zabbiたんAMIたん このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

zabbiたん AMIたん

2012-06-06

zabbix2.0をAmazonlinuxにインストールしたった。(rpm)

最近インストール記事しか書いていないザビオです。
もうちょっと技術よりなことを書きたいのですが忘れないために備忘録。
宮崎は最近梅雨入りしたっぽいのですが、東京はまだまだかしら。

今回はzabbix2.0をAmazonlinuxにインストールする記事を書こうとおもいます。
既にRHEL/CentOS向けのRPM@kodai74が公開しておりますので使いたい人は是非にご利用ください。

完全に私都合なのですが、業務上、AWSが提供しているAmazonlinuxというOSを利用する機会がたくさんあるのですが
上記rpmではインストールされません。
従いましてconfigureで頑張るか、sourceを修正する必要があるのですが。
悩んでいるところに

f:id:zabbio:20120605235524j:image

イケメンTNKさんがrpmを作ってくれましたー。
ありがとうございます。

早速インストールしようとしたのですが、若干ハマったのでブログに書きました。

環境

githubからSRPMダウンロードします。


git clone https://github.com/atanaka7/zabbix-jp-amzn1.git


まず必要なミドルウェアインストール

yum install rpm-build
yum groupinstall 'Development tools'
yum install mysql-devel net-snmp-devel openldap-devel sqlite-devel unixODBC-devel libssh2-devel java-devel curl-devel OpenIPMI-devel mysql
yum install php-cli php-mbstring php-common php-mysql php-xml php php-pdo php-gd php-bcmath


まず必要なrpmインストール
下記から対象を選択。
i386用:
 http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/i386/fping-2.4b2-16.el6.JP.i686.rpm
 http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/i386/iksemel-1.4-2.el6.JP.i686.rpm
 http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/i386/iksemel-devel-1.4-2.el6.JP.i686.rpm
x86_64用:
 http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/x86_64/fping-2.4b2-16.el6.JP.x86_64.rpm
 http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/x86_64/iksemel-1.4-2.el6.JP.x86_64.rpm
 http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/x86_64/iksemel-devel-1.4-2.el6.JP.x86_64.rpm

wget http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/x86_64/fping-2.4b2-16.el6.JP.x86_64.rpm
wget http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/x86_64/iksemel-1.4-2.el6.JP.x86_64.rpm
wget http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/x86_64/iksemel-devel-1.4-2.el6.JP.x86_64.rpm
yum localinstall RPMファイル名


次にRPMビルドするための環境構築します。
ここで必ずroot以外のユーザで作業してください。今回はec2-userで行なっています。

mkdir -p ~/rpmbuild/{BUILD,RPMS,SOURCES,SPECS,SRPMS}
vi ~/.rpmmacros
rpmbuild --rebuild zabbix-2.0.0-1.amzn1.src.rpm


.rpmmacrosの中身
%_topdir /home/ec2-user/rpmbuild
%_builddir %{_topdir}/BUILD
%_rpmdir %{_topdir}/RPMS
%_sourcedir %{_topdir}/SOURCES
%_specdir %{_topdir}/SPECS
%_srcrpmdir %{_topdir}/SRPMS


/home/ec2-user/rpmbuild/RPMS/配下にrpmファイルが作成されます
zabbix-webのフォルダが分かれているので注意してください

├── noarch
│   └── zabbix-web-2.0.0-1.amzn1.noarch.rpm
└── x86_64
├── zabbix-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-agent-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-debuginfo-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-java-gateway-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-proxy-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-proxy-mysql-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-proxy-pgsql-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-proxy-sqlite3-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-server-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-server-mysql-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-server-pgsql-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-server-sqlite3-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-web-mysql-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
├── zabbix-web-pgsql-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm
└── zabbix-web-sqlite3-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm


rpmインストール

sudo rpm -ivh zabbix-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm zabbix-agent-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm zabbix-java-gateway-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm zabbix-server-mysql-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm zabbix-server-mysql-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm zabbix-web-mysql-2.0.0-1.amzn1.x86_64.rpm zabbix-web-2.0.0-1.amzn1.noarch.rpm


/usr/share/doc/zabbix-server-2.0.0/database/から対象のDBに流しこむ

sudo cat schema.sql | mysql -u ****** -p -h ~.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com zabbix
sudo cat images.sql | mysql -u ****** -p -h ~.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com zabbix
sudo cat data.sql | mysql -u ****** -p -h ~.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com zabbix



これでzabbixをAmazonlinuxで使えるとおもいます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zabbio/20120606/1338941328
リンク元