ざぼんの旅のめも このページをアンテナに追加

本体日記が移動しました
http://zabon.s12.xrea.com/diary/
アンテナも張り替えていただけると嬉しいです(^^)
********bk1詳細検索
********amazon.co.jp詳細検索

2004-10-08

[]新堂冬樹

めずらしくトラックバックが複数あるなあとおもったら、

id:zabon:20040913で紹介した

『世界最強虫王決定戦―カブトか?クワガタか?サソリか?オオムカデか?タランチュラか?』【bk1/amazon.co.jp

の著者新堂冬樹(本物)に関する反応であった。

id:qwer78:20041007

id:matuoka:20041008

確かあの時は「ミステリー作家新堂冬樹さんと同一の方ですか?」「はい、ベストセラー作家新堂冬樹さんです」と言われたのだった。

新堂冬樹ってバイオレンス色強そうなイメージがあったんだけど、上の方の紹介を読む限り、むっちゃ面白そうだなあ。

[]『聞こえてますか、映画の音(サウンド)』

久保田幸雄【著】ワイズ出版

bk1/amazon.co.jp

ヌーヴェル・ヴァーグ以降の劇映画×ドキュメンタリーの豊穣な交流を辿り、録音技師・久保田幸雄の業績を振り返る。

第1章 劇映画の録音(『シンガポールスリング』(若松孝二監督);『深い河』(熊井啓監督) ほか);第2章 ドキュメンタリー映画の録音(『青年の海―四人の通信教育生たち』(小川紳介監督);『一〇〇〇年刻みの日時計―牧野村物語』(小川紳介監督) ほか);第3章 インタビュー(聞き手=円尾敏郎);第4章 黒沢明監督酔いどれ天使』の音の世界(「画カット表」による音の分析;『酔いどれ天使』の大筋と四つの舞台 ほか);第5章 久保田幸雄フィルモグラフ

久保田幸雄:1932年2月24日、福岡県大牟田市生まれ。1954年3月27日、九州大学工学部電気通信科卒業。同年4月、長崎放送入社。録音部、報道部。1957年、大阪営業部。同年10月10日、退社。岩波映画製作所で、フリーの録音技師として働く。1958年1月1日、岩波映画製作所。録音部嘱託員。1962年4月1日、録音部社員(一級職)。1964年9月、退職(フリーの録音技師に)。受賞歴、毎日映画コンクール録音賞。『祭りの準備』『どっこい!人間節』1975年度(第二七回)、『サード』1978年度(第三〇回)日本アカデミー賞優秀録音賞。『本覚坊遺文千利休』1990年(第一三回)、『寝盗られ宗介』『橋のない川』1993年(第一六回)日本映画技術賞(日本映画テレビ技術協会/日本映画テレビ録音協会)。『どっこい!人間節』1975年度(第二九回)、『まひるのほし』の録音1999年度(第五三回)小倉・佐伯賞

[]『ジェリー・パーネルの混沌の館にて―カリスマ・ユーザーが綴るパソコン20年史』

ジェリー・パーネル【著】;日経バイト編集【編】日経BP社;日経BP出版センター〔発売〕

bk1/amazon.co.jp

1985年春にスタートしたSF作家ジェリー・パーネル氏の名物コラム「混沌の館にて」。以来、20年にわたってコンピュータ技術の価値と意味を洞察し、その未来を描き続けてきた。パソコン通信ネットワークOS、Windows95、インターネットなど、時代を彩った革新的技術が今、登場当時の新鮮な語り口で蘇る。

コンピューティングの冒険―この20年を振り返る;パーネルの法則;トラブルの数々;HackerconとCOMDEX;ExcelとTrue BASIC;ARPANETとBIX;カラーとCP/M;旅行くコンピュータたち;さあ出発;Big Katバイバイ〔ほか〕

[]『アニメーションの宝箱』

ラピュタBOOKシリーズ 五味洋子【著】ふゅーじょんぷろだくと

bk1/amazon.co.jp

恐竜ガーティー』から『冬の日』まで。そして、『白雪姫』『くもとちゅうりっぷ』『バヤヤ』『未来少年コナン』など全87作品一挙紹介。アニメーションの本当の楽しみ方あなただけにそっと教えます。歴史ジャンル国籍にとらわれず、自信をもっておすすめする名作アニメガイドブック見なきゃ人生損する、見ればきっとあなたを幸せにする、選び抜かれた傑作ぞろい。

世界のアニメーション―「世界アニメ史」アニメーションの誕生(恐竜ガーティー;蒸気船ウィリー;キング・コング;禿山の一夜;ベティの白雪姫 ほか);日本アニメーション―「日本アニメ史」日本アニメーションの始まりと発達(くもとちゅうりっぷ;すて猫トラちゃん;こねこのらくがき;白蛇伝;ある街角の物語 ほか)