汽船で佐世保に向かいました。この船結構揺れます…。


f:id:yutonyan:20130401223750j:image

頭ヶ島教会のすぐ近くの海ですが、すごい綺麗でした。

これ下手したら石垣離島で見た海より綺麗だぞ…。


このページでは、僕が天使になった理由の背景を引用しています。

この作品の著作権は、Copyright (C)OVERDRIVE All Rights Reserved.に帰属します。

2013-03-09

Dolphin Divers 舞台探訪

舞台は日本最果ての地、波照間です!


AXL新作第8弾「Dolphin Divers」 2012年6月29日発売予定!

(R-18) なんだかんだで月海が好き


f:id:yutonyan:20130309231713j:imagef:id:yutonyan:20130309231712j:image

波照間港です。奥の建物や木こそ無いですが、手前側と港の屋根はそっくりそのままです。

波照間に行くには安栄観光の船しか無いので必ずここに行き着きます。

これ以外はそれっぽいのしか無いです。


f:id:yutonyan:20130309231710j:imagef:id:yutonyan:20130309231711j:image

確実にここ!という場所は無いので雰囲気で。

波照間島には「可倒式風力発電機」というものがあります。

毎年必ず来る台風に通常の風力発電機では対応出来ないため、台風時には風力発電の羽がある方を地面に倒すことが出来るようになっています。

f:id:yutonyan:20130309231709j:image

倒れるように出来てあるため小型ですが38mあるとか。

羽が2枚なのも特徴です。


f:id:yutonyan:20130309231707j:imagef:id:yutonyan:20130309231708j:image

波照間島には灯台もあります。が、内陸にあったりします。

灯台時代もそれっぽい程度で他の場所かもしれませんね…。

これも有人島にある灯台の中では最南端です。というか島中に最南端の○○があります。


f:id:yutonyan:20130309233916j:image

波照間島へは現在安栄観光の船でしか行くことが出来ません。

高速船は片道3000円、約1時間の船旅です。

この辺りは離島間も近いからか観光に力を入れてるからかはわかりませんが、航路のほとんどで携帯の電波が入ります。

普通にネットしながら乗船できますね。ただし揺れることもあるので酔う人は注意かも。

沖に出るとすんごいスピードでかっ飛ばして行くので、後ろの外の席とかだと楽しめるかも。

ちなみに、シケの時は欠航するので石垣に数日宿泊とかにしといた方が確実です。


島内の移動はレンタサイクルかレンタルバイクで十分かと。

私はレンタサイクルで巡りましたが、主要な場所のみを行くなら13:10の便で帰るまでに十分見て回れます。

私は島の外周を走ったのですが、結構距離あってギリギリ間に合うぐらいでした…。

レンタサイクルは直接ショップに電話をかけるほうが安上がりで済みます(300円/1h)

でも電話かけるのがめんどくさいなんて人は割高ですが安栄観光のツアーにするのもいいかと。


f:id:yutonyan:20130309234854j:image

ヤギとか普通にいます。


f:id:yutonyan:20130309235135j:image

日本最南端の碑とか、


f:id:yutonyan:20130309235405j:image

のどかな雰囲気が味わえます。


実は外周走って時間が無かった関係でニシ浜には行けないわ昼飯は食えないわ写真はあんまり撮ってないわだったりします。

またのんびりと行きたいですな…。それも快晴レベルの天気の日に。

これで最果ての舞台としては、波照間のDolphine Divers、与那国の夏カナ、稚内の夏ペル(これはモデルだけど)と3つ登場したことに。

残るはひとつ、根室の納沙布ですな。業界の人見てたらだれかry


このページでは、Dolphine Diversの背景を引用しています。

この作品の著作権は、(C)AXL All Rights Reserved.に帰属します。

2013-02-06

めぐる季節の約束とつないだその手のぬくもりと 観覧車のモデル

プレムービーが上がってたので見てみたら、見覚えのあるものが出てきてました。


「めぐる季節の約束とつないだその手のぬくもりと」公式サイト

(R-18)


f:id:yutonyan:20130206231944j:imagef:id:yutonyan:20121224003234j:image:w640

ICEたんで無理やり結合しました。

モデルは滋賀県大津市にあるイーゴス108だと思われます。

廃観覧車の中ではかなり有名かつ、楽に見に行くことの出来る場所にある人気の廃墟ですね。

ついこの前、中二病でも恋がしたい!のカレンダーに出てるってことで行ってきてました

そこから持ってきた写真なんでアングルとかは全く違いますが参考程度に。

そもそも廃観覧車のモデルがこれなだけであって、舞台がどうかは分かりませんからね…。


たいきみで同志社大学礼拝堂とか出てるので、今作でも少し期待しときましょうかね。

一部の人にしか分からない話ですが、タイトルロゴがはるひ学園そのまま使ってるみたいですね。

分かりやすいはるひ学園ロゴはフロントウィングのピュアガールだったり。


このページでは、めぐる季節の約束とつないだその手のぬくもりとプレムービーを引用しています。