Hatena::ブログ(Diary)

無動力のりものスポーツの日々 RSSフィード Twitter

2017-01-09

三連休なのに・・・ 21:56 三連休なのに・・・を含むブックマーク

三連休なのに、任地にいる悲しさよ(笑)。さすがに毎週帰るお足はありませんので姫路にいました。

土曜日工場稼働日だったので、午前中用事を済ませに会社へ。それから・・なにしてたっけ?農協直売所へ行ってキャベツの玉を120円で買ったか。そしていつもの肉屋さんでメンチカツ豚肉を少々。お昼は家に帰った時にお持たせでもってきたうどん健さんのおうどん。あとはひたすらお洗濯

前日の6日がお誕生日だったのでFBでおめでとうを下さった皆さんにお礼を書いたり・・その中でタキサン千葉佐倉印旛沼のほとりにあるタキサイクルの店主)に「CerevoのRIDE1取り扱いありますか?」と問い合わせたらなんと取り扱いありとのこと。すばらしい!。テンション上がりました。早速お願いしたのですが(但しFBのお誕生日のやりとり)果たして伝わってないかもしれないし(笑)メッセージ送った方がいいかしら?。

CerevoのRIDE1↓

no title

11月に落車して、あっちこっちちょっと不具合もあるし、3月には自転車一度千葉に持って帰って見てもらいたいです。

日曜日は・・姫路市出初式を見にゆこうとシロトピア広場まで行ったのですが、雨天のため式典のみ屋内で実施とのことで、残念ながら見られませんでした。その足で男山公園へ。

この階段えぐいわ〜。

f:id:zawasi:20170108111503j:image

眺めはよかったけれど、足にきました。膝がガクガク(笑)。帰りどうしようと悩んでいると反対側の階段高校と思しき野球部の面々が登坂トレで上がってきて、どうやらまた下りて上るらしく下り集団に混ざって下ろしてもらいました。一人で下りてこけたら誰も助けてくれないから(笑)

f:id:zawasi:20170108111910j:image

文学館によって、無料司馬遼太郎の展示など見てまたお城の方へ。

射楯兵主神社初詣して、買い物。コーヒーラバッツァ)とかファイルとかウタマロとか。14cmの片手鍋を探したのだけれどあまりいいのがなくて(主には蓋がない)結局溝口に戻ってから車で加西のイオンへ。そこでIH対応ステンレス鍋を買ってきました。あとお味噌とかおだしのはなかつおとか。

f:id:zawasi:20170108161734j:image

IHってアルミダメなんですね。銅鍋もだめ。なんだよ、鍋として優秀な2つの金属が使えないなんて。とくに銅鍋はね。

で、この日の夕食から味噌汁がお手製になりました。なんかもうインスタントだめっぽかったので。

そして今日月曜日成人の日)久しぶりに自転車に乗ってヘロヘロになりました。いままでで一番乗れない感じ(笑)。足は筋肉痛筋肉ない気もします。また少しずつ慣らしてゆくしかないですね。午後疲労を取るために温泉へ。

考えてみたら、去年は娘の成人式で帰っていたんですね。成人式月曜日だったから、新幹線での移動は諦めて夜行に乗ったのだよなぁ。元気だったなぁ。といいつつ、ギリギリまでライドシェアをあたっていたりしていましたけれど。色気持って探すといいのに当たらないなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20170109

2017-01-01

本年もよろしくお願い申し上げます19:40 本年もよろしくお願い申し上げます。を含むブックマーク

「あけまして・・」が言えない年明けです。

父を送りました。すすんでゆくのですね。あともどりはできないのですよね。

昨年もそんなことを思う年の瀬でした。

もっとも、「あのころ」にもどりたいとも思いませんし、いまがいいと思っています

--

昨年は、今までで一番思ったようにできなかった年だったと思います

思ったようにやろうとすることが本当にbetterな方向なのかを自問する年でもありました。

今までで一番様々な人と会話をして、伝える力を試されて、相手真意をつかもうとあがいて、色々な考えや背景を持った人とお付き合いして、あっちにぶつかり、こっちに転びしながら過ごした一年でした。

--

本年はその続きのようです。

今までのように一匹狼ではいられないようです。そしてfollowerであることはなさそうです。

なので、そういう私であろうと決心しました。

なので、今年はその覚悟で望みます

f:id:zawasi:20161228223324j:image


大事なことは、いつまでも謙虚で、誠実であり続けることだ。」

丸伊満遺稿集「空の言葉」 P253 「空の奇蹟」より

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20170101

2016-12-30

PC更新 23:53 PCを更新を含むブックマーク

少し悩んでいたのですが、PC更新しました。

新しいキカイはMacBook Pro '13 2-TB (touch berなし)です。

古いキカイは、家全体の予備機になる予定で、Mac OS 10.12(Sierra)にアップグレードします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20161230

2016-12-29

帰宅しています 09:31 帰宅していますを含むブックマーク

28日、勤務先の終業後13時頃福崎から高速にのって20時30分に勝田台着。

楽だったけれど、高速料金は高かった(笑)

でも、普通に家族と夕飯を頂いて眠れる幸せ。ありがたいなぁ。

車のタイヤ冬タイヤに交換してもらい、待ち時間船橋までお豆を買いに・・。グラスもほしかったけれどいいのがなかったのでこちらはアマゾンで購入。デュラレックスプロヴァンス

連れていってほしかった西志津コーヒー豆屋さんにも行けたし、お夕飯はワイン食堂「金の髭」で豪勢に家族飲み会。なかなか良いお店です。席数も多すぎないし、美味しいし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20161229

2016-12-19

無限の空へ・・もしくは千の風になって 09:14 無限の空へ・・もしくは千の風になってを含むブックマーク

父を葬ってきました。

父の親類だけ参列して頂いて、四十九日法要と埋葬を執り行いました。もっとも僕は遠くにいるのでみんなお兄さんが段取りしたのだけれど・・。あいかわらず役立たずです。

一緒に焼けなかった眼鏡とか収めて、おはかの中に収めました。

山梨から来て下さったお坊さんの読経のよく通る声がガーデン山に響きわたり、こだまが返ってきました。柔らかな日差しのなかで父はいなくなりました。

精進落としの席で、一番大変そうなおじ・おばに囲まれた席に秘密兵器お嫁さんを投入。期待通りの働きでした。頼りになるなぁ(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20161219

2016-12-11

神戸ルミナリエ 07:40 神戸ルミナリエを含むブックマーク

土曜日・・10日の晩に神戸ルミナリエに並びに行ってきました。・・・並びに行ってきたという表現がぴったりでした(笑)

せっかく兵庫県にいるのだし、一回位は見ておかないと。というか去年はお祭り含めてこの界隈のイベントに何故か足が向かなかったのはやっぱり余裕がなかったのでしょうか?。

10日はその週に続いた同系列の加工メーカーへの緊急支援受託加工があって休日出勤していたので、お昼に会社から戻ってきて・・お昼ご飯を食べて・・掘って(笑)。そして播但線姫路へ。姫路から山陽電車

17時位に元町に着いたのですが・・駅から既に行列!。一時間半くらい並んでいました。並べるようになったのは歳をとったからかな?。

f:id:zawasi:20161210172204j:image

駅を降りて振り返ると山に錨の電飾。・・あと大丸だったっけ?がきれいだった。

f:id:zawasi:20161210181124j:image

f:id:zawasi:20161210182402j:image

f:id:zawasi:20161210182504j:image

f:id:zawasi:20161210183506j:image

f:id:zawasi:20161210183613j:image

やっている所が神戸の目抜き通りなのですね。ヴィトンとかブランドショップがいっぱい。

この日これまででこの冬一番の冷え込みで・・お手々つなぐ相手がここに居ない僕はとても寒かったです(笑)アベック家族連ればっかり。ひとりでプラプラしているのは僕だけ?。

元町界隈のご飯屋さんはどこもいっぱいだったので、姫路に戻って夕食。

日曜日は久しぶりの自転車。でも走り出してすぐ雨にあって逃げ帰ってきました。

後は大掃除第一弾位かな・・。セスキ炭酸ソーダ溶液であっちこっちを拭き掃除

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20161211

2016-12-04

伯父のお葬式に参列してきました 14:25 伯父のお葬式に参列してきましたを含むブックマーク

11月27日に兄から電話がありました。電話を見てやな予感。

・・直電話最近絶対にすぐ知らせたい禍事」の連絡が中心になっている気がします。直電話がくるとかまえるようになるのもそう遠くない気がします。

曰く鶴見の伯父が亡くなったとの事。最近までさすがに外出は厳しいように聞いていましたが元気だと皆言っていたので、少し面食らいました。

最後に会ったのは、厚木の従兄弟結婚披露中華街で会食があったときでした。

伯母は遅い結婚で、僕が小学生の時に、だから今の僕の歳位で今の鶴見の家にお嫁入りしました。仏式結婚式は珍しくてとても印象に残っています。

嫁いで行った伯父の家は鶴見の某大寺の中にあって、冒険ごっこにうってつけの場所でした。実際伯父はボーイスカウト支援者で自宅の庭先でボーイスカウト活動をしていてそれもとても珍しかった・・キャンプとかその類は僕は何故かYMCAに縁があって(両親の意向だったのかもしれない・・)そこでしていたので、制服、お揃いのスカーフ等のARMYを彷彿させるものには抵抗がありましたけれど。

ついでに言うと、おかげで賛美歌普通に歌えます。幼稚園教会幼稚園だったし、予備校YMCAだった。たぶんプロテスタントだったらすんなりと入ってしまうかもしれないですね。(はいらないけれどw。)

中学部活に入るまでは頻繁に遊びに行きました。今思うとおじさんもうリタイアしていたんですね。いつも居ました。・・いつも遊んでくれました。とてもたのしかった記憶がいっぱい。隣の棟のお堂の仏像を飽きもせず眺めたり、お堂の広縁で昼寝したり。少しくらいお手伝いもしたけれど、それも遊びの範囲を出なかったように思います。

長じて大学生の頃、今度は何度かお呼ばれして家で食事をご馳走になりました。もうその時は大人として扱ってくれました。

その時に当時はまっていた司馬遼太郎小説から興味を抱いていろいろ調べていた空海の話しとかしたら、伯父さんとっても喜んでくれて「なおしくんとこんな話が出来るようになるとは思ってもいなかったよ」と言ってくれたのがとても印象に残っています。

僕の結婚式の時もとても印象に残りました。お酒大好きな伯父さん、大ヨッパライになっていて・・ほぼ親戚メインの列席者だったので、両家の挨拶もかねてお一人ずつお話しをして頂いたのですが、そのときの事でした。

僕はこの伯父さんにはお嫁さんも気に入ってほしかったので「美味しいお酒を飲みに、かわいいお嫁さんを見にきて下さい」と招待状にコメントをいれていたのですが・・大ヨッパライのオジさん「おいしいお酒とお嫁さんをいただきにきました」とやってしまいました(笑)。伯母さんが慌ててたのも印象深くて、結婚式で印象深かった2つのうちのひとつです。

(もうひとつは従兄弟のイクの「「オレはこんなことしない」と言っていたのに・・」でした(笑)。・・実際やらない、と言ったら親父にこっぴどく叱られて、お前がやらないと言っても新しい家族を紹介するのは俺の責務だからやらせからな、と言われた事も懐かしい思い出です。)


僕は姫路だし、平日だったら手も足も出ません。伯母には子供がないので、お兄さんが手伝うみたいで・・後報を待つ事にしました。平日だったらお嫁さんにお通夜に行ってもらうようにお願いしていたのですが・・土曜日告別式となったので、急遽帰宅して参列する事にしました。


その曹洞宗のお寺でお葬式があったのですが・・、お経が3声のコラールでとてもよかった。仏教にも音楽あるんだなぁと改めて思いました。

そして、大勢で送って下さったボーイスカウトの方々。皆さんばっちり制服で決めて、火葬へむかう伯父をボーイスカウト式の敬礼と旗で見送ってくれました。

そして、父を送った所で同じように伯父を天に送り・・・。なんでかなぁ。そんな一緒に往かんでもいいじゃないか、と思うのですが・・。そんなものなのでしょうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20161204

2016-11-23

戦争ものアニメ映画 11:20 戦争もののアニメ映画を含むブックマーク

というと、蛍の墓とかジブリになってしまうと思うのですが、封切後とても評判のよい「この世界の片隅に」を観てきました。

いい映画でした。いろいろなものが詰まっていて僕が母やおばあちゃんから暮しの手帖の古い号とかで聞き見した世界が丁寧に描かれていました。

逆に本物の人間が出てくる映画では、ここまできちんと描けなかったでしょうね。人の大きさも違うし服のこなし、身のこなしもちがうし、血色のよくツヤツヤでプリプリ飢餓一歩手前の人なんていないしね。

マンガ映画表現ひとつ手段として自然に受け入れられるようになったのでしょうね。それにはこれだけ時間がかかるのということなのでしょう。

そのうち時代劇アニメになるのかもしれないですね。


あと、30年を経てようやくジブリ呪縛からアニメの作り手が乗り越えられたのかな?とも思います。

10代に熱狂した宮崎駿も30代にはすこしちがうと思うようになったし、実際劇場に足を運んだのは魔女の宅急便までだったし、紅の豚マンガだったし。その後の作品は観てもいない。そういう僕ももうすぐ50才が終る(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20161123

2016-11-20

落車のち京都 11:15 落車のち京都を含むブックマーク

転んじゃいました。

なんでもない道路で・・。何というか、昔オジさん達はなんでこんな何でもない所で突然落車するのだろうと不思議に思っていたのですが・・するんですね。自分がオジさんになって実感。イタい

転んだのは福崎の街中の交差点左折サインを出した途端バランスを崩して右にこけました。なんとか受け身を取れたと思ったのですがそこら中から出血

手、肘、膝、肩・・主要な骨は大丈夫そう、出血をなんとかしなきゃ、と大汗。サドルバッグからパッド類を出して・・7割頭になっていて上手く出来なかったり。

とりあえず心を落ち着けて、指の出血をなんとか処置して、肘とか膝は衣服に任せて自転車を見て、車輪回る、振れ無し、ブレーキOK、ディレイラーOK、クランクペダルOK、サドルOK、ハンドル、曲がってる?シフターをとりあえず真っ直ぐにして、・・走れそうだったので、ゆっくり走って帰宅

ティッシュゴミ袋とタオルを持って風呂へ。

傷口洗って、体も洗って、心を落ち着けて・・肘が結構深いなぁ、まあ何とかなるか?、体を拭いて、傷口の水気を取って、防水パッドとラップ処置

ウェア類を洗濯機に放り込んで洗濯。なぜかあまり切れていない・・。そういえばこのTREKの赤ジャージ最初に鎖骨折った時に着ていたな(笑)お気に入りジャージだったのでまだ結構頻繁に着ていたけれど・・。

でも、久しぶりの自転車筋肉落ちてつらかったけれど楽しかった。転んだのは別にして。

↓こんな銀杏紅葉見れたし、播州の山々もとてもきれいですね。

f:id:zawasi:20161120104500j:image

泣き言とやっちゃった報告のためにお嫁さんに電話

やっぱり携帯の直電話は良くないことを早く伝えるための手段になりつつあるようですね。

だって、長話だったらSkypeでいいし、メールメッセージ相手を縛らないし、ね。

生来の痛みに鈍感な奴なので、とりあえずじっとしていればそんなにヒドくないので、食卓に座ってじっとしている・・PCも見ない(笑)。なぜなら指が痛いのでキーボードがキツい(笑)特に人差し指中指っていっぱい使うしね。どっちも指先がジーンとしている。

本当は午後お掃除して夕方から京都演奏会を聴きに行くつもりだったのですが、掃除はツライのでパス。お昼ご飯をなんとかご飯炊いて食べて、じーっとしていました。


夕方演奏会へ・・。

あっちこっち痛いのでふらりふらりと。躊躇なく空いている席に座って京都まで新快速

お夕飯は丸太町カレー屋さんで。

近江屋清右衛門

食べログ近江屋清右衛門

カレー香りがキツいけれど、とてもおいしかったです。

そしてまた、ふらりふらりとカフェモンタージュへ。

Cafe MONTAGE

千々岩英一さんの「無伴奏」、ヴァイオリン演奏会です。

千々岩さんはパリ管弦楽団ヴァイオリン奏者で、当日京都パリ管の公演が昼にありそのあとこちらでご自分コンサートを・・大変そうですね(笑)。でも、好きなんでしょうね。

曲目は演奏会後にセットリストポップスコンサートのようだw)を渡しますとのことで、マスター高田さんもあまりご存じない様子。

客席には、若いから年寄りまで結構バラエティに富んだ・・何人か楽器を持ってきているのはパリ管の人達外国の方もいらっしゃいました。

バッハパルティータから始まった演奏会は、2曲目またバッハパルティータ?と思ったら違う曲に・・。目を白黒させていると、演奏後千々岩さんがイザイ無伴奏ヴァイオリンソナタ2番の第1楽章です、と紹介・・この曲はグレゴリオ聖歌旋律がくり返し現れてきて「呪われた」(だったかな?)感じが・・・とのこと。この曲の全曲を弾く合間に別の小品を挟んでゆきます、とのことでした。

そして、そこからはもう知らない曲のオンパレード

LachenmannのToccatinaにいたっては、弓の束(というのかな)で弦を叩いて演奏する曲で、「この曲を演奏している間、車とか通らなければいいのですが・・」とおっしゃって始めようとした途端バイクが「ブブー」と通り、一旦ブレイク(笑)。通り過ぎてから「始めなくてよかったです」と一言、そして演奏

↓こういう曲です。googleさんの先頭に出てきたのをリンク

D

この曲を演奏すると、お客さんの集中が自分ヴァイオリンに集ってくるのを感じるそうです。

そして唯一「あ!知っている」と思ったのはシベリウスの水滴。庄司さんがN響シベリウスヴァイオリン協奏曲をやった時にアンコールで弾いてくれた曲で、僕は天井桟敷で聴いていました。あの巨大なホールに、今日聴いても「小さいな」と思う音が響いていたなぁ、とか思いながら。

千々岩さんの演奏は、なんというかしっかりした自分がどっしりとある感じの演奏そんじょそこらのものには惑わされないぞ、という感じの確固たる演奏でとても安心して聴いていられました。同世代の人なんですね。

1時間程度の演奏会だったのですが、あっというまで最後に「小さい秋みつけた」をアンコール演奏してくれて終りました。

演奏後、高田さんのお話の途中で千々岩さんまた出てきて、東京出身東京にいることが多いのですが・・と前振りをして「こういう距離感演奏会をさせてくれる場所がないんですよね。京都には高田さんがいらっしゃって、こういうコンサートを開かせてくれて、とても感謝しています」というようなことをおっしゃっていました。

僕もそう思いますちょっと遠いけれど、モンタージュにはまた参りたいと思います

そしてワインを一杯頂戴して、終電2本前の新快速姫路へ。座っているのもツライ(笑)結構調子悪いかもと思いつつ溝口下宿着。でもまだ余韻がのこっていて、それを誰かに話したくてお嫁さんとskype


転びさえしなければ、とてもいい一日でした。

転んだのは罰ですね、多分。もっとちゃんと仕事しろってことでしょうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20161120

2016-11-18

今日感じたこと 23:25 今日感じたことを含むブックマーク

僕って、ハインリッヒの法則を1人で消費している人なのではないか、と思う今日この頃

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20161118