Hatena::ブログ(Diary)

ステロと吠えるを同時に持てるポケモンは強い

QLOOKアクセス解析

2016-09-14

シーズン17使用構築 素早さ判定ガルーラスタン (最高&最終2157)

ボルトロスガブリアスメガガルーラ
メガゲンガーウルガモスマリルリ


ポケモン特性技1技2技3技4持ち物
ボルトロス悪戯10万ボルト目覚めるパワー氷悪巧み電磁波オボンの実
ガブリアス鮫肌地震岩石封じ毒々ステルスロックゴツゴツメット
ガルーラ肝っ玉(親子愛)空元気不意打ち冷凍パンチグロウパンチガルーラナイト
ゲンガー浮遊(影踏み)祟り目ヘドロ爆弾催眠術道連れゲンガナイト
ウルガモス炎の体炎の舞ギガドレイン目覚めるパワー氷蝶の舞達人の帯
マリルリ力持ちアクアジェット叩き落す腹太鼓眠るラムの実

レートが1900代から伸び悩んでしまったため、にゃおーしさんがHarvestで使用した構築に興味もあったことから、中身を頂いて使用した構築。


ボルトロス 図太い 184-*-132-145-97-135
相手の高速アタッカーマリルリのストッパー。そのため、クッション性能の高い、耐久に割いた図太い。
ボルトロスに不安が残るものの、単純に物理耐久に割いた安定感の方を優先させた。

ガブリアス 陽気 203-160-118-*-106-169
ガルーラが触ってくれた際に最もアドが取れるゴツゴツメット持ち。ガルーラよりも素早さが高い、ファイアローに強い点がナットレイとの違い。ほぼ見た目だけではあるが、電気の一貫切りにもなっている。当初は毒々を逆鱗で使っていたが、受け崩しや、ゲンガーの祟り目との相性も考え、こちらの採用を決めた。バトン展開への対策が薄いため、この枠は吠えるでもよかったかもしれない。

ガルーラ 陽気 193-146-101-*-101-143→193-176-121-*-121-154
相手の準速ガルーラよりも速く、最速ガルーラよりも遅い配分。初手ガルーラ対面でグロウパンチ選択し、もし突っ張られたとしても猫騙し以外ならある程度のケアを取れ、猫騙しを上から打たれた場合には捨て身タックルにガブリアスを合わせて一気に削り取ることができる。陽気で秘密の力にするメリットがほぼないので、冷凍パンチ採用。ノーマル技はクレセリアスイクンに強めで、鬼火でも屈しない空元気。素早さの値が素晴らしく、意地っ張りガルーラの素早さに合わせた相手を抜き去ることが強力だった。

ゲンガー 臆病 159-*-95-151-96-170→159-*-115-191-116-192
基本的にはガルーラの選出をしていくが、対ルカリオヘラクロスに対してのメガ枠としてゲンガールカリオファイアローヒートロトム)やヘラクロスクレセリアヒードランのような構築に一貫し、最悪の場合のワンチャンスも狙える催眠祟り目型。ゲンガーに恐れず初手に置き易くなることよりも、物理耐久の方が重要だと思ったため最速は取らなかった。

ウルガモス 臆病 169-*-115-160-125-155
ガルーラガブリアスでは崩しにくいところへ刺さるウルガモス。意地っ張りガブリアスより速く、182岩石封じは耐えるため、スカーフガブリアスでも止まりにくい。ステルスロックなどで削れても回復できる手段でもあり、マリルリでの対応も許しにくいギガドレイン。高耐久と相手への高火力の両立をさせるための達人の帯。ウルガモスが苦手とされるマリルリやスカーフガブリアスでは止まりにくく、ファイアローには前述のガブリアスで対応できる。

マリルリ 意地っ張り 203-112-101-*-104-71
欠伸ループを止めつつ、相手のクレセリアヒードランの並びに強い一般枠。竜の一貫切りや、バシャーモウルガモスなどへの圧力にも。クレセリアを崩すための腹太鼓+叩き落す。これにより、モロバレルナットレイでも止まらなくなる。眠るはガルーラ猫騙しを打つ為に一度交換のタイミングで打つことで、裏共々一気に崩すことができる。眠るを守るにすれば、そもそも猫騙しを防げるが、不意打ちには弱くなってしまうため難しいところ。

基本選出はガルーラガブリアスウルガモスであり、7割近くはこの選出。
ミミロップ等を見たらボルトロスルカリオヘラクロスにはゲンガークレセリアヒードランカバルドンに対してマリルリを絡めていく、といったように基本選出では厳しい相手に対して選出を対応させるようにした。

6匹共に崩しの要素が入っているため、かなり扱いやすい構築だった。構築をくれたにゃおーしさんには感謝。

原案:にゃおーし

最高&最終レート2157 57位 TN ふじみやゆき
f:id:zangehu0226:20160913150555p:image

2016-07-24

びっくりゲッコウガ

最近ずっと使っていたゲッコウガについて。

ゲッコウガ

ゲッコウガ変幻自在冷凍ビーム悪の波動目覚めるパワー炎神通力拘り眼鏡

控えめCS

当初は冷凍ビームを熱湯で採用していた。
しかし、ボーマンダサザンドラを見ても初手出せないことが弱く思えて上記の構成に至った。
他の技構成についてはよくあるものだが、特筆すべきは目覚めるパワー炎。
ナットレイハッサムを一発で落とせることも利点ではあるが、それ以上に重要なのが対クチート
155-115のメガクチートを87.5%(ダメージは152〜)で落とすことができる。
157-116になると68.8%まで落ちてしまうが、現環境のクチートに素早さ無振りな個体が多くないこともあり、落とせなかったクチートは一体もいなかった。
本来はゲッコウガに対してクチートはかなり有利な部類であるため、誘い殺しをできることも大きい。


目覚めるパワー炎という案はるどるふさんからもらったものではあったが、上記にもあるように、数多くのクチートをびっくりさせる火力を見せてくれた。もちろん、本来の眼鏡ゲッコウガ同様、ヘラクロスサザンドラなどを一撃でもっていくこともあった。
そうした「びっくり」させた対戦は数の有利を簡単に作れたため、その対戦で負けたことは一度もなかった。

2016-05-09

第5回あめおふ!使用構築 「カゴカバルドン展開」

カバルドンメガガルーラメガゲンガー
ファイアローパルシェンキノガッサ


ポケモン特性技1技2技3技4持ち物
カバルドン砂起こし地震欠伸ステルスロック吹き飛ばしカゴの実
ガルーラ肝っ玉(親子愛)秘密の力不意打ち噛み砕くグロウパンチガルーラナイト
ゲンガー浮遊(影踏み)シャドーボール滅びの歌身代わり道連れゲンガナイト
ファイアロー疾風の翼ブレイブバードフレアドライブ剣の舞羽休め命の珠
パルシェンスキルリンク氷柱針ロックブラスト氷の礫殻を破るラムの実
キノガッサテクニシャンマッハパンチタネマシンガン岩石封じキノコの胞子気合の襷

カバルドン 腕白 215-132-160-*-117-67
構築の軸。基本的にこいつから展開していく。
ボルトロスの珠めざ氷2耐え配分の流用。素早さを引き上げてもいいかもしれない。
持ち物のカゴにより、ゲンガーやキノガッサ、モロバレルあたりを見ても臆せずに選出できる。ついでに欠伸ループにも強くなれる。ラムではないのは、パルシェンに持たせたいため。ラムが欲しくなる相手はガルーラくらいだった。

ガルーラ 意地っ張り 197-159-115-*-101-113→197-192-135-*-121-123
カバルドンから展開するにしても、初手に置くなどの対面性能を見てもとても強力。構成についても特筆すべき点はない。

ゲンガー 臆病 159-*-80-150-104-178→159-*-100-190-124-200
ヘラクロスや受けループをブチ抜くために採用。初手で1:1を取り、後続のカバルドンで展開という動きも単純ながら強力。

ファイアロー 意地っ張り 173-146-92-*-93-155
対面性能が高く、他のメンツとの相性も良い積み技持ちということですんなり採用。対面選出では掃除役、展開選出では積みエースとして扱う。

・パルシェン 意地っ張り 145-159-201-*-66-104
基本的にはカバルドンと合わせての選出だが、相手にカバルドンが見えた時はピンでの選出もする。対カバルドンだけでなく、電磁波鬼火への耐性もつけたいのでラムの実。

・キノガッサ 陽気 135-182-101-*-80-134
カバルドンの出し辛い、スイクン、ニョロトノ、水ロトムなどを見た時に初手に置きたいポケモンとして採用。初手の置き易さを重視して岩石封じを採用。岩石封じと合わせてメガゲンガーゲッコウガに強くするため、陽気AS。


基本的に初手にカバルドンかキノガッサのどちらを置くかを考え、どちらも厳しければ初手にメガシンカを置く選出をしていた。カゴの実を持ったカバルドンを採用したため、初手カバルドン+裏積みエース2枚という選出が格段に増えた。ゴツゴツメットやオボンの実を持っていないこともあるが、初手ゲンガーの場合を除き、裏にカバルドンを控えさせることがなかった。

結果 第5回あめおふ! ベスト8
Special Thanks るどるふ

2016-05-05

第14回北大阪オフ使用構築 「オタク殺戮スタン」

ボルトロスガブリアスメガガルーラ
メガゲンガーファイアローキノガッサ


ポケモン特性技1技2技3技4持ち物
ボルトロス悪戯10万ボルト目覚めるパワー氷草結び悪巧みラムの実
ガブリアス鮫肌逆鱗地震ストーンエッジ炎の牙拘りスカーフ
ガルーラ肝っ玉(親子愛)空元気冷凍パンチ噛み砕くドレインパンチガルーラナイト
ゲンガー浮遊(影踏み)シャドーボール滅びの歌身代わり道連れゲンガナイト
ファイアロー疾風の翼ブレイブバードフレアドライブ剣の舞追い風命の珠
キノガッサテクニシャンマッハパンチタネマシンガン剣の舞キノコの胞子気合の襷

ボルトロス 臆病 172-*-92-158-100-179
相手のカバルドン展開やボーマンダ入りに対して強いポケモン
ラムの実を持つことで、欠伸ループや耐久ポケモンの毒からの耐性をつけた。
草結び搭載により、本来の役割対象のカバルドンやラグラージはもちろん、ドサイドンやマンムーのようなポケモンに打点を持てる。電磁波を持っていないが、切れる技がなく、ファイアローの追い風もあるため問題ないと判断した。
配分はオボンボルトロスの流用。

ガブリアス 意地っ張り 184-190-139-*-106-139
秘密の力でガブリアスを見てくるガルーラが増えたため、耐久に厚く割いたスカーフガブリアス
この配分の弱点であるスカーフガブリアスミラーの弱さを、後述のファイアローが緩和してくれるため、特に遅さが気になることはなかった。
ラストの枠には、相手の炎4倍や浮いた鋼への打点になる炎の牙を採用。削れた浮いているポケモン+鋼の並びにも一貫した技となっている。

ガルーラ 意地っ張り 197-148-129-*-100-110→197-180-149-*-100-120
今回の構築のキモ。対応範囲が広く、闘えない相手がそうそういない。
指数受けこそ辛いものの、ボルトロスやキノガッサの起点にする、ガブリアスファイアローとの役割集中で崩すなど他のポケモンとの組み合わせで対応できる。

ゲンガー 臆病 159-*-80-150-104-178→159-*-100-190-124-200
ガルーラが出し辛いヘラクロス入りや受けループに対するメガ枠。最低限の性能があるので、ガルーラとの同時選出も可能。
受けループに出していくため滅びの歌型。同時にピクシーやオニゴーリなどのいわゆる害悪戦術にも対応できる。

ファイアロー 意地っ張り 173-146-92-*-93-155
相手のバシャーモ絡みの並びや草タイプ、格闘タイプへの駒として採用。役割集中という要素や締めの高速アタッカーという要素を重視したいため強化アイテムが欲しくなり、今回は打ち分けして欲しい場面が多いので命の珠を持たせた。
追い風の採用により、スカーフガブリアスを始めとしたミラーの同速ゲーの排除や、ガルーラミミロップルカリオゲンガーの上から殴ることができるなど、選出の幅を広げることができる。

・キノガッサ 意地っ張り 135-200-101-*-80-122
相手の数値受けを崩せる枠。数値受けを起点に後続まで持っていきたいため剣の舞採用。タイプ半減程度なら無理やりごり押していける。


選出は基本的にガルーラを初手に置いている。後続のキノガッサやボルトロスで指数受けを起点にし、ラストのガブリアスファイアローで締める形と、ガブリアスファイアローの役割集中で崩す形が多かった。

構築原案:にゃおーし
使用者:
にゃおーし 第33回シングル厨のつどい 3位
ロー♀ 第33回シングル厨のつどい 準優勝
クマ  第14回北大阪オフ ベスト8

2015-12-31

ゴツメマリルリ入り

ボルトロスランドロス(霊獣)メガガルーラ
メガゲンガーウルガモスマリルリ


ポケモン特性技1技2技3技4持ち物
ボルトロス悪戯放電毒々守る身代わり食べ残し
霊獣ランドロス威嚇地震ストーンエッジ叩き落す蜻蛉返り拘りスカーフ
ガルーラ肝っ玉(親子愛)秘密の力不意打ち炎のパンチグロウパンチガルーラナイト
ゲンガー浮遊(影踏み)祟り目ヘドロ爆弾催眠術道連れゲンガナイト
ウルガモス炎の体オーバーヒート火炎放射虫のさざめきサイコキネシス拘り眼鏡
マリルリ力持ちアクアジェットじゃれつく叩き落す眠るゴツゴツメット

年納めに最近使ってた構築。相変わらず人からもらった構築で遊んでた。

ボルトロス 臆病HD(穏やかがいないため)
元々残飯ヒートロトムだったが、炎技がなく、余裕でジャローダに押し負けたため残飯ボルトロス。クレセやジャローダを起点にできつつ、電気に弱くない電気な点で優秀。

・霊獣ランドロス 意地HAS
マリルリがゴツメを持つ以上耐久が不安なため、威嚇を使えるポケモンが欲しく、その中でもメガ+マリルリの並びと相性のいいこのポケモンが入ってくる。スカーフなのはガブガルゲンを始めとするポケモンの上から動きたいため。
 
ガルーラ 意地AS
主軸。対面性能+崩し性能を持てる秘密不意グロウ。ラストは噛み砕くも考えたが、ナットレイクチートといった鋼が面倒だったので炎のパンチ。最低限ゲンガーも削れる。

ゲンガー 臆病HBCS
第2のメガ。威嚇があるためCSに振り切ってもいいと思ったが、ランドロスを選出しないパターンも考えての耐久降り。技構成は最もゲンガーを生かせる構成。

ウルガモス 臆病CS
5体が決まった段階で、相手のカバルドンクチートが非常にきついと思ったため、そこにある程度動かせるポケモンとして採用。カバルドンへのダメージや、ガルーラと対面しても引きたくない場合が多いので拘り眼鏡。同様の理由で特性も炎の体に設定してある。この枠はサザンドラでも考えていた。

マリルリ 意地AB
今回のキモ。ガルーラ+ヤミラミといった構築やバシャーモ入りに強いゴツメ持ち。耐久が足りないのでランドロスを上手く使ったりして生かしていきたい。ヤミラミ入りのピクシーの抜け殻を落としたいための叩き落すと、火傷などで誤魔化されないための眠る。

今年も一年お疲れ様でした。来年は自分で構築作ります。