Hatena::ブログ(Diary)

無動力のりものスポーツの日々 RSSフィード Twitter

2016-06-26

筋肉量と筋質を見てもらいに甲南山手21:04 筋肉量と筋質を見てもらいに甲南山手へを含むブックマーク

先週帰宅した際にマサコさんもらったメッセージ「来週土曜日に筋質チェックがあるので・・」だったので土曜日ばたばたと仕事を終わらせて・・たら日曜日開催でした(笑)

という訳で昨日午後は、喫茶店などでゆっくりお茶しながらお昼を頂いて、昼寝をして、久々の自炊

雨だったのですが、なんだか空気がさわやかで窓を開けていたりして。夜は寒い位でした。

翌今朝はとても爽やかな晴れ。なので自転車を朝っぱらから久々に。

今日は多可〜八千代市川上りのゆるいコース(約50km)のんびり走るつもりだったのですが、市川への上りで後から地元のグループでしょうか、いいペースの集団が追い抜いて行ったので久しぶりに集団で走りたくなって連結。トンネルの手前まで楽しませて頂きました。でもキツかった。7人の集団だったのですが前4人くらいで回していて、あ、ここ、って言う所で誰かが必ずアタックして崩壊(笑)。また集合してから、ここという所でまたアタック(笑)。僕は後の付き位置のひとの後でヒラヒラしていました。

トンネルを越えて市川に下る道で再集結した後、すごい勢いで下って行きました。僕は見送り・・下りはこわいので。

戻ってお洗濯をして、トイレ掃除をしてから出かけました。播但線山陽電車阪神三宮甲南山手

不思議ショッピングセンターで、地下にお魚屋さん(昔ながらの一尾売りもしている)が並んでいたり、お豆腐屋さんがそこで作っていたり・・。

>後で教えて頂いたのですが、そのショッピングセンター震災前は市場だった所だったそうで、そういう商店さんは市場にお店を出されていた人達の店のようです。でもいいなぁ。イサキの一尾買いとか、そんなに高くなくて美味しそうだったし・・。今神戸の町を見るとそんなが本当に事あったのだろうか、と思う位普通に町になっているのですけれど、そういうふうに傷跡がのこっているのですね・・。

その隅のスタジオの一角で筋質チェックをやっていました。・・・というかマサコさん含め4人でそれぞれの得意技を持ち寄って普及活動?をしているみたいです。なんか和やかな雰囲気(笑)

早速チェックをしてもらいました。

やってくれた方はハマジーさん(浜爺さん??)で、当年とって75歳なのだそうなのですが、どう見ても70歳位にしか見えないおじいちゃんで、話題豊富でとても面白かったですね。

筋肉量と筋質の方は、どちらも標準的範囲だったのですが・・やっぱり低い方に近い値でした。そうなんだ、やっぱり・・筋肉量足りないのね(笑)。早くならない訳だ(笑)

今回ので大体全部つながったので、さて、どうしてゆくか少し考えます。でも適当に動かしていないと多分退化が激しいのでしょうね>僕。

ついでに?手のひらのつぼ押しマッサージもやって頂きました。「あ、そこ痛い」という所を紐解くと・・心当たりのあるものばかり、これもとても面白かった。

f:id:zawasi:20160626150224j:image

↑測っているの図

結局3時頃から5時頃までいました。おしゃべりをしたりマサコさんと知り合ったグライダーについてお話ししたり・・。

楽しい旅行でした(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20160626

2016-06-10

400000PV 05:51 400000PVを含むブックマーク

昨晩寝ぼけ眼で投稿した後に越えたみたいです。読んで頂いて本当にありがとうございます

ていうか、いったいどんな人が見ているのかしら?というのはいつも変わらぬ疑問です。

30万PV2013年8月だったみたいで、3年で10PVかぁ。日当り90PV位??。

どちらかというと、本当に日記として綴っているので自分で見返すのが一番多いかもしれないですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20160610

2016-06-09

虫の季節 23:59 虫の季節を含むブックマーク

蜘蛛とかゲジゲジとか何処から入って来るのだろう?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20160609

2016-06-04

広島11:37 広島へを含むブックマーク

庄司さんのソロリサイタルツアーが先週位から日本を駆け巡っているのですが・・姫路に居る僕は、帰れる週末に行ける東京近郊の会場がなく・・探したら6月4日土曜日広島、5日に島根だったので、広島へゆく事にしました。

プライベート広島を訪れるのは初めてです。

折角の広島だし、オバマくんも訪れた訳だし、平和記念公園とか資料館とかも行ってこようと思いました。

・・・普段の僕なら避ける(笑)。そういうの怖くてキライ。戦争なんてまっぴら。

安く行く方法を探ったのですが・・ない。一人だと。なのでチケットショップで往復のバラ売りを購入。


まずは市電広島電鉄という民営なんですね。だから上手くいったのかなぁ。

f:id:zawasi:20160604105800j:imagef:id:zawasi:20160604121451j:image

電車の本数も多くて利用客も多くてとてもいいですね。便利だし。

生まれた横浜にも市電はあったのですが、僕が小学生になる頃には廃止されてしまっていて、かすかに乗った記憶はあるのですけれどね。本牧とかへ行くのに乗ったっけ?。

そしてお昼はお好み焼き。八昌というお店。

f:id:zawasi:20160604112500j:image

お好み焼き 八昌

食べログお好み焼き 八昌


原爆ドーム。レンガ造ではなくて鉄筋コンクリートだったんですね。

f:id:zawasi:20160604122500j:image

原爆死没者慰霊碑黙祷

f:id:zawasi:20160604122900j:image

そして資料館へ・・。たっぷり時間以上かかるというのをどこかで読んだのですが・・僕には刺激が強すぎて耐えられません・・やっぱり。見たけれど・・たぶん他の人から見ると目をつぶって足早に去ってゆくように見えたかもしれないですね。

なので予想よりはるかに早く出てきてしまいました。・・しようがないから会場へ。会場内の喫茶店あたりで時間をつぶそうと思っていたのですが・・・


完売、当日券はありません」とのポスター。・・そういえばチケット買う時に席を選ばなかったなぁ。

・・ていうことは、自由席??。並ぶ??・・・ということで会場へ。

f:id:zawasi:20160604125900j:image

から6〜7番目をゲット(笑)サイン会はありませんの掲示。

f:id:zawasi:20160604134000j:image


しばらくお水を飲みながら待つ・・たまたま椅子があったので座っていられました。

そして会場へ。

↓こんな席。1列めは関係者席でした。

f:id:zawasi:20160604143100j:image

f:id:zawasi:20160604143200j:image

会場はこんなかんじで、「オーケストラ練習場」ということだったのですが本当にその通りで、大会場のステージだけって感じの部屋でした。天井は高いし反響も考えてあるし・・。

でも、この距離感半端ないですね。手に届くようなところで演奏してくれる!。先日の高木さん程ではないけれど、こういうのとてもうれしいしいいですね。


コンサートは、広島公演について言うと・・要するに作曲家細川俊夫さんが日頃から行っている演奏会活動の一つになっているようでした。・・だからこの会場、距離感で、このお値段なのですね。満員で、会場で券を求めた方が多かったように見えます。みなさん地元の方が多いのでしょうか?。チケットぴあなんて使っている僕とかの方が少数派?。

プレトークを細川さん自ら行ってくれて、曲の背景とかそういったお話しをして下さいました。これもとてもよかった。

演目

バッハ 幻想曲フーガ ト短調(ヌーブルジェ編曲

バルトーク 無伴奏バイオリンソナタSz.117

細川俊夫 バイオリン独奏のための「エクスタシス

バッハ 無伴奏バイオリンパルティータ第2番二短調 BWV1004

最初オルガン曲の編曲版は・・とてもよかった。すごい気合いが入っていてこわい位の熱演。

バルトークは何回か聴いた(Youtubeとかで)のと少し違う感じ、やっぱりこわい位。

・・演奏が終るたびに・・抜け殻のようになってとぼとぼと袖に下がってゆく庄司さんの背中が、なんか申し訳ない位力を込めた演奏だったように感じました。

距離が近すぎて、呼吸の音もバイオリンの胴がひろって届く位。バルトークいいなぁ。やっぱり。

休憩をはさんで、後半の前にも細川さんのプレトーク。

細川俊夫の「エクスタシス」は現代音楽で・・昔々坂本龍一が「ピアノの鍵盤と鍵盤の間の音を鳴らしたかった」的な事を言っていたなぁと思いながら聴いてました。とても緊張感のある曲で・・やっぱりこわい。

最後パルティータを前にして、庄司さん譜面台をよこにどけていました。そして一番聞き慣れた庄司さんのパルティータ。やっぱり少しお疲れな感じでしたけれど・・この音を生で聴けてとても幸せ

鳴り止まない拍手に3回くらい出てきてくれたかなぁ。


その後はアフタートーク。(↓写真椅子だけ(笑)。)

f:id:zawasi:20160604173800j:image

バルトークバイオリンソナタは、楽譜を、ペーテル・バルトークの版で演奏したとの事。メニューインが消した微分音も全部演奏したそうです。だから何となく違ったのかなぁ。

細川さんとの出会いとか、ジョン・ケージの笙とバイオリンの曲の話しとかとても興味深くて面白かったです。

調子に乗って、質問してしまったり(笑)

ハンガリー不思議民俗音楽について、どのように感じていらっしゃいますか?という趣旨質問だったのですが、でもとても丁寧に庄司さん答えてくれて、とてもとてもよかった。

「小さい頃から親しんできたドイツ音楽がじゃまをする」という言葉がとても印象に残っています。

どこかで、文字にしてくていれば、それを改めて読みたいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20160604

2016-05-28

再会 21:00 再会を含むブックマーク

このことを書くのはとても勇気がいるのだけれど、覚悟して書くことにしました。

先週帰宅した時に、とても大事な人に会いました。・・おそらく10年ぶり以上でしょうか、姫路に向かう途中、東京で待ち合わせて。

約束時間に30分くらい早く着いてしまって、いいや、待たせるより待った方が気楽と思いながら・・そうしたらすぐに八重洲口の方から!。

からなかったらどうしようとか、とてもくだらない事を心配していたのですが、髪が黒からグレーになっただけで、変わらない快活そうな足取りで僕の前に現れました。

無沙汰を叱られたらどうしようとか、放ってしまっている事を叱られたらどうしようとか、うじうじと後ろ向きなことばかり考えていたのですが・・まるでいつも会っていたあの頃のように、あっという間にその空気感に包まれて、とてもほっとしました。

話した内容は・・ナイショです。

話していると、やっぱり僕もいつかは再び飛びたいなぁ、と思いました。・・難しいかもしれないけれど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20160528

2016-05-15

14日帰宅した時に見たメールは背筋の伸びるものでした 21:28 14日帰宅した時に見たメールは背筋の伸びるものでしたを含むブックマーク

14日は、航空部関西地区同期会でした。といっても同志社のOシャチョーさんと立教のM子さん(笑)だけ。

マサコさんからは、この2人のコンビはありえないと笑われてしまいました(笑)。そうだよなぁ。およそ接点なさそうだし。

航空部の同期会だけれど、ほとんどグライダーの話はなしで(笑)。ずーっとぐだぐだ話していました。3人で紹興酒2本は多いかもしれないなぁ。

で、三ノ宮から神戸線播但線と乗り継いで下宿に帰ってきたのは深夜の0時頃。

そこで、僕はPCを前に正座していました。(うそ。)でも本当に背筋は伸びた。

シモワダさんに連絡取らなきゃ、と言いつつ直電話するのを躊躇していて・・むこうから連絡が!。

↓「シモワダさんに連絡を取らなきゃ」の件。

極寒のこの週末 - 無動力のりものスポーツの日々

翌朝お嫁さんを叩き起こして(笑)skypeお話しして、心の整理をして返信の返信に向き合いました。

来週帰省した時に会いにゆこうと思います。

↓昨日今日自転車。なんとなく加西〜市川の周回。

f:id:zawasi:20160515212659p:image

↑14日(大周回)

f:id:zawasi:20160515212658p:image

↑15日(小周回、香呂駅へはお昼パンを買いに寄りました。)

今日はすれ違うサイクリストが多かったなぁ。みんな逆方向(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20160515

2016-05-06

高森さんのこと 09:57 高森さんのことを含むブックマーク

5月7日すこし訂正です。)

5日夕方、僕は姫路に向けて車を走らせていました。

休憩と夕食で寄った足柄SAで、僕はそれを知りました。

航空部同期会LINEリンクをたどると、それはどうみても304CZにしか見えませんでした。

所有者は2人、どちらも親友(と僕が勝手に思っているだけかもしれないけれど・・)。

ぐるぐるする頭でお嫁さんに連絡を取って続報と取ってもらう事にして、姫路へ向かいました。

ふと気がつき、何気なくFacebookに入ったら2人のうちの1人の所有者・・滝川くんはつい数分前のログイン履歴があるではないですか。おそるおそる、「生きている?」とだけメッセージ。もちろん彼が生きているという事は・・ということなのだけれど・・。

数分後、彼からサムアップのアイコンだけ帰ってきました。安堵と絶望が同時にやってきました。

もうそれからは、運転もうわのそらで大幅に予定を超過して深夜3時着。


高森さんとの出会いは、角田でした。今を去る事2005年の5月連休自転車角田に行った時でした。当時福島在住だった高森さんに郡山下宿まで送って頂いたのが最初です。

(追記:と当初書いたのですが、思い出しました・・初めて会ったのはその前の年です。やっぱり連休だったかな?車で角田を訪れて、L13の後に乗ってもらった事がありました。その頃304CZを買う話が出ていて・・とても愉快な思い出があります。ここではナイショ。)

その年は「魔の2005年」「恐怖の2005年」と言われていた年で、(僕がそう勝手に呼んでいたのかもしれないけれど)彼の出身団体だった学連西部支部の中村さんが事故で亡くなった年でもありました。

僕はその後の自身にとっても「ありえない」自転車での交通事故で死にそうになって、「自分だけは大丈夫」という変な自信というか思い込みが違う事を悟り、一旦グライダーから離れる事を決めたきっかけの年でもありました。


生活、・・仕事関係でも交流のあった人でもありました。彼を知っていて、居てくれた事でとても助けられた事がありました。

角田に行ってからしばらくして、会社アシスタント女性退職する事になりました。彼女はもともと幼稚園教諭の志望があった事は知っていて、どうもそのチャンスが巡ってきたらしい事も薄々解っていました。

(追記:上記追記と同様で、これが2005年4月頃の話です(笑)2005年連休とき既にこの話題ギャグを振られていました。)

なので、笑顔で送り出したのですが・・その事業所求人の伝手がない事が判明。だれも人を雇うことに責任をもって動こうとしませんでした。困った僕は、とっさに高森さんが福島市人材派遣会社に勤めている事を思い出して・・連絡先が解らないので・・休暇中で角田で多分飛んでいるだろう人(クッチーね)の携帯を鳴らし、幸いな事にまだ離陸していなかったため、高森さんの携帯番号を教えてもらう事に成功しました。

当然仕事中だったでしょうから伝言を入れておいたのですが・・予期しない位早く対応が来て、すぐに人を当たってもらう事にしました。

契約とかで何度か来店いただいたのですが、お互い普段の姿を晒して照れるやらなにやらで。

1人めの人は合わなかったのか、すぐに来なくなってしまい、もうひとり紹介してもらって、その人がその後数年に渡って勤めてくれました。なかなかいい人で僕はとても助けられました。

その後、僕は郡山を離れ、グライダーからも離れ・・疎遠になっていましたがFacebookとかで緩くつながりは続いていました。


一緒の空を飛んだ事はなかったけれど、一緒に飛んでみたかったなぁ。

冥福を心から祈ります

あなたがいなくなってとてもさみしいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20160506

2016-05-03

LFJ2016へ 08:43 LFJ2016へを含むブックマーク

お嫁さんとデートしに有楽町まで行ってきました。

LFJの会場である東京国際フォーラムガラス棟の中をそぞろ歩いたり、地上の屋台村で一杯やりながらお話ししたり・・なんかいっしょにコンサートを聴きに行くのは珍しい事になってしまっていたので・・。コチシュの武蔵野以来かなぁ。

出し物は庄司さんとワルシャワ室内管弦楽団のビバルディ/リヒターの「四季」。ナントライブYoutubeに上がっていて、それがお嫁さんのつぼにはまったようで、今回生を聴きに行く事になりました。

チケット手配が遅かったので、後の方の席だったけれどね。

f:id:zawasi:20160503184600j:image

有楽町駅側の入口。なんとなくワクワク。

f:id:zawasi:20160503201800j:image

コンサート会場の様子。ホールBは大会議場みたいな所でした。椅子パイプ椅子だったし。

コンサートの方はやっぱりとてもよくて、今回の演奏は丁寧で好感を持てました。会場が明るくなっても鳴り止まない拍手庄司さん4回も引っぱりだしちゃった(笑)

ちょっと不思議だったのは、庄司さんがソロで演る時に着るようなドレスだった事かなぁ。・・ナントの落ち着いたパンツ姿も格好よかったのにね、とお嫁さんと話をしていました。・・もしかしたらこっちの方が素なのかなぁ?。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20160503

2016-05-01

大阪ピアノを聴きに・・ 08:21 大阪へピアノを聴きに・・を含むブックマーク

風邪が抜けない感じでしたが、熱も下がったしまあいいか、と出かけてきました。

友人から頂き物のチケットを持って、梅田まで。姫路から山陽電車(笑)。2000円で姫路阪神梅田間乗り放題の乗車券があるのです。

f:id:zawasi:20160501232100j:image

コンサートのお題は、アシュケナージ親子の2台ピアノでした。

どちらかというと、あまり積極的に聞いたことのないピアニストで・・チケット高いし、なんで何だろうと思いながら会場へ。・・アシュケナージ(父)の方は確か、「ピアノの森」の映画版でカイのピアノをあてていた演奏家ですね。

でも、「ピアノの森」の作者はものすごくハードルを上げていますから(笑)、たぶん誰も弾けないですね、あんピアノ。でもたまに目にする事あります・・そういう人、道端で演奏始めると何故か人だかりになってしまう人って・・。

僕も多分、音楽にその要素を求めているのだろうなぁ、と思います

そういうタイプの人が好きだしね。

f:id:zawasi:20160501145100j:image

会場の様子。フェスティバルホールというホール、とてもゴージャスなホールでした。

f:id:zawasi:20160501165100j:image

アンコール

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20160501

2016-04-23

サントリーホール庄司さんを聴きに・・ 07:57 サントリーホールは庄司さんを聴きに・・を含むブックマーク

ブリテンヴァイオリン協奏曲でした。オケ日本フィル

もちろん庄司さんのヴァイオリンは安定してよかったけれど、意外によかったのが後半のホルスト惑星でした。

生で聴くのは初めてで、オーケストラの迫力のある演奏といい、終章での合唱の扱いといい、多分楽譜通りなのだろうけれど引きつけられるよい演奏だったと思います。

ここらへんの曲との最初出会い中学時代リマツ君のコレクション冨田勲だったので(笑)。第1次大戦の頃の作曲だったからか、僕はどちらかというと戦場臭を感じて避けてた所もあったので・・。

f:id:zawasi:20160423132900j:image

会場の様子。ギリギリで買った席なので・・ステージが遠い(笑)

f:id:zawasi:20160423161800j:image

庄司さんのアンコール

庄司さんのヴァイオリン、段々落ち着いた音を奏でるようになった気がします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20160423