Hatena::ブログ(Diary)

ザリガニが見ていた...。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-07-24

シングルレバー混合水栓のハンドルの交換

洗面台の蛇口のハンドルがグラグラになってしまった。吐水しても水がチョロチョロしか出ない。レバーハンドルを外してみると...

f:id:zariganitosh:20120724150932p:image

f:id:zariganitosh:20120724150930p:image

f:id:zariganitosh:20120724150933p:image

長年の使用でレバーハンドル取付部の付け根が疲労破損してしまったのだ。

さっそく型番を調べてみると、これはMYM(喜多村合金製作所)製の水栓ということが判明した。

f:id:zariganitosh:20120724150931p:image

  • 交換用のレバーハンドルを取り寄せようとさらに調べると、なんと!MYMは水栓事業から撤退(2008-02)してしまったと...。
  • もはやこれまで、水栓の全取っ替えが頭をよぎったが、さらに調べると水栓事業はKVKに統合されたとある。
  • そこでKVKのページを確認すると、MYM製品のサポートを継続して行っていることが判明した!
  • そこにある製品一覧に載っていないので、問い合せフォームに入力して、送信してみた。
  • すると、翌営業日には迅速なメールが返信されてきた。
    • FM728のレバーハンドルは残念ながら廃番となってしまって在庫がないこと。
    • しかし、代替レバーハンドルの在庫があること。(KP61DW、代金2030円)
    • 上記代替レバーハンドルを代引き(手数料800円)で直接購入できること。
    • あるいは、近所のホームセンターで購入できる可能性もあること。

素晴らしい!

  • おまけに、メールには詳細な分解図まで添付されていて、非常に丁寧であった。

f:id:zariganitosh:20120724150936p:image

  • 余裕で10年以上前の、しかも(事業は引き継いでいるそうだが)他社製品でありながら、この徹底したサポート。
  • 以前からKVKはホームセンターでの部品購入のしやすさ、手頃な価格で好きだったのだが、さらにファンになってしまった。
  • さっそく部品を発注。そして届いた部品がこれ。(右側が代替品のKP61DW)

f:id:zariganitosh:20120724155051p:image

f:id:zariganitosh:20120724155047p:image

f:id:zariganitosh:20120724155046p:image

f:id:zariganitosh:20120724155045p:image

f:id:zariganitosh:20120724155044p:image

  • そして、取り付け。ードライバーでキャップを取り外して、+ドライバーでねじ込むだけ。
  • 但し、一つだけ注意するとしたら、作業前に排水口に栓をしておいた方が良いかもしれない。
    • もしネジを締める時に、不運にも排水口に落下してしまったら、泣きを見ること間違いなし。
    • どうにか取り出すことはできるかもしれないが、余分な作業が増えて、テンション下がりまくり。
    • 栓をしておくだけで、その不運な可能性を0に排除できるのだ!

f:id:zariganitosh:20120724155048p:image

f:id:zariganitosh:20120724155049p:image

f:id:zariganitosh:20120724155050p:image

これで元どおりの操作性になった!

所感1

  • 古い製品に対するKVKのサポート姿勢に感服してしまった。
  • おかげで、いつまでも古い製品を快適に使い続けてしまう...。
  • KVKの売上げには、あまり貢献していない自分がそこに居た。
  • 次回水栓を新調する時にも、迷わずKVKを指定させて頂きます、と誓ったのであった。

所感2

  • 普段、当然のように使っている蛇口の驚異的な耐久性、メンテナンス性の高さを実感した。
  • この使い捨て、丸ごと交換、短い商品寿命サイクルの世の中において、蛇口を超える製品は思い当たらない。
  • しかも、シングルレバーは優れたUI設計であり、ハンドルに届く台があれば、2歳児でも吐水・止水できる。
  • そもそも、新品の水栓を操作した時の、あのヌルっとした操作感は素晴らしい。
  • シンプルだけど精密に加工された部品と部品が、ゴムパッキンを介して隙間なく組み合わさって得られる、あの心地良い感触。
  • 古くなるとその感触は低下するが、ゴムパキンを交換することでまた復活する。
  • そのようにして余裕で10年以上、下手すると20年以上も使い続けられるのだ。

ある意味、すべての工業製品は蛇口を見習うべきである。

MacintopMacintop 2012/07/24 20:44 最近、似たような作業をした(便座交換、洗濯機給水ホース交換、ガス給湯器部品交換)から、このような記事は共有フォルダーに保存です。外に頼むと結構な額を請求されるから可能な限り自分で始末したいと思う。底値定着の自分の株価が上がるし。

zariganitoshzariganitosh 2012/07/24 21:16 > ガス給湯器部品交換
素晴らしいですね、そこまでやっていらっしゃるとは!
いずれ自分もガスの知識と技術も身に付けてみたいものです。
現状は、近所のガス屋さんに部品が供給されていない→全取替を勧められたら、オークションで中古部品を取り寄せて、作業してもらっています。
(幸運にもそのガス屋さんはそのような作業でもやってくれるので)

> 外に頼むと結構な額を請求されるから
ホントにそのとおりですよね。
今回の作業も仮に修理を依頼すれば、MYM製品は廃番→純正交換部品がない→水栓の全交換→確実に3万円コースになりそうな気がします。

インターネットによるピンポイントな検索が可能になったおかげで、自分のような素人でもDIYが可能になりました。
あとはやる気の問題になってきますね。
今のところ費用対効果を考えるとやる気満々で頑張っています。

kzmkzm 2012/07/25 11:18 MYMとKVKって兄弟(北村さん)がそれぞれ立ち上げた会社です(豆知識)
兄弟でそれぞれ競合する会社を経営していたのは不思議ですけどね。

zariganitoshzariganitosh 2012/08/03 10:04 > MYMとKVKって兄弟(北村さん)がそれぞれ立ち上げた会社です(豆知識)

なんと!兄弟の関係だったのですね。
素晴らしいまめ知識になりました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zariganitosh/20120724/1343114506
リンク元