Hatena::ブログ(Diary)

ザリガニが見ていた...。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-10

開発中のソフトウェアブックについて。

ソフトウェアブック

ログイン名zarigani
パスワードzarigani
  • ソフトウェアブックはRails学習用に開発しているwebアプリケーションです。
  • Ruby-GetText-Packageで日本語化したLoginEngine、UserEngineを利用しています。
  • jascaffoldを利用しています。
  • リスト表示で、並び替え/フリーワード検索/キーワードフィルタを、複合的に条件設定して表示します。
  • 開発環境は...
    • Locomotive2.0.8(Rails1.1.6版)
    • データベースsqlite3
    • RadRails0.7.2(日本語化)
  • ログインユーザーの登録/削除、サンプルデータの登録/削除、自由に試して頂いてOKです。
  • 新規ユーザーを登録する時には、LoginEngineのメール認証を利用しています。登録完了までに、以下の手続きが必要です。
    • 新規ユーザーを作成すると、登録したメールアドレスに認証メールが送信されます。
    • そのメールから認証手続きをして、はじめてユーザー登録が完了します。
    • メール認証するまでは、ログインすることは出来ません。

User、Role、Permissionによる管理について

  • Permissionは、コントローラーとアクションの組み合わせで、操作が許可されているかどうかを表現するテーブルです。ソフトウェアブックでは「アクセス権」と訳しました。
  • Roleは、上記「アクセス権」を所有する区分を表現するテーブルです。ソフトウェアブックでは「権限」と訳しました。権限にはデフォルトで、Admin、User、Guestの3つがあります。
    • Admin権限は、全アクセス権を所有。
    • User権限は、主としてSoftwaresやKeywordsテーブルのアクセス権を所有。
    • Guest権限は、ログインとパスワード忘れのアクセス権のみ所有。
  • Userは、ログイン名とパスワードで区分されるユーザーを管理するテーブルです。ユーザーには上記「権限」が与えられています。
  • zariganiでログインするユーザーは、Admin権限を持っています。
  • 新規ユーザーを追加すると、User権限になります。
  • アクセス権のない処理を実行しようとすると、警告され、実行できません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zariganitosh/20070210/1171074078