Hatena::ブログ(Diary)

ザリガニが見ていた...。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-11-13

USキーボードを選択してMacBookのキー入力環境をより快適に!

二年前にMacBookを使い始めた時から、すっかりUSキーボードが気に入ってしまった。USキーボードを選択したきっかけは、実際に店舗で触ってみて以下の理由から。

  • MacBookになってから、トラックパッドがとってもでっかくなった!
  • これだと、入力中に手のひらが触れてしまい、誤入力になるかもしれない。(慣れの問題もあるが)
  • さらに、日本語キーボードだとホームポジション(FとJの位置)が左寄りになる。(Jの位置がほとんど中央)
    • Windowsマシンのトラックパッドが左寄りになる理由はここにあるが、デザイン性を重視するAppleはそんな対応は絶対にやらなそう。

f:id:zariganitosh:20060517193455j:image 日本語キーボード

f:id:zariganitosh:20060523141759j:image USキーボード

USキーボードの魅力

そこで、USキーボードを実際に使ってみると、思いのほか快適。

  • USキーボードだとホームポジション(FとJの配置)がより中央寄りになる。(完全に中央じゃないけど許せる範囲)
  • 入力姿勢も以前より良くなった。(右肩が凝り気味な感触が無くなる)
  • 英数以外のキー配置が好み。
    • 括弧類は対応する括弧が左右に配置されたキーポジションが好き。
    • コロン系、クォーテーション系はシフトキーで種類を変更できるところが好き。
  • 見た目がシンプル。

日本語キーボードの魅力

すっかり、USキーボード派になってしまった訳だが、唯一、日本語キーボードに魅力を感じるところもあった。

  • スペースキーの左右に配置されている英数キー、かなキーのダブルクリック押しの技が羨ましい。
    • かなモードのつもりで「nihonngo」とか入力してしまうことが、たまにある。
    • そんな時は「nihonngo」の直後で、かなキーをダブルクリックしてみると、「にほんご」となって、かな変換モードになる。(幸せ)
    • 逆に英数モードのつもりで「じゃぱねせ」とか入力してしまった場合は、英数キーのダブルクリックで幸せになれる。(japanese)
  • 英数キーのダブルクリック押しについては、F10キーで代用できるのでOKだが、かなキーのダブルクリック押しについては長い間諦めていた。

ところが、先日まとめた「16名のmacユーザーで利用されているソフトウェアの傾向とか分析とか」のリストの中に素晴らしいソフトウェアが見つかった!

KeyRemap4MacBookが両方の魅力を融合する

キーボードの配列は難しい問題だ。こだわるほどに、個人の嗜好が強く反映される。そんな時、KeyRemap4MacBookをインストールすることで、個人的な欲求をかなり満たすことができた!

USキーボードに かなキー のダブルクリック押しの機能を追加する。(できれば 英数キー も)
  • システム環境設定のKeyRemap4MacBookを開いて、以下のように設定した。
    • For Japanese >> Remap Comand_L Key
      • Command_L to Command_L(+ When you type Command_L only, send EISUU)
    • For Japanese >> Remap Comand_R Key
      • Command_R to Command_R(+ When you type Command_R only, send KANA)

f:id:zariganitosh:20081113094108p:image

  • 上記設定によって、コマンドキーを単独で押して離した時は、英数キー、又は かなキーとして機能する。
  • 他のキーと組み合わせた時は、いつも通りのコマンドキーとして機能する。

素晴らしい!何とも賢い設定だ!左右のコマンドキーに本来の機能を備えたまま、英数キーとかなキーの機能を割り当てることが出来てしまった。もちろん、ダブルクリック押しもちゃんと機能する。(KeyRemap4MacBookに感謝!)

ファンクションキーのF3・F4・F5に音量調整の機能を割り当てたい

初代MacBookまでは、ファンクションキーにiTunesのコントロール機能は無く、音量調整もF3・F4・F5(消音・小・大)に割り当てられていた。ところが最終モデルのMacBookを購入してみると、F7〜F10にiTunesと音量のコントロールが設定されていた。日本語入力時にF7〜F10を活用したい自分としては、その位置にiTunesコントロールや音量調整があると困った状況になる。

f:id:zariganitosh:20081112190232j:image 初代モデル

f:id:zariganitosh:20081112190150j:image 最終モデル

  • 標準のファンクションキーを有効にすれば、日本語変換時にF7〜F10が利用できるが、輝度や音量の調整にはfnキーの併用が必要になる。
  • でも、fnキーは押し難いので、できるだけ使いたくない。

そんな時は、以下の設定で解決した。

  • システム環境設定 >> キーボードとマウス >> キーボード タブ
    • 「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」をチェックありに設定

f:id:zariganitosh:20081113101749p:image

  • システム環境設定 >> KeyRemap4MacBook
    • Remap F1..F16 key >> Remap F1..F5 key
      • F1 to Brightness Down チェックありに設定
      • F2 to Brightness Up チェックありに設定
      • F3 to Volume Mute チェクありに設定
      • F4 to Volume Down チェクありに設定
      • F5 to Volume Up チェクありに設定

f:id:zariganitosh:20081113113836p:image

ファンクションキーの印字はその機能と異なるけど、これで以前とほとんど同じファンクションキー配列になった!


ところで、いろいろ試行錯誤している中で、もしかしたら以下の設定の方がより良いかもしれないと思い始めている。

  • よく使っていたのはF10でかなを英数に変換だが、コントロールキーと「;」のショットカットの方が、ホームポジションを移動しないので楽かもしれない。
    • コントロールキー + J K L ; で、ひらがな・カタカナ・全角英数・半角英数に変換される。
  • USキーボードになって、コントロールキーが押し難いため利用していなかったが、システム環境設定 >> キーボードとマウス >> 修飾キー...ボタンで、ほとんど使うことのないcaps lockキーをコントロールキーに変更してしまうと、思いのほか使いやすいことが判明。
  • Appleの設定をなるべく受け入れて、それに慣れておくことも必要かもしれない。

キーボードのシステム環境設定と、KeyRemap4MacBookによって、USキーボードに不足していると感じた機能はすべて補完されてしまった。MacBookについては、もはや、かな入力の目的以外では日本語キーボードの存在に疑問を感じてしまうほど。

但し、OSがバージョンアップした時には注意が必要かもしれない。キー設定の機能が働かなくなったり、困った状況になる可能性がある。Appleが標準のシステム環境設定として提供してくれれば良いのだけど...。

ことえり辞書の追加

  • USキーボードとは関係ないが、ことえりの辞書にNADのカタカナ英語辞書を追加している。
  • カタカナ読みが英単語に変換されて、かなり幸せを感じる。
    • 「まっくぶっくにそふとうぇあをいんすとーるする。」→「MacBookにSoftwareをInstallする。」
    • 現在登録数は105000語(凄い!)だそうで、素晴らしい辞書です!手放せません。

USキーボード環境が自分好みになって、文章の入力もストレスなく入力でき、そうすると書くこと(打つこと)が楽しくなってくる。(無駄に入力したくなってくる...。小さい頃、新しい文房具を買って、なぜかその時だけ勉強したくなるのと似ている。)キー入力環境を整えると、ブログの更新頻度が多少は上がるかも?

semisemi 2008/11/13 11:36 僕も以前はUSキーボードの方が見栄えがかっこいいという理由で使っていましたが、「英数」「かな」キーでステートレスな入力モードの切り替えに味を占めてからは断然日本語キーボード派になりました。

zariganitoshzariganitosh 2008/11/13 11:58 > 「英数」「かな」キーでステートレスな入力モードの切り替え

この操作は、「英数」「かな」キーのダブル押しのことではなく、また別の操作なのでしょうか?

nomnom 2009/08/13 01:14 通りすがりのものですが、非常に参考になりました。
すばらしい!

ただ、「ダブルクリック押し」や「ダブル押し」ってなんですか?
Mac使うようになって10年くらいたちますが、初耳の言葉で
何のことか判らず・・・何か便利な操作方法なんでしょうか?

zariganitoshzariganitosh 2009/08/13 20:24 コメントありがとうございます。
ダブルクリック押しとは、マウスボタンをダブルクリックする様に、キーを連続2回押すという意味で書きました。統一的な表現でなく、分かり難くくてすいません。(正式には何と言うべきなのでしょうね?)
ことえりの英数•かなキーを連続2回押しは、結構よく使うお気に入りの技です。おっちょこちょいなもので、入力モードが違った状態で5、6文字タイプしてしまうことが多いのです。

はじめましてはじめまして 2009/10/25 00:13 >ステートレスな入力モードの切り替え
現在のモードに関係なくそのキーを押せば日本語/英数モードになる、つまりCommand-Spaceのトグル切り替えでないという意味ですね。日本語キーボードの最大の利点ですが、このツールがあると英語キーでも使えるため、のこりは手が覚えてしまった記号の配置を重視するかだけになってまだどちらにするか迷っています。

カナキーダブル押しはことえりがうらやましくなりました。Atokだと使えないようです。

wtwt 2010/05/24 16:38 参考にさせてもらいました。usキーボードを選ばない手はない。って感じです。

zariganitoshzariganitosh 2010/05/25 11:11 USキーボード、お勧めです!

cocococo 2010/06/05 14:35 USキーボードへ「かな」「英数」の導入大成功です!!
ワクワクしすぎて、無駄に打ちたい気持ちでいっぱいです!!
とても助かりました。 解りやすい提示のおかげでスムーズに導入できました。
ありがとうございました!

okibekookibeko 2011/01/04 15:23 大変参考になりました。
ダブルクリック押しでの変換もバッチリです!

念願だったMacbook Air 11インチ+USキーボードが実現できて大満足です。

zariganitoshzariganitosh 2011/01/04 17:08 いいですね。
MacBook Air 11インチ、羨ましいです。

KeyRemap4MacBookに、つくづく感謝です。
素早く継続的なサポートにも感謝、感謝です。

bimmerbimmer 2011/03/06 20:53 とてもためになる情報でした。USキーボード(ワイヤレス)を買って快適に日本語入力と英語入力を切り替えられるようになりました。ありがとうございます。

zariganitoshzariganitosh 2011/03/10 12:20 お役に立てたようで嬉しいです!

Mas@Mas@ 2011/03/15 13:14 かなり、参考になりました。

私は、USにしようとおもっていますが、
ちなみに、\は、どうやって出すのでしょうか。

他にも、\のような日本独特のものは、ありますでしょうか?

Mas@Mas@ 2011/03/15 13:17 すみません。
上の者ですが、Yenマークの
ことでした。

すみません、初心者で。。。

zariganitoshzariganitosh 2011/03/19 15:06 全角エンマークの場合は、「えんまーく」とひらがな入力して変換しています。
半角エンマークの場合は、英語・日本語キーボード関係なく、以下のような文字コードにまつわる深遠な問題があります。
http://d.hatena.ne.jp/zariganitosh/20100514/backslash
自分は、半角バックスラッシュとして認識されると嬉しい派です。

momochillmomochill 2011/03/21 18:30 USキーにして記号はある程度慣れた(し、コロンやクォート、カッコ類は以前より楽になりました)けど、英数キーとカナキーでの切り替えだけはJSキーのが便利だなぁと思ってましたので、この情報は大変助かりました。
ありがとうございました!

IKEIKE 2011/08/29 11:24 KeyRemap4MacBookの環境設定は現在、日本語対応です。
自分もUSキーで、KeyRemap4MacBookは使っていたけど、英数/かな/commandのダブルクリックは知らなかった〜昔からそうだったの?
入力キーのダブルクリックは、
●ATOKも対応します。
●Google辞書は非対応。

zariganitoshzariganitosh 2011/08/30 09:35 momochill さん、
左右のcommandを英数とカナに割り当てるのは、OS標準の機能にして欲しいくらいですよね。
それを可能にするKeyRemap4MacBookは本当に素晴らしいですね。

IKE さん、
少なくともこの日記を書いた2008年当時には、左右のcommandキーを、英数とカナに割り当て可能になっていたようです。
ことえりの機能としての英数/かなのダブル押しは、おそらくTigerの頃から使っていた記憶があります。

RR 2011/10/19 04:47 USキーボードを検討していましたので、こちらの記事大変参考になりました。
有り難うございます!そこで一点質問なのですが、現在ブートキャンプでWIN7を利用していまして、かな英数で切り替えできるようIMEを2カ所変更しています。
USに変更の場合、左こまんど変換、右コマンド変換、コマンド+他のキー=コマンドを利用してブート側も同じにする場合IME変更箇所又は変更方法をご存知であれば教えて頂けると嬉しいです。

下記の記事が参考になるのかなと思いましたが、USの先輩にお聞きするのが早いと思いよろしくお願いします。
http://lowply.tumblr.com/post/34942580/bootcamp-apple-us-keyboard-mac-ime

zariganitoshzariganitosh 2011/10/19 15:49 あいにく、こちらではブートキャンプとWindows環境を利用していないので、詳しくありません。
コメントにも書かれているURLの記事を試すのが近道ではないでしょうか。
もし、理想の環境が手に入ったら、ぜひ教えて頂きたいです。あるいは公開して頂けると嬉しいです。
健闘を祈ります。

PS
いろいろな事情はあるのかもしれませんが、この際、OSX環境に移行するというのも一つの方法だと思います。
せっかくOSX環境が起動できるのですから。(自分としては勿体ないと思います)
どうしてもWindowsが必要な場合は、エミュレーション環境で起動すれば、MacとWinをアプリケーションを切り替える感覚で利用できます。(しかし、その場合でもWin環境にはWin用のキーリマップソフトが必要だと思います)
実際、自分はどうしても必要な時は、VirtualBoxを利用して、年に数回程度Win環境を起動しています。
事務仕事ならストレスなく使えます。

MortMort 2013/07/24 21:16 Google日本語入力の先日のアップデート(1.10.1380.1)で、Mac版での二度押し変換に対応したみたいですけど、USキーボード+KeyRemap4MacBookで動作しないのが残念ですね。かわせみでは正常に動作するので、Google日本語入力の処理がイレギュラーだということなのかもしれません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証