プロファイル / HP / メール("&"を"@"に変えてください)

2006/01/17(火)

[]阪神淡路大震災兵庫県南部地震)から11年

いろいろありつつももう11年。まだ、完全復興はなせていないという……。

[]今日の「タクティカルロア」#2

だから緊迫感なさすぎ。非戦闘シーンが緩すぎるので、戦闘シーンにまでそれが波及していく感じ。

ちなみにこのアニメは初回に限らず、提供→アバンタイトルOP→本編という変な構成で、これまたアバンアバンと思えないほど長い。開始30分でやっとOPが始まる「ザ・ワイド」か。

やはりというか何というか、漂介は早くもハーレムの渦に陥って行きそうである。というか周りの女性陣の属性が揃いすぎ。今はやりのツンデレだってある。百合だってある。何だってあるのだ。さすがにもうちょっと減らせよ。

[]「怪〜ayakashi〜JAPANESE CLASSIC HORROR」第1話感想

とりあえず「あやかし」変換「綾香氏」に一人大爆笑(語弊)。

というわけでこれまた有名な伊右衛門の話。どちらかというとこの上目遣いなキャラデザの方がより怖い。

[]今日の「落語天女おゆい」#2

小遊三美化されすぎwww

江戸人間携帯電話を見てもそんなに驚かなかった。それなりに順応。そして「敵」も。石田彰が悪役をやると違う意味で怖い。

一方現代日本では落語会が開かれる。しかし唯の落語はあまり受けず……というのも雅の仕業だったのだ。こちら雅は右京とは違い、典型的な悪役である。まあ右京に比べればいたずら程度のかわいらしいものだし、次回にも唯と共にいる風なのだけど。

[]今日の「アニマル横町」#15

おもしろいのだが、やはり前回には負ける。

というわけで新キャラくーちゃんが登場。最早ぬいぐるみへと成り下がったケンタ。哀しすぎる。電源は単三しかも1本。しかもそれを平然と受け入れている続く不条理、くーちゃん。これはかなり問題的である。ベッド回しより問題的である。グラビアアイドル撮影会ごっこより問題的である。「ぶきみ発見」より問題的である。

もうレギュラーマグロ抱き枕は今回も登場。最早座布団へと成り下がっていたが。尻に敷かれるようになったか。

[]色々あるみたいなのだ

今日は何かと多くのニュースがあり、NHKニュース7関西人なら是非突っ込みたくなる2分という微妙な時間延長しての放送であった。

ライブドア

証券取引法違反容疑で東京地検特捜部ライブドアやその社長堀江貴文氏、またその他関連企業や役員のところへ家宅捜索に入っている。これはホリエモンにとって想定外か?

ヒューザー

建築物の耐震強度偽装問題に関連し、ヒューザー小嶋進社長に対する証人喚問衆議院国土交通委員会で開かれた。前の証人喚問の時の元気はどこへ行ったのやら、終始うつむいていた。また、顔には眼鏡、手には数珠、と、何かアピールしているようにさえ見えてくる。

宮崎勤

昭和63年から翌年にかけて次々と幼女誘拐され殺害された事件で、逮捕された宮崎勤被告に対し最高裁死刑判決を下した。被告の書いた手紙が気になるところ。

震災

死者数千人に及んだ阪神淡路大震災より11年が経った。“震災を知らない世代”へ語り継ぐことが今後の課題だという。

ガス爆発

愛媛県石油タンクで爆発事故があり、5人が死亡した。これもまた大きな事件であるが、上記のニュースに隠れた形であまり大きく扱われていない。

[]第134回芥川賞直木賞決定

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060117-00000111-mai-soci

第134回芥川・直木賞日本文学振興会主催)の選考委員会が17日、東京築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞絲山秋子さん(39)の「沖で待つ」(「文学界」9月号)に、直木賞東野圭吾さん(47)の「容疑者Xの献身」(文芸春秋)に決まった。

芥川賞絲山秋子「沖で待つ」。漢字旧字体で出ない。あ、コピペすればよかったのか。この作は雑誌での掲載だそうなのでそのうち単行本として発刊されることだろう。

直木賞東野圭吾容疑者Xの献身」。「ヨウギシャエックスケンシン」という響きが妙に格好良く感じる。