Hatena::ブログ(Diary)

無動力のりものスポーツの日々 RSSフィード Twitter

2015-03-29

船橋17:58 船橋へを含むブックマーク

京成船橋へお嫁さんと用事があり行ってきました。

本来の用事はConfidencialなのですが、北口方面某所の3階の事務所へ色々と相談をしに。

お昼を過ぎてしまったので、予定していたお嫁さんのお誕生日祝いランチビストロコマにて。

ビストロ コマ (bistro coma) 船橋/フレンチ - Rettyグルメ

以前に西船橋で同名のお店に行った事あるのですが・・姉妹店ですかね?。

結構混んでいたのですが、席一つ二つ空いていて無事待たずに着席。二人とも1400円のランチとグラスワインを。

グラスワイン銘柄が日によって?違うらしくボトルを見せてくれました。何でもビオワインにこだわっているとのことで、不思議ワインでした。赤でお嫁さんと2種類飲んだのですが・・不思議な味、お嫁さんに言わせるとへんな味もするけれど「悪くなった」印象ではないそうです。僕は軽めの爽やかな感じのワインいただきました。

前菜

f:id:zawasi:20150329125200j:image

↓お嫁さんのメイン(鰆のフリッター

no title

↓僕のメイン(鶏肉の赤ワイン煮

f:id:zawasi:20150329180034j:image

↓デザートとお茶

f:id:zawasi:20150329134200j:image

味付けのキツくない程よい味で美味しかったですね。この味なら娘も食べられるかな?。・・メインがなかなか出てこなかったのは、多分僕のワイン煮に合わせて出してきたからかな?と思います。

ワインもうちょっと注いでほしかったか(笑)。>意外と高いワインをグラスワインで出しているのかなぁ。

・・・調べてみました。高いワインです(笑)

お嫁さんのやつ>http://item.rakuten.co.jp/s-wine/10012680/#10012680

僕のやつ>http://item.rakuten.co.jp/s-wine/10012680/#10012680

帰宅したら、娘がお嫁さんへ誕生日おめでとうケーキを買ってくれていました!。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20150329

2015-03-22

春ですね 22:24 春ですねを含むブックマーク

昨日からお嫁さんはお里下がりなので、1人で起きてタキサイクルの朝練へ。

娘は8時頃勝手に目覚ましで起きていました。午後から外出の用事があるようで、それだからかな?。

春ですね。ついに冬用のジャージでなくなりました。

それとともにまた人数が凄まじく、こわいくらい。いつものように先頭でお馬さんして、今日は1次会で帰宅。本当は尾崎先生の報告会出たかったのですが、お嫁さんから娘がきちんと外出するか見届けるよう厳命を受けていたので(笑)

帰宅して、食事を用意したら時間勝手に用意して出て行きました。まったくちゃんと出来るじゃん(笑)

それからhome workをしつつ穴掘り。ずーっと小菅さんの新盤、11番と29番をを聴きながら。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20150322

2015-03-21

ベートーヴェン最後の3つのソナタ 00:13 ベートーヴェンの最後の3つのソナタを含むブックマーク

紀尾井ホールであった、小菅優リサイタルに行ってきました。ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会最後の回、最後の3つのソナタです。

一昨年からこの演奏会を聴きに来ています。その前の年に水戸小菅さんのピアノを聴いたのがきっかけで。

毎回何か自分事件やそれに近い事があった時で、聴きに行くことで慰められたり心の内を逆にさらけだされたりして印象に残っている演奏会です。今回はなにもなさそうだけれど・・。

席はこんな感じの所↓、今回はほぼ満席休日で始まりも早いからかな?それとも演目?。

f:id:zawasi:20150321174400j:image

僕はベートーヴェン最後の3つのソナタはとても大好きで、愛聴盤はこれ↓。

アファナシエフ人見記念講堂でのライブ盤です。これが僕の今の基準

どちらかというと小菅さんとは違う演奏です。

アファナシエフテンポは遅く、早く弾く所はすこしたどたどしく堅実に、それでいて優しい音ですが、小菅さんのピアノは僕の印象はよく考えて練られた演奏で、テンポも強弱も揺らし方も練りに練った上で、それを舞台自由解放している感じがします。だからとても自由な感じ。激しい時もあるし、知的に感じる時もある。

どちらにも言える事は小さな音量の音を大事にしているように感じる事です・・。


・・・感想は・・このライブの録音ですぐにCD出してほしい(笑)

31番が特に印象に残っていてどんどん引き込まれてしまう感じ、とてもよかった。

32番は、やっぱり解放されたような弾きぶりでとてもよかった。

・・・もう一回聴きたい!とにかくもう一回!。

こんなプログラムから絶対アンコール演奏はないけれど、照明がついても止まない拍手小菅さん何回出て来たろう・・すみません、僕も拍手し続けていました。

もう明るくなった会場にまた拍手に答えて出て来てくれて、とてもうれしくて立って拍手しちゃいました・・。

あと・・ピアニシモの演奏のところでピアノアクションの音が聴こえて来たのは初めてでした。アクションの音に遅れてちゃんと極小さなピアノの音が聴こえてくるなんて・・。

今晩も眠れそうにないです(笑)

この日の顛末・・実家で両親の様子をうかがったり、奥さんのミニライブを観に行ったり 22:16 この日の顛末・・実家で両親の様子をうかがったり、奥さんのミニライブを観に行ったりを含むブックマーク

紀尾井ホールにたどり着くまで紆余曲折ありました・・実は。

午前に家をでて実家へ。母親はがん治療を中止して(もう打つ手がない)日々過ごしているのですが、父親が最近変調気味です。老々介護ですから結構無理が来ているかもしれないですね。どうも僕が様子を見にゆくと母親調子の良いフリをするらしいです。

いろいろお話しをして、眠そうだったので(お昼寝の時間?)おいとましました。・・考えてしまます・・いろいろ。もともと丈夫な二人ではないので。

実家をでて、そのまま四谷へゆこうと思っていたのですが、調べると亀戸に16時少し前に着けそうだったので予定を変更して亀戸へ。奥華子ミニライブを観にゆきました。

奥さん元気でいいなぁ。人とかかわるのが好きな人はいいですね。1人では生きてゆけないし、1人じゃなにもできないし。楽しい時間でした。

それで、四谷にいって、小菅さん聴いて(笑)

f:id:zawasi:20150321172400j:image

↑お夕飯。時間が無いので(笑)

終演後、サイン会並びました。

f:id:zawasi:20150322221300j:image

↑頂いたサイン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20150321

2015-03-20

東京音楽09:35 東京春音楽祭を含むブックマーク

昨年は行けなかったけれど(忙しすぎて)、今年は時間が作れたので直前にチケットを手配して行ってきました。

一昨年聴いてとても印象に残ったピアノ重奏チェロピアノです。

奥泉貴圭チェロリサイタル

Vc奥泉貴圭

Pf加藤洋之

於:国立科学博物館日本館講堂

曲目:

R.シュトラウスチェロソナタへ長調op.6

ショスタコーヴィチチェロソナタ短調op.40

シューマン民謡風の5つの小品op.102

ブラームスチェロソナタ第2番へ長調op.99

東京・春・音楽祭ー東京のオペラの森ー|プログラム|

なんで聴く気になったのか、いまでも不思議ですけれど聴きにいってよかった・・なんか眠れないくらい印象に残っています。

・・失礼な言い方になってしまうのですが、決して上手いチェリストではないと思うのですが・・また聴きたくなる何かがあったみたいです。で、それは今回も誠実に上書きしてくれた感じで。

加藤洋之ピアノがどんどん出てきて、最初チェロの音を追いかけるのが大変でした。これは帰ってからお嫁さんに印象を話すと、場所問題もあるかもねと言ってましたけれど、そんなものなのかなぁ?。それとも音域の問題かなぁ。なにか音源探してみよう。

そして、なぜかチェロの音を追いかけるのをやめると・・聴こえてくる、しかもとても印象的な深い音で。

早い部分や音量を大きくする時に、弓が弦を強く押してそれで弦が指で押さえる黒い板に当たって「カツン」という音が結構聴こえるのですが、シュトラウスソナタのときはとても気になったのだけれど、ブラームスのときは全然気にならないのは何故だろう。

さなステージのある講堂で、会議室椅子をならべて会場にした感じで、すぐそこで弾いてもらった感じ、客席をかき分けて?ステージにあがる形で演奏者が入ってくるのもご愛嬌でした。

チェロっていいなぁ。

余裕が出てきたらチェロやってみようかなぁ。

アンコールは2曲やってくれました。チェロの曲全然知らないのでよくわからない。websiteに出たら追記します。2曲目がシュトラウスの曲なことは演奏前に話してくれました。

↓席からみたステージ

f:id:zawasi:20150320184000j:image

3月23日追記

アンコールはつぎの2曲だったようです。2曲目は「シュトラウスから始めたので、最後リヒャルト・シュトラウスの曲で」と紹介がありました。

シューマン 夕べの歌

R.シュトラウス 万礼節

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20150320

2015-02-22

映画マエストロ21:11 映画「マエストロ」を含むブックマーク

お嫁さんが実家お里下がりしていたのと、雨でタキサイクル朝練が中止になったので、ユーカリが丘まで映画を見にゆく事にしました。

さそうあきらマンガマエストロ」の映画です。

話の筋は大体原作通りで、2時間の尺に入れるためにエピソードの取捨はあるのですが、概ねよい筋になっていました。でも、マンガだと読み返したり前のページに戻ったりできるから言葉を大胆に削る事ができて、それがマンガというメディアの優れた所でもあるのですが、映画だとどうしても初めて見る人にもちゃんと解ってもらう必要があるためか、ちょっと説明的な言葉が多かった気がします。>しょうがなかなぁ?。

暗くなってから、すでに予告編数本でもう涙腺がゆるゆる・・。暗くてすいているので両脇には人がいなかったため泣き放題でしたけれど。

まんがって、絵だったり音がなかったりで比較的冷静に見られるのですが、音と映像容赦なくたたきつけられるとダメですね。泣きっぱなし。

家にはシューベルトの「未完成」の音源がなくて、第1ヴァイオリンオクターブの跳躍って実感がなかったのですが、映画で音付きで目の前で提示され納得。

でも、マンガで一番の場面だったオクターブの跳躍を躊躇する主人公と、それを諦観とともに乗り越えさせて演奏に導く指揮者のやりとりが、逆に映画ではボケてしまった感があって西田敏行には申し訳ないけれどその場面のその顔だけはもっと研究してほしかったなぁ。>残念だったところ。(残念な所はあまりなかったけれど・・。)

あと、監督さんにはもっといっぱいコンサートを聴いて「印象に残る演奏」のあとの観客席の盛り上がり方を研究してほしかったなぁ。演奏が終わった瞬間の「止まった」感を上手に出していたと思うけれど、観客が後ろを見て他の客をあおったりしないよ(笑)スタンディングオベーションって本当に自然に腰がういちゃうもんだし。「立っちゃったけれど、いつ座ろう・・」的な(笑)

なかなかよい映画でした。

映画『マエストロ!』公式サイト 大ヒット公開中!

マエストロ (漫画) - Wikipedia

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20150222

2015-02-14

NHK交響楽団コンサート 16:59 NHK交響楽団のコンサートを含むブックマーク

昨日(2月13日NHKホールへ、N響コンサートを聴きにいってきました。

NHK交響楽団第1803回定期演奏会NHKホール

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

ヴァイオリン庄司紗矢香

シベリウスヴァイオリン協奏曲短調作品47

ショスタコーヴィチ交響曲第5番ニ短調作品47

NHKホールは初めてで、古い建物ですね。でもこの頃の建築にしては天井も高いし、よく手入れされているホールですね。そして大きい、と思っていたけれど入ってみたら意外とコンパクト。世間的には「歌合戦ホール」とか酷評されているけれど、どうなんでしょうね。

寒い日で、仕事訪問からの帰り道雪が舞ったりして、昼頃は過ごしやすかったのですが、夕方には強い北西風になってとても寒い。雪降り出して電車まったりしないかしら?と心配になったり。

この日はNHK FM生中継があるとのことで、家のPCエアチェックの準備をして会場に入ってから家のお嫁さんに「動いてる?」ってチェックしてもらったり。


席は3階の指定席の一番後ろ、正面左寄り。後ろの最上部は天井桟敷らしくもう満席。ちなみにチケット買ったのが遅くて、最後の3席位の中から選んだ席でした。音が飛んでこなかったらどうしようと、今更不安になったり。

f:id:zawasi:20150213184600j:image

オーケストラの配置が、舞台を正面に見て、右から扇状に、第2ヴァイオリンヴィオラチェロチェロの左にコントラバスいちばん左が第1ヴァイオリン。後列は右からピアノチェレスタチェレスタの前にハープ中央木管パート、左側にパーカッションって感じで、金管は左からチューバトロンボーントランペットホルンって感じ。そしていちばん後ろの真ん中にティンパニ。あまり見ない配置ですね。

シベリウスヴァイオリン協奏曲、僕は庄司さんを聴きにきたのでこれがメインのつもりでした。庄司さんのヴァイオリンがいつもの真っ直ぐ貫いてくるような音ではなく、柔らかな丸い音。でも音量が足りない訳ではなくてとても甘いいい音でした。

曲は予習していかなかったので初めてです。どちらかというと技巧的?な印象でしたが響いてくる音が心地よくて、ステージを見ていると、指揮者演奏中に随分会話していたような印象が強かったです。もちろん話す訳でもないでしょうけれど、それがまた印象深かった。

家に帰って、録音を聴いて・・録音は多分すぐ近くのマイクで音を拾っているのだろうから・・随分違う印象の音でした。いつもレコード聴くような真っ直ぐ射てくるような音。・・だから音楽マイク通してではなくて生演奏聴く方がいいのですね。

庄司さんはどういうふうに音を届けようとして弾いているのかなぁ。

同時に感じたのは、とても木管パートの響きがいいこと。とても真っ直ぐにこちらに響いてくる。木管ソロの美しい曲でもあったなぁ。

とてもいい演奏でした。

アンコールピチカート民謡風の曲を。まるでギターを奏でるような持ち方で。

f:id:zawasi:20150213195000j:image

後半はショスタコーヴィチ交響曲

これがとてもよかった。やっぱり木管特に。時折管を持ち上げて吹いていたのも印象的で・・昨今のブラスバンド流行っているあれです。でもプロオケがそんな事しないよなぁと思っていたら、その後聞いたFMの録音の中の解説で、作曲者の指示が譜面に入っていることを知りました。なるほど。

弦のピアニシモも美しくてため息しかでません。でも小太鼓の音にはっとしたり、不安にさせられたり忙しい・・。

最後の方はもう乗り出して聴いていました。こんなに人を沸き立たせるものなのですね。

はぁ〜、N響は上手いなぁ。

麹屋さんへ 21:31 麹屋さんへを含むブックマーク

お嫁さんが味噌作りにチャレンジすることになり、仕込みを始めています。

今日は大体準備が終わったので、米麹を購いに保品小林味噌店へ行ってきました。

場所は成徳大学から印旛沼へ降りてゆく道の登り返しの登りきった先を右。細い路地を入ってゆくと、看板が出ていて・・お店はなんと長屋門一角

f:id:zawasi:20150214104900j:image

たまたま店の奥におばあちゃんが見えたので会釈すると店の方に来てくれたので、お邪魔して麹を頂いてきました。1キロ

見た瞬間「白くカビている・・」当然ですけれどね。麹はカビですから。でも本当に黴びているのを目の当たりにすると・・これ最初に食べた人すごいと思う。

f:id:zawasi:20150214111900j:image

ね、カビているでしょう?。

帰宅後、豆を潰すのを手伝って、樽に詰めるのを見物して(笑)。さてさて、おいしい味噌が出来るといいのですが。

ちなみに今食べているお味噌汁のお味噌はご近所製。とてもおいしい。

うちのもそうなるといいなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20150214

2015-02-11

サドルの交換 19:29 サドルの交換を含むブックマーク

交換というか以前のサドルに戻しました。

KURVEの座面が、体重が重いからか、オシリの骨が出ているからか?、凹んでしまって以前あった柔軟な感じが無くなってきてちょっと辛くなってきたので。

2012年5月にKURVEのBULLに換えていたのですが・・そして外したコンコールライトTREKに付けて、そのまま北海道へ渡ってしまったのですが・・・たまたま目にしたFacebook投稿で譲った先の人がサドルを付け替えていたので「使っていないのなら・・」とお願いして先日帰ってきました。

それを今日タキサイクルに持って行き交換となりました。が、ポジションがKURVEの位置から5mm位後退が足らない(笑)。KURVE自身も以前の再フィッテイングの時に目一杯後ろになっていたので・・。想定はしていたのですが・・やはり(笑)

乗ってみて、やっぱりもう少し後ろに行かないかなぁ?と思うのでした。

しばらくこれで乗ってみて、ダメならシートポストの後退の大きいの(但し現状すでに20mm後退(笑))を買おうかなぁ。

f:id:zawasi:20150211180400j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20150211

2015-02-08

雨〜佐倉市民音楽ホール21:33 雨〜佐倉市民音楽ホールへを含むブックマーク

朝起きたら雨?ではないけれど路面は濡れていました。乾く方向だったら走ろうと思っていたのですが、残念ながら乾く方向に行かず今日は走りませんでした。

午後から臼井佐倉市民音楽ホールへ。バッハコレギウムジャパンの公演を聴きに行ってきました。お嫁さんとデート。雨が降っていたので車で。


バッハコレギウムジャパン演奏会

J.S.バッハ:『音楽の捧げもの』〜

演目

オブリガードチェンバロヴァイオリンのためのソナタ ホ長調 BWV1016

オブリガードチェンバロフルートのためのソナタ ロ短調 BWV1030

『われ天高きところより来たりぬ』に基づくカノン風変奏曲 BWV769a

  (アンサンブル版 編曲鈴木雅明

音楽の捧げもの』 BWV1079

f:id:zawasi:20150208143400j:image

最初の1曲目は、ヴァイオリンの音が・・なんとなくステージで止まっている感じ。

どうしてだろう。

フルートは木製の横笛・・、響きが木製のリコーダーみたいな丸い音。低音のコントロールがとても大変そうだけれど、いい音でした。

どの楽器もあまり音量がなくて、佐倉ホール位がちょうどいい感じ・・フルートはともかく弦楽器現代楽器とかわらないのですが、なんでそんなに響かないのかな?

弦?弓?不思議です。

カノンも途中で主題が追いかけられなくなったり、クレジット楽器と実際に鳴っている楽器がちがったりして途中でどこなのか判らなくなったりしましたが、2声の螺旋カノンはとてもおもしろかった。

客席の平均年齢がとても高く(クラシック比較的高いですけれど)みなさんよくお眠りの様子(笑)。僕らも同じだったかも。でもちゃんと聴いていましたよ。

とてもいい演奏会でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20150208

2015-01-29

結婚記念日 20:32 結婚記念日を含むブックマーク

勤務先で「記念日休暇」という名前有給休暇強制取得があります。今年も例年通りこの日にして、お嫁さんとランチへ行ってきました。

今年は少し足を伸ばして、酒々井へ。「タベルナ」というイタリアンです。

2階建ての建物の2階がお店で、こじんまりしてあまり騒がしくない感じ。厨房と客席で各1.5人位の配置のお店で、とてもいい感じのお店でした。

お店の売りは自家製野菜で、料理もそれが主体な感じでした。

二人ともランチコースで、お嫁さんはあさりパスタ、僕は野菜グリル/ローストビーフ添え。

メニュー

f:id:zawasi:20150129121600j:image

お店の売りの通りとても野菜のおいしい料理ばかりで、特に温野菜野菜グリルソースをつけるのがもったいない位おいしかったです。多分、季節で野菜の内容が変わるんだろうなぁ。だとすると飽きないのでは、と思います。

ワインもグラスワインの赤をPACINAというワインで、サンジョベーゼ主体で後少し野生種?のぶどうが入っているそうで、ちょっと不思議な飲み口でおいしかったです。気になったのでお嫁さんが店の人に聞いたらボトルを見せてくれたのもとてもいい感じでした。

僕らはゆっくりゆっくりお酒を飲みながらそれこそ夕食のように食べていたのですが、そのテンポに合わせて料理を出してくれるし、応対もしっかりしているしとてもいい感じのレストランでした。

また訪れたいと思うお店で、とてもおいしかったです。酒々井も侮れぬなぁ、マールさんもあるし。

有機菜園ダイニング・タベルナ(佐倉/イタリアン) - Rettyグルメ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20150129

2015-01-25

今週はいろいろでした・・ 21:08 今週はいろいろでした・・を含むブックマーク

月曜日・・八王子の義父がゴルフのついでに来訪。86歳です・・・正月は少し調子を落としていて旅行とか取りやめたようですが、この極寒期にゴルフ!。で、夕食はお鍋でした。

1人じゃ鍋はやらんだろ、という意見と、冬は鍋だよねと寄り集まって日頃しているだろう、という相反する見方提示されましたが、前者優勢で鍋です。鍋にはお酒ということで、不動の生酒吊るし搾りを・・。

火・木と群馬赤城山麓へ。先週のお仕事仕舞いをしに・・。

水曜日書類整理とか夕方に勤務先のエラい人のところにいったりして、会社が引けてからゲンロンカフェへ。清水さん東さんの対談を聞きに行ってきました。

前半は、ちょっと聞くに耐えない(笑)下世話は話で、後半、というか21時を過ぎた頃本来面白い話が一杯。あとちょっと、あとちょっと、と結局終電ギリギリ。でも話が終わらないうちに中座・・。今回は午前様にはならなかったようですが、あいかわらずですね。

RPGツクールは、当時中学生だった娘の要望で、いまもMacbookair'13のブートキャンプに入っていると思います。完成した物は見た事ないですが、いろいろやってたなぁ。

金曜日千葉で・・。もうすこしでクロージング。

土曜日はずーっと掘って(笑)

f:id:zawasi:20150125210030p:image

今日はタキサイクルの朝練へ。すこし雰囲気が変わっている気がするなぁ。

2次会途中離脱して帰宅

ガーミンのソフトが使いにくいので、↓のようなのを入れてみました。

f:id:zawasi:20150125210029p:image

Golden Cheetahというソフトで、Edge500もファイルの扱いが下手でちょっと辟易していたので・・しばらく使ってみます。

娘の学校PCが修理から戻ってきました 22:02 娘の学校PCが修理から戻ってきましたを含むブックマーク

これで何回目?という感じですが、戻ってきました。今回はwifiBTに加え、USBもお亡くなりになり・・無事にマザーボード交換となりました。

SONYさん、こりゃ撤退する訳です。>機種はVAIO Tap11。

ところが、返却されてきて無事使えるかと思ったら、USBメモリ認識しません。

で、今度は初期化となり(笑)、使えるようになりました。

が、今度はMS office製品認証回数上限を超えたとのことで(笑)、昨夜娘はブンムクレ(笑)。いいから画面に表示しているマイクロソフトのサポートに電話してごらん、と真夜中に電話マイクロソフトはちゃんと対応してくれて、即再認証完了になりました。

ちゃんとした会社はちゃんと対応するのよ、と言うと妙に納得していました。

というわけで、SSDメモリと電源以外は中身が1年で全とっかえ(かな?)というめずらしい事例となりました。

ここまで色々あったのだから、後はノートラブルで卒業まで使えるといいね、と言っていたのですが・・よく考えるとあと5年(都合6年)は無理だろうなぁ、物理的にも、能力的にも・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zawasi/20150125