GODISNOWHERE? このページをアンテナに追加 RSSフィード

LINK Fotolife

2003-10-10

[]クルテク special day in チェコ大使館

★開催概要:11月7日(金) 18:00(開場)、18:30(開映)〜21:00 35組70名様ご招待

★場所:チェコ大使館(広尾) 営団日比谷線広尾駅より徒歩10分

★内容:「クルテク」試写会 約70分 + クラムボンminiライブ

★応募締切:10/27(月) 必着

★応募方法:HMV店頭にて配布しているフライヤー、もしくは官製ハガキに必要事項(氏名、年齢、性別、住所、職業、TEL、e-mailアドレス、ご利用のHMV店鋪名)をご記入の上、下記の宛先までご応募下さい。

明日井の頭公園で行われる上映会に続き、チェコ大使館でも『クルテク』がスクリーンで見れます。人数が限られていますが、興味のある方はぜひ。

明日は、見にいけるのか、ちょっと微妙な雰囲気。行けるかなぁ…。

[]東京都写真美術館など、テレビゲームを考察する展覧会「レベルX テレビゲームの展覧会」を12月4日から開催@impress

2003年。今年でファミコンは生誕20周年を迎え、テレビゲームの歴史を語る上で記念すべき年となりました。しかし、「テレビゲーム成人の年」となった一方で、2003年9月、ファミコンは製造中止となり、その歴史に幕を閉じることとなりました。 今や、完全に一時の流行ではなくなったテレビゲーム。日本のゲーム愛好者は3,372万人、全人口の3人に1人というデータもあります('99 CESA ゲーム白書より)。本展覧会はテレビゲームの歴史のはじまりであるファミコンファミリーコンピュータ)を中心に、様々なテレビゲームやゲームアーティストの活動を紹介。また、テレビゲームの著作権についても探求します。写真と映像の専門美術館としてテレビゲームを「文化」として位置づけ、その社会的意義についても考察します。 多くの人々に懐かしい思い出として記憶されているファミコン。そして、これからも進化していくテレビゲーム。現代日本の小史を語る意義ある展覧会となることでしょう。

http://www.syabi.com/schedule/details/tv_game_level_x.html

これ自体はとてもおもしろそうな企画だと思うけれど、「テレビゲームを「文化」として位置付け、その社会的意義、著作権などを考察する」と謳っているわりに、展示内容は、ファミコンの全ソフトやフライヤーの展示とか、クリエイターのインタビュー映像、野球ゲームにおける映像表現、などであまりテーマと関連がなさげ。これ以外にも何かあるのだろうか。

[]タランティーノ監督の「キル・ビル」、評価大きく分かれる@ロイター

 タランティーノ期待の新作『キル・ビル』ですが、格闘シーンの描写をめぐって評価が二分している模様です。手足がバッサリ切り落とされるのがあまりに残酷すぎると言う意見も。まあ、映画自体に対してではないので、そのものがどうかはここからはわかりませんが。

ょ 2003/10/12 11:17 チェコ大使館てうちの近くやん。ちなみにお隣にはスロバキアもある。独立してもそのまま同じ建物使ってるっぽい。