Hatena::ブログ(Diary)

ザリガニが見ていた...。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-18

プリンタのインク詰め替え作業記録

初めてのインク詰め替え作業。ちゃんと出来るまで、結構、失敗があった...。そうならないためのメモ。

作業環境

  • CANON BJF900
    • 調べてみると2001年のモデルだった。古っ!

失敗1:注入口栓が同封されていなかった

  • 箱を開けて気付いた時点で、すぐに連絡して取り寄せれば良かったのだが、まあ、詰め替え初心者なもので、
  • テープで塞げば何とかなるだろう的な安易な気持ちで、早速作業を始めてしまったのであった...。

失敗2:インクカートリッジの形状が違っていた

  • 本来、BJF900のインクカートリッジにはBCI-6BKを利用するべきなのだが、顔料インクの詰め替えインクはBCI-321・320用しかない。
  • インクカートリッジの形状が違うので、付属している詰め替え作業の補助器具は、ほとんど役に立たないのであった...。

失敗3:インク注入口の場所を勘違いしていた

  • これは、インク詰め替えの取扱説明書の手順にも、書かれていなかったことなのだが、
    • 但し「インク注入口のボール栓をインクタンク内に落とします。」との記述はあった。
    • たぶん、BCI-321・320であれば、補助器具によって、しかるべき位置(インク注入口)にネジがセットされ、開栓できるのだと思う。
  • BCI-6BKのインク注入口は、背ラベルのPUSHと書かれた黒丸の真下にある。
  • だから、補助器具を使わずに、インク注入口に辿り着く為には、このように背ラベルを剥がす必要があるのだ。

f:id:zariganitosh:20100518103105j:image

  • 一方、インク詰め替え初心者な自分は、必死に、背ラベル後方の若干の窪みを注入口と勘違いして、そこ(NGの所)に穴を開けようとしていたのであった...。
  • 無論、通常の力で穴が開くはずもなく(形状違いのため補助器具も役立たず)、やむなく、金槌で上から無理矢理、叩き込む。
  • 幸か不幸か、それでも何とか、穴があいてしまったのである...。
  • しかし、周囲はひび割れている...。それでも躊躇なくインクの注入を始める詰め替え初心者(自分)なのであった...。

現象1:インクだだ漏れ状態

  • ここまで読んで、経験豊かなインク詰め替え作業者の方々は、その後どうなったか想像がつくと思う。
  • ご想像のとおり、注入したインクは、インク出口からだだ漏れ状態となっていたのであった。
  • インクを8割方注入して、テープで塞ごうとしてインクカートリッジを持ち上げると、ポタポタと漏れていることに気付く。
  • こうなっては、どうしようもない...。最後の一滴まで出尽くして、そして再び空っぽになったのである。
  • 一応、形状が合わないインクストッパーが受け皿となって、漏れ出したインクはそこにたっぷり溜まっていた。
  • ティッシュペーパーですべて吸い取って、対策を考えて、もう一度やり直しだ。

対策1:インクカートリッジを斜めにして、インク出口から漏れ出さない量だけ注入する

  • 本来、注入する時は、付属のインクストッパーがインクの漏れを防いでくれるようだ。
  • しかし、形状が違うのでここでは役に立たない。
  • そこで、インクカートリッジを斜めにして、インク出口から漏れ出さない量だけ注入するようにしてみた。
  • この方法で、およそ3割ほど注入できた。
  • そして、注入口にテープを貼って塞ぐ。
  • しかし、インクカートリッジを水平にすると、やはり、だだ漏れ状態...。
  • ティッシュペーパーですべて吸い取って、対策を考えて、またやり直しだ。

対策2:丸箸とゴム風船で即席のキャップを作成する

  • 調べてみると、インクが漏れ出してしまうのは、完全に注入口が塞がっていない為と理解した。
  • インク注入口を完全に密閉してしまえば、スポイトの水が落ちないのと同じ原理で、インクの漏れはなくなるようだ。
  • そこで、使い捨ての丸箸の先端を適当な長さにきって、そこにゴム風船を被せて、ゴム栓にしてみた。

対策3:インクカートリッジを替えて正しいインク注入口から開栓する

  • 無理やりこじ開けた穴の周りはひび割れもある。そこから空気が漏れて、インク漏れの原因になるかもしれない。
  • インクカートリッジを替えて、ラベルを剥がして、正しいインク注入口を開栓する作業からやり直すことにした。
  • 正しいインク注入口なら、軽く金槌で叩くだけで、ボール栓が落下して、開栓した。(補助器具が合わないので相変わらず金槌を使った力技だけど)
  • 以上の対策を施して、インクカートリッジの姿は以下のようになった。

f:id:zariganitosh:20100518103106j:image

  • 超カッコ悪いけど、これでインクのだだ漏れ状態は回避できたのであった。
  • そして、念のため1時間以上放置して、インクの漏れがないことを確認して、BJF900プリンタに取り付けた。

印刷してみると、問題なく印字された!詰め替え作業、何とか完了。

  • その後、純正インクに戻して、数枚の試し印刷をして、非対応の顔料インクがヘッドに停滞しないようにしておいた。

まとめ:失敗しない手順(インク詰め替えの補助器具がない場合)

  • インクが漏れることを想定して...
    • 作業場所に新聞紙を敷いておく。
    • ティッシュペーパーを準備しておく。
  • インクカートリッジの背ラベルを剥がす。
  • インク注入口のボール栓を開栓する。
    • ボール栓にネジを当てて、上から金槌で軽く叩くと開栓する。
  • カートリッジを斜めにして、インク出口から漏れない程度にインクを補充する。
  • インク注入口を密閉する。
    • 使い捨ての丸箸の先端にゴム風船を被せて、ゴム栓にした。
  • インクカートリッジを水平にして、1時間くらい放置して、インク漏れがないことを確認して、詰め替え完了。
  • ヘッドのインク詰まりが心配な場合は、純正インクに戻して、数枚試し印刷しておく。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zariganitosh/20100518/printer_ink_refill
リンク元