日本から世界へ - Pankaku Inc. CEOブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-01-31

[][]GENROQ GENROQ - 日本から世界へ - Pankaku Inc. CEOブログ を含むブックマーク

半年に一度くらいのペースで買っているお気に入りの自動車雑誌。

ガヤルド、派手な見た目の割に4WD+eギアで乗りやすそうで良いなーとか

シェルビー、マッチョでアホっぽくていいなーとか

SLR、性能と安定感のバランスが素晴らしいなーとか

アストンマーティンのDBSは気品があってすごく良いけど高いなーとか

BMWのZシリーズは割安だし結局こういうのを選んじゃいそうだなーとか

読むたびに物欲をそそられる。今アメリカビッグスリーが大変なことにはなっているけど、クルマって原始的な欲求をくすぐる魅力を持っているなぁととみに思う。ちなみに俺は普通免許を持っていない。笑

2009-01-18

[]あなたが与える あなたが与える - 日本から世界へ - Pankaku Inc. CEOブログ を含むブックマーク

まとめ

多くの人に多くの喜びを与える人になりたい。

5つの法則

  1. 人の本当の価値は、相手から受け取るもの以上に、自分がどれだけあたえられるかによって決まる。
  2. 人の収入は、どれだけ多くの相手に、どれほど喜んでもらえたかによって決まる。
  3. 人の実力は、ほかの人の利益をどれだけ優先させたかによって決まる。
  4. 自分が人に差し出せる一番勝ちある贈り物は、自分自身である。
  5. 効果的にあたえるためには、受けとることにたいし、つねに心を開いていなければいけない。

[]感動無き続く人生に興味なし 感動無き続く人生に興味なし - 日本から世界へ - Pankaku Inc. CEOブログ を含むブックマーク

まとめ

䡄保博光(のりやすひろみつ)氏の自伝。恐ろしく思慮が浅く行き当たりばったりの人生。しかし自分の「やりたいこと」にまっすぐで、その強いエネルギーが周りの人たちを大いに巻き込んでいる。今に全力を尽くすことが明日のプラスになるという強い確信を持っている人。先のことをあれこれ考えて立ち止まらずに今に全力をつぎ込む様は小気味よい。今が明日の糧になるということを信じて、今の自分の最善を尽くすということに貪欲でありたいと強く思った。

感動無き続く人生に興味なし

感動無き続く人生に興味なし

2009-01-05

[]もやしもん 第7巻 もやしもん 第7巻 - 日本から世界へ - Pankaku Inc. CEOブログ を含むブックマーク

安定した面白さ。でもちょっとマンネリ。次の巻が出たら間違いなく買うだろうけど、。

もやしもん(7) (イブニングKC)

もやしもん(7) (イブニングKC)

[][]数字を見るとおなかが痛くなる社長のための決算書の読み方 数字を見るとおなかが痛くなる社長のための決算書の読み方 - 日本から世界へ - Pankaku Inc. CEOブログ を含むブックマーク

数字を見てもおなかが痛くはならないけど、評判が良いので読んでみました。あとで書く。

数字を見るとおなかが痛くなる社長のための決算書の読み方 (アスカビジネス)

数字を見るとおなかが痛くなる社長のための決算書の読み方 (アスカビジネス)

2008-12-22

[][]受託開発の極意 受託開発の極意 - 日本から世界へ - Pankaku Inc. CEOブログ を含むブックマーク

非常に参考になった。

あとで書く

受託開発の極意―変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

受託開発の極意―変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

[]週刊石川雅之 週刊石川雅之 - 日本から世界へ - Pankaku Inc. CEOブログ を含むブックマーク

「もやしもん」の作者石川雅之のショートショート集。画力がありストーリーも面白い。この本の中の作品の設定も、現代、戦国時代、動物、ヒーロー(?)など多岐に渡り幅広い。

この画力、ストーリー構築力、分野の懐の広さからして、「もやしもん」ヒット後も安定的に良作を提供してくれるだろうということは想像に難くない。素晴らしい。

週刊 石川雅之 (イブニングKC)

週刊 石川雅之 (イブニングKC)

2008-12-17

[]困ります、ファインマンさん 困ります、ファインマンさん - 日本から世界へ - Pankaku Inc. CEOブログ を含むブックマーク

ファインマン氏のエッセイ集。一番目の奥さんとのエピソードやNASAのチャレンジャー墜落事件の調査委員会の話などを中心にエピソードが描かれている。

晩年のエピソードや暗めの話が多く描かれていることもあり、ご冗談でしょう、ファインマンさん(上)ご冗談でしょう、ファインマンさん(下)と比べると爽快感に欠ける。(ファインマン氏が魅力的で素晴らしく優秀な人物だという点は変わらないが。)

困ります、ファインマンさん (岩波現代文庫)

困ります、ファインマンさん (岩波現代文庫)