Hatena::ブログ(Diary)

n-zenの葉酸ってなに・別館

2018-07-05

今日出荷のガンプラ

HGUC 1/144 バイアラン
HGBC 1/144 バインダーガン

私だ
今日出荷だ
今週はハロプラハッピーイエローもあります

※6日(金)更新
Zの元祖バイアランがようやっとHGUC
放送当時は1/220スケールのみ、ちょい昔にB-CLUBから1/144ガレージキットが出てましたが、
2012年11月にUC登場のバイアラン・カスタム
2014年2月に漫画版UCのカスタム2号機と2号機(バンデシネ版)、
2017年8月にTwilight AXISイゾルデ、とHGUC化を改修機達に次々と先を越され満を持しての原型機ですよ
パッケージイラストでリック・ディアスがやられとるがこれアポリー機か
キットはHGUCバイアラン・カスタムイゾルデの流用で、
A、C1、C2、D、G、Hランナーがカスタムの流用
J2ランナーがイゾルデの流用
J3、K1、K2、L、Mランナーは新規
ビーム・サーベルのエフェクトはSB1ランナー
Lランナーは2枚
流用ランナーは金型スイッチの切り替えでパーツが増えたり減ったり
J3は厳密には新規じゃなくてイゾルデのJ1やJ2のスイッチ切り替えですね
成型色は、
グレーバイオレット、ティターンズブルー2、濃いグレー、デイトナグリーン、
イロプラ(シャインレッド、グレーバイオレット、黄橙、ティターンズブルー2)、
シャインレッド、黄橙、クリアイエロー
ポリキャップはPC-132ABC
前腕がイゾルデの流用なのでZの設定画や劇中よりガッシリめな感じですね
元の異形の昆虫感が薄らいだ印象を受けます
肩部のスラスターが大型化されたり背部にスラスターが増設されていたカスタムやイゾルデの後だと、
えらくシンプルな印象も受けますね
こんなんで大気圏内をある程度飛行してたんだなあと
各部可動はカスタムやイゾルデに準じます
頭部は新規造型
腋下のバインダーだかフィンだかの内側はパーツで色分け
カスタムやイゾルデはホイルシールで色分けしてたが、
あれ貼りづらかったんで助かります
腋下のスラスターノズルは設定では内側も外側も真っ赤ですがキットはグレーの成型色
つま先はイゾルデの流用
イゾルデは初代バイアランほどつま先が尖ってないのに何故か初代同様のデザインなんで、
イゾルデが間違ってんだよな
股下に別売のアクションベース4を接続するための専用ジョイントが付属
武装は、
メガ粒子砲2門、ビーム・サーベル2本
掌のメガ粒子砲はイゾルデ同様開口されていません
ドリルで開口するか市販のバーニア系パーツを組み合わせて、
ちょっと作り込んでやればかっこよくなるかと
サーベルは上腕内側にグリップが収納されている設定で、ちゃんと再現
ビームエフェクトは着脱可能
手首は、開き手とサーベル持ち手が左右1個ずつ
これでバイアランシリーズはコンプリートか
アパラタスという発展型が存在するそうだが今公式設定なのかなこれ

ブレードやガンになるバインダーのカスタムパーツがHGBCで登場
ランナー4枚
A1、A2ランナーは2015年5月発売のボールデンアームアームズの流用で、
B1、B2ランナーは新規
成型色は、
濃いグレー
2種のバインダーが2枚ずつ、ハンドガン、グリップ2個、連結グリップ2個、
連結ジョイント2個、各種ジョイント1式
マガジンっぽいパーツは何なのか不明なのでマガジンということにしておきます
バインダーは後部にグリップを接続可能で、
グリップ接続でブレードやガンに
連結グリップでツインブレードになります
ツインブレードは異なる種類のバインダー同士でも連結可能
ハンドガンは上下左右に3mm丸軸が1本ずつ生えており、
各種バインダーをマウントして強化できます
連結ジョイントでバインダー同士を連結し、更に付属の各種ジョイントを利用すれば、
別売の新HGUC ZガンダムやHGBDリーオーNPDの背部などにマウント可能
他、説明書推奨キットはHGBDガンダムジーエンアルトロン、
HGBDガンダムダブルオーダイバーエース、HGBDオーガ刃-X、HGUC REVIVE百式
箱裏面の推奨キットは上記と同じ
歴代のバインダー背負った機体のバインダーにどこか似ているデザインや、
ドライツバークのようにハンドガンにマウントされるギミックなど、
どっかで見たような感じになるのが面白いですね
ボールデンから流用したジョイントを工夫して組み合わせられたりとカスタムも捗ります

ガンプラ情報
8月10日
ガンダムベース東京限定
RG ユニコーンガンダム[ゴールドコーティング] 8640円

8月
HGBD ガンダムダブルオースカイ 1620円
HGBD ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ) 2376円

9月
ガンダムビルドダイバーズ』関連商品A(仮) 2592円
HGBD ジェガンブラストマスター  2160円
HGBD インパルスガンダムランシエ 2052円
HGBD インパルスガンダムアルク 2052円

9月発送
MG ガンダムストームブリンガー 5400円

ガンダムダブルオースカイは、HGBD ガンダムタイプB (仮)と発表されていたもの
ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ)は、HGBD ガンダムタイプB SPセット (仮)
ハイヤーザンスカイフェイズは通常品より明るめの成型色で、
ド派手なエフェクトパーツやアクションベースが付きます
ガンダムビルドダイバーズ』関連商品A(仮)は、
後期OPやEDに登場している謎のガンプラコスヒロインの模様
ジェガンブラストマスターは、ガンダムビルドダイバーズ ガンプラA (仮)と発表されていたもの
おそらくユッキーの後継機
全身ヤバそうなビーム兵器だらけですね
インパルスガンダムランシエ及びアルクは、B(仮)やC(仮)と発表されていたもの
後期OPでエミリアやカルナの後ろにいる機体ですね
ランシエが赤い方でアルクが青い方です
インパルスベースですがAGEシリーズっぽいパーツも見受けられます

9月発送のガンダムストームブリンガーは、
公式外伝「ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL's World Challenge」登場機体
ベースはMG ジム・ドミナンスだそうです

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zakusamansa/20180705/1530795948