Hatena::ブログ(Diary)

戦略のみそ zentaku blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-10-24

大きい下落率の連発は何か意味があるのだろうか

今日の日経平均、終値7,649.08  前日比 -811.90 (-9.60%) この下げ方は本当に恐い。紙の株券を大量に投げ捨てているような画像が脳裏に浮かんでしまって、夜も眠れません。


今日の下落率 -9.60%は歴代下落率第5位にランクされます。

しかし、歴代下落率ランキングを見ると、ここ2-3週間の下落がworst10のなかに4度も登場していることがわかります。

f:id:zentaku:20081024161216p:image日経平均株価 下落記録より


恐慌におののいている時に投げ売ろうという心理はよくわかるのですが、投げ売りというのは一時に集中するものとの思い込みがありました。実際、先に挙げた下落率ランキングにも連続した下げはありません。1日で大きく下げて、その後はじわじわと下がるというのならわかるのですが、なぜ売りの集中が連続するのかがわかりません。


大きく下げる相場の時には「空売りの集中」「外人の売り」「投信の損切り」が原因として語られますが、こんなに何日も続くものなのでしょうか?


この大きい下落率の連発は分析して解明すると面白いかもしれませんね。空売りでも外人でも投信でもない理由があると思うのですが。。。新たな発見によって、新たな金融工学が生まれるような気がします。はい、学問としての金融工学でお願いします。


関連エントリー

妄想空売り小説 -日本の技術が欲しい - 戦略のみそ zentaku blog

戦略のみそ zentaku blog

6年周期説 - 戦略のみそ zentaku blog

戦略のみそ zentaku blog

TomoTomo 2008/10/27 00:03 こんばんは。

今回の世界同時下落は、投資ファンドが見え隠れしているように思います。
欧州のファンドは、空売り規制をしている。
でも、株価は下落する。
それも、世界的に。

一つ考えられるのは、
ファンド自身が、現金化を急いでいるのじゃないかと思います。
ファンド自身、現金を内部留保していても、
一銭も利益がでるはずもなく、
常に色々な物にたいして、投資していると思われます。
そして、日本の株式市場は、
彼らにとっても、一番信頼がおける市場ときいています。
それは、いつでも、現金化が可能だからです。

ですから、業績のいい会社ほど、株価が下がる。
一刻も早く、もっている株を現金化にはしっているのも要因の一つじゃないかと
(あくまでも、僕の考えですが、、)

あと、株市場も、外為市場も
ことわざで、「噂で動いて、真実で戻る」
ってあります。

今は、少しの噂、要因で、過剰に反応する
ヒステリックな状態にあるのかなと思っています。

話はかわりますが、
この金曜日、地元で行われた水素のセミナー(水素ロータリーもあり)に、
仕事の関係で参加してきました。

zentakuzentaku 2008/10/27 10:35 Tomoさん、おはようございます〜。

ホントウに今の市場はヒステリックな状態だと、私も思います。
市場は感情で動いているので、仕方ないかと思いますが。

ファンドもいろんな痛手を受けているでしょうから現金を
必要としているかもしれませんね。なるほどー。

あとはリスクの許容度がお客さんによって異なるので
段階的に売りが出ているのかもしれません。

日本は良いとして、戻るための真実がアメリカに
あれば良いんですが。。。


先日、水素ロータリーの実験の話が出てましたよね。
興味深そうです!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zentaku/20081024/1224833232